• 締切済み
  • すぐに回答を!

平歯車の転位について

板をコンベア上で搬送させる装置を設計中です。 板を押させるために、搬送ローラと板を挟むような形で 上方にもローラが有ります。 板が来ない時は搬送ローラと上ローラが接しており、軸間は 42mm狙いですが、ローラには板を傷つけない様にゴムが 嵌められており、ゴムを取り付けた状態での外径は 実測でΦ41.5Φ41.7です。 そこで、軸間を41.5と設定して歯車の設計を考えて います。(モジュール2,歯数21) しかしながら、板の厚みがt0.5t1程度あるので 板がローラ間を通る際はその分、浮き上がりが生じま す。そうなると、歯車の歯先から歯が外れてしまう 恐れがあります。 上記の事を加味して、歯車のピッチ円直径はΦ42とし、 転位させて、板がローラ間を通らない時の軸間距離41.5 mmになっても歯底が当らない様にと考えています。 この考えは正しいでしょうか? また、転位させる時、上記の条件では転位係数等を どの様に計算するかがよく分からないのです。 どなたかご教授下さい。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1196
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

> 転位係数-0.12で基準ピッチ円直径41.5にて製作依頼する事になりました。 最小軸間距離をストッパで決められるとのことですので大きな問題にならないでしょうが、この場合は転位係数-0.13としたほうが良かったかもしれません。 (0.125より大きく) > 中心距離増加係数というものはどんなものなのでしょうか? 転位することにより歯形状がやせたり、歯底形状が変わってきます。(アンダーカット) これにより基準ピッチ円で噛み合わせたとき相互歯面にスキマが出たり、噛み合いがきつくなったりします。 特に歯数が少ないと顕著に現れます。 これを防ぎ補正する目的で転位係数を調整する時があります。 この例の場合は正確な噛み合いを必要としていないのでここまで細かい計算は必要ないと思います。 これらのことに付いては歯車設計の書籍がたくさん発行されていますので一冊手元において参考にすることをお勧めします。 ちなみに私の持っている書籍は  書籍名 実用歯車設計法(昭和42年第12版←かなり古い)  著者  杉田 稔  発行所 日刊工業新聞社 以上,参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

#2です。 > 転位させて、板がローラ間を通らない時の軸間距離41.5mmになっても歯底が当らない様にと考えています。この考えは正しいでしょうか? この考え方で良いと思います。 板が通らない時は互いのローラー外径で接触して軸間が41.5mmより狭まらないということですよね。 (歯底が当ることは無い) 又,モジュール2.0ですから板厚0.51.0が入っても外れることはありません。 > 転位係数等をどの様に計算するかがよく分からないのです。 転位係数=(転位量)/(モジュール)です。 この例の場合は上下同じ歯数として使用しますので、どちらにも同じ量だけ転位したほうが良いと思われますから,(上下とも同じ転位歯車として) 転位係数=((41.5-42)/2)/2=0.125 となり、この場合は「マイナス」の転位となります。 転位することによる中心距離増加係数なども加味しなければならないわけですが,使用用途から言って気にすることはないと考えられます。 ただ気になることは、ゴムが磨耗したりして軸間が41.5より小さくなってきた時に歯底が当るようになってきはしないかということです。 その為には41.5より狭まらないようにベアリング部などにストッパを付けたらいかがでしょうか。 以上,参考になれば幸いです。 尚、各数値に付いては自己責任で確認してください。 《以下、参考までに》 同期させて回転させ、軸間を自由にさせる方法として 「タイミングプーリー」、「チェーン」を使用する手もあると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

結局、転位係数-0.12で基準ピッチ円直径41.5にて製作依頼する事になりました。 これで問題無いという事ですよね? 軸間距離41.5以下にはならない様にストッパーは設けています。 ちなみに中心距離増加係数というものはどんなものなのでしょうか? すいませんが、宜しければ、ご回答下さい。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

ギヤのモジュールを大きくすることは出来ませんか? モジュールを大きくすれば軸間が開いてもギヤが外れることが無くなります。 コストは掛かりますが、以下の方法でも対応可能です。 モジュール又は歯数を小さくして、もう2個ギヤーを追加で使ってその2個の軸間は固定(下側ローラーで追加ギヤ2個を直列駆動)にして、追加した2個のうちの上側のギヤの側面で移動する上側ローラーのギヤを駆動すれば、軸間が変わっても軸間変化を最小にすることが出来ます。(上ローラーの真横から駆動のため) 以上ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

モジュールを大きく! なるほど、そういう方法も有るんですね。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

下記について補足をお願いします。 1)駆動側歯車と従動側歯車の軸間は板が挟まれたとき「ローラー径+板厚」となり板が無い時は「ローラー径」と、動く構造なのですか。   (軸間固定で板厚分をゴムで吸収は出来ないのですか) 2)従動側ローラーが動く構造の場合、軸間41.5mmより狭くならないに出来ますか。   (歯車を転位するにしてもしないにしても歯底に接するようではNGなので) 以上、よろしく。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

1)について ゴムでの吸収はNGです。板を押えすぎると板を損傷させるので、板が通る時は搬送軸の自重で板を押える構造が必要なのです。 2)について 41.5mm規制は上記、1)の理由でNGです。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

下記はいかがでしょう?

参考URL:
http://nde.nikkeibp.co.jp/diy912.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 あんな便利なツールが有るんですね。

関連するQ&A

  • はすば歯車(ヘリカルギア)の転位について

    はすば歯車の転位方法について質問があります。 通常の標準平歯車では、 1.転位係数の和を求めて 2.転位係数の和と歯数の和の関係図より   転位係数の和が実用範囲内であるか確認する。 3.範囲内であれば、   歯数と転位係数の関係図より   転位係数を決定する。 4.2で実用範囲内でなければ、   噛合い率、頂隙、歯先歯厚を確認する。 の手順で設計すると思いますが、 はすば歯車の場合も、同様の手順で行うのでしょうか? もし、同様の手順の場合、 転位係数の和と歯数の和の関係図 および 転位係数と歯数の関係図 また、 頂隙、歯先歯厚の計算式が 分かりません。 手順と関係図や計算式が分かるような資料を ご存知の方、ご教授お願いします。

  • モジュールの大きい歯車

    板状の材料を2本のローラーで挟み込み引っ張る機械を検討中。機構上ローラー2軸の中心間距離を調整又は離す構造としたい。2軸の回転方向が逆なのでギヤーを使いたいと考えています(スペース上チェーン構造にできないため)。そこで数ミリレベルであれば軸間距離が変わっても問題ない歯車を探しています。イメージ的にはモジュールが大きい(歯が大きい)歯車・・・でしょうか? 回転に関してあまり精度は要求されないため、鋳物製などでも良いのかもしれません。 このような場合どうすれば良いか、また、モジュールが大きい歯車を取り扱っているメーカなど、ご存知でしたらご教授下さい。

  • 内歯車について

    下記諸元の内歯車は歯車として成立するのでしょうか? 歯数:36 モジュール:1 転位量:-0.25 KHKの歯車計算ソフトを使用して上記諸元を入力したのですが、 歯先円が基礎円より小さくなり転位係数が0に戻されてしまいます。 歯先圧力角を計算しても計算できませんでした。 非常に初歩的な質問かもしれませんが、 ご存知の方ご教授お願いいたします。

  • 2段歯車おのおのの歯数

    平歯車で2段歯車を設計検討中です。 圧力角20°、モジュール1、歯幅は大、小各5mm程度、材質POM、 2段のうち小歯車は歯数15で考えており(転位しないぎりぎりの実用できる歯数という認識)、大歯車をできるだけ歯数を減らしたいのですが 大歯車の歯底円直径が小歯車の歯先円より小さくなった場合等で、 金型上の製作に問題があったりするのかを心配しております。 2段歯車を設計する際、大・小歯車の大きさについて制約等があるのでしたら教えて頂けませんでしょうか。

  • 平歯車の音

    平歯車の音の対策について教えて下さい。 2本のローラー(φ75、L=725 SUS304)を平歯車m=6、歯数12、転位量1.5、歯幅30、材質S45Cの2個で駆動しています。ローラーは両端にボールベアリングで受けています。駆動側にはスプロケットで駆動を掛けています。回転数は49.5rpmです。従動側のローラーはねじにてローラー間の隙間を調整するようにしています。ローラー隙間0が基準です。最大隙間は約5mmまでです。今現状ローラー隙間が2mmまでだったら音は気になりませんが、それ以上になると音がうるさく感じられます。この音の現象は仕方ない事なのでしょうか?対策として従動側の歯車をMCナイロンで製作しようかと思っていますが他に良い方法はありませんか?安価で簡単な方法がいいのですが。 以上、宜しくお願いします。

  • 成形品での歯車の寸法許容差

    設計に関して初心者のものです。 下記仕様の成形品の製作を考えております。 【仕様】 ・モーターを回し、平歯車2枚(ピッチ円直径φ15,φ20)を介して長さ180mm のラックを摺動。 【材質】 ・平歯車:POM ・ラック:ABS。 この時、 ?歯車の中心間距離や歯車、ラック等の寸法許容差はどれくらいとれば  良いのでしょうか? ?バックラッシュはどれくらいとればよいのでしょうか? ?歯タケは標準歯車の並歯でよいのでしょうか?  転位させたりする必要があるのでしょうか? ?上記以外に、設計するにあたり注意する点はありますでしょうか?   また上記のような成形品の設計をするにあたり、 参考になるURLや書籍がありましたら、教えて頂けないでしょうか? 質問事項が多くなってしまい申し訳ありません。 自分なりに調べたのですが、成形品で歯車を使った機構について、 詳しく説明してあるURL等がなかったもので、投稿させて頂きました。 何卒宜しくお願い致します。

  • 平歯車(ギア)の伝達効率及び噛合い率に関して

    平歯車の伝達効率及び噛合い率に関して計算方法がわかりませんので計算式 を教えてほしいです。転位係数の算出方法がネックになっています。 現象:軸間距離を離すと伝達効率が落ちる90%→70% 考察:噛合い率と伝達効率に関係性があるのではないか? 一般的にインボリュート歯車では軸間距離での変化を抑えるために使用されていると思っているのですが、実際伝達効率が落ちています。 参考: 材料:POM モジュール0.4 小歯数:13 大歯数:25 軸間距離:15.3→15.5mm(変化量0.2mm実測)

  • 転位 と かみあいピッチ円直径

    正面モジュール 40 正面圧力角   20° 0’ 0” 小歯車 歯数 15  歯直角転位係数  0.2 大歯車 歯数 79  歯直角転位係数 -0.2 歯直角転位係数の和 0 正面かみ合い圧力角 20° 0’ 0” 中心距離修整係数 0 中心距離 1880 基準円直径 600 3160 かみ合いピッチ円直径 600 3160 上記の仕様について、計算式でも算出でき、あっていると思うのですが、 転位しているのにかみあいピッチ円直径が基準円直径と同じとなるというのが 納得できません。 かみあいピッチ円直径は歯直角転位係数の和が 0になるので同じになるのですが、プラス転位は転位分大きくなり、マイナス転位は小さくなるような気がしてなりません。 どうか、わかりやすく説明していただける方、ご教授のほどよろしくお願いいたします。

  • インボリュート標準平歯車について

    就職のため、設計業務に関する勉強をしていますが、まだまだ分らないことがたくさんあります。もしよろしければ下の問題の解き方を教えてください。 (1).歯数が32、ピッチ円直径が64mmの歯車のモジュール (2).モジュール2.5、歯数24の歯車の歯先円直径 (3).歯数24、歯先円直径78mmの歯車にかみ合う歯数82の歯車の歯先円直径 (4).(3)の場合の中心(軸間)距離

  • チェーンコンベア

    教えてください 搬送チェーンコンベアの設計の際 駆動軸と反対側の従動軸側で、搬送チェーンのテンションを水平方向で調整します 駆動軸は、軸の外側に、中空軸モーターを設けています。 搬送チェーンは、二列 駆動軸に、直列に、キーが切ってあり二枚の歯車、搬送チェーンがかかっています 従動軸は 両サイドに、テークアップユニットになっているベアリングがあります 二枚の歯車に搬送チェーンがかかっており、歯車の、片方だけが、セットボルトで軸に固定で、もう一つの歯車は、ブッシュを入れてあり、両サイドに、セットカラーで止めてあります。 この際、駆動モーターと、セットボルトで固定になる、従動歯車の位置関係は、モーター側に、なるのか、反対側になるのか教えてください。