• 締切済み
  • すぐに回答を!

ネジ加工後鍍金処理するとゲージが通りません

御世話になります。 ダイスで雄ネジ(M3×P0.5)の加工後、鍍金処理(無電解ニッケル4~6μ)するとネジゲージ(リングゲージ)が通りません。 ねじの加工時に鍍金を考慮するのか、メッキ屋さんに配慮して頂くのが良いのかよく分かりません。(鍍金は、かごで(400~500個)処理されているとの事です。) 良い方法を教えて下さい。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数836
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

ダイスはアジャスタブルならネジの加減で簡単に調整出来るが、ソリッドだとめっき厚分だけ寸法を小さくしたオーバーサイズを購入する必要があります。 YAMAWAなら精度等級P2。 しかしカタログを見ると、旧JISの等級?が依然として挙がってます。 >無電解ニッケル4~6μ 電気めっきなら凹の底には殆ど乗らず、山は逆に指定厚の3倍乗るなんてのが普通だが、このめっきは均一性に優れるので、通常なら等級?で加工、めっきしても殆ど問題ないはずなに、、ダイスが滅ってるのでは? ↑カタログでは在庫してるような風だが、買ったことがないので実態は判りません。 ASK3200とはいえ、ステンレス用と称するHS-D(ハイス)ぐらいは必要かと思います。 量産は全外注なので、図面書くだけ。外注はダイスでのねじ切りは快削黄銅のクラスまで、これならアジャスタブルを使ってますね。それ以上はバイト切りかチューザーでの加工が普通でしょう。

参考URL:
http://download.yamawa.com/catalog/YamawaCatalog2010_14Dies.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

対応ありがとうございます。 オーバーサイズ品は、市販されていますか?(特注品ですか?) ダイスは、新品を使用しています。(ちなみに被削材は、ASK3200です)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

メッキを考慮して小さめに作るのが普通です。 厳密にはメッキ前のリングゲージを用意しますが、 うちではトメゲージがちょっと入るくらいから0.01~0.02大きくしたりして対応してます。 うちはチェーシング加工しかしないのでわかりませんが、 アジャスタブルのダイスなら少し小さく作れますよね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

対応有難う御座います。 アジャスタブルダイスを使った場合、山が低くなるのでしょうか?(谷が深くなる?)

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ねじ加工でメッキ膜厚分小さくします。 過去のナレッジを参考にしてください。(添付) メッキ厚が指定されているのでメッキ業者さんは関係ないと思います。

参考URL:
http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&event=ZE0002&tid=245108

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々の対応ありがとうございます。 ネジ加工の経験が少ないのでナレッジの内容は、少々難しいです。

関連するQ&A

  • 小径のネジ切り加工の精度について・・・

    ステンレスのφ5丸棒の端に「No.8-32UNC-3A」で長さ30mmのネジ切り加工をすることになりましたが汎用旋盤でダイスを使ってネジを切ってみるとねじリングゲージのNOGOが入ってしまいうまく切れません ダイスは調整が難しいのでCNC旋盤を使って加工してみましたが軽が細いせいか逃げてしまいます プログラムで数回に分けたりテーパーに動かしながらやってみましたがどうしてもうまくいきません 時間もかなりかかります 数も多いので工数がかかりすぎて仕事になりません 長い小径ネジ切りはどう加工するのが精度が出ますか? 設備としては汎用旋盤・CNC旋盤・複合旋盤がありますが、どの機械でどのように加工するといいですか? 経験豊富な皆様にご教授いただきたいです

  • 適正なめっき処理教えてください

    調理器具に鍍金処理をするのに以下の条件下では何メッキが適正なのか教えて戴きたいので宜しくお願い致します。 素材   鉄SPCC 調理方法 蒸し器(90~100度スチーム) ニッケル鍍金、ニッケル-クロム、無電解ニッケル、PTFE無電解ニッケル 膜厚は何ミクロン必要でしょうか?

  • ネジ径とリングゲージについて

    あるメーカーさんの図面でねじ切りなしの表面処理は3価クロム8ミクロンの指示があり、M8X1.25ネジを切る部品は3価クロム5ミクロンの指示があります。 5ミクロンのメッキ処理後M8X1.25のネジ部は止まり通りのリングゲージ検査の適用を受けると解釈するのでしょうか。図面には記載は有りません。 適用を受けるとすると現状φ7.1のマイナス目のS15Cの丸棒材をネジ加工をしてますが、このネジきり時点での管理(チェック)はどうするかということになります。メッキの膜厚管理だけで対応可能でしょうか。 宜しく教示願います。

  • 旋盤によるネジ加工 なぜ相手部品で確認するのか?…

    旋盤によるネジ加工 なぜ相手部品で確認するのか?ネジゲージでの確認はだめ? ネジは一般的に転造で造りますが、旋盤でも造れますよね。 当社は1品モノの製作をしていることから、たまに旋盤でネジを造る事があります。おねじを造る事もあればめねじを造る事もあります。 そこで質問なんですが、おねじ、めねじどちらでもいいのですが、 どちらか一方を造る場合、相手となるめねじ、またはおねじを貸して欲しいと言われます。 例えば、おねじを製作して欲しい場合、現場から相手となるめねじを貸して欲しいと言われるのです。理由は、出来たおねじをめねじに入れて上手く入るかどうか見るためだそうです。逆のパターンも同様です。めねじを製作依頼したときには、相手のおねじを貸して欲しいと言われます。 え?なんで?と疑問に思うのです。 別に相手がなくても、JISに基づいて製作すればねじは機能すると。 角度やピッチは決まっているからそれに沿ってやれば問題ないと。 等級は別にして。 私は転造ねじ、NCによるオネジ・メネジを大量生産している会社を見たことがあるんですが、どちらも1つ1つ相手とねじ込んで確認なんてしていませんでした。大量生産なんでそんなことしていられませんし、確認しなくても問題なく出来ていました。1時間に数個ランダムに取っての確認はありますが、それでも問題ないと思います。 汎用旋盤で加工する場合のみ、相手を貸して欲しいというのでしょうか? それは、加工者の腕によって出来栄えが違うからでしょうか? そうとしても、別に相手がなくても、ネジゲージを使って確認すれば 問題ないと思うのですが、なぜ相手を欲しがるのかわかりません。 ネジゲージを使って入れば問題無いと判断するのは違うのでしょうか? なぜ、旋盤で加工するネジは確認に相手を使うのでしょうか? ゲージがなんの為にあるのかわからなくなりませんか? どなたか教えてください。 宜しくお願いします。

  • ネジゲージ(1級、2級)の選択で教えて下さい

    例えば、これから表面処理されるメッキ前品などのネジ検査とメッキ後の完成品のネジ検査で使用するネジゲージの等級を変えています。 その使い分けと理由が理解できません。 また1級と2級のネジゲージの差はなにかもわかりません。 ご指導を宜しくお願いいたします。

  • 旋削ネジ切り加工時(おねじ)の加工プログラムにつ…

    旋削ネジ切り加工時(おねじ)の加工プログラムについて いつもお世話になっております。 NC旋盤を使用し旋削ネジ切り加工で おねじ【M11 P0.75】の加工をしています。 完全ネジ長さはワーク端面から7.3mmです。 プログラム上の終点位置(切り終わり位置)を 【完全ねじ長さ7.3mm】     + 【不完全1ピッチ分0.75mm】     + 【ツールセット部から刃先までの距離0.9mm】     = 8.95 で設定したのですがこの考え方は間違っていますか? また今回の完全ネジ部の測定は、 端面からネジの切り終わりの谷の1つ手前の山までの距離 で測定しますがこれも間違っていないでしょうか? 面無しゲージが有ればよいのですがゲージが無いので ノギスで測定します。 端面にC1の面取りが有りますが面取り部分も 有効ネジ部としてとらえます。

  • 浸炭処理前のネジ加工

    いつも助かっています。 今回は浸炭処理のある製品に対するネジ加工方法について教えてください。 ネジ加工があり浸炭処理をする製品の場合、浸炭処理前にネジ加工をするのが普通だと思います。 現在、次のことに困っています。 ?浸炭処理後にゲージが入らなくなるため再度タップにて修正が必要。 ?ネジは雌ねじでありまた左ネジということもあってタップのバリエーションがなく、タップ修正してもゲージが入りにくい。(切れ味のいいタップがない) ?オーバーサイズのタップでの加工も考えたが、左ネジということで市販されていない。 ?浸炭処理時に防炭剤を塗布してもらっているが、防炭剤が完全に除去できないこともゲージが入らない一因となっている。 ?浸炭処理時に防炭の代わりとしてボルトを入れることも考えたのですが、左ネジのためボルトが入手できない。 このような問題があるのですが、よい対策方法をご存じでしたら教えて頂けませんでしょうか。

  • ネジゲージの製作・メッキ

    雄ネジゲージを自作で作ろうと思っています。 市販で売られている、雄ねじゲージの通り・止まりの、外形・有効径の値が もし決まっているのであれば、教えていただきたいです。 JIS本にのっとり、それぞれの最大・最小の値は求めたのですが、どの値を基準とすればいいか分かりません。 そして、最後にメッキ(ハードクロム10μm)をかけようと思っています。 白完で仕上げる際、注意点があればアドバイスお願いします。 作ろうとしている、ねじの寸法は65×1です。 他にも作るつもりなので、もし知っている方がいたら、ぜひ教えて下さい。

  • ねじゲージの較正

    お恥ずかしい内容ですが。 外注に加工を依頼している機械加工部品にM5の貫通ネジがあり、その受入検査をオスねじゲージを使って行っていました。 そのねじは客先で使用するネジ穴になります。 オスねじゲージが通ることを確認して組立をしていたのですが、お客様の所でネジが入らないというクレームが出ました。 返却された物を調べると、オスねじゲージは通るのですが、メッキのネジだと通らない事がわかり、オスねじゲージ自体がやせてしまったと考えられます。 そこで対策として定期的にオスねじゲージの確認を行う事にしました。 どれぐらいの頻度で、どのように確認すれば良いのかがわからず、どなたか詳しい方に教えて頂きたい。 一応、一ヶ月ごとにメスの止まりのねじゲージに通してみて、通らなければOKにしようかと思っています。 ある人に聞くと、メスねじゲージはオスねじゲージを検査するためにあるのではないと言われてしまいました。 別の職場に聞くと、較正対象外にしているとの事で参考になりませんでした。 是非とも情報をお願いします。

  • (管用)テーパーネジの加工

    仕事で管用テーパーねじの加工をすることになったのですが、今までは普通のメートルネジしか加工したことが無く、それもゲージを通して、入らなければ補正値を修正する程度でした。 位置から素材を加工して、ねじも加工するのですが、ネジ部の下径(といえばいいのでしょうか)がよくわかりません。 めねじは下穴径が図面に書いてあったのですが、おねじの下径をどれくらいにすればいいのかよくわかりません。 過去の質問を調べましたが、おねじの場合、外径(R1なら33.249)より0.1~0.2mm小さく加工してからネジ加工すればよい、とありました。 多少径が小さくても、空気がもれないようにテープを巻いて使用するものなので、小さくなっても良くても、大きくなるのはダメともありました。 普通に外径をねらって加工するよりも、やはり少し径を小さくしたほうがいいのでしょうか? それともう1点疑問があります。 ネジ切りチップの場合、ツールプリセッタにはどうあてればいいのかと思います。 X方向は問題ないと思いますが、Z方向は先端より何mmか奥まったところが加工する部分になると思うので、どうしてツールプリセッタに当てればいいのでしょうか。 以前働いていた会社では、刃物台から取り外しても、ホルダごと取り外し、チップも決まったものしか使わなかったので、補正値は普段使わない補正番号のところに数値を入れていました。 どうやってZの補正値を出したのか、今になって疑問に思います。 Zの補正値が正確でないと、テーパーねじの場合、不具合が出るようにおもいますがどうなのでしょうか。(基準となる径の位置がずれるようなきがしますが。) 最近、たびたび質問していますが、アドバイスお願いします。