• ベストアンサー
  • 困ってます

結婚式の親族紹介について

息子が結婚します。 息子の結婚式の親族紹介の順序・紹介呼び名がよく分りません。 新郎側の父(私)が親族紹介することになってます。 息子(新郎)から見て 【父側親族】 1・父(私) 2・父の父(祖父) 3・父の母(祖母) 4・父の兄(伯父) 5・父の兄の嫁(伯母) 6・父の兄の子供(従妹) 【母側親族】 1・母 2・母の母(祖母) 3・母の姉(伯母) 4・母の姉の子供(従兄) 5・母の姉の子供(従妹) 6・母の姉の子供(従妹) そこで質問です。 息子(新郎)から見て (1)紹介順番は父側親族1~6⇒母側親族1~6順で良いのでしょうか? (祖母が先で伯父が後) (2)新郎xxx家の親族を紹介します。 『父のxxx』・『母のxxx』 (3)新郎の父側の親族を紹介します。 『祖父のxxx』・『祖母のxxx』 『叔父のxxx』『妻のxxx』『長女のxxx』 (4)新郎の母側の親族を紹介します。 『祖母のxxx』 『叔母のxxx』『長男のxxx』『長女のxxx』『次女のxxx』 以上の新郎から見てでの紹介になりますがどうでしょうか? また、(2)~(4)の言い方でいいのでしょうか? 特に、いとこ言い回しが微妙です・・・

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2672
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

この度は、おめでとうございます。 以前結婚式場に勤務していました。 親族紹介は、基本的には新郎新婦から見た血縁の濃い順に紹介していきます。 ですから、紹介の順序は質問者様がお考えの順で問題ないと思います。 (紹介順番は父側親族1~6⇒母側親族1~6順ではなく、父側親族2~6⇒母側親族2~6順という事ですよね?) (2)~(4)の父側・母側という前置きはあってもいいし、なくてもいいです。 祖母のとか叔母のという前に『母方の祖母の』とか…そういうふうに付ける紹介の仕方でもいいですし…。 全員新郎から見た関係で紹介しますので、長男長女という言い方ではなく、『従兄弟のxxx』『従姉妹のxxx』という形で紹介したほうが混乱が少ないです。 ただ、叔父さまとその奥様は『叔父のxxx』『xxxの妻のxxx』という形で、夫婦で一対みたいな形で紹介します。 親族紹介で一番多い失敗は血縁の紹介をつい新郎新婦から見た関係ではなく紹介者である父から見た関係で紹介してしまう失敗です。 ですので、式場勤務していたころは間違えそうなら『新郎 太郎の祖父の…』などという形で、頭に新郎の名前を付けるといいですよ…とアドバイスしていました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 言い回しなどは難しいですね。大体流れ言い回しなどは分かりました。 新郎新婦から見た紹介だけは気をつけて望もうと思います(^^) 式場経験者からの信頼できるアドバイスでとても参考となりました。 もちろんベストアンサーとさせて頂きます!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#237141
noname#237141

順番とか言い回しとか、はっきり言ってどうでもいいことです。 みな真剣に聞いてませんから(笑)。 一昨年に義弟が結婚した時のことを思い出してました。 神前式を行った後に、神社の控室に「適当に」座布団に座って の紹介だったので「紹介する順番」と「座っている位置」がまったく 連動しないわけです。そういった状況での紹介なんて 足は痛いし早く終わってほしい時間でした。 そのために聞いている方は最初の「祖父や祖母」あるいは 「兄弟姉妹」あたりまでは目で追いますけど、だんだん疲れてきて 本当に(最初の回答の方のように)「早く終わってくれー」しか 思ってないですよ。例えばお母様の兄弟姉妹の配偶者まで進んでも はっきり言って興味もないし、もう誰も聞いてません(笑)。 いろいろ緊張もあるし大変でしょうけど、もし印象的な 親族紹介したいと思われているんだったら、紹介時に 例えば「このハンサムな青年は新郎の弟です。ただ今募集中です」とか 言うわけですよ。例えばの話、ですけどね。 棒読みで淡々と紹介するだけなら、さらっと短時間で終わらせることです。 聞いている方はとってもしんどく、辛いですから。 ただ、新婦側のお父様が印象的でスマートな紹介されちゃうと、、、 それはちょっと悔しいですね(笑)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 堅苦しいイメージがあったのですがそれではお互い重い時間が過ぎますね(^^; せめて紹介順には並んでもらうようにはしたいです(^^ゞ 極度の緊張しないように言い回し等気楽にいこうと思います。

  • 回答No.1

紹介されるのを聞く方は、一度に何人もなので、全く興味なしで、早く終わってくれんかな、というのが親族紹介。よほどの田舎での格式ばった披露宴でないかぎり、それほど気にすることはないですよ。親族紹介など、仕事とか友達で招待されている者にとっては、どうでもいいことだし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 失礼のないようにと色々考え過ぎでした(^^; 身内のみの式のなので気楽にいけそうです。

関連するQ&A

  • 親族紹介のときに

    今度姉が結婚式を挙げるのですが、 その際私の父が親族紹介をします そこで質問したいのですが、 以下の例文(1)と(2)、そして(3)と(4)では それぞれどちらが自然なのでしょうか?? (例1)父の兄夫妻を紹介する場合 (1)新婦の伯父の山田一郎とその妻の花子です。 (2)新婦の伯父の山田一郎とその妻の花子さんです。 (例2)母の姉弟夫妻を紹介する場合 (3)新婦の母方の伯母の田中一子とその夫の一男です。 (4)新婦の母方の伯母の田中一子さんとその夫の一男さんです。 要するに 父が自分の姉兄以外の親族に○○さんと さんを付けるのか付けないのかです 父が自分の姉兄をさん付けしないのはわかりますが その奥さんや旦那さんを名前だけ言うのが なんか不自然かなと思って質問させていただきました 分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。 お願いします

  • 親族紹介の順番について(従兄弟の順番)

    来月結婚式をあげるのですが 事前に親族紹介リストを式場に提出しなければいけません。 そこで親族紹介の順番について教えてください。 まず、出席する親戚は 父、母、姉、父方伯母、父方従兄弟(伯母の息子)、母方伯父、母方伯母、母方叔父、伯母、母方従兄弟(母方伯父の息子) です。 そこで、血縁の近い順に、 (1)父→母→姉→父方伯母→母方伯父→母方伯母→母方叔父→母方叔母→父方従兄弟→母方従兄弟 と紹介するか、 家族単位で、 (2)父→母→姉→父方伯母→父方従兄弟→母方伯父→母方伯母→母方従兄弟→母方叔父→母方叔母 と紹介するかどちらが自然でしょうか? ちなみに従兄弟は2人とも社会人ではありますが世帯は独立していません 細かい質問でたいへん恐縮ですが 教えていただけたら幸いです。

  • 親族紹介での“いとこ”の紹介

    挙式前の親族紹介を私(新郎)本人がすることになりました。 親兄弟・祖父母の紹介はなんとなく分かるのですが、 “いとこ”をどのように紹介したら良いのかがいまいち分かりません・・・ 席次表には、従弟・従妹・(従姪)と書きましたが、 呼び方はみんな“いとこ”になるので。。。 いとこの家族構成は、 叔父 (叔母の夫) 叔母 (母の妹) ---  従弟 (叔母の長男)   従妹 (従弟の妻)   従姪 (従弟の長女)  ---  従妹 (叔母の長女)  --- (母の妹の叔母家族で、そこの長男は結婚をして子供を連れてきます) 母の○○です。 兄夫婦の○○と○○です。 母方の祖母の○○です。 母方の叔父の○○です。 母の妹で叔母の○○です。  (ここまではこんな感じでしょうか?) このあと、いとこをどのように紹介したら良いでしょうか? アドバイスを頂ければ幸いです。 よろしくお願い致します。

  • 結婚式の親族紹介について

    こんにちは。 もうすぐ結婚式なのですが、親族紹介について質問です。 新郎新婦で親族紹介をします。 以下の点について回答をお願いします。 (1)新郎側から親族紹介をすると思いますが、始まりは「○○家の親族紹介をさせていただきます。新郎の○○です。・・」とこのとき、新郎はフルネームで名乗るのでしょうか?あと、自分の両親を紹介する時もフルネームで紹介するのですか? (2)紹介の順番なのですが、両親→父方の伯母→姉→義兄→義兄の母→姪→甥→母方の叔父→父方の親戚→母の従兄で大丈夫でしょうか? (3)新郎新婦より年上の親族を紹介する場合、呼び捨てで呼びにくいので「さん」をつけても差し支えないですか? (4)新婦側で親族紹介が終わると思うのですが、終りに新婦から「以上で親族紹介を終わらせていただきます。幾久しくよろしくお願いいたします。」と言ったほうがいいのでしょうか? (5)親戚のご夫婦を紹介する時は、なんと紹介したらいいのでしょうか? (6)母の従兄弟を紹介する場合、ひとりひとり「従兄の・・さんです」と紹介したほうがいいのでしょうか? 長々とすみません。 回答をよろしくお願いします。

  • 質問結婚式に呼ぶ親族について

    先日、従姉妹(母の末妹の娘)から、結婚式に招待されました。 その従姉妹には結婚式に来てもらっているし、もちろん行くと答えましたが、後々問題が・・・。 母に従姉妹の結婚式のことを尋ねると何も聞かされておらず、母が叔母(母の妹)に確認すると、伯父伯母は呼ばず従姉妹だけ招待するとのこと。親族で呼ばれたのは 私 私の夫 私の兄 従妹(1)(母の弟の娘) 従弟(2)(母の3番目の妹の息子) 従弟(2)の彼女 ←一番の謎。 だそうです。 人数制限があることが理由のひとつだそうですが、私の両親を含め伯父伯母が呼ばれずにいとこが呼ばれることが理解できません。とても非常識だと思うのですが、最近の結婚式では普通のことなのでしょうか? 夫も両親・伯父伯母もおかしいのでは?と言っているし、私も従姉妹に直接「非常識なんじゃない?」といいましたが、全く理解してもらえません。 ちなみに従姉妹もその母(母の妹・私から見て伯母)もおかしいと思っていないようで、考え方は変えないと言っているようです。 親戚関係はそこそこ良好だし、疎遠ではありません。年に2回は集まっています。 このような結婚式は普通なのでしょうか?式を挙げる人が参列者を選ぶものだし、口出すことではないのでしょうか。 お祝いしたい気持ちはありますが、親や伯父たちの立場を考えてしまい、正直出席を迷っています。ちなみに相手の親族はきちんと出席するようです。なので出席した場合、親族紹介はどうするのか・・・と考えてしまいます。 皆さんならどうしますか? 要点が絞れない文章で申し訳ありません。 わからないことは補足しますので言ってください。

  • 親族食事会の席次

    2月にグアムで挙式します。 その後親族だけで食事会を予定しているのですが、 どのような席順にすれば良いのかわかりません。 出席者は 新郎側<8人>:父、母、妹、妹、祖母(父方)、祖母(母方)、伯父、伯母   新婦側<4人>:父、母、弟、祖母(母方) です。 新郎の前に6人、新婦の前に6人が 縦に2列に並びます。 新郎新婦の前に、どのような順で座っていただくのが良いのでしょうか。 また新郎側、新婦側の人数があわないので 新郎側の伯父・伯母に、新婦側へ座っていただいても よいのでしょうか。 教えてください。 よろしくお願いします。

  • 結婚式での親族紹介順番について

    新婦の父親ですが結婚式で親族紹介をする場合「祖父母」と「伯父(叔父)・伯母(叔母)」ではどちらを先に紹介するのが正しいのでしょうか? 父→母→兄弟→父方の?→父方の?→母方の?→母方の?

  • 親族紹介の順番を教えてください

    この度結婚することになりました。 本人は第3子です。   父 ・ 母 ・ 兄(第1子) ・姉(第2子) ・ 兄の妻 ・ 兄の長女(第1子) ・ 兄の長男(第2子) 親族として紹介する順番を教えてください。

  • 親族のみの結婚式の席次について

    親族のみ21名で結婚式を行う予定です。 挙式後の会食会の席次についてアドバイスを頂きたいと思い投稿させていただきました。 まずは正式な席次を把握して、失礼のない範囲でアレンジをし、なるべくみなさんがすごしやすいような席次にできたらと考えております。 長テーブルにする予定です。 どうぞ宜しくお願いいたします。 <質問> (1)上座の位置について 図のような会場の場合、入口には近くなってしまいますが、新郎新婦に近く、窓の方を向いた7の席が上座になりますでしょうか。 (2)席次について 両親が末席、血縁関係の薄い方が上座になるかと思いますが、正式な席次は図のような形で合っていますでしょうか? ※特に新郎祖母、新婦従兄夫婦(18、19)の位置に自信がありません ◆新郎親族(9名) 1.父 2.母  ※遠方 3.兄 4.義姉 5.姪(学生) 6.姪(4歳) 7.叔父 8.叔母(母妹)  ※遠方 9.祖母   ※遠方 叔父叔母と一緒にいらっしゃる予定 ◆新婦親族(10名) 10.母(長女) ※父は他界 11.兄 12.義姉 13.叔母(母の妹・次女)、14.従姉(社会人・叔母と同居)、15.従妹(社会人・別居) 16.叔父 17.叔母(母の妹・三女) 18.従兄(父の姉の子)、19.従姉 ※従兄の未入籍のお連れ様(従兄は40代、従姉のご家族と同居)

  • 親族紹介について(父の代理)

    私、新郎の弟です。 父が他界したために私が親族紹介することとなりましたがいくつか質問があります。 (1)父の他界のことはその場で述べる必要はありますか?  例えば「新郎の父は他界の為、親族代表として新郎の弟である○○が代表で○○家の親族紹介をさせていただきます。」とか (2)上の文章が要らないなら、私の紹介は最初がいいですか?母の後は良いですか? (3)新郎の姉の夫の紹介は  A)姉より先ですか?  B)紹介の仕方は新郎の姉の夫がいいのか、新郎の義兄がいいのかどちらでしょうか?  C)叔母の夫は叔父ですか?それとも叔母の夫での紹介ですか?   宜しくお願いいたします。