• 締切済み
  • すぐに回答を!

なぜ正規行列で対角化するの??

アホな質問です。 対角化するとき、エルミート行列あるいは実対象行列のときはユニタリー行列Uあるいは直行行列を使って対角するような問題ばかりなのですが、なぜ、普通に任意の正則行列Pをつかって対角化しないでしょうか? ユニタリー行列を探すには、固有ベクトル見つけたあと、グラムシュミットで正規直交基底をつくってやらんきゃならんわけですよね。単に固有ベクトルならべてつくるPより、面倒だと思うのですが? 教科書にはそういうときはユニタリで対角化できるみたいに書いてあるんで普通の正則行列Pでも対角化自体はできんですか? その後においてどういう利点があるんでしょうか? 確か前どっかで聞いたことあったような・・Uが直行しているのでなんかの計算で便利なんでしたっけ?何かをわざわざ計算しなくてもいいから楽?ってどっかで見たか聞いたことあったような・・・。わかりやすく大学初学年にもわかりやすい程度でお願いします・・。m(__)m

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.4
  • reiman
  • ベストアンサー率62% (102/163)

正規行列の固有ベクトルは必ず直行していて、シュミットの直交化をするとは言っても単に長さを1に規格化するだけで> これは大間違いです。 No.3はNo.2の捕捉を読まずにNo.3を書いたので 補足に対する回答をしていませんでした。 固有値がすべて異なるならばそれでOKですが 同一固有値もあるので長さを1にするだけではありません。 真面目にシュミット直交化をしなければなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • reiman
  • ベストアンサー率62% (102/163)

失礼しました。 No.2は不要でした。 No.1でOKです。 シュミットの直交化する際に固有空間で区分けする必要はありません。 n次正規行列Aについて n個のn次列ベクトル列 p[1],p[2],p[3],…,p[n]によって [p[1] p[2] p[3] … p[n]]^-1A[p[1] p[2] p[3] … p[n]] が対角行列になるならば列ベクトル列 p[1],p[2],p[3],…,p[n] をこの順にシュミット直交化してできる列ベクトル列を q[1],q[2],q[3],…,q[n] としたとき [q[1] q[2] q[3] … q[n]]^-1A[q[1] q[2] q[3] … q[n]]= [p[1] p[2] p[3] … p[n]]^-1A[p[1] p[2] p[3] … p[n]] です。 勿論シュミット直交化したわけなので [q[1] q[2] q[3] … q[n]]^*=[q[1] q[2] q[3] … q[n]]^-1 です。(^*は複素共役転置) これは 正規行列の異なる固有値に対する固有ベクトル同士は直交する という性質から簡単に導かれます。 2,3次元空間でいうと斜交座標で我慢するか 直交座標でいくかといった違いなので 直交化することによって自分の問題が解決するかどうかに応じて 使い分けすれば良いでしょう。 例えば x'(t)=Ax(t) といった連立微分方程式を解くだけならば座標変換により シュミット直交化する必要はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • reiman
  • ベストアンサー率62% (102/163)

正確さに欠けたので再度書くと 正規行列の場合には異なる固有値に対する固有ベクトルは必ず直交するので 同一固有値に対する固有空間内の固有ベクトルの組をその空間内でシュミット直交化を行うことによって対角化するための固有ベクトルを作成して それらのベクトルを並べるとユニタリ行列になってくれるのである。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。くだけて言えば、正規行列の固有ベクトルは必ず直行していて、シュミットの直交化をするとは言っても単に長さを1に規格化するだけでユニタリになるから、そんなにすごくめんどくさいわけでもないということですか??

  • 回答No.1
  • reiman
  • ベストアンサー率62% (102/163)

必要なければ別に正則行列で対角化してもよい。 ただ、正規行列の直交化の場合はシュミットの直交化を行っても 対角行列が壊れないのでその方が便利ならばそうすればよいだけ。 必ずしもそうする必要はない。 しかし、問題で要求されたらできるのだからそうしなければならない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 線形代数 行列の対角化とユニタリー行列について

    線形代数 行列の対角化とユニタリー行列について 行列Aをの固有値a1,a2,.....に対して固有ベクトルをv1,v2,.....とするとAを対角化する変換行列Pは P=(v1,v2,...)となりますよね?このとき対角化された行列は PAP^(-1)とP^(-1)APのどちらですか? 教科書によって違うので混乱しています。 また、Aが対角化可能かどうかは具体的にはどのように判断するんですか? というのも今までエルミート行列しか対角化したことなかったんです。 エルミート行列を対角化する変換行列はユニタリー行列であるという認識は正しいですか? ユニタリー行列の場合変換の際に基底の大きは保存されると思います。よって大きさが変わっていいならユニタリーでなくても対角化できそうなのですが。 一般的には対角化とエルミート行列とユニタリー行列の間にはどんな関係があるのでしょうか? 迷走した質問ですみません。よろしくお願いします。

  • 3×3行列の固有値重解時の対角化の方法

    行列A= | 1 2 2 | | 0 2 1 | |-1 2 2 | とします。 固有値、固有ベクトルを求め、 正則行列Pを用いて対角化する時の手順ですが、 何度やっても最終的に対角化できません。 おそらく固有ベクトル・正則行列の求め方に問題があるのだと思うのですが、 問題点を指摘して頂けないでしょうか? 解答が手元に無く、皆さんに助けを求めさせて頂きました。 【固有値】 |A-λE|=0として (λ-1)(λ-2)^2=0 固有値λ=1, 2(重解) 【固有ベクトル】 (A-λE)X=0より (i)λ=1の時 |0 2 2||X1| |0 1 1||X2|=0 |-1 2 1||X3| ∴{X2+X3=0  {-X1+2X2+X3=0 X3=kとおくと X2=-k,X1=-k ∴固有ベクトル   |-1| p1=k|-1|   | 1| (ii)λ=2(重解)の時 |-1 2 2||X1| | 0 0 1||X2|=0 |-1 2 0||X3| ∴{-X1+X2+X3=0  {X3=0  {-X1+2X2=0 X3=X1-X2 X1=s,X2=tとおくと X3=s-t ∴固有ベクトル   | 1 | |0| p2=s| 0 |+t|1|  |0.5| |1|より 直行行列   |-1 1 0| P= |-1 0 1|   | 1 0.5 1| とする。 また、 直交行列の逆行列    |-1 -2 2| P-1= 1/5| 4 -2 2|    |-1 3 2| これらを用いて計算すると     |1 -6 -4| P-1AP= |0 14 36|     |0 1 26| となり、途方にくれてしまいます。 |1 0 0| |0 2 0| |0 0 2|になってくれません。 どこで間違いをおしているのでしょうか? 教えて下さい。

  • 線形代数 行列 対角化

    対角化について質問させて頂きます。 対角化とは、 「正方行列を適当な線形変換により、もとの行列と同値な 対角行列に帰着させること。」 と説明がありました。 ここで、同値とは具体的にどのような内容を指すのでしょうか? また、対角化を求める際、 正方行列Aに対してP^-1APとなる正則行列Pを求めます。 この正則行列Pは正方行列Aより求めた固有値に属する固有ベクトル を並べたものになりますが、これはなぜですか? なぜ、固有ベクトルを並べたものが正則行列Pになるのでしょうか? 以上、ご回答よろしくお願い致します。

  • 対角化不可能な4次正方行列

    行列A= (-1,0,0,1) (0,1,0,0) (0,0,1,0) (4,0,0,-1) について。 Aの固有値を求め、それぞれの固有値に対するAの固有空間の基底を一組求めよ。また、適当な正則行列Pを求めてp^(-1)APが対角行列になるようにせよ。 という問題がわかりません。 自分で計算したところ、λ=-3,1(3重解)と出ました。 λ=-3のとき、基底のひとつはt^(1,0,0,-2)と出ました。 問題はλ=1のときです。(1*E-A)を変形したときのランクは1で、未知数4だから4-1=3>0で対角化不可能です。 このときの固有ベクトルをt^(x,y,z,w)とするならば、z=2xという関係式から t^(1,0,0,2) t^(0,1,0,0) t^(0,0,1,0) を基底に選んだのですが、これは間違っているでしょうか? あと、この後どうやったらいいのかわかりません。 いま出した4つのベクトルを正規化して横に並べても、これはPにはならないですよね。 教えてください。

  • 行列・対角化可能の条件は?

    行列で対角化可能の時の条件を教えて下さい。 問題で固有値、固有ベクトル、対角化可能の場合は対角化する正則行列を求めよ、とあります。 3×3行列で固有値が3つ、全て異なる場合は対角化可能。 固有値が1つ(3重解)の場合は対角化不可。 では、固有値が2つの場合は対角化可能と不可の場合がありますが、これはどのようにして見分けるのでしょうか? 例えば    -3 -2 -2 B=[ 2  1  2  ]     2  2  1  の時、固有値は1、-1(重解)ですが対角化可能です。なぜでしょうか?宜しくお願いします。

  • n×n複素対称行列の対角化

    [1 i] [i 3] が対角化できるかどうか?の問題なのですが 行列式:4,固有値:2のみ,固有ベクトルの張る空間:a・(i,1)^T だと思うのですが正しいですか? 固有空間の次元が1であり2でないので前記行列は正則行列によって対角化できないと結論づけていいのでしょうか? 「もしも、対称行列が一次独立になった場合、 行列の対角化はどのようにして求めたら良いのでしょうか? 」という質問があったのですが対称行列に「一次独立」は定義されているのでしょうか? 私は「正則」のことだと思うのですが

  • 正規直交基底を持つ行列

    以下の問題についてどなたか教えていただけないでしょうか。 試しに具体的な正規直交基底の行列で計算してみたのですが、分かりませんでした。 ご回答いただけると嬉しいです。 {q_i ∈ R^n}[i=1,n]を正規直交基底とするとき、行列 A = a_1 q_1 q_1^T + a_2 q_2 q_2^T + ... + a_n q_n q_n^T, a_i ∈ R^1 について、全ての固有値と固有ベクトルを求めよ。 ("_1"は1という下付文字、"^1"は1という上付文字です。)

  • 行列の固有値と対角化

    次の行列Aの固有値と固有ベクトルを求め、正則行列Pをもとめよ。 A=  0  1 -2 -3 で|A-λE|= -λ   1 -2 -3-λ より -λ(-3-λ)+2=3λ+(λ^2)+2 =(λ+1)(λ+2) よってλ=-1、-2 λ=-1に属する固有ベクトルは y=-xより(x、y)=α(1、-1) λ=-21に属する固有ベクトルは y=-2xより(x、y)=β(1、-2) これより正則行列Pは  1  1 -1 -2 になると思ったのですが、答えを見ると  1 -1 -1  2 とありました。どうしてでしょうか?

  • 固有値が重複している行列の対角化

    線形代数の質問です。 二次行列Aを、ある正則行列Pを用いて(P^-1)APと対角化するときのPを一つ求めよ、という問題があります。ここで、Aの固有値が二つあれば固有ベクトルも二つ求まりそれらを並べることでPがわかりますが、固有値が一つしかない場合はどうしたらいいのでしょうか。 教科書の例題を見ると、A=[a1,a2](a1=[3,-1]、a2=[0,2])のとき、固有値はλ=3で、[λI-A]x=0よりx+y=0となり、固有ベクトルは[1,-1]となります。このあとどのようにして正則二次行列Pを求めればいいのでしょうか。 どなたか御回答よろしくお願いします。

  • 任意の行列のQR分解の証明

    任意の実数を成分とするn*n行列Aが直交行列Qと上三角行列RによってA=QRと分解できる事はどう証明すればいいんでしょうか? Aが正則ならシュミットの直交化法で直交行列Qを作れますが、正則でないとAの正規直交基底がn個得られませんよね?