• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ねじゲージの較正

お恥ずかしい内容ですが。 外注に加工を依頼している機械加工部品にM5の貫通ネジがあり、その受入検査をオスねじゲージを使って行っていました。 そのねじは客先で使用するネジ穴になります。 オスねじゲージが通ることを確認して組立をしていたのですが、お客様の所でネジが入らないというクレームが出ました。 返却された物を調べると、オスねじゲージは通るのですが、メッキのネジだと通らない事がわかり、オスねじゲージ自体がやせてしまったと考えられます。 そこで対策として定期的にオスねじゲージの確認を行う事にしました。 どれぐらいの頻度で、どのように確認すれば良いのかがわからず、どなたか詳しい方に教えて頂きたい。 一応、一ヶ月ごとにメスの止まりのねじゲージに通してみて、通らなければOKにしようかと思っています。 ある人に聞くと、メスねじゲージはオスねじゲージを検査するためにあるのではないと言われてしまいました。 別の職場に聞くと、較正対象外にしているとの事で参考になりませんでした。 是非とも情報をお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数811
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

おねじとめねじの両方を造っている会社で働いている者です。参考になるか分りませんが、私の会社では以下のような体制で校正をしています。 おねじは普通のリングゲージを使っています。リングゲージは使用頻度にもよりますが年に二回の定期点検(校正)をし、校正に使用している磨耗点検ゲージは三年に一回外注に校正してもらうことになっています。使用頻度が毎日のものや使用頻度が極端に増えるゲージはその都度頻度を増やして校正しています。おねじとめねじではおねじのほうが扱っている量が前々多いので比べ物にはなりませんが、めねじはプラグゲージを使って検査していて、こちらは使用頻度が殆どないので外注に五年に一回出すようにしています。 ゲージの定期点検は多ければ多いほど安全なのでしょうが、あくまでも校正はゲージが使用可能な公差内に収まっているかを確認する為なのでゲージの使用頻度に合わせて自分たちで校正の頻度を決めるように過去に指導されました。 おねじの例で参考になるかは分りませんが、以前に私の会社でおねじ用のリングゲージを毎日継続して使用したことがありまして、特殊な例だったのですが、ねじの精度の悪いものを大量に検査したところ完全に磨耗してしまい約二ヶ月程で駄目になってしまったことがありました。それ以来、特別にこのようなことが起こった場合はそのゲージのみ頻繁に磨耗点検をするようにしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

校正と管理が難しければ、ゲージメーカーに定期的に測定を依頼するのも手です。 定期的にゲージを交換してしまう方が、メーカーには喜ばれますが(笑)。 三針法も試してみてください。 ところで、メッキのねじは必ずしも精度が良くありません。 通りゲージがしっくりのねじ穴には、入らなくても不思議はありません。 製品が特定の客向けであれば、客先の使用するねじで検査した方が簡単確実かも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

校正ですね。 ねじプラグゲージを検査するためのねじリングゲージ は、JIS規格にはないと思います。 通常は三針を使ってねじプラグゲージの有効径を 検査するのが一般的です。 校正頻度は、ねじプラグゲージの使用頻度により ます。(検査される部品の材質、ねじ表面の状態 ・異物にも影響される。) 問題を起こしたねじプラグゲージは5年以上経過 していませんか? 当面は、1or2ヶ月に1回校正し、三針を含む有効径 のデータと検査個数の関係を調査し、校正頻度 (校正間隔)を決定すれば良いでしょう。 また、三針での有効径測定は未熟練者には難しい ので、その対策として【三針ユニット】を使用 されるのが良いと思います。(サイズ違い注意)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ねじゲージについて

    「限界ねじプラグゲージ」の摩耗の良し悪しを確認する道具は有りますでしょうか? 弊社、プレス加工にてt=1~3?程度の板金(主に亜鉛メッキ鋼板)の部品製造を行っています。 製品の中にはTAP加工を施すものが多くM3~M5のめねじを転造TAPにて加工しており、検査時にはいわゆる限界ねじプラグゲージにて通り確認を行っています。 会社にあるネジゲージですが、同じ加工品でも古いゲージは通りの良く、新品のゲージでは少し通りが渋いものがあり、ゲージをいつまで使用し続けて良いか判断に悩みます。 過去には納品した顧客先の受入検査ではTAPがきついといわれ、社内のゲージでは問題が無いといったケースもありました。 明らかに古そうなゲージを手に持ちながら、「私が持っているゲージでは通りますけど」との答えに説得力がありませんでした...。 いろいろとカタログを見たのですが、「限界ねじリングゲージ」には「点検用プラグゲージ」というものが存在するのですがプラグゲージの方には点検用のラインナップがありません。 「止まり用」のねじリングゲージにて確認するのでしょうか? それであればねじリングゲージだけに点検用のラインナップがある事が不思議です。 使用するねじプラグゲージについて ?どこまで使用し続けて良いか? ?その判断を確認する道具はあるのか? 以上御教授頂ければ幸いです。

  • ねじゲージに止まりについて

    ねじリングゲージの止まりの検査方法について教えてください。 小ネジM5X0.8のめっき付の商品で、リングゲージ通り止まりを通していました。めっき付なので4hの通り止まりで検査していたのですが、4hの止まりが止まらず、仕入先に問い合わせたところ、仕入先はIR?で検査していてJISの規格上問題ないと言われました。 そこで質問なのですが、 1.4hで止まらずにIR?で止まればOKなのでしょうか? 2.4hとIR?はどう違いますか? ねじゲージメーカーに資料をもらいましたが、今ひとつわかりません。 すいませんが、回答お願い致します。

  • ねじゲージ ISOとJIS

    旋盤加工でねじ切りをします。 検査で、2級のネジゲージを使いないと言われました。 5hのネジゲージもあります。  JISとISOとのネジゲージの検査の使い分けはどのようにするのですか? 素人ですがよろしくお願いします。

  • 新旧JIS ねじゲージ

    ねじについて知識がなく困っております。 M27×3でおねじ加工をした後、ねじゲージにて検査をし、出荷しました。ところが出荷先で止めのリングゲージが通過したとの連絡を受けました。 自社:旧JISタイプ M27×3 3級検査用 出荷先:新JISタイプ M27×3 8g 上記内容で検査した場合やはり通過してしまう場合があるのでしょうか? ねじゲージの公差等も影響も含めご教示願います。

  • 自動盤でのタップ加工

    自動盤でタップ加工した後ねじゲージで確認後、ねじゲージと同じ要領でタップを使いネジを通してみようと思いましたが固くて手ではできませんでしたが普通のことですか? ネジは下記のサイズです M3P0.5 sus304 深さ3ミリ貫通

  • ねじリングゲージの校正について

    ねじリングゲージについてお教えください。 現在通り側ねじリングゲージ、止まり側ねじリングゲージを使用しはじめました。検査されるねじがセラミックなので摩耗が早いことが予測されます。 摩耗確認をリングゲージ用摩耗点検プラグで行い、リングゲージが摩耗していればリングゲージを交換し、摩耗点検プラグは2-3年ごとに校正に出そうと考えています。 例えばリングゲージが半年持たないと仮定した場合、これで良いでしょうか。

  • ネジ加工後鍍金処理するとゲージが通りません

    御世話になります。 ダイスで雄ネジ(M3×P0.5)の加工後、鍍金処理(無電解ニッケル4~6μ)するとネジゲージ(リングゲージ)が通りません。 ねじの加工時に鍍金を考慮するのか、メッキ屋さんに配慮して頂くのが良いのかよく分かりません。(鍍金は、かごで(400~500個)処理されているとの事です。) 良い方法を教えて下さい。

  • ネジゲージ(1級、2級)の選択で教えて下さい

    例えば、これから表面処理されるメッキ前品などのネジ検査とメッキ後の完成品のネジ検査で使用するネジゲージの等級を変えています。 その使い分けと理由が理解できません。 また1級と2級のネジゲージの差はなにかもわかりません。 ご指導を宜しくお願いいたします。

  • ねじ部めっき剥離?

    三価ユニクロメッキ、材質SS400、M20部にメッキしてもらってますが、 そのねじ部に白錆・腐食?&ねじの山と谷の間に筋が入りメッキがピラピラと剥離しているように見えます。 メッキ屋さんに確認したところ、前者はメッキ工程前にキズがついていて、その部分はメッキの密着が悪くなるんじゃないかと。 後者はネジゲージを通すことにより、メッキ=亜鉛、ゲージ=鉄で亜鉛が負けてメッキにキズが入って剥離しているように見えるんじゃないかとのことです。両者ともに、前処理、メッキ処理、水洗処理等の工程にはなんら問題ないとの回答です。 そもそも、ゲージを通したくらいでメッキとは剥離するものなのでしょうか? メッキ処理後1週間かそこらで、腐食ってするものなのでしょうか? どうにも納得がいきません・・ 不良率も両者併せて18%くらいにもなります。 ズブの素人ですが、よろしく御願いします。

  • 標準ネジゲージと限界ネジゲージについて教えて下さい

    加工予定のネジ寸法に対して、社内に標準ネジゲージしか無かったためガタ無くしっくり嵌まるように加工を行いましたが、客先の検査担当者から限界ネジゲージの通りが通らないと指摘されました。 私としては   標準ネジゲージ=ネジの規格値の中央値で作られている   限界ネジゲージ=ネジ規格の上限と下限で作られている との認識だったため、標準ネジゲージしか無かったためガタ無くしっくり嵌まるように加工を行えば、限界ネジゲージによる検査も合格するものと思ってました。 何が問題だったのでしょうか? ご教授ねがいます。