• 締切済み
  • 困ってます

◆多重人格者の変則的医学的変貌(器質的可逆変化)

普段は穏やかで理性的言動で人望もある人が、お酒を飲むと一転、ちょっとしたことで直ぐにカッとして、短絡的暴力的な言動に変貌する例は比較的に良く耳にしますが、多重人格(障害)者と言われる人の例では、素面にもかかわらず、突然、性格傾向が真反対に急変することがあるそうです。 1 「身体に対する心の影響力をまざまざと見せてくれる症状に多重人格障害(MPD)がある。 多重人格者のひとつひとつの副人格は、異なった脳波の波形をもつのに加え、心理的に見ても互いに強い独立性をもっている。 個々の人格が独自の名前、年齢、記憶や能力をもつ。 字のクセや、自称する性別、文化や人種的背景から、芸術的才能、語学能力やIQまで独自のものをもつこともよくある。 さらに注目すべきなのは、多重人格者の人格が変わる際に身体に生じる生物的変化である。 あるひとつの人格がもつ医学的症状が、別の人格が現われるにしたがって不思議なことに忽然と消え去ってしまう現象が頻繁に起きる。」 2 「シカゴにある国際多重人格研究協会のベネット・ブローン博士は、ある患者の副人格が、ひとつを除き、すべてオレンジジュースにアレルギー反応を起こす体質だったケースのことを報告している。 アレルギー体質の人格がコントロールしているときにオレンジジュースを飲むと、この男性はひどい発疹を起こすのだが、アレルギーをもたない人格に変わると、発疹は直ちに収まりはじめ、好きなだけオレンジジュースが飲めるのである。」 3 「多重人格者の治療が専門であるエール大学の精神科医、フランシーヌ・ハウランド博士は、これよりさらに衝撃的な出来事について述べている。 それは、ある患者がスズメバチに刺されたときの反応に関するものだ。 この話に出てくる患者が、その日の予約診療時間にハウランドのところに現われたとき、スズメバチに刺されたために彼の目のまわりは腫れあがり、目をあけることもまったくできないような状態だった。 医療処置が必要だと考えたハウランドはすぐさま眼科医に連絡した。 しかし、まずいことに、少なくとも一時間後でなければその眼科医は時間をとれないことがわかり、この男性も激痛を訴えていたため、ハウランドは何か別の手を打ってみることにした。 偶然にも彼の複数人格のひとつが「麻酔人格」、つまり痛みをまったく感じない人格であった。 ハウランドはこの麻酔人格が表面に出てくるようにさせ、それで痛みを消すことができた。 だが、そのときこの患者に起きたのはそれだけではなかった。 治療のため眼科医のところに着く頃には、腫れはおさまり、目も正常の状態に戻っていたのである。 治療の必要なしとみた眼科医は、彼をそのまま家に帰したのだった。 だがしばらくして、麻酔人格が身体のコントロールをやめてしまい、彼のもとの人格が戻ると、それとともにスズメバチの一刺しの痛みや腫れもすべて戻ってきてしまったのである。」 4 「多重人格者が、スイッチを入れたり切ったりするかのごとく制御できるのは、なにもアレルギーに限ったことではない。 無意識の心が薬剤の効果に対してもつコントロールの力をわずかでも疑う向きがあるとしても、多重人格者の薬学的魔術がそれを一掃してしまうだろう。 人格が変わることで、酔っていた多重人格者が瞬時にしてしらふに戻ってしまうことも可能なのだ。 異なる人格ではさまざまな薬に対する反応もちがってくる。 ある人格では鎮静剤ジアゼパーム5ミリグラムで鎮静効果を生むというのに、別の人格では100ミリグラムでもほとんど、あるいはまったく効果がなかったという例をブローンが記している。 多重人格者の人格の中に子供がひとり、または数人混じっていることもしばしばで、大人の人格がある薬を与えられ、その後に子供の人格がその人をコントロールするようになると、大人用の服用量では子供には多すぎて、服用過多の症状を引き起こしてしまう場合もありうる。 麻酔がかかりにくい多重人格者もいて、「麻酔不能」人格が表面に現われてきたおかげで、手術台で目を覚ましてしまったという例さえある。 その他、人格によって変わることがあるものとしては、傷や火傷の跡、嚢胞、そして利き腕の区別などがある。 視力も変わるため、複数の人格に合った眼鏡をいくつも持って歩かなければならない多重人格者もいるくらいだ。」 5 「ある人格では色盲、他では正常かと思えば、目の色まで変わってしまうこともある。 それぞれの人格が自分のサイクルをもつために、月に二、三回生理が訪れる女性のケースもある。 言語障害矯正の専門医クリスティ・ラドロウは、多重人格者のそれぞれの人格では声紋までちがうことを発見したが、これはかなり根本的な人体機能の変更が要求されるもので、一流の俳優でさえ声紋を偽れるほどに声を変えることはできないくらいなのだ。 また、ある多重人格者の女性は、糖尿病のために入院することになったのだが、糖尿病を患っていない人格がコントロールしているときには、その症状がすべて消えてしまい、医師をあわてさせた。 人格の変化とともにてんかん症状が出たり消えたりするケースのほか、心理学者のロバート・A・フィリップス・ジュニアは、腫瘍までが現われたり消えてしまったりする実例を報告している(ただし腫瘍の種類については述べていない)。」 6 「また、多重人格者は普通の人間よりも早く治癒する傾向が見られる。 たとえば、第三度の火傷が、普通は考えられないような早さで治った例がいくつか記録に残されている。 最も不気味なのは、少なくともひとりの研究者シビル・ドーセットに対するパイオニア的な治療で知られ、その経緯を『シビル』という本に著したセラピスト、コーネリア・ウィルバー博士が確信していることなのだが、多重人格者は他の人々に比べて老いるスピードが遅いというのだ。 そんなことがいったいどうして可能なのか? 最近開かれた多重人格症候群に関するシンポジウムで、カサンドラという名の多重人格者がある答えを提示している。 カサンドラは、自分の早い治癒力は、いつも行なっている視覚化訓練と、彼女が「並行処理」とよぶもののおかげだとしている。 彼女の説明によれば、ある人格が自分の体をコントロールしていないときであっても、その人格は意識をもっているというのだ。 このおかげで彼女は、数多くのさまざまなレベルで同時に「考える」ことが可能で、たとえば複数の論文を同時にまとめたり、 あるいは他の人格が夕食の仕度をしたり家の掃除をしたりしている間に「ひと眠りする」ことさえできる、というのである。 したがって、普通の人々がイメージ療法をやれるのがせいぜい一日二、三回なのに対し、カサンドラはそれを昼も夜も休まずやっているということになる。 彼女には、解剖学と生理学の完壁な知識を備えたセリースという名の副人格までいて、その役目と言えば、四六時中瞑想し、身体の健康のイメージを描きつづけることだけなのだ。 カサンドラによれば、このフルタイムで自分の健康に意識を向けていられるということが、普通の人々より有利な点なのである。同じ見解を表わしている多重人格者は他にもいる。」 「トランプのカードをパラパラとめくるほどの早さで、ひとつの生物学的状態から次へと切り替わることができるのである。 このような力を発揮するために、まちがいなく存在しているはずの制御システムは、想像を絶するものであり、イボを意志の力で消すなどという能力はこれに比べれば、とるに足らないものになってしまう。 スズメバチに刺されたときのアレルギー反応は複雑で多岐にわたる側面をもつものであり、組織立った抗体の活動から、ヒスタミンの生成、血管の膨張、破裂、そして免疫物質の大量放出等々が関わっている。」 多重人格者の心はいったいどんな知られざるからくりを通して、これらのプロセスを瞬時にして凍結させられるほどの効果をもたらすことができるのでしょうか。 あるいは何を用いて血液中のアルコールやその他の薬剤の効果を中断させたり、糖尿病の症状や癌を出したり消したりすることを可能にしているのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1399
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#207100
noname#207100

まず それを実証出来ているのなら 医学は そっちの方向に行ってます・・・ 然し乍ら 現段階で 確実で無いと判断しているので そういった治療をしている病院はありませんよね・・・ 所謂 精神的な障害にしか効かないのです・・(要は自己暗示範囲なのです・・・)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

207100 さん、こんにちは。 ご回答、有り難うございます。

質問者からの補足

>まず それを実証出来ているのなら 医学は そっちの方向に行ってます 現象自体は確認されているから、学会で発表したのではないでしょうか? >然し乍ら 現段階で 確実で無いと判断しているので そういった治療をしている病院はありませんよね・・・ 全身転移の末期癌や脳死状態から完全に回復した例もありますが、医学的には説明できないそうです。 多重人格者の医学的変貌(器質的可逆変化)の研究が、その解明のヒントになるかも知れませんね。

関連するQ&A

  • 多重人格の見分け方

    こんにちは。 お世話になります。 精神科で多重人格の判断を下す際は、何を基準にしているのでしょうか? また、患者が、偽って多重人格を装った場合、見破ることはできるのでしょうか?? ご経験のある方、知識のある方、教えて頂ければ幸いです。

  • 多重人格について

    多重人格についてお聞きしたいです。 私には現在付き合って1年になる 中距離の同じ年の彼がいます。 昨日風俗嬢の子と 同棲しているのが分かりました。 話し合った結果 「言いたくなかったけど多重人格なんだ。」と 記憶がないとのこと。 あたしのことが好きな人格に戻ると その子と一緒に居るのが嫌だから 好きじゃないから家出をしてた。と 多重人格の人を見たことがないので 正直そんな出来たような話を 信じてあげられません。 しかしパソコンで調べてみたところ 当てはまる症状が多々ありました。 急に脱力したように倒れたこと。 喧嘩すると発作を起こして 人が変わったようになること。 急に「殺さないで」と怯えることも。 彼は小さい頃父親に虐待を 受けていたりあたしと出会ってからは 親友の死などがありました。 彼はメンタルが弱い部分もあります。 これは多重人格といって いいんでしょうか? 治す為にはどんなことを すればいいのでしょうか? あたしが支えていくとしたら どんなことを彼にしてあげたら いいのでしょうか? 自分自身、混乱しているので やさしい回答お願いします。

  • 多重人格って・・

    多重人格の人は精神科に通い 薬をもらって飲みますか? 知り合いに多重人格と思われる人がいて、精神科に通っています。薬を何種類か飲んでますが、どんな病気なんでしょうか?症状は、突然 別人格になり暴れたりします。その間の記憶は本人は有りません(2ヶ月に一度ぐらいです)医者からは本人に、血が薄いと言われています。  私の前でも、ケイレンを起こし 鼻息が荒くなり別人の様な顔付きになったことがあります。その時は30分ぐらいしたら、徐々に呼吸が整い顔も落ち着いてきました。

  • 自ら多重人格を作ることは可能ですか?

    質問させていただきます。 wikipediaで解離性同一性障害(多重人格)の項目を閲覧していた際、 「人間は(特に幼児期に)、繰り返し強い心的外傷(トラウマ)を受けた場合、自我を守るために、その心的外傷が自分とは違う「別の誰か」に起こったことだとして記憶や意識、知覚などを高度に解離してしまうことがある。」(Wikipedia引用)とありました。 それでは、心的外傷は全く関係なく、「自らの意志」で解離性同一性障害と同じ症状になることはありえるのでしょうか? もしそのような症状があった場合はその内容(どういう意図があり多重人格を自ら作り上げたのかなど)を教えてくださると助かります。 自分でも調べているのですが、なかなかいい答えが見つからないので困っています。 よろしくお願いします。

  • 解離性同一性障害(多重人格)

    SNSなどネットを見ていると、自分は解離性同一性障害(多重人格)だとか、友達が解離性同一性障害(多重人格)だというのをよく見かけますが、 患者はそんなに多くおられるのでしょうか?

  • 多重人格や解離性同一障害の患者は、頻繁にその症状が起こるのでしょうか?

    多重人格や解離性同一障害の患者は、頻繁にその症状が起こるのでしょうか?

  • 彼女が多重人格です

    はじめまして。解離性人格障害を持つ女性とおつきあいしています。 最近、彼女に多重人格の症状が見られ、どうしたらいいか分からずに相談しようと思い、書かせていただきました。 現在、僕には付き合って約3か月の恋人がいます。 僕は21歳で、彼女は22歳です。 彼女の性格は基本的に明るく、人懐っこい性格ですが、本人曰く人見知りが激しく、鬱病、対人恐怖症、加食、回避性人格障害、そして、解離性人格障害(多重人格)を 持っているとのことです。 彼女から聞いた解離性人格障害の症状は 1.気がついたら知らない男の人とラブホテルにいた。 2.以前付き合っていた彼氏にグロい画像を添付したメールを送っていた。 3.以前付き合っていた彼氏のメールアドレスや携帯番号を出会い系などの掲示板に公開していた。 等があったそうです。 僕自身は、彼女の家庭は明るく、虐待もなかったので他に要因があると考えています。 症状がみられたのはつい2、3日前、突如として彼女のメールアドレスからまったく違う雰囲気の文面のメールが送られてきました。 以前に彼女から、自分は解離性人格障害を持っていると聞いていたので、僕は「ああ、ひょっとして」と思い、正体を暴こうとメールのやりとりをしていると電話が来ました。 電話に出ると、声は全く同じにも関わらず、口調は男言葉になり、とても彼女と話しているものとは思えませんでした。彼(?)は"ヒロシ(仮)"と名乗りました。 彼女(主人格)を守りたいという気持ちと、挑発的な態度にこちらもカッとなって、「消えろ!」「死ね!」等の暴言を吐いてしまいました。 普段はそういうことを言わないのですが、気持で負けてはいけないと考え、このような暴言を吐いてしまったのだと自分では思っていて、深く反省しています。 それからつい3時間ほど前、「さよなら」と一言だけ書かれたメールが来ました。電話してみるとやはり"ヒロシ"でした。 僕は、以前自分がとった行動が間違っていたと気づき、彼に謝り、歩み寄ろうとしましたが「お前は信用できない」「何か裏がある」と信じてもらえず(当然ですが…)まったくとりつくしまがありませんでした。 そのあと、僕にはどうしようもできないと思い、彼女と交代したのを見計らって電話したのですが、カウンセリングを受けるのは嫌と言われ僕自身どうしたらいいのかわからなくなってしまいました。 僕には何もできないのでしょうか?なにかいいアドバイス、カウンセラー、相談所等があったらお願いします。 文章分かりにくくてすみません。

  • 多重人格者に効果がある治療薬、精神薬。

    『多重人格』に効果がある治療薬や精神薬は、この世に存在するのでしょうか? ご存知の方がいれば、その薬の名前と効能を教えてください。お願いします。

  • 統合失調症による、多重人格状態とは

    わたしの症状は、もしかしたらこれではないかと思いました。 ただ、この言葉はあるサイトの中で偶然見つけたものであり 統合失調で検索しても、詳しく書かれたサイトがでてきません 統合失調による多重人格症状とはどのようなものでしょうか? また自我状態異常とはなんでしょうか

  • 多重人格?について質問です。

    僕には鬱病で自傷癖とオーバードーズ癖のある彼女がいます。 一昨日、オーバードーズしてかなりフラフラな状態の彼女と電話していた時の事です。 彼女の言葉の中に”もう一人の人”という単語が出て来ました。 詳しく話を聞くと、頭の中で”もう一人の人”に「高い所に登って飛べ」、「死んじゃえ」、「もっと深く切れ」等と命令されるそうです。 さらに話を聞いていると、じゃあ変わろうか?と言われ人格が交代したようになりました。 一人称は「俺」、性別を聞くと「男」、名前は無いと言ったのでなんて呼べばいい?と聞いたら「カゲ」と名乗りました。 彼が言うには「俺は自分の好きなように生きたいけど自分の体じゃなくてできないから死にたい」そうです。 また、話している最中「俺が死んだら(彼女が死ぬという事だから)お前は困るだろう?」とか「俺が男の格好して男友達とつるんでてもお前は平気か?」等と聞かれました。 最後に、「明日の夜中の2時頃に頭の中から彼女に声をかけてみて」と頼んだら承諾して彼は帰っていきました。 結局昨日の2時にまた彼女に電話してみたんですが、何事も無さそうでした。 彼女はオーバードーズすると幻覚症状が現われたりするのですが、これは本当に多重人格なんでしょうか? これからはどうするのが一番いいのでしょうか? 彼女は自分じゃない誰かが僕と話している怖い夢を見たと思っています。 やはり彼女には伝えた方がよいでしょうか? 自分でもまだ混乱していてうまく説明できなくてすみません。 どうか回答お願い致します。