• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

動詞の受身の使い方について

今日本語勉強中の外国人です。動詞の受身の使い方について、質問があります。どうか教えてください。 「犬に手を噛まれた」を「手を噛まれた」と略してもいいでしょうか。または、「手が噛まれた」と言う使い方はないでしょうね? つまり下記のことが正しいかどうか教えてください。 犬に手を噛まれた↓ 手を噛まれた○ 手が噛まれた×

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数209
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • luune21
  • ベストアンサー率45% (747/1633)

手を噛まれた○  文法の観点からいえば、なんの問題もありません。正しい日本語です。 「~に(噛まれた)」という、もう一方の目的語がありませんが、これは文脈によるもので、これだけで正しいかどうかを判定することはできません。話してと聞き手の双方で、省略しても(犬と)わかるのであれば省略できます。また、そのばあい、「これ」「それ」などの指示代名詞も不要です(あってもかまいません)。 手が噛まれた×  この文章は、少なくとも伝統的な日本語とはいえません。これは一般的に「翻訳調」といわれるもので、大正時代頃から使われ始め、戦後の外国語教育の影響で広まった言いかたです。  おそらく、60歳以上の(まともな)日本人にはとても不自然な言いかた、それ以下ではちょっと不自然な言いかたをしているように聞こえることでしょう。  一般的に、受身の文では、「物」が主語になることはない、と考えていいと思います。(例外もあります)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • memoko
  • ベストアンサー率23% (453/1905)

手を噛まれた。です。 手が噛まれるとなると、手が自分から噛まれに行った時でないと使えないと思います。で、そんなことはありえません。 「手が」というのは手が主体の時に使うと思います。 手が痛いとか、手が痒いとか。 犬が主動の場合なので「手を噛まれた」です。 略してもいいですが、まわりに手をかむような動物や人がいることになるので、あきらかにそれとわかる場合でない限り、聞いた相手は 「だれに?」または「なにに?」と聞き返すことにはなると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • garamond
  • ベストアンサー率53% (1119/2111)

お尋ねの通り、  手を噛まれた○  手が噛まれた× です。 この場合、「手を噛む」を一つの動詞のように扱っています。 “「手を噛む」という行為を(犬によって)された” と考えて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

 手を噛まれただけでは、何に手を噛まれたかわかりませんので、犬にという言葉は省略できません。  それから噛まれたという漢字はむずかしい字なので、日本人でも使う人は少ないのでひらがなでかまれたでかまいません。  手が噛まれたという人もいますが、通常は使われません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ”払う”という言葉を使役受身にすると何と言いますか

    日本語を習っている外国人に質問されましたが、 調べれば調べるほど、どれが正しいのか分からなくなってきました。 みなさんのご意見をお聞かせ下さい。 ”使役”の使い方を習っているそうで、 ”使役受身”のところで、 ”払う”について調べてみると 1)払わさせられる 2)払わせられる 3)払わされる この3通りの回答が有りました。 3)の払わされるが自然かと私は思うのですが、 3つとも正しいのでしょうか? みなさんのご意見、お教えください。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 受身について

    The baby was cried by dog. これが駄目な意味が分かりません。。。 基本的に受身の使い方、使えない動詞も分かっており、cryも使えない動詞の1つということも知っているのですが、なぜ成立しないのか分かりません。 僕が言いたいことを日本語にすると、 その赤ちゃんは犬に泣かされた。です。 あと他にも分からないのがいくつかあります。 I was had the book by him during he was going restroom. I was gone to school by mom even though I got headache. これらも使えない動詞だと思うのですが、「使えない」ということは分かっていてもなぜ駄目なのかがわからず、使ってしまいます。 あと、もし日本人が間違って使ってしまいそうな受身の動詞、ありましたら教えて頂けると嬉しく思います。 よろしくお願いします。

  • 受身

    日本語を勉強している者です。 例文:1世界平和は保たれる。「保つ」は他動詞です。 2この文章は当時の新聞に掲載された。「掲載する」は他動詞です。 *受身で元の動詞は他動詞しか使えないのですか? *「英語力がないと編入学を許可されない」は違いでしょう。「を」は「が」か「は」に換えると正しいですか? *不適切な表現が現れたら、あわせて教えてください。

  • 「~ている」の意味・使い方について

    先日、日本語を勉強している外国人の友人から「聞いている」「知っている」「わかっている」に使われる「~ている」はどういう意味かと聞かれました。どういう風に説明すればいいのでしょうか? また、「聞いている」「知っている」は動詞と答えていいのでしょうか?「~ている」が付いているので、○○動詞など違う言い方をするのでしょうか?

  • 日本語の他動詞文における直接受身と間接受身の相違

    前略、日本語教育歴浅いため、「日本語の他動詞文における直接受身と間接受身の相違」をうまく説明出来ません。いろいろ調べましたが例文そのものがわかりにくく余計混乱しています。イメージしやすい例などで指導等いただける大変ありがたいです!

  • にとをの使い方について

    外国人ですが、にとをの使い方はよく分からないですね。特に他動詞を加えて使う場合には惚けてる。例えば、彼に勝ち取る 彼を勝ち取る  普段は彼を勝ち取るのはあんまり使わへんですよね でも、私にとっては、彼を勝ち取るのほうがもっと自然な感じがします 勝ち取るの対象は彼ですよね だから ヲを使います ドアを開けると似てるですよね ドアに開けるのは使わへんね  惚けてるわ  難しい日本語ね ご指導をお待ちいたします

  • 日本語の動詞の後ろに「は」をつけることについて

    こんにちは。日本語を勉強している外国人です。 私が使っている日本語の教科書には、 動詞の後ろに「は」をつけてはいけないと書いてあります。 例えば、「泳ぐはいいこと」はNGで、 「泳ぐのはいいこと」もしくは「泳ぎはいいこと」と書かなければならないとされています。 しかし、最近のドラマ「逃げるは恥だが役立つ」のタイトルもそうなのですが、 私はよく日本のサイトで「残るは○○」や「復讐するは我にあり」みたいな、 動詞の後ろに「は」をつける文を見ます。 これは現代日本語的には正しいのでしょうか? それともこれは古風な言い方、もしくは、私の使っている教科書が間違っているのでしょうか? 日本語まだまだ勉強中ですので、読みにくい質問文だと思いますが、 もし宜しければ、お答えして頂けると幸いです。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 「~さえ」と「~まで」の使い方のちがい

    「~さえ」と「~まで」の使い方のちがいを教えてください。 例文 「海には魚さえいませんでした」「海には魚までいませんでした」 日本語の勉強をしている外国人の友人に質問されました。 外国人にも理解しやすいようにお教えいただければ助かります。

  • 否定の助動詞「ん」について

    日本語を勉強している外国人です。否定の助動詞「ん」について質問があります。 1. 「ん」は否定の助動詞「ぬ」のくだけた(?)表現だと思います。 2. 「ぬ」は文語体の助動詞だと思います。 3. 文語体というは、やや古語的な表現で、上品な言葉遣いだと思います。 では、なぜ「知らん」、「すまん」などの言葉はどうも俗な表現であって、とても「上品な言葉遣い」とは思えないでしょうか。もしかしたら、それが私の勘違いでしょうか。どうか教えてください。

  • 「みなはれ」の使い方?

    日本語を勉強している外国人ですが、ときどき「やってみはなれ」、「売ってみはなれ」の文を見ましたが、「みなはれ」の意味、使い方が分かりません。大阪弁ですか。教えて頂きます。