• 締切済み
  • すぐに回答を!

V-SFTによる SKD11 SKS3のタップ加工

下記の質問を踏まえて タップ加工の食いつき部だけはマシニングだけで完結させたい思いから タップ工具の M6P1.0と M8P1.25を ツールポットの本数に限りがある関係から SS400 SKS3(生) SKD11(生)三つ 共用しようと思い OSGに聞いたところ、それでは V-SFTということになりました。 タップ加工では折れた場合はワークすべてがお釈迦になるものでしょうか? 出来るだけ折りたくないため、SKS3 SKD11は垂直確保の為の食いつき 2.5p 余裕を1Pみて 3.5P分しかZ指令はしないつもりです。 クーラントは油性です。 面取りはしなくても、 3.5Pで折れることなどは ほとんど考えにくいでしょうか?この工具で、シンクロ加工により回転数は 251でやることに決まっています。 なお M8の場合で下穴を今は6.9ですがφ7に変えた方が折れにくいでしょうか?しかしφ7だとJISから外れるみたいですが、プレス金型における プレート関係のボルト締めに使うものだからJISから外れようが関係ないわけですよね。 食いつきだけの加工なので、 下穴を6.9でも全く問題 ないと思われますか? http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&tid=258202&event=QE0004

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数2
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

内容が色々あるみたいで、気づいた箇所だけ >M8の場合で下穴6.9をφ7に変えた方が折れにくい? ひっかかり率の問題。   http://www.osg.co.jp/products/technical/pdf/t-6_tap_0806_0906.pdf ひっかかり率 =(おねじ外径-めねじ内径)/2×(おねじの山の基準高さ) =(8-7)/2×0.677=73.9% P.51の 図30 ひっかかり率と切削トルク M10×1.5 下穴φ8.8に相当。 SUS304なら切削トルクが激減。SKD、SKSもこれに近い傾向。トルクが少なくて済むなら、タップ摩耗時トルク増への余裕度が増えて折りにくい。 その右側でねじ強度の議論。   ねじのひっかかり率は60%でも、ねじ山の断面積は73.3%になります。   ねじ山の強度は、ねじ山の断面積に比例するため、ねじ山の高さを小さくしても、   ねじ山の強さは、それほど小さくならないことが分かります。 だから、その通りにしたいですよね・・・・SKD、SKSは焼入れで材料強度大だから尚更。 >面取りはしなくても タップ折れ防ぐためやるべし。OSGの資料にもあったはず。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

みなさん回答を敬遠?しているみたいなので... >タップ加工では折れた場合はワークすべてがお釈迦に >なるものでしょうか? ハイスタップであればリカバリができる場合もあります。 例えば↓(動画付きでわかりやすい) http://www.rhinos.co.jp/product/2007/04/tp400.html >面取りはしなくても、3.5Pで折れることなどは >ほとんど考えにくいでしょうか? 状況的には大丈夫そうですが、折損の原因は様々なので、確約は できません。 工具本数の制限問題があるのかもしれませんが、面取りは行った 方が良いと考えます(機能上、糸面取りだけでもしておきたい)。 >プレート関係のボルト締めに使うものだからJISから外れようが >関係ないわけですよね。 質問者さんの会社内で自己完結しているのであれば、例え機能上 不具合が生じたとしても関係ないと言えば関係ないでしょう。 しかし、社外に出すものであれば、規格は遵守してください。そう でなければ規格の意味がありません。 変な例えですが、私有地内では無免許で自動車を運転して自損事故を 起こしても罪に問われないでしょうが、公道で運転するためには免許 が必要...と考えてみてください。 タップ折損のリカバリーは職人さん毎のノウハウがあると思われます。 一例として、高硬度鋼用ドリルは下穴より少し小さいものを選定して 加工すると、ワークに食い込んだタップの残骸は尖ったもので剥がす ことができます。 動画は確かに折損後のタップも機械加工していますね。ツールホルダが 良く分からないのですが、タップのお尻が四角になっていたので、これ でタップとホルダの位相を合わせているのかもしれません。 小生は、怖いのでリカバリーはハンドタップにすると思います。 あと、聞いた話で恐縮ですが、シンクロ加工+タッパーホルダを使用 して、より安全サイドでタップ加工を行う方もいらっしゃるそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 動画を見ました。 タップが折れてワークに残ったハイスタップ工具を 削っている時に 折れるまでに 作られたネジ部には 当たらずに 工具だけにあたり工具だけを 削っているのでしょうか? その後再度タップ工具で つづきをタップ加工したように見えましたが、 シンクロ加工だからOKなわけですよね?同じところにタップ工具がくるという ことで。

関連するQ&A

  • OSGタップ工具 HS SFT M8 SKS3に…

    OSGタップ工具 HS SFT M8 SKS3に食いつきだけなら OSGのタップ工具 HS SFT を使っています。 M8なのですが、 した穴はφ6.9であけています。 メーカーの資料にはSKS3には ○が入っていないので、 OSGに聞いたら いいとはいいませんが、 マシニングでタップするのは 指令値でZ-5だけの 食いつき部分だけなのですが、 実際のところ Z-5だけの 食いつきなら ○は入っていなくても 折れたりするのは考えにくいでしょうか? 実際のところを教えてください。 タップ加工は タッパーではなく シンクロで加工しています。 回転数251です。 

  • 食いつき機械 あと手でタップにおける 食いつき加…

    食いつき機械 あと手でタップにおける 食いつき加工時の必要Z深さ タップですが、SKS3や SKDなどの材料の場合は マシニングに付いている タップ工具がその材料で○が入っていないでので、下穴だけマシニングであけ 垂直を確保するため 食いつき部だけ タッピングマシンでやり あとはハンドでやっています。 タッピングマシンも 逆転にした時に ワークが浮き上がってきたりして 暴れたりするのが嫌なので タッピングマシンでタップする深さはちょっとでやめています。 しかし そこで、ちょっとにしている ので、 ハンドでつづきをタップを開けたあと 直角スケールを当てるとタップ工具が傾いていました。つまりタップが垂直にあいていないのです。 タッピングマシンで 食いつき部の加工をする時にZで言うと どれくらい 切り込めば 手でやるときに傾いたりせず垂直を確保できる 最低Z深さを教えて下さい。 M8ピッチ1.25 とM6ピッチ1.0の場合です。 タップの不完全部が2.5山なら M8だと1.25*2.5で3.125となり タッピングマシンでの加工時に 工具があたってから Zー3.125以上は 加工しないと 手でやるときに垂直が保証できないことになりますか?

  • SUS304のタップ加工について!

    ワークの材質は、SUS304です。M3タップ(止まり穴・1ワークに10穴)を深さ10mm加工するのですが、切削条件が分かりません。現在の使用工具は、OSG社のSUS-DH-SFTホモ処理仕様のスパイラルタップで、下穴のドリルは、同じくOSG社のEX-SUS-GDRの2.6φを使用しています。どうしてもタップ折れ等のトラブル怖くて、規定の深さまでタップを入れることを、ちゅうちょしています。また、1本のタップで何個のタップ加工が出来るのかも分かりません。やはりロールタップを使用するのもいい方法なのでしょうか??素人なので皆様の良きアドバイスをお聞かせ下さい。宜しくお願いします!!

  • リジットタップのステップ

    SKS330ミリに貫通か貫通に近いM8の並目タップを リジットモードで加工しようと思います。 下穴6.9 油 油性 使用工具osg HS-RFT 機械の仕様上S250以上でないとリジットモードが働きません。 よって、Sを最低にしたときにはFは312と決まります。この条件 で大丈夫でしょうか? 念のためステップを組もうと思います。 タップでステップを組むサンプルを教えていただけないでしょうか。 またM22細目のタップは下穴20.7で同じくS250でやります。 こちらはSS400で厚み25ミリです。使用工具はOSGのV-POTです。 貫通です。 アドバイスいただけないでしょうか。

  • M3タップ加工後、ネジが通りません

    4個のワーク(A6061)に1箇所のM3タップ加工しました。 4個中1個だけタップ加工が不完全だったようで、ネジが通らなかったそうです。再度タップで通すと問題が無かったそうです。 下記の条件で加工しました。 素材:A6061 加工:ロボドリル M3タップ加工    下穴φ2.5 深さ11 (S2000 F150 ペック1mm)    タップ深さ10 (S800 F400) 工具:OSG EX-SUS-GDS φ2.5ドリル    OSG EX-AL-SFT M3タップ キリコの確認はしてます。 過去に無かった事例だったので、理由・対策を教えて頂けないでしょうか?

  • SUS304にM2タップ

    SUS304にM2タップ止まり穴深さ6mmを加工するのですが タップが加工途中(2山くらい入った所)で折れてしまいます。 工具の問題でしょうか? 加工条件の問題でしょうか? 現状の加工条件です ・タップ S400 F200 OSG TIN-SFT ・下穴 S1600 F100 EX-SUS-GDS Φ1.65 ・切削油 下穴加工時 水溶性 タップ時はペーストを塗布しています

  • タップ加工について

    毎度、おおきに。はばかりさんです。 現在、下記の要領でM4×0.7のタップ加工をおこなっているのですが、 タップがすぐにポキポキ折れて困っています。 ?素材径φ8.0 材質=SK-4 ?M4×0.7深さ15.0mm(下穴深さ18.0mm) ?NC旋盤の回転工具(ミーリング)にタップを取り付けてワークを主軸にチャッキング  して、ワークは回転させずにタップを回転させて加工。 ?タップ加工はリジットで加工。 ?使用タップはOSG VP-SFT M4×0.7 OH2 ?タッピングペーストをワーク内部とタップに塗って加工していましたが、ゲージの  入りが悪いため、現在はハイプレッシャークーラントの水溶性切削油で加工。  (現在ゲージの通りは良好) ?切削条件は回転数S70 送りF0.7 以上のような条件で加工しましたが、加工ご10個ぐらいでタップが折れて しまいます。 何かほかにいいタップや加工条件などをご存知の方がいらっしゃれば、ぜひ! 教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 自動盤でのネジ加工について

    自動盤でねじ切り加工を行っていますが、ネジゲージが奥の一周手前できつくなります。袋穴にネジ立てを行なっています。 材質 35C サイズ M8×1.25 深さ16 加工方法 リジットタップ 工具 OSG V-SFT 下穴ドリル後、ボーリングにて入口面取りと内径仕上げしています。 原因が分からず困っています。 どなたかアドバイス頂きたく宜しく御願いします。

  • SUS304のタップ加工

    SUS304のタップ加工が、うまくいきませんいい方法またいいタップなどありましたら教えてくださいお願いします。 ちなみに今のやりかたですが、 材質 SUS304 切削速度 5mm/min 深さ 10mm止まり穴 同期タップ M0で止めてタッピングペーストを塗っています。 タップ ステン用タップスパイラル(OSG) 説明不足で申し訳ありません。 M5×0.8で下穴3.4キリねじ有効10mmなのですが下穴深さ23mmで加工しています。 リッジトでねじを切って逆転で帰りがけに欠損が、見られるようです。 タップの型番ですが、EX-SUS-SFT(スパイラル) です。

  • アルミのタップ加工について。

    技術の森の皆様のお力を貸して下さい。 今、アルミのM4×0.7のスパイラルタップで加工をしているのですが一発目で必ず折れてしまいます。 前は順調にタップ加工できたのですがタップの種類を変えたらうまくいかなくなりました。 前はYAMAWAのSUとゆうステンレス用のタップでアルミにタップ加工していたのですが、工具屋にタップを注文したらOSGのEX-SFTでもアルミにタップ加工できるからと言われ購入したのですが必ず折れてしまいます。 何か良い方法ありますか? タップはやはりアルミならアルミ用、ステンレスならステンレス用と加工する材質に合った物で加工した方がいいのでしょうか? 皆様は材質ごとに使い分けてますか? 皆様のご意見などお聞かせください。