• 締切
  • すぐに回答を!

ストレス→ミス連発

  • 質問No.8947374
  • 閲覧数392
  • ありがとう数30
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0
30代女性です。

仕事でストレスがピークに達すると、ミスを連発してしまい
自己嫌悪から、さらにストレス……
という悪循環に陥ってしまいます。

『落ち着いて何度も見直そう!』と普段心掛けていることができなくなっているのが原因かと思います。

いろいろなことが重なって、今、精神的に限界がきているのですが
働かないと食べていけない!気を引き締めて頑張らなくては!
と思いつつ、またミスをしてしまいそうで怖くてたまりません。

皆様、心に余裕がないときにミスをしないコツなどあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

みんなが選んだベストアンサー

  • 回答No.6
  • ベストアンサー
あせらず、ゆっくりやる

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.7

ベストアンサー率 13% (559/4267)

集中力がないのと注意力散漫なんでしょうね。
注意力をつけるトレーニングすればいいです。
集中力を高めるトレーニング っていう本があります。
http://www.amazon.co.jp/%E9%9B%86%E4%B8%AD%E5%8A%9B%E3%82%92%E9%AB%98%E3%82%81%E3%82%8B%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-Biz-plus-%E6%B5%B7%E4%BF%9D-%E5%8D%9A%E4%B9%8B/dp/4860630750
  • 回答No.5

ベストアンサー率 12% (199/1647)

早寝早起き、規則正しい食事と適度な運動。
笑顔と感謝の気持ちを忘れず、仕事がある喜びと幸せを実感しましょう。

春です、桜見物や食事にでかけ気分転換も必要ですよ。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 38% (2789/7215)

ビジネス・キャリア カテゴリマスター
人間は生身ですから、必ずミスをします。
ミスをするのは仕方がないとまず思いましょう。
確率的にゼロにはなりません。

ただ始終やっていたら顰蹙を買いますし、自分でもおもしろくない。

ミスを減らそう、と思うと却って増えます。
転ぶぞ転ぶぞと思いながら自転車に乗っていたら必ず転ぶでしょう。

だからこうやってください。
ミスを数えてください。

あ、やったな、と思ったらメモにさっと線をひとつひく。正の字で数えるあれです。
やっちまったことはないことにはできませんから、数えます。

1日終わったとき、いくつかがカウントアップされているはずです。
これを毎日やります。

やらないうちから保証しますけど、この数字は必ず減る方向に進みます。
その理由は言いませんが、電気回路の用語でいうと「バイアスがかかる」からです。

具体的な観点のひとつをご紹介しておきましょうか。
これをやるとひとつ発見できることがある。
粒度です。
ひとつのミス、を数えようとしますと、何をミスと思ったかという観点が洗われます。

タイプミスをして入れた数字を合計した結果が間違っていてそれで報告書を作ったら苦情がきた、としましょうか。
これをひとつのミスとして数えるようなら、解決にはなりませんね。
タイプミス、これは数えるべきミスです。
合計するのがExcelだったら自分の仕事ではないからミスではないようですが、sum関数の範囲を間違って設定していたらミスです。
報告書にするときに、ただ印刷しているのではなく検算とかチェックをすべきなのにそれもやっていなえければそれ自体ミスです。

ここですでに3つのミスカウントの可能性があります。
そして、最初のタイプミスだけはその場のミスですけど、以下の2つは以後の問題が続々発生する原因になります。

タイプミスは確率的に発生しますから休んだりして精度は上げられます。
でもExcelの関数設定間違いは、100%必ず問題を発生させます。
チェックなし、は、絶対に問題が発生するというのではなく、報告の品質を下げているのです。

このとき、問題はExcelの関数だと発見し、シートを修正したのだとします。そうするとしたら、ミスのカウントは1ではなく2ですよ。タイプミスがないならそれは数えなくていいけど、チェックしていないという問題はあるわけですから。

片付けなければ、苦情の度に、Excel問題もチェック問題も2個ずつミスカウントに加算されるのです。

数えるときは、どの観点であってもひとつと扱って加算してかまいません。
ただ、数えたものはその粒度の輪郭で見えています。

何を数えてもこういう分析が走るとは言っていませんよ。単なる説明で言っただけです。
ひとつひとつのミスで分析しなくていいです。
ただ数えるだけにしてください。そのとき、ひとつとカウントしていいだろうか、という検証だけは気をつけてください。

減らないわけないでしょう。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 40% (2923/7299)

>『落ち着いて何度も見直そう!』と普段心掛けていることができなくなっているのが原因かと思います。


これを頭の中でやるのならミスがあっても当たり前ではないでしょうか。
ストレスがあろうが、家庭に問題があろうがミスがあってはならない
職種はたくさんあります。
ミスを未然に防ぐ手段を多くの職場では講じているので
そんな職場でも事故が起きないのです。
作業手順書、作業標準、チェックリスト、指差し呼称、相互確認など
毎日することでも多くの職場ではチェックリストにマークして
点検確認をしますし、記録も残します。
定型書類のことならクリヤシートにチェック項目をかいて書類に重ねて見るだけでも
抜けやチェック漏れは防げます。

>気を引き締めて頑張らなくては!
そんなことでミスが防げるのなら苦労しません。
ミスをしたらミスの原因を真摯に追究し再発防止策を考え実行しない限り
防げません。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 41% (158/380)

それは俗にいう、「テンパっている」というやつですね。
私もよくそうなります。

一度テンパったら、頭を冷やすのが一番です。
要するに、息抜きですね。
方法は人により違うと思います。
・コーヒーブレイク
・タバコを一服
・軽い体操
等々。

自分なりに、方法を見つけてみてください。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 39% (7415/18945)

>心に余裕がないときにミスをしないコツなどあれば教えて下さい。

自分だけでやろうとするからミスに気付かないのです。

心に余裕がないのですから、逆にミスがあるものと考えて

提出前の確認くらいは他の人に任せてみれば?

案外、そう考えて仕事をすれば、ミスがなかったりすると思いますよ。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ