• ベストアンサー
  • 困ってます

比況の助動詞「ようだ」の否定形について

皆さん、こんにちは。 日本語を勉強している外国人です。 比況の助動詞「ようだ」の否定形は「ようではない」ですか。 「「ようではない」」という表し方はあんまり見たことがありませんが… どうか教えて下さい、宜しくお願いします。m(_ _)m

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数299
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8028/9908)

>比況の助動詞「ようだ」の否定形は「ようではない」ですか。 >「「ようではない」」という表し方はあんまり見たことがありませんが… ⇒以下のとおりお答えします。 確かに、「ようだ」の否定は、形式上は「ようではない」となりますね。少なくとも、これが間違った表現でないことは確かですが、おっしゃるとおり、あまり用いられません。なぜでしょうか? 次のような理由が考えられます。 (1)もともと比喩的な、つまりそのものずばりではないぼやけた感じの言葉なのに、それを否定すると二重に曖昧な表現になり、「ほとんど意味をなさない言葉」のように感じられるからでしょう。 (2)助動詞より、本動詞を否定する形の表現の方がより明確だからでしょう。 例:「彼が来るようだ。」→「彼は来ないようだ。」 (3)特に打消しの意味を強めたい場合は、「ようなことはない」という表現がより普通に用いられるからでしょう。 例:「彼は我々を裏切るようだ。」→「彼が我々を裏切るようなことはない。」 以上、ご回答まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答本当にありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#227653
noname#227653

「ようだ」の否定形は確かに「ようではない」ですが、これはおっしゃる通りあまり使われません。 例えば「山田さんは一生懸命英語を勉強しているようだ」を否定する場合、「山田さんは一生懸命英語を勉強しているようではない」とは普通言いません。「山田さんはあまり一生懸命英語を勉強していないようだ」などと表現するのが一般的です。 同様に「この料理にはバターが使われているようだ」の否定形は「この料理にはバターが使われているようではない」ではなく「この料理にはバターは使われていないようだ」です。 つまり、「○○ようだ」を否定する場合、「ようだ」の否定形を使うのではなく、「○○」の否定形を使うのが日本語では一般的です。だから「ようではない」という表現はあまり見かけないのです。 また、「ようだ」はどちらかというと書き言葉でよく用いられる表現です。話し言葉では「みたいだ」や「らしい」の方が多く用いられます。そしてこの「みたいだ」や「らしい」の表現を否定する場合も同様です。 例えば「山田さん、石川さんと別れたみたいだよ」の否定は「山田さん、石川さんと別れてないみたいだよ」ですし、「5分あれば間に合うらしいよ」の否定は「5分では間に合わないらしいよ」です。「別れたみたいではないよ」「間に合うらしくないよ」などと言う人はほとんどいないでしょう。 「○○ようではない」「○○みたいではない」「○○らしくない」も場合によっては使われますが、「○○」の方を否定するのが一般的な日本語の用法ということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく説明してくれてありがとうございました。

  • 回答No.4

比況として使われる「ようだ」の否定形は文章では「ようでない」であり、会話ではよりくだけた「ようじゃない」です。ここでの「ようではない」は取り立てのニュアンスが混入してしまうので、こと比況ではやや使いづらいでしょう。普通は「(まるで)…ようではないか」という訴えや問い掛けの肯定文に用います。 「もうあなたとの中が元のようでないように思われますの。」(森鴎外「ファウスト」) 「それこそ、骨と皮です。私の顔のようでないでしょう?」(太宰治「小さいアルバム」) 「今時 泉岳寺などへ参るのはさも東京を知らない、 田舎者 のようじゃないか。」(夏目漱石「吾輩は猫である」) 「ほんとに繁ちゃんは子供のようじゃないのね。」(島崎藤村「新生」) 比況の例:「何だか去年や其前年来た時のようではない。」(伊藤左千夫「浜菊」) 問い質(ただ)しの例:「どうもこれは瀬戸物のようではないか。」(石原莞爾「最終戦争論」)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.3

「ようだ」は比況の助動詞ですが、一番用いられるのは、推定の意味(「~と思う」よりやや強め)ですね。 「彼はここに来るようだ」これの否定形を形通り作ると、「彼はここに来るようではない」。否定形も推定の意味となり、はっきり否定していることにはなりません。 助動詞の否定形は、確かに言われるとおりですが、意味的には、文章としての「彼はここに来るようだ」の否定形は「彼はここに来ない」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

「ようだ」の否定形は確かに「ようではない」ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 否定の助動詞「ん」について

    日本語を勉強している外国人です。否定の助動詞「ん」について質問があります。 1. 「ん」は否定の助動詞「ぬ」のくだけた(?)表現だと思います。 2. 「ぬ」は文語体の助動詞だと思います。 3. 文語体というは、やや古語的な表現で、上品な言葉遣いだと思います。 では、なぜ「知らん」、「すまん」などの言葉はどうも俗な表現であって、とても「上品な言葉遣い」とは思えないでしょうか。もしかしたら、それが私の勘違いでしょうか。どうか教えてください。

  • 辞書形+予定です を否定形は? 

    日本語を勉強中の外国人に質問されたのですが、 「明日、会議に出る予定です。」 を否定形にした場合、次の(1)、(2)のうちどちらが正しいのでしょうか? (1)会議に出ない予定です。 (2)会議に出る予定ではありません。(じゃ、ありません) 両方とも正しいように感じますが、私としては、(1)の方は多少不自然かな?とも思います。 (1)(2)とも正しいのか、どちらかだけなのか、それはどうしてか、 などご存じの方はいらっしゃるでしょうか。 自分で文法書も見てみたのですが、はっきりした説明がありません。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 助動詞になりそびれた動詞

    助動詞になりそびれた動詞の例を、何語でもかまいませんから教えてもらえますか? 英語の go get は将来 go が助動詞になるかもしれません。 フランス語の viens de はなぜか aller 動詞と違い、de を必要とします。 フランス語の aller 動詞が現在 aller が助動詞とみなされないのは皆の共通認識なのでしょうか? 日本語の「-しやすい」の「やすい」も助動詞といえなくない?

  • 日本語の動詞の否定形

    日本語の動詞の否定形で、 ’思い出さない’は説明できるのですが、’思い出せない’が説明できません。 同じく ’食べない’ではなく’食べられない’もどうやって説明したらよいかわかりません。 どうか詳しい方いらっしゃいましたら回答をお願いいたします。

  • 断定の助動詞「だ」の未然形は「だろう」だと思うのですが、

    断定の助動詞「だ」の未然形は「だろう」だと思うのですが、 「だろう」を否定形にするとどのような言い方になるのですか? 教えてください。

  • 助動詞について教えてください。

    3/25質問1290248の「WIND-SKY-WIND様」の回答にお聞きしたい事がいくつかあります。その他の皆様も宜しくお願い致します。 (質問1)「canやwillなど通常の助動詞は原形不定詞を伴いますが」と記されていますが、SHALL、MAY、MUSTの後の「動詞の現在形」は「原形不定詞」でしょうか?その他「原形不定詞」を伴う助動詞はありますか? (質問2)OUGHT、MUST,NEED、DARE、LET等の「過去形」、「否定形」、「疑問形」の作り方を易しい例題を添えて教えていただけませんか。 (質問3)HAVE TO/BE ABLE TO/BE GOING TO等も助動詞のようなものとして考えてよろしいですか? (質問4)その他に助動詞、もしくは「助動詞らしきもの」はありますか? 質問がうまくまとめられなくて申し訳ありません。質問の内容が理解できる範囲でご回答くださればありがたいのですが。 以上

  • 「そうだ」の否定形について教えてください

    こんにちは。いつもお世話になっております。 昨日、様態や推測を修飾する「そうだ」の使い方を勉強しました。 例えば、 そのケーキはおいしそうです。 雨が降りそうです。 その否定形について、「そうではありません」と「そうにありません」になっています。 例えば、 そのケーキはおいしそうではありません。雨が降りそうにありません。 しかし、否定形には、もう一つの言い方があって、つまり「なさそうです」です。 上の二つの例文をもし「おいしくなさそうです」と「ふらなさそうです」に替えれば、 意味は変わりますか。 教えてください。 ありがとうございます。

  • 助動詞を否定文に書き換える問題で

    助動詞を否定文に書き換えよ。という次の単独問題(前後の文章など無し)で、 We must bring lunch next Saturday. を、 We mustn't bring lunch next Saturday. にしたのですが、 答えは、mustn't ではなく、don't have to を使っていました。 その問題のページの最初の解説で、 must の否定形は、must not あるいはmustn't とわざわざ出ていたので、 must をふつうに否定形にしたのですが。  don’t have to が「~しなくてもよい」と言う意味はわかりますが、 こういう単独問題でも、must のある肯定文を否定文にする時は、mustn’t を使わず、don’t have to を使うのでしょうか? mustn’t を使うと間違いになるのでしょうか?

  • 助動詞について

    進行形や受動態のbe動詞は助動詞だと聞きました。ということは後ろの単語が動詞ということになると思いますが、それぞれ分詞であり、どちらかというと形容詞の意味合いが強い気がします。また助動詞の後ろは原形では?とも思うのです。 単純に動詞の意味を助けているので助動詞ととらえればいいのか…今まではbe動詞+分詞で1つの動詞というふうに曖昧にとらえておりました。真の見解はどうなのでしょうか。有識者の方方のご意見をおうかがいしたくお願いします。

  • 助動詞

    助動詞のことが詳しくのっている本やサイトなどあったら教えてください。特にmay とcanの違いや、会話での助動詞の特徴などがのっていたら最高です。お願いします。