• 締切済み
  • すぐに回答を!

固有値が重複している行列の対角化

線形代数の質問です。 二次行列Aを、ある正則行列Pを用いて(P^-1)APと対角化するときのPを一つ求めよ、という問題があります。ここで、Aの固有値が二つあれば固有ベクトルも二つ求まりそれらを並べることでPがわかりますが、固有値が一つしかない場合はどうしたらいいのでしょうか。 教科書の例題を見ると、A=[a1,a2](a1=[3,-1]、a2=[0,2])のとき、固有値はλ=3で、[λI-A]x=0よりx+y=0となり、固有ベクトルは[1,-1]となります。このあとどのようにして正則二次行列Pを求めればいいのでしょうか。 どなたか御回答よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2
  • tmpname
  • ベストアンサー率68% (191/278)

行列は常に対角化できるとは限りません。 一般に、固有値λの代数的多重度(つまり、Aの固有多項式における根λの多重度)に対し、λに対する固有空間の次元(のことを固有値λの幾何的多重度といったりする)が固有値λの代数的多重度に等しければ、対角化できる。そうでない場合、対角化出来ません。 A = { {3, 1}, {-1, 1} } の場合、固有値は2のみでそれに対する固有空間は {1,-1}^t が張る部分空間のみで次元は1、従って対角化できません。こういう対角化できない場合は「Jordan標準形」というものを考えることになります。 その教科書の後ろの章とかに書いていませんか?もしくはJordan標準形については別の学期の授業で扱うとか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

ます、そのAは固有値は重複してないよ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すみません、Aの値を書き間違えてしまいました…。 A=[a1,a2]でa1=[3,-1]、a2=[1,1]のときλ=2で重複、で再考して頂けますでしょうか?

関連するQ&A

  • 行列の固有値と対角化

    次の行列Aの固有値と固有ベクトルを求め、正則行列Pをもとめよ。 A=  0  1 -2 -3 で|A-λE|= -λ   1 -2 -3-λ より -λ(-3-λ)+2=3λ+(λ^2)+2 =(λ+1)(λ+2) よってλ=-1、-2 λ=-1に属する固有ベクトルは y=-xより(x、y)=α(1、-1) λ=-21に属する固有ベクトルは y=-2xより(x、y)=β(1、-2) これより正則行列Pは  1  1 -1 -2 になると思ったのですが、答えを見ると  1 -1 -1  2 とありました。どうしてでしょうか?

  • 固有値、対角行列の順

    2 -2 1 -1 3 -1 1 -2 2 といったような3*3行列があって正則行列Pを求め P^-1AP(対角行列)をもてめるのですが。 固有値は1、5で固有ベクトルが求まり、正則行列Pが 求まり、P^-1APもでます。 固有ベクトルが三つ(P1、P2、P3)出ますが、正則行列Pは左からP1、P3、P2みたいに順番はどうでもいいのでしょうか? またPが求まるとP^-1APは求まりますが、 α 0 0 0 β 0 0 0 γ  のようになって計算するとα=1、β=1、γ=5になります。が、これは固有値が並んでいまして、α、β、γの順が違っていても正解なのでしょうか? 例えば、5,1,1とか ご教授願います。

  • 対角化可能と固有ベクトル

    Pの逆行列をP^(-1)とします。このとき、P^(-1)AP=D(対角行列)を満たす正則行列Pを具体的に与え、P^(-1)APが何になるかを示しつつ、Pが正則行列になる理由、P^(-1)APがそのような形になる理由を説明し、 以上の点を踏まえ、n次正方行列Aがn個の線形独立な固有ベクトル a_1,・・・・a_n(固有値はp1,・・,pn)を持てば、Aは正則行列により対角化可能であることの証明です。 上記証明なのですが、どう進めていけばいいのかわかりません。 よろしくお願いいたします。

  • 線形代数 行列 対角化

    対角化について質問させて頂きます。 対角化とは、 「正方行列を適当な線形変換により、もとの行列と同値な 対角行列に帰着させること。」 と説明がありました。 ここで、同値とは具体的にどのような内容を指すのでしょうか? また、対角化を求める際、 正方行列Aに対してP^-1APとなる正則行列Pを求めます。 この正則行列Pは正方行列Aより求めた固有値に属する固有ベクトル を並べたものになりますが、これはなぜですか? なぜ、固有ベクトルを並べたものが正則行列Pになるのでしょうか? 以上、ご回答よろしくお願い致します。

  • 固有値と固有ベクトルが既知のときの行列

    3次の正方行列 A について次の条件が成り立つとする. | 1| | 0| |-1| は固有値 1 の固有ベクトルである. | 1| |-1| | 0| は固有値 -1 の固有ベクトルである. |2| |0| |1| は固有値 0 の固有ベクトルである. このとき以下の問に答えよ. (1) A を求めよ. (2) A を対角化する行列 P と対角行列 P^-1AP を求めよ. (2)は固有ベクトルをPとすれば,1次独立だからPが正則となり答えが分かるのですが,(1)をどのように出すか分かりません.ご教授お願いします.

  • 行列の対角化について

    行列Aが与えられていてその行列の固有値、固有ベクトルを求め、Aを対角化せよという問題があったとして、その問題を解くときに まず固有値を求め、固有ベクトルを求めるところまではいいんですが、 対角化するというときに固有ベクトルから行列Pを求め、P-1AP = 対角行列という風にすると思うんですが、この場合P-1APは実際にP-1を求めて計算する必要があるんでしょうか? はじめから対角行列であるということがわかっているように普通に書いてもよいんでしょうか?

  • 3×3行列の固有値重解時の対角化の方法

    行列A= | 1 2 2 | | 0 2 1 | |-1 2 2 | とします。 固有値、固有ベクトルを求め、 正則行列Pを用いて対角化する時の手順ですが、 何度やっても最終的に対角化できません。 おそらく固有ベクトル・正則行列の求め方に問題があるのだと思うのですが、 問題点を指摘して頂けないでしょうか? 解答が手元に無く、皆さんに助けを求めさせて頂きました。 【固有値】 |A-λE|=0として (λ-1)(λ-2)^2=0 固有値λ=1, 2(重解) 【固有ベクトル】 (A-λE)X=0より (i)λ=1の時 |0 2 2||X1| |0 1 1||X2|=0 |-1 2 1||X3| ∴{X2+X3=0  {-X1+2X2+X3=0 X3=kとおくと X2=-k,X1=-k ∴固有ベクトル   |-1| p1=k|-1|   | 1| (ii)λ=2(重解)の時 |-1 2 2||X1| | 0 0 1||X2|=0 |-1 2 0||X3| ∴{-X1+X2+X3=0  {X3=0  {-X1+2X2=0 X3=X1-X2 X1=s,X2=tとおくと X3=s-t ∴固有ベクトル   | 1 | |0| p2=s| 0 |+t|1|  |0.5| |1|より 直行行列   |-1 1 0| P= |-1 0 1|   | 1 0.5 1| とする。 また、 直交行列の逆行列    |-1 -2 2| P-1= 1/5| 4 -2 2|    |-1 3 2| これらを用いて計算すると     |1 -6 -4| P-1AP= |0 14 36|     |0 1 26| となり、途方にくれてしまいます。 |1 0 0| |0 2 0| |0 0 2|になってくれません。 どこで間違いをおしているのでしょうか? 教えて下さい。

  • 対角化不可能な4次正方行列

    行列A= (-1,0,0,1) (0,1,0,0) (0,0,1,0) (4,0,0,-1) について。 Aの固有値を求め、それぞれの固有値に対するAの固有空間の基底を一組求めよ。また、適当な正則行列Pを求めてp^(-1)APが対角行列になるようにせよ。 という問題がわかりません。 自分で計算したところ、λ=-3,1(3重解)と出ました。 λ=-3のとき、基底のひとつはt^(1,0,0,-2)と出ました。 問題はλ=1のときです。(1*E-A)を変形したときのランクは1で、未知数4だから4-1=3>0で対角化不可能です。 このときの固有ベクトルをt^(x,y,z,w)とするならば、z=2xという関係式から t^(1,0,0,2) t^(0,1,0,0) t^(0,0,1,0) を基底に選んだのですが、これは間違っているでしょうか? あと、この後どうやったらいいのかわかりません。 いま出した4つのベクトルを正規化して横に並べても、これはPにはならないですよね。 教えてください。

  • 線形代数 行列の対角化とユニタリー行列について

    線形代数 行列の対角化とユニタリー行列について 行列Aをの固有値a1,a2,.....に対して固有ベクトルをv1,v2,.....とするとAを対角化する変換行列Pは P=(v1,v2,...)となりますよね?このとき対角化された行列は PAP^(-1)とP^(-1)APのどちらですか? 教科書によって違うので混乱しています。 また、Aが対角化可能かどうかは具体的にはどのように判断するんですか? というのも今までエルミート行列しか対角化したことなかったんです。 エルミート行列を対角化する変換行列はユニタリー行列であるという認識は正しいですか? ユニタリー行列の場合変換の際に基底の大きは保存されると思います。よって大きさが変わっていいならユニタリーでなくても対角化できそうなのですが。 一般的には対角化とエルミート行列とユニタリー行列の間にはどんな関係があるのでしょうか? 迷走した質問ですみません。よろしくお願いします。

  • 固有値、固有ベクトルおよび対角化について

    以下の問題なのですが、(2)が特にわかりません。 (1)も自信ありませんが…。 (2)なのですが、行列Aの固有ベクトルは2個しかないので、 対角化ができません。 もし対角化が出来れば、AP=PBに右からPの逆行列をかけることで、 A=PBP^(-1) となって、簡単にPとBは決定できます。(Bは上三角行列とあります) Bは固有値を対角に並べたもので、Pはそれに対応するように固有ベクトルを並べたものですよね。 しかし今回の場合はAがおそらく対角化できないので、そう簡単にはいかないようです。 どのようにして解けばよいのでしょうか? よろしくお願いします。