• 締切
  • 暇なときにでも

アメリカはなぜイスラエルの同盟国なのですか?

  • 質問No.8981423
  • 閲覧数296
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 33% (503/1493)

アメリカはなぜイスラエルの同盟国なのですか?

回答 (全9件)

  • 回答No.9
イスラエルという国家の成立の過程が深く関わっています。
イスラエルという国は一朝一夕でできた訳ではありません。
平たく言えばイギリスの国際的影響力の衰退を受けてアメリカが台頭した結果の産物とも言えます。
イスラエルを国家として世界中に承認させたのがアメリカだ、とお考えになられても差し支えはありません。

イスラエル周辺地域を植民地として支配していたのがイギリスです。
この植民地時代が終焉して、第二次世界大戦後のアメリカによる世界平和(パクスアメリカーナ)が実現され中東問題をアメリカが引き継いだ結果です。
ナチスによる迫害もその長い歴史の一部に過ぎません。
現在、過去にフランスが植民地としていた地域、国家でISILがテロ行為を広げていますが、似たような状況が過去にもあって、アメリカが問題解決を引き受けたとお考えください。
(現在はアメリカは及び腰で、解決できる国がいません。ISIL問題は長引くでしょう)
なにもかも豊富な石油資源が埋蔵されていることが遠因です。

ユダヤ人というのはどのような人を指すのかという定義も極めて曖昧なものです。
参考
ユダヤ人 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/ユダヤ人

言葉を正確に定義もしないで、アメリカの金持ちにユダヤ人が多いからだ、というのは偏見に基づいた完全な誤解です。
確かにアメリカの選挙制度にはお金がかかります。
とは言えアメリカの民主主義というのはお金で左右されるほど脆弱ではありません。

詳しい経緯を取りまとめたサイトがあります。

教えて! 尚子先生第二次世界大戦後、なぜイスラエルが建国されたの ...
diamond.jp/articles/-/62396
前篇と後編とがあります。
  • 回答No.8

ベストアンサー率 24% (43/178)

皆さんの回答はもっともですが、もっと重要なことがあります。

ユダヤ人がしている商売というと、何を思い出しますか?
高利貸しと宝石販売業。
確かにそうですが、それ以外にマスコミがあります。

そう、マスコミをユダヤ人が握っているので、ユダヤ人に都合の悪い世論ができないのです。

例えば、歴史上の悪人と言えば誰ですか?
「ヒトラー」
これもユダヤ人がマスコミを握っているからです。
  • 回答No.7

ベストアンサー率 58% (2275/3919)

アメリカにユダヤ人が多く住み、有力者も多く影響力のあるロビー活動ができているからです。ただここに来て、昆明する中東情勢に対応するための急速な米国・イランの和解と、そう言う空気を読めないネタニヤフに対してオバマ政権との間に亀裂が生じています。もともとはイスラエルの一番の仮想敵はイランで、米国の状況が変わってきたのと、米国としてはイスラム教徒を味方に引きつけておく必要性が増しているので、今後米国とイスラエルの関係は変化せざるを得ないでしょう。
  • 回答No.6
あの地域で大きな影響力を持ちたいからイスラエルと仲良くすることに難しい理屈なんて何も無いと思います。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 19% (2087/10566)

アメリカの基幹産業(石油、鉄鋼、防衛など)をユダヤ系アメリカ人が牛耳っているからです。鉄鋼業で富をなしたロックフェラー財閥などがその代表です。アメリカの富の大部分をユダヤ系が握っています。だからユダヤ系は政府や議会にも絶大な影響力を持っています。イスラエルとちょっとでも離反するような政治を行ったら、大統領も議員も当選できません。ある意味ユダヤ独裁です。この構図はアメリカの欠陥であり、外交上の最大弱点です。今回のNPT総会が決裂したのはこのアメリカの弱点が表に出たためです。イスラエルの核を庇う必要があってアメリカが反対し、決裂したのです。アメリカの外交上の汚点と言えるでしょう。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 21% (306/1443)

ユダヤ系の世界の大富豪は金融やエネルギー、軍事産業、娯楽、ジャーナリズムを主としてほぼ世界を牛耳っているわけですが、その本拠は英国、フランスが主で、スイスの銀行を傘下にいれています。当然彼らの母国イスラエルを脅かされることは彼らのプライドにかかわることですから、世界の警察官アメリカをこきつかって周囲の貧乏国中東を蹴散らしているという図式でしょう。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 32% (7189/21830)

米国におけるユダヤ人は、人口の1,7%ですから
そんなに多くありません。

しかし、米国におけるユダヤ人の力は相当
強いのです。

全米富豪ベスト百のうち、常に30人以上が
ユダヤ人です。
人口の1,7%しかいないのにです。

マスコミにも力を持っています。
ニューヨークタイムズ、ポスト、英国のロイター
などはユダヤ資本の会社です。

WB,20世紀ホックス、パラマウント、MGM,
ハリウッド四大製作会社はいずれもユダヤです。

ノーベル賞受賞者の20%はユダヤ人であり
あれはユダヤ人の為の賞だ、といわれるほどです。

こういうわけで、オピニオンリーダーが多く、米国世論に
大きな影響力を持っています。

ユダヤロビーは、政治家に圧力を掛ける力を
持っています。
反イスラエルの政治家には、対立候補を立てたり
マスコミで批判したりしますが、
親イスラエルの政治家には、資金や情報を提供したり
時には、演説原稿まで作成します。

以上のような米国国内の事情があります。

そして、石油の宝庫、中東は米国にとって最重要
地帯です。
その中東で唯一信用できる国がイスラエルです。

こういう米国の内部事情、外部事情により、米国と
イスラエルは親密な同盟国になっているわけです。

しかし、最近、米国でシェールオイルが開発され
中東の重要さに陰りが見えてきました。
今後も、ユダヤ人が米国で今まで通りの力を
発揮できるか、興味があるところです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 24% (618/2522)

アメリカは、キリスト教が国教といえる国です。
そしてキリスト教徒は、新約聖書だけでなく、旧約聖書も勉強します。

ユダヤ人は、イエス・キリストを敵としてみる面もあるのですけど、キリスト教徒としては、旧約聖書とのつながりから、ユダヤ教は、自分たちの仲間だとみなしています。

また、第2次大戦中、欧米のキリスト教徒は、ナチスのユダヤ人迫害を黙認した罪悪感を持っている面もあるので、それに対する罪滅ぼしっていう動機で、イスラエルを助けようとしている面もあるようです。

さらには、昔から現在に至るまで、キリスト教徒とイスラム教徒は戦っています。「敵の敵は味方」という考え方をすれば、イスラエルはアメリカにとっては、味方になりますからね。

米国の犯罪捜査ドラマをみると、イスラエル情報部と米国の捜査機関は対立する部分もあるけど、共通の敵、資本主義国家の敵として登場するイスラム・テロリストに対して共同で戦うストーリが多いです。

ということで、根本的には宗教問題があり、同じような宗教を持った米国とイスラエルが同盟国になるのは、当然の結果といえる気がします。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 37% (748/1973)

真面目に答えるとイスラエルがユダヤ教の国家だから
アメリカにはユダヤ教徒が多いですし
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ