• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

南シナ海中国埋め立て地を国連統治下にするには?

南シナ海の中国埋め立て地を国連により統治するにはどうしたらいいでしょうか? 国際仲裁裁判所の裁定がでても、中国はそんなものしらねーと(ドラえもんの)ジャイアンの論理で乗り切ろうとしています。対策としては、現に出来上がっているものをどうするかです。簡単に壊すこともできないでしょうから、簡単ではないでしょうが、中国から取り上げて国連統治領にするしかないと思うのです。それを中国が拒否権をちらつかせようとも国連の場で討議するくらいしないと、中国は既成事実化をどんどん進めて、やがて尖閣、沖縄を取りに来ると思うのです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数227
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • azuki-7
  • ベストアンサー率16% (1976/11757)

中国はその国連の常任理事国です 「国連の統治下なら当然中国の領海だ」と主張するのは目に見えてます そもそも 南沙諸島の占領はフィリピンの主権侵害で立派な侵略行為なのだから フィリピンは「中国の行動は我々に対する宣戦布告だ」と言って軍事行動に出れば良いと思う 何故それをしないのか 疑問です 日本もそうですが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 「中国の行動は我々に対する宣戦布告だ、だから我々はかの領海を取り戻すために○月○日をもって爆撃を開始する。我々に協力してほしい。」と名乗りを上げると、進展するでしょうね。

関連するQ&A

  • 中国の実行支配について

    現在、中国は南シナ海【南シナ海でしたよね?肝心なところを知らずに、すいません(・・;)】に軍用基地と見られる埋め立て地をつくっていることについてなのですが、 そんなことをして、国連からの処置はないのですか?周辺の国、例えばフィリピンなどの排他的経済水域を侵しているからいくら中国の経済が重要視されていても、これはかなりまずいのでは、と思うのですが…。 あと、日本での報道を見る限り、中国はアジア各地で巨費を投じて大規模工事を実行していますが、中国国内でデモなどは起こらないはずがないですよね…?中国国内の環境は尋常じゃなく悪化していますから、中国の方もかなり困っていると思うし とても未熟な考えですが、このことについて偏見なくご回答してくださる方は、よろしくお願いします! また、私の書いていることに誤りがあったら訂正よろしくお願いします。

  • 南シナ海と尖閣諸島

    このところ、南シナ海が熱いですね。なんでも、ベトナムの調査船が中国の漁船から危険な妨害行為を受けたとか… どこかで聞いた話と思いきや、日本もほぼ同様な危険な行為を受けています。 そこで思ったのですが、東南アジアは親日国も多くこの際、中国という大きな岩と対決するために連合を組んではどうだろう?と思ったわけです。例えば、「領土保全連合」とか「国家保安連合」とか…そんな感じの連合です。何をするかといえば、各国の沿岸警備機関や軍事組織による南シナ海及び尖閣諸島付近の重点警備や各諸島の資源共有(ただし島の保有国の漁獲高を優先する)などです。 もし、連合国の国同士でもめている場合は各国の消費量によって漁獲比率を決めみんなで仲良く共有すれば良いと思います。中国に全部持っていかれるよりはマシなはずです。石油等については、連合の財産とし連合内に石油管理機関を設置し管理すれば良いと思います。  安全保障会議を設置し、拒否権は認めず完全な多数決制とします。棄権もなしです。また、連合内は貿易を自由化します。しかし、TPPとは違い自国産業の保護をある程度認めます。日本なら、米を守ることを認めるわけです。また、日本は中国にある工場を東南アジアに移す際に補助金を出す「東南アジア移転促進法」を制定し脱中国を進めます。 連合域内は永続的に相互不可侵とし完全な平和と調和を目指します。各国の軍事組織は、年に数回の演習を南シナ海で実施し軍事的情報の全てを原則として共有します。 こんな案はいかがでしょうか?個人的には、なかなか良いと思うのですが… いずれにしても単独であの頑固な中国にモノを言うよりみんなで束になってかかったほうが良いと思うのですが。

  • フィリピン 大金星!!

    南シナ海で、南沙諸島の領有権を巡るフィリピンと中国の争いですが、国連の仲裁裁判所での法廷闘争を拒否したそうです。フィリピン側は、中国不在のまま、闘争を続けるようですが、さすがにこれでは分が悪いと判っている中国も、今回は、打つ手無しと思います。裏の裏まで読んだフィリピンの勝利、大金星なのでしょうか?これでフィリピンが勝てば、勢い中国が最も懸念する飛び火状態になりますかね?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
noname#224719

>中国から取り上げて国連統治領にするしかないと思うのです。それを中国が拒否権をちらつかせよう やめませんか?日本に八つ当たりされたら 困るので。あの国とは経済以外関わりたく ないですね。 >て、やがて尖閣、沖縄を取りに来ると思うのです。 「自国を管理できてから 取りに来てください、 一度でいいから正確な数字を 出してもらえませんか?」 言い返しましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 確かに関わりたくない国ですね。だから日本が言い出すのではなく、それとなく噂にしていくわけです。ロビーで、どこかの国がこんなこと言ってましたな~、てな調子でやれませんかね。 しかし、そんな国に原発(英国)や高速鉄道(インドネシア、米国?)を作ってもらおうとする驚きの国もありますけどね。

  • 回答No.3

先にいうと、ムリ。 実行するには、安全保障理事会で可決して国連軍を動かして支配すればいいだけだけど、中国に拒否権がある。 アフガニスタン戦争で、ソ連の一方的な侵攻を国連が止めることができなかったのは、この理由。 また、国連総会により多国籍軍を組織して、というのも、中国が傀儡にしている途上国の数が多いので無理。 安倍さんはこれを見越して、国連決議ナシで動けるように法改正をしたわけです。先見の明があるでしょう? アメリカ艦船か日本の艦船がシーレーン上で攻撃を受けたら、自衛隊の出動が決断される流れになるかと。 国連の決議なしでの多国籍軍の派遣になるんじゃないかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 >シーレーン上で攻撃を受けたら まあ、ここまで行けばそうなるでしょうが、彼らは自分から先に手出しはしないしたたかな国と思いますがどうでしょうか? その前に、いろんな挑発行為をするでしょうね。例えば、沖縄独立のシンポジウムを北京で開くとか・・・

  • 回答No.2

中国共産党政権が分裂崩壊し、次の中国政権が南シナ海の領有を放棄すれば可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 やはり現代の明石大佐(日露戦争前にロシア革命推進のため日本軍から現在の金で400億円をもってヨーロッパで支援活動をした)に400億円くらい持たせて中国に潜入させ、反共産党政権運動を支援するしかないですかね。

  • 回答No.1

質問者さんも、日本人の多くも国連を「中立で公正な機関」だと思っていますが、実態は第二次大戦の戦勝国クラブに過ぎません。経済的にも政治的にも国際的にそれなりの立場にあるはずの(少なくともフランスと同じくらいの影響力はあるはずの)ドイツと日本は常任理事国ではありません。 そして中国はその国連の常任理事国であり、国連の議決はその常任理事国が拒否権を発動すると不成立となります。東西冷戦の頃はアメリカが何か議決をとろうとするとソ連が拒否権を発動し、ソ連が何か議決をとろうとするとアメリカが拒否権を発動して何も決まらなかった時期がありました。 日本人は国連に過剰に期待しすぎなのです。実際は特に国際政治の舞台では基本的に役立たずというか、常任理事国の不利益になるようなことは決してしないのです。今回の判決も、特に何か拘束力があるものじゃないでしょう?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 確かにそうですが、他に手がなくて・・・

関連するQ&A

  • 日本の軍事力は強化されるべきなのでしょうか?

    自分は戦争はしたくないので、日本が軍事力を強めることについて、否定的な立場にいます。 よく中国に対抗するためという名目が使われていますが、いかに軍事力が増大しても中国が日本に戦争をしかけてくるというのは、さすがに現実味はないとは思います。 しかし、中国が南シナ海での埋め立てのニュースを見ると、戦争は仕掛けてこなくても、日本領海内に埋め立てを実行して、あとはなし崩し的に領土を主張して実効支配ということは、やっても不思議ではないと思います。(現在進行形で中国が他の国に対してやっているので否定しようがない) 一度ああなってしまうと、「国際社会に訴える」とか「外交で解決」なんて、できるのかどうかが非常に疑問です。中国くらい大きくなってしまうと、国連決議に拒否権を持ってますし、経済制裁も世界経済が不安定になるので強力に長期間はできないでしょうし。実際国際社会もアメリカも手出しできないと思っているから、中国も今、無茶やっているんでしょうし。 そういう話を聞くと、抑止力のために軍隊を強めるとういのも、ある程度必要なのかなと思ってしまいます。 日本がフィリピンと同じコトをされる心配はないのでしょうか? 南シナ海の問題は、話し合いとか国際協調で解決するものなのしょうか? なにより、日本の軍事力は強化されるべきなのでしょうか? 詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 植民地支配と国際法!

    昨今、中国のチベット弾圧が問題になっています。私は以前からずっと疑問に思っていたのですが、現在、世界で唯一(ロシアを除く)植民地支配を続けている国は中国です。確か以前に見たサイトで1960年代の国連決議で侵略とは「他国や他民族を武力によって支配・統治すること」と侵略の定義がハッキリと決まり、白人帝国主義国家がやむを得ずに植民地を手放し、一時国連預かりになり、後にアジア・アフリカ諸国がこぞって独立を果たしたという歴史的事実があります。 つまり、戦前は弱肉強食の帝国主義の時代だったので強者の論理で「力の強い国が弱い国を支配・統治する」ことが当たり前に行われ、国際法でも認められていたと認識しております。 しかし、前述したように、現在は、「強国でも武力や暴力をもって植民地支配をしてはならない。」というのが国際的な常識だと思います。 中国は国土の2/3が植民地です。これは、国際法上違法性はないのでしょうか?

  • 国の領土領海を国際的に、法的に証明する方法

    個人の家の敷地など登記簿謄本で隣家との境界を法的に証明できるように 国の領土領海を国際法とか国連の領土法(こんな法律が存在するかどうか知りませんが)で 証明できれば他国がある日突然自国領だと言ってきても 何言ってんだと国際的に退けることは可能だと思うのですが そのような仕組みは無いのでしょうか。 中国は突然尖閣は俺の領土だと主張しても日本だけが反論するのでなく 国連とかの国際的な第三者の機関で、公的に中国の主張を退けられるのであれば 中国のごり押しの論理は簡単に制裁できると思います。 中国が国際裁判所に訴えて堂々と解決することは有り得ないでしょうし、 自国の領土である尖閣のために日本が訴えるというのも変なことですし 困ったものです。 世界中の国々の領土領海の棲み分けはどのように管理、保護されているのでしょうか。 当事国どうしで解決しかないなら弱い国は泣き寝入りになることになり理不尽と思います。 このへんの問題に詳しい方のご高説をお聞きしたいと思います。

  • これが、特亜だ!!

    先程、webのニュースを見ておりました。昨日、『日本はツイていた』とのタイトルで、領有権を巡る国が、特亜のアホ3国で良かったとの、内容の質問をさせて頂きました。賛否両論で、決して同意を得られたとは言い難く、まぁ、当方も極端な言い回しの質問でしたので、それはそれで良かったのですが、では、これではどうでしょうか?【フィリピンのアキノ大統領が中国訪問を中止した問題で、中国が訪問の条件としてフィリピンが国際司法機関に申し立てた南シナ海の領有権争いをめぐる仲裁手続きの取り下げを求めていたことが2日、フィリピン政府関係者の話で分かった】と、あります。フィリピンにしてみれば、これほどバカにした話も無い訳で、拒否して当然ですが、それを【中国は訪中を断った】と、中国から断ったと見せるこの姑息さ、卑怯さ。これこそが【特亜】と言えるのでは無いでしょうか?自国の名誉の為なら、他国の事など知った事ではない、中国に逆らうとは何事かと言ったこの姿勢が問われています。『中国は領有権争いで2国間協議を主張し対中強硬派のフィリピンとは2年間、首脳レベルの対話をしていない。尖閣諸島で対立する日本への対応と重なる』ともありますが、当方は特段重なっているとは思えません。少なくともフィリピンやベトナムは、南沙諸島では、日本の尖閣諸島周辺とは、比べものにならない程、屈辱を味あわされています。【中国は仲裁手続きの取り下げやアユンギン礁からの撤退を再三求め、フィリピンは要求には応じられないものの首脳会談に意欲を示した。だが、中国は「訪問は(両国の)利益になる時期が適切」と返答した】との事ですが、何が一体、両国の利益になる時期が適切なんでしょうか?一方的な中国の利益のみではないのでしょうか?これが特亜の代表格です。もう話合いなど必要は無く、国際司法機関にかけ、綺麗さっぱり南沙、尖閣、チベットその他から手を引かすべきです。聞けんというなら、道は一つと思うのですが?

  • 日本は ミャンマー(ビルマ)に対してどうするべき

    ミャンマー軍事政権が民主化運動をしている反政府デモを武力弾圧して問題になっていますが 国連は 代表がミャンマーに行き 軍政幹部と会談するそうですが 中国とロシアが拒否権を使かって なかなか国連も強い態度で出れないようです 日本とミャンマーは 友好的な良い関係を築いているそうなんですが 日本は どう動くべきなんでしょうか 何も抵抗出来ない僧侶や一般市民が犠牲になっているのは 可愛そうです  日本も何か出来ないのかと思うんです 首相でも 外務大臣でも ミャンマーに行って話し合いぐらいしても良いと思うんですが 日本は どうすれば良いのでしょうか? どういう事が出来るのでしょうか? 自分も少し考えてみました 日本も制裁措置をとるような事を言っていますが 出来れば日本が仲裁に入り民主化を進めるほうが良いと思うんですけど 中国もミャンマーが話し合いで民主化出来き 治安などが安定すれば中国にも利益があるはず そこで 中国に出してるODA700億円を民主化すればミャンマーに出すことを中国に了解してもらい これからのミャンマーのことを考えるよう ミャンマー軍事政権と交渉 さらに民主化すれば ミャンマーは 農業国のようなので価格が高騰している小麦やトウモロコシを ミャンマーから日本が買うことを約束 簡単に考えればこんな感じですが無理でしょうか (石油と天然ガスは 中国が利権をえているようですから)

  • それでもあなたは・・

    日本には集団的自衛権が認められていないので、東南アジア諸国と共に南シナ海を守ることができません。すると、 世界で最も親日である東南アジアとのパイプを失ってしまうかもしれません。 南シナ海を中国の領土と認めてしまえば、中東からの石油の輸送に支障をきたすかもしれません。 国連軍に兵隊を出せないので、様々な国との外交を有利に進めることができません。 9条を意識し過ぎて自衛のための戦力の行使ができません。 アメリカに頼るしかないので、沖縄の基地が減りません。 尖閣諸島を守れません。 沖縄の漁師の人は職を失うかもしれません。 9条を意識し過ぎて、メタンハイドレードの実用化が進みません。 日本は戦争に負けたので、エネルギーの時給ができないそうです。 将来、石油価格が上昇したとき、結局原発が推進されるかもしれません。 某隣国のメタンハイドレードの実用化技術が確立した際には、そな資源を狙って、さらに領土がおかされるかもしれません。 それでもあなたは憲法9条を支持しますか? 支持すると答えられた方へ 支持することによるメリットは何ですか? 憲法9条をどう思いますか?

  • 国連による暫定統治って何?

    東ティモールは国連による暫定統治下にあると聞いたのですが、その実態はどういうものなのでしょうか?

  • 中国の統治

    アメリカと中国国は同じくらいなのになぜ中国は発展が後れるのですか?先進国ってお金持ちの数やレベルよりも貧乏人の生活水準や少ない方が貧富の差が無いことで計られるのではないですか?

  • いちいち 記事にするな!

    中国外交文書に「尖閣諸島」=日本名明記、「琉球の一部」と認識-初めて発見 中国外務省の外交文書「対日和約(対日講和条約)における領土部分の問題と主張に関する要綱草案」の原文コピー。写真右は表紙、同左は75ページにある「尖閣諸島」の文字 【北京時事】沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐり中国政府が1950年、「尖閣諸島」という日本名を明記した上で、琉球(沖縄)に含まれるとの認識を示す外交文書を作成していたことが27日分かった。時事通信が文書原文のコピーを入手した。中国共産党・政府が当時、尖閣諸島を中国の領土と主張せず、「琉球の一部」と認識していたことを示す中国政府の文書が発見されたのは初めて。  尖閣諸島を「台湾の一部」と一貫して主張してきたとする中国政府の立場と矛盾することになる。日本政府の尖閣国有化で緊張が高まる日中間の対立に一石を投じるのは確実だ。  この外交文書は「対日和約(対日講和条約)における領土部分の問題と主張に関する要綱草案」(領土草案、計10ページ)。中華人民共和国成立の翌年に当たる50年5月15日に作成され、北京の中国外務省档案館(外交史料館)に収蔵されている。  領土草案の「琉球の返還問題」の項目には、戦前から日本側の文書で尖閣諸島とほぼ同義に使われてきた「尖頭諸嶼」という日本名が登場。「琉球は北中南の三つに分かれ、中部は沖縄諸島、南部は宮古諸島と八重山諸島(尖頭諸嶼)」と説明し、尖閣諸島を琉球の一部として論じている。中国が尖閣諸島を呼ぶ際に古くから用いてきたとする「釣魚島」の名称は一切使われていなかった。  続いて「琉球の境界画定問題」の項目で「尖閣諸島」という言葉を明記し、「尖閣諸島を台湾に組み込むべきかどうか検討の必要がある」と記している。これは中国政府が、尖閣は「台湾の一部」という主張をまだ展開せず、少なくとも50年の段階で琉球の一部と考えていた証拠と言える。  東京大学大学院の松田康博教授(東アジア国際政治)は「当時の中華人民共和国政府が『尖閣諸島は琉球の一部である』と当然のように認識していたことを証明している。『釣魚島』が台湾の一部であるという中華人民共和国の長年の主張の論理は完全に崩れた」と解説している。  中国政府は当時、第2次世界大戦後の対日講和条約に関する国際会議参加を検討しており、中国外務省は50年5月、対日問題での立場・主張を議論する内部討論会を開催した。領土草案はそのたたき台として提示されたとみられる。  中国政府が初めて尖閣諸島の領有権を公式に主張したのは71年12月。それ以降、中国政府は尖閣諸島が「古来より台湾の付属島しょ」であり、日本の敗戦を受けて中国に返還すべき領土に含まれるとの主張を繰り返している。  領土草案の文書は現在非公開扱い。中国側の主張と矛盾しているためとの見方が強い。 (2012/12/27-14:37) 日本はこういうとき、いちいちマスメディアで取り上げずに、水面下で国連や司法裁判所で根回しして、体制を整えてから発表すればいいのに、先に出してしまうから、もみ消し工作とかにあうと思いませんか?

  • 中国と国連

    現在の中国と国連の関係を皆さんはどう見ますか? どんな意見でもいいので、聞かせてください。お願いします。