• ベストアンサー
  • 困ってます

ねじゲージに止まりについて

ねじリングゲージの止まりの検査方法について教えてください。 小ネジM5X0.8のめっき付の商品で、リングゲージ通り止まりを通していました。めっき付なので4hの通り止まりで検査していたのですが、4hの止まりが止まらず、仕入先に問い合わせたところ、仕入先はIR?で検査していてJISの規格上問題ないと言われました。 そこで質問なのですが、 1.4hで止まらずにIR?で止まればOKなのでしょうか? 2.4hとIR?はどう違いますか? ねじゲージメーカーに資料をもらいましたが、今ひとつわかりません。 すいませんが、回答お願い致します。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数8446
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

“4h”というのは、「はめあい区分」が「精」のおねじに適用される公差等級で、旧JISの1級に相当します. ゲージの「IR」は、旧JISにおける「検査用止まりねじリングゲージ」です. 旧JISでは、「止まりねじリングゲージ」にはこの他に工作用の「WR」があります. WRは、IRよりもわずかに大きめにできています. WRは、生産現場での使用を考慮して、ゲージの寸法のごくわずかな違いが影響せず、 その後の検査でIRが確実に止まる様に作られているのです. JISのISO準拠に伴い、現行規格では「WR」は廃止され、止まりねじリングゲージは旧IRに相当する「NR」に一本化されましたが、 日本の製造現場では依然としてWRを使用している事が多いです. 先方がIR?を使っている事から、そのM5X0.8は「旧JIS・2級」もしくはそれに相当するもの(ISO・6h)だと思われます. というより、とくに精度が明記されていないのであれば、ねじはこの「2級」用のねじゲージを使います. 2級ねじは、1級ねじよりもねじ寸法の公差幅が広くなっています. ゲージそのものの加工精度は、1級も2級もそう大きくは違いません. NR-4hは、NR-6hやIR?よりもかなり大きくできています. 従って、2級相当のねじであれば、NR-4hが通っても問題が無い可能性があります. 2級相当の、めっきが乗るねじには、普通は止まり側を4h用ゲージでは検査しません. めっき処理によりおねじの有効径は最低でも数十μmは大きくなりますので、 4h用の止まりゲージでは、公差幅が殆ど無くなってしまうのです. また、同じ理由で、通り側ゲージは通ったとしても軽く回る様でないと、めっき後にNGが出ます. (通り側ねじリングゲージは旧JISもISO準拠後も共に「GR」と呼ばれます.) この、通り側に関しては、1級のおねじは、2級よりも公差の上限自体が大きいですので、 1級用GR(GR?)が通っても、2級用(GR?)が止まるという事態が起き得ます. このため、2級のねじにはGR?は使えません. まして検査後にめっきが乗るとなれば論外でしょう. JISの規定からすれば、止まり側はめっき前にその級のIR(2級ならIR?)で止まれば一応の問題は無いハズです. WRが止まればなお確実です. めっき前にIRが止まれば、めっき後にIRが通るというのはまず有り得ません. 場合によっては、客先からの要望でめっき前にWRが通るくらいの寸法に仕上げる事もあります. めっき後にしか検査しない場合でも、ねじが2級であればIR?が止まればまず問題は無いと思います. ISO準拠後のJISなら、「NR-6h」です.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい回答ありがとうございます。 ねじゲージも奥が深いですね…。 基準がバラバラだったので、まず基準を仕入先と話しました。 その結果、6g NRで検査するように決めました。 アドバイスありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

そもそも、『通り』と『止まり』の検査は、何のためにしているのでしょうか? 作業を目的意識も無くやっているので、??となるのでは? 相手側の雌ねじに、スムーズにセットできるか否かを確認しているのでしょう? 相手雌ねじの規格(貴社の想定規格でも可)から、判断して下さい。 が、1.のアドバイスです。 2.は、仕入れ先とのコミュニケーションを測った方が良いので、仕入先に 聞き合わせをして、確認して下さい。 <甘えて、教えて貰う事も大切ですよ!> 回答(1)さんの資料で調査した上で、聞いて下さいよ!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 仕入先に話をして基準がバラバラなので まず基準を決めようと思います。 ちょっと勇気がいりますが、コミュニケーションをはかるつもりで 確認しようと思います。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

そもそも基準がバラバラでは水掛け論です。 ISOの基準かJIS基準か 外径基準か有効径かによってもゲージは違います。 メートルねじのIRは1997年に廃止された基準です。 現在はNRだと思いますが。

参考URL:
http://www.issoku.jp/product/pdf/gauges.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すばやい回答ありがとうございます。 確かに基準がバラバラでは平行線ですね。 仕入先と話をして、まずは基準をめあわせしようと思います。 URLもありがとうございます。 参考にさせてもらいます。

関連するQ&A

  • 旧JIS規格ねじリングゲージ

    トヨタ向けの部品を製造しているメーカーの者です。 製造している製品は昔から変わっておらず、また図面にもM10x1.0としか表記されていないおねじ(JIS或いはISOという指示もなく、等級も指示されていない)に対し、昔から同じ管理値で生産していて、昔からJISのねじリングゲージを使用しています。 しかし、JIS旧規格は1997年に廃止になり、ISOの規格と一緒になりました。生産上は規格よりも厳しい範囲で管理しているのでどちらの規格にも入っています。 この場合にねじリングゲージを使用するのはISOのゲージでなくてはならないのでしょうか? M10x1.0の規格は旧JIS規格ですと有効径下限が9.210(めっき前2級)、外径下限が9.820(めっき前2級)、有効径上限が9.350(めっき後1級)、外径上限が10.000(めっき後1級)です。 これに対しISO規格では有効径下限が9.212(めっき前6g)、外径下限が9.794(めっき前6g)、有効径上限が9.350(めっき後4h)、外径上限が10.000(めっき後4h)です。 使用中の旧JIS規格のゲージは何十個もあり、旧JIS規格が廃止と言っても今までやってきたことを否定するのも変ですし、トヨタ図面にも特に等級なども記載されていないので必ずしも間違ったことをしているとも思えません。 客先から特に聞かれたりしているわけではないのですが、ゲージの校正の関係で品質監査の際に監査員から色々指摘され、具体的にはJISとISOでは校正方法も違うので、旧JIS規格のゲージは旧JISの規格に沿った校正方法でなくてはならないので、北米で外部ラボでは校正できない旨を主張するつもりですが、それ以前に、使用中の旧JIS規格のゲージ自体を使っていていいものなのか、監査員に色々調査されて再監査の際に揉めるのも厭なので、ねじ規格に詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。

  • ねじゲージについて

    「限界ねじプラグゲージ」の摩耗の良し悪しを確認する道具は有りますでしょうか? 弊社、プレス加工にてt=1~3?程度の板金(主に亜鉛メッキ鋼板)の部品製造を行っています。 製品の中にはTAP加工を施すものが多くM3~M5のめねじを転造TAPにて加工しており、検査時にはいわゆる限界ねじプラグゲージにて通り確認を行っています。 会社にあるネジゲージですが、同じ加工品でも古いゲージは通りの良く、新品のゲージでは少し通りが渋いものがあり、ゲージをいつまで使用し続けて良いか判断に悩みます。 過去には納品した顧客先の受入検査ではTAPがきついといわれ、社内のゲージでは問題が無いといったケースもありました。 明らかに古そうなゲージを手に持ちながら、「私が持っているゲージでは通りますけど」との答えに説得力がありませんでした...。 いろいろとカタログを見たのですが、「限界ねじリングゲージ」には「点検用プラグゲージ」というものが存在するのですがプラグゲージの方には点検用のラインナップがありません。 「止まり用」のねじリングゲージにて確認するのでしょうか? それであればねじリングゲージだけに点検用のラインナップがある事が不思議です。 使用するねじプラグゲージについて ?どこまで使用し続けて良いか? ?その判断を確認する道具はあるのか? 以上御教授頂ければ幸いです。

  • 新旧JIS ねじゲージ

    ねじについて知識がなく困っております。 M27×3でおねじ加工をした後、ねじゲージにて検査をし、出荷しました。ところが出荷先で止めのリングゲージが通過したとの連絡を受けました。 自社:旧JISタイプ M27×3 3級検査用 出荷先:新JISタイプ M27×3 8g 上記内容で検査した場合やはり通過してしまう場合があるのでしょうか? ねじゲージの公差等も影響も含めご教示願います。

  • ねじリングゲージ校正とISO 17025ラボ認証

    サイト内検索で2008年に同様の質問をされている方がいらっしゃいましたが、回答の無い古い質問記事でしたので質問を投稿させて頂きます。 弊社で今まで購入してきたJISのねじリングゲージはメーカーから必ず検査成績書が付いてきていまして、測定実測値がμ単位で表記されています。これを基に最初に使用する前に磨耗点検ゲージで確認した上でゲージの社内番号を登録し、使用するというステップを踏んできました。その後6ヶ月に一回の校正ではこの磨耗点検ゲージでJISの細目ねじリングゲージ磨耗点検の規準に従いリングゲージに磨耗点検ゲージを入れ、ゲージの両側とも一回転以内であれば使用可能としてきました。 ところが、このメーカーからの検査成績書はメーカー自身がISO 17025認証を持っていない為、ISO/TS 16949の規準を満たさない、として先日の監査でメジャー不適合と判断されてしまいました。 メーカー二社に問い合わせ資料も揃えましたが、両社とも自社はISO 17025認証を持っていないが、検査成績書作成時に測定で使っているゲージ類は全てJQA(日本品質保証機構)により校正されており、国家規準にトレーサブルであるという状況でした(JQAはA2LAによりISO 17025認証取得済み)。どのようなトレーサビリティーの体系なのかも資料を取寄せましたが、TSの監査員に説明しても通らず、困っています。 具体的にはISO/TS 16949の規定項目7.6.3.2の外部ラボについて、外部のラボを利用の場合にそのラボが顧客から承認されているか或いはISO/IEC 17025認証取得済みか又は国家規準を満たしているかがポイントとなります。しかし、特定の計測機器についてISO/TS 16949の認証ラボで校正が出来ない場合はメーカーが校正をすることが出来る(但し7.6.3.1の内部ラボの規準を満たしていること)とも書いてあります。 弊社で使用のねじリングゲージは日本製でJIS規格のものです。随分色々なところに問い合わせ調べましたが、北米ではJIS規格に基づいた校正をするところはなさそうで、ISO/IEC 17025認証のラボではISOのねじリングゲージの規定に基づいた校正しかやらないようです。 更に調査したところ、JISとISOではリングゲージの校正方法も違い、例えばISOでは通り側リングゲージ用通り側点検プラグゲージ(GRGF)と通り側ねじリングゲージ用とまり側点検プラグゲージ(GRNF)の両方で確認するのに対し、JISではメーカーが検査成績書発行時に使う通りはめあい点検ねじプラグゲージ(GF)とリングゲージの使用者が使う通り側磨耗点検ねじプラグゲージ(GW)のようで、校正自体も違うので北米でJIS規格に基づいた校正ができないのであれば、補足事項の「メーカーが校正することが出来る」というのも適用できるのではないかと思っています。 何方か同じような状況にいらっしゃる(ISO/TS 16949規準で同様の状況下にある)方やJISとISOのねじリングゲージ校正について詳しい方いらっしゃいましたらアドバイス頂けないでしょうか?

    • ベストアンサー
    • ISO
  • ねじゲージの較正

    お恥ずかしい内容ですが。 外注に加工を依頼している機械加工部品にM5の貫通ネジがあり、その受入検査をオスねじゲージを使って行っていました。 そのねじは客先で使用するネジ穴になります。 オスねじゲージが通ることを確認して組立をしていたのですが、お客様の所でネジが入らないというクレームが出ました。 返却された物を調べると、オスねじゲージは通るのですが、メッキのネジだと通らない事がわかり、オスねじゲージ自体がやせてしまったと考えられます。 そこで対策として定期的にオスねじゲージの確認を行う事にしました。 どれぐらいの頻度で、どのように確認すれば良いのかがわからず、どなたか詳しい方に教えて頂きたい。 一応、一ヶ月ごとにメスの止まりのねじゲージに通してみて、通らなければOKにしようかと思っています。 ある人に聞くと、メスねじゲージはオスねじゲージを検査するためにあるのではないと言われてしまいました。 別の職場に聞くと、較正対象外にしているとの事で参考になりませんでした。 是非とも情報をお願いします。

  • 検査用止まりねじゲージIRとIFの組合せについて

    お世話になります。 検査用止まりねじリングゲージIRへ検査用止まり側はめあい点検ねじプラグゲージIFをねじ込んだときの状態と判定についてご存じの方がおりましたら、ご教示をお願い致します。

  • ねじリングゲージの校正について

    ねじリングゲージについてお教えください。 現在通り側ねじリングゲージ、止まり側ねじリングゲージを使用しはじめました。検査されるねじがセラミックなので摩耗が早いことが予測されます。 摩耗確認をリングゲージ用摩耗点検プラグで行い、リングゲージが摩耗していればリングゲージを交換し、摩耗点検プラグは2-3年ごとに校正に出そうと考えています。 例えばリングゲージが半年持たないと仮定した場合、これで良いでしょうか。

  • ねじゲージ ISOとJIS

    旋盤加工でねじ切りをします。 検査で、2級のネジゲージを使いないと言われました。 5hのネジゲージもあります。  JISとISOとのネジゲージの検査の使い分けはどのようにするのですか? 素人ですがよろしくお願いします。

  • ねじリングゲージの転用について

    8g等級のねじ有効径の測定についてです。 2級の通りねじリングゲージを使用して8gねじの有効径を 検査することは問題がないでしょうか? 私の解釈では(M30ねじの場合) 2級ねじは、6gねじに相当するという前提のもとで ? 6gと8gの最大有効径が同じ値である。 ? 上記(6g=8g)より2級有効径の方が小さい値である。 ということから8gねじ有効径を2級リングゲージで検査しても 条件がわずかに厳しくなるという事を理解の上では問題ないと考えました。 何か勘違いしている点、問題がある点などあれば忠告して頂けますと 非常に助かります。 宜しくお願い致します。

  • JISとDINのねじについて教えて下さい

    弊社は海外で製造されたパーツを用いて製品を作っております。 この中でねじ部について問題が発生しました。 ご存知の方がいらっしゃったらご指導下さい。 問題となったのは図面においてM18×1.5と書かれたねじです。 数点ですがJIS規格の公差域クラスGR-?、IR-?に入らない物があります。 検査には限界ねじリング(GR-?、IR-?)を用いております。 これに対し、海外での製造品なのでDIN規格ではないか?と指摘されました。 検索エンジンを用いて調べては見たのですが、あまり的を得た回答が見つかりませんでした。 私の認識ではメトリックでの規格なのでDIN=JISを思っていたのですが違いがあるのでしょうか? それとも納入された品の精度が悪いだけなのでしょうか?