• 締切済み
  • 暇なときにでも

助動詞になりそびれた動詞

助動詞になりそびれた動詞の例を、何語でもかまいませんから教えてもらえますか? 英語の go get は将来 go が助動詞になるかもしれません。 フランス語の viens de はなぜか aller 動詞と違い、de を必要とします。 フランス語の aller 動詞が現在 aller が助動詞とみなされないのは皆の共通認識なのでしょうか? 日本語の「-しやすい」の「やすい」も助動詞といえなくない?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数97
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#47281
noname#47281

厳密にはフランス語の助動詞はetreとavoirだけです。devoirやpouvoirは動詞です。ここら辺が英語と概念が異なります。それに英語の場合だと動詞と助動詞の線引きにもいくつか説があるので統一した見解はないようです。日本語の助動詞はここでは除外して考えた方がいいかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「だ」の識別-断定の助動詞、過去/完了の助動詞、形容動詞-

    中2で学習する、「だ」の識別(断定の助動詞、過去/完了の助動詞、形容動詞)についてです。 (1)曖昧だ。→形容動詞 (2)遊んだ。→過去/完了の助動詞 (3)走るのだ。→断定の助動詞 (4)鳥だ。→同 この識別を(芳しくない)中学生に説明するのに、どう言えば、図式化すれば、分かりやすいでしょうか。 今のところ、断定の助動詞の識別は、 手順1 「~な」と言えるのは形容動詞である。 (例)曖昧な      (「とても」をつけるやり方はどうも分かりづらいらしい。) 手順2 手順1で残ったモノのうち、「だ」を「です」に言い換えられるのが、      断定の助動詞である。      (例)○走るのです、鳥です ×遊んです の2段階ですよーと説明をしているのですが、ブーイングが起こります。 これが分からないのは能力の限界が原因だよね、と言いたい。 一部の撥音便またはイ音便のときに過去/完了の助動詞「た」は濁る・・・というのも分かりづらいみたいだし・・・ 「遊んだのはいつのこと?」と訊くと、「過去」と答えられる子がほとんどです。 文脈で判断できるなら、それが本来あるべき識別の仕方なのですが、この判断は、机間巡視中に寄せ寄せ問答しないと出てこない。 日本語が変わってきている、適当になってきているので、判断しづらい、というのもあるようです。 (例)私の好きな色は緑だ。    「緑な」とは言えないので、これは形容動詞ではありません。    「え~言うし!!」    ・・・となります。 よろしくお願いします。

  • 助動詞の次に動詞が来る時は「to」が付くと思ってた

    助動詞の次に動詞が来る時は「to」が付くと思ってたんですが、 「I could to get the Dead Space 2 suit.」ではなく、 「I could get the Dead Space 2 suit.」になる理由を教えてください。

  • 助動詞について・・・。

    英語でも、動詞、副詞、形容詞・・などと聞きますが、助動詞とは主に、どのような単語(?)なんですか?? 教えて下さい。

  • 助動詞+動詞の原形、どうして?

    助動詞can,may,willもしくはdoなどと共に使う際(この場合英語です)はどうして動詞を原形で使うようになったのか言語(史)学などに詳しい方お教えください!!

  • 助動詞について。

    よく英語で、must have や、may have などがありますが、 2つの助動詞が重なっていて、なんか変な感じがします。 どのように解釈すれば良いのでしょうか?ご教授頂けると幸いです。すみませんが。

  • 日本語の動詞変化

    多くの言語には、動詞の変化を表示するサイトがあります。例を挙げれば、フランス語には http://conjugator.reverso.net/conjugation-french-verb-aller.html です。一つの動詞を入力してクリックすれば全ての変化形が示されます。 日本語の類似サイトを探しております。ご存じ方がありましたら、よろしく。 ちなみに、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、英語などヨーロッパ語はいくつか見つけました。韓国語などアジア語にもありますか。

  • 助動詞の未来形

    英語の助動詞について質問させてください。 will canやwill mustのように助動詞は続けて使えないので、will be able to、will have toのような使い方があると思います。 しかし、will may 、will shouldという形はおかしいですよね? mayやshouldは既に推量の意があるのでこれらは未来形にする必要はないのでしょうか? 他の助動詞についてはどのようになるのでしょうか?

  • 助動詞としてのneedについて

    米国の英語ではneedは肯定文・否定文・疑問文共に一般動詞扱いされています。英国の英語でも一般動詞扱いされているようですが、たまに否定文・疑問文に限っては助動詞扱いされているようです。 助動詞としてのneedはこれまでに米国でも英国でも肯定文での使用は確認されていないそうです。 needが肯定文で助動詞としては使用不可な理由をご存知の方はいますでしょうか?またこのような理由ではないか、という仮説でも構いませんのでご協力下さい。

  • 【フランス語】 複合過去の助動詞の選び方

    【フランス語】 複合過去の助動詞の選び方 passer や monter のような動詞は avoir/etre の両方を助動詞としてとることができ、 辞書によると 「行為を示すときは avoir」 「完了した状態を示すときは etre」 とありますが、 「行為」 か 「状態」 かを判断するコツをおしえていただけませんか? Le train de 8 heures (a/est) d?j? pass?. ならば 「すでに通り過ぎてしまっているという状態」 と考えて est を選ぶのが正しいのでしょうか? La temp?rature (a/est) mont? de plus en plus. これは 「上がったという行為」 と考えるのか、 「上がった状態」 と考えるのか、よくわかりません。 それから、ちょっと話がそれますが、 Il (a gel?/gelait) ce matin. これは、どちらを選ぶのが正しいと考えられますか? 述べている人の捉え方によって、どちらでもいいように思うのですが、 もしどちらかが不可なのであれば、その理由も教えて下さい。 解答の付いていない大学用テキストで仏作文を勉強しており、 「コレが正しい」 と判断できなかったので、ご相談した次第です。 フランス語にお詳しい方、どうぞよろしくお願い致します。

  • 助動詞の使い方

    助動詞が持つ複数の意味の状況判断が解りません 例えば You can go home. 私が使用している教材には「あなたは帰っても良い」と説明しています ですが今まで私が習った中学生程度の英語の使用方法からだと「あなたは言えに帰ることができる」とも取れますよね? 「許可」と「行動できる」の判断方法が解りません どうやって区別したら良いのでしょうか? もしくはcanと英語のままで覚えて日本語で区別する必要は無いのでしょうか? wouldやcouldも解らないのですが今回はcanからお願いします よろしくお願いします