• 締切済み
  • すぐに回答を!

資本金の額の減少と自己株式の消却について。

資本金の額の減少と自己株式の消却について質問です。 資本金の額の減少と自己株式の消却について質問です。 例えば、 ・資本金1200万円の会社が資本金を700万円に減資したい。 減資分の500万円を、既に保有している自己株式(貸借対照表上に自己株式△500万円が 計上されている)と相殺して、減資する事は可能なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数211
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

自己株式の消却は、「その他資本剰余金」勘定で処理するので、直接「資本金」勘定と相殺することはできません。  その他資本剰余金 ○○○/ 自己株式 ○○○ 期末時点で、「その他資本剰余金」勘定がマイナスとなっている場合は、「その他利益剰余金」勘定に振り替えます。  その他利益剰余金 ○○○/ その他資本剰余金 ○○○

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 貸借対照表の純資産の部の自己株式について

    初心者です。 貸借対照表の純資産の部の自己株式がマイナスの値になっているのはどのような意味があるのでしょうか(株主の観点から)? 1.自己株式のマイナス値は買取株式数×買取価格の値でしょうか? 2.この自己株式は再度売却するまで貸借対照表にマイナス値として   残るのでしょうか? 3.自己資本は自己株式のマイナス値により減少しますが   市場で流通している株式数が減少するので株主としては   良くも悪くもないということになるのでしょうか? 4.それとも一株あたりの収益があがるので株価が上がる可能性があるなどのメリットがあるのでしょうか? 任天堂の貸借対照表で財務状況を確認して疑問に思いました。 http://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2009/090129.pdf

  • 自己株式の取得の税務・会計処理について

    資本金2000万の株式会社です。以前に株主から要請があり、自己株式200万を額面で買取しました。その時には、貸借対照表の「資産の部」に計上し、そのままになっています。自己株式の取得について新会社法では「資本の部」の自己株式の減少として表示することになったようです。会社法が改正になってから、初めての申告を迎えております。今期の税務、会計上の処理方法をご指導ください。

  • 自己株式の消却

    自己株式の消却について、会計上と税務上の仕訳があるとおもうのですが、会計上の仕訳について  借方・利益剰余金/貸方・自己株式 この仕訳をすることは可能なのでしょうか?いろいろ書籍を読むとだいたいが借方・資本剰余金と書いてあります。知識のある方、是非お教えください。

  • 自己株式の消却

    自己株式の消却について、会計上と税務上の仕訳があるとおもうのですが、会計上の仕訳について  借方・利益剰余金/貸方・自己株式 この仕訳をすることは可能なのでしょうか?いろいろ書籍を読むとだいたいが借方・資本剰余金と書いてあります。知識のある方、是非お教えください。

  • 資本金の額の減少公告

    こんにちは。 資本金を減少すると官報に掲載する必要があると思うのですが、「貸借対照表事項」について、官報に記載させるのが通常ですが、HP上に掲載するという様な記載方法は駄目なのでしょうか? ちなみに、定款の公告方法は、官報です。 また、官報に「貸借対照表事項(貸借対照表)」を掲載する場合の料金は、1行22文字、2,854円でカウントするものなのでしょうか。 無知ですみません。 よろしくお願いします。

  • 減資と自己株式取得

    会社法に自己株式取得と減資があります。 自己株式は取得後消却できると会社法178条にあります。 また減資は会社法447条に規定があります。 自己株式消却と減資は実質的には同じように思いますが 減資の場合は、債権者保護手続きをとらなければならないとあります。 自己株式の取得、消却は債権者保護手続きをとらなくてよいのでしょうか。 ちがいについておしえてください。 よろしくおねがいします。

  • 資本金について

    資本金について 資本金1000万円の株式会社です。私の出資は700万円、相手は300万円です。相手は出資金の返却を求めています。現金化したければ、持ち分を他に売るしかないと言っても理解せず応じようとしません。もし、私が引き受ける場合ですが、その場合の評価額の算定方法があれば教えて頂きたいのですが。貸借対照表・・・

  • (配当の)剰余金の財源の、自己株式の部分の意味

    (配当にあてる)剰余金の財源について、 資産の額と、自己株式の帳簿価額の合計額から、負債の額と、資本金及び準備っ金の合計額等を減じた額 ということになっていると思います。 1)基本的に、私の理解では、通常の貸借対照表において、資産側にある自己株式と、純資産にある自己株式は、表示されないと思います。(資産側は、表示しないことによって、純資産側はマイナスにすることによって) 2)で、上記の財源の定義では、自己株式を貸方、資産側でも、純資産側でも、表示している形になっていると思います。 それで、結局自己株式分は、通常の貸借対照表の表示通り、表示せずに、計算しても同じことになると思うのですが、 わざわざ表示させている理由は何なのでしょう?

  • 自己株式と減資

    現在自己株式を取得して資本の部に▲で記載しておりますが、今後資本金をその▲で減少させたいと考えております。その場合自己株式(非上場)を取得した価格そのものを資本金と相殺しても良いのでしょうか? 少し高い額で買いとっております。

  • 自己株式の消却時の相手勘定

    会計の仕分けで、 自己株式を消却時は、なぜ”資本剰余金”で取り消すんでしょうか? イメージ的には利益剰余金のほうがしっくりくるのですが。。。 資本剰余金 ××/自己株式 ×× 他の掲示板で消却原資によって利益剰余金か資本剰余金にできるとありましたが、改正前はそうだったとおもいますが、そっちのほうが理論的なきがします。