• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

電流測定方法について

ちょっと特殊な環境での電流の測定方法についてです。 (簡単に言うと、空気および油を通る電流です・・・) まず環境について説明しますと、 立方体(ワックス)の一表面に半球状の穴を掘り、 その穴の底にアルミの板を置きます。 このアルミ板は、導線によって電源と繋がっています。 (電源は、交流と直流の両方を使用します) アルミ板から1mmほど上方に球形の鉄(SK3)を近づけ、 アルミ板に電圧を付加させます。 これら二つの間の電流を測定したいのです。 空気中以外に、液体(主に油)による浸漬状態中での 測定もしたいです。 また、球形の鉄を回転させる場合もあります。 このような環境の中で、電流を測定する方法について、 知っている方がおりましたら、教えてください。 よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数517
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • mtld
  • ベストアンサー率29% (189/643)

絶縁抵抗の測定と考えて良いでしょう 電流は大変小さいので感度の良い電流計を使うか電圧を上げてやる事になります 電流センス抵抗器を入れてこの電圧降下から電流を測定する事も出来ます、この場合周波数の高い交流には限界があります シールドケースに入れませんと人が近づいただけで変動します、ケースは勿論アース側電極に接続します 絶縁は十分に取りませんと何を計っているのか?となります 以前100MΩ、数百MΩ等の通常お目に掛かることの無い抵抗器を使って測定をした事があります、時々アルコールで拭いてやりました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電流について。

    化学電池を作り電流が流れない金属の組み合わせを探したときに、+極にアルミ( cl)-極に鉄(fe)を食塩水の入ったビ-カーに入れて電流計で測定したところ、ー極に針が動いた。 なぜ、こうなるんですか??

  • 作動油が持つ圧縮性の測定方法について教えてくださ…

    作動油が持つ圧縮性の測定方法について教えてください。 油は空気と比較し非圧縮性流体の位置づけになっていると思いますが、 油圧アクチュエータを高速で作動させた場合、A油使用の場合とB油使用の場合で応答周波数に違いがあるようです。 油には少なからず空気が含有されるので環境によって圧縮性は変化すると考えられますが、アクチュエータの応答性と油の圧縮性の関係を捕まえておきたいと考えてます。 大掛かりな設備ではなく、比較的簡単に測定できる方法をご存知の方は教えていただけないでしょうか?

  • テスターの電流の測定の仕方

    ディジタル式のテスターで電流を測定したいのですが、よくわかりません。 まず、本体のテスター棒を差し込む穴は3つあり、ひとつは黒で「COM」とあります。赤が2つで、一方は「VΩmA」とあり、もう一方は「10A DC」と書いてあります。 そして電流側のレンジは「A=」の枠に、200μ、2000μ、20m、200m があり、もうひとつ白いバックに黒く10A= とあります。「=」は上が実線、下が点線の「直流」のマークです。 ここで直流電源3V、ピンチオフ電流が12.0~18.0mAの定電流ダイオード(石塚電子 CRD EシリーズのE153)、定格電流20mAのLEDを直列につなぎ、そこを流れる電流を測定したいのですが、テスタの設定をどのようにして入れればいいのでしょうか? 実際試してみたのですが、 黒のテスタ棒を「COM」、赤のテスタ棒を「VΩmA」としてレンジを20mにして、テスタを直列に入れてもメータは0のままでした。LEDは暗く光りました。 次に、黒のテスタ棒を「COM」、赤のテスタ棒を「10A DC」にしてレンジを10A=にしてはかったら、表示は「0.02」とでて、テスタ棒の差込はそのままで、レンジを20mに変えても表示は0のままでした。(当然と言えば当然ですが)。LEDは明るく光りました。 質問は、 1、テスタ棒(赤)をVΩmAにし、レンジを20mにして測定しても表示が0であるのはなぜですか? 2、10A DCの穴(赤)はどういう意味ですか?また、VΩmAとの違いは何ですか? 3、表示で「0.02」と出ましたが、それは20mAが流れていると言うことですか? です。長くなってしまいましたが、よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

ちょっとイメージ出来てないのですが, 電源から流れ出ている電源の電流値を,そのギャップに流れる電流としたら,なにかまずいのでしょうか. 他にリークしているとか.ですか? こはたぶん,回答というよりも,細く要求ですね.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

まずくないです。 そのまま計算した値が出る、と思います。 ですが、その計算通りの電流が流れているのか、 の確認の意味も込めて、実測値を測りたいのです。

  • 回答No.2
  • foobar
  • ベストアンサー率44% (1423/3185)

電流分布ですか。 ギャップ中で放電が起きるか、放電が起きない状況かで様相は変わると思います。 放電が起きないような領域だと、クランプメータのように電流が作る磁束を検出する(ギャップに磁束センサを挿入する)という方法は ・(特に直流だと)流れる電流が小さく、発生する磁界が弱い ・ギャップ中に挿入するには1mm以下の寸法のセンサが必要 ・センサを挿入したときに、電流分布が変わる(センサを通って電流が流れる)おそれがある。(これが一番問題かもしれません) という問題があり、かなり難しいかと思います。 また、放電が起きるような状況だと、電流値は大きくなるとは思いますが、センサを経由した放電が起きる可能性があり、やはりかなり難しいかと思います。 いっそのこと、電極(アルミ板)を分割して、電極毎に電流を測定するようなことを考えたほうがいいかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • foobar
  • ベストアンサー率44% (1423/3185)

半球導体と鉄球間に流れる全電流を測定するのでしょうか? それとも、アルミ板と鉄球間の電流分布を測定するのでしょうか? 前者なら、電源と接続する導線のうち、大地電位側の線のなるべくサンプルに近いところに(高感度)電流計を挿入することになるかと思います。(大地側に挿入するのは、電流計の対地電圧を低く抑えるため)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

説明不足ですみません。 アルミ板と鉄球間の電流分布です。 クランプメータのような原理が使えるかな、とも思ったのですが・・・

関連するQ&A

  • ダブルブリッジによる測定

    ケルビン・ダブルブリッジで 低抵抗を測定する実験を行いました。 測定した試料は 鉄 銅 アルミ 真鍮です。不純物も存在したため(だと考えられる)文献とは、多少異なった結果でした。 この実験は 常に電流は0.2Aで測定しました。 もし、この電流が変化した場合 どういった影響が実験結果に現れてきますか?(低効率と%導電率を求める実験で 試料の抵抗値を観測しました。) 理論的な関係式があれば それも付けていただくと理解しやすいです。 よろしくお願いします。

  • 安全管理 (保護接地線の断線、漏れ電流、電源導線の1本の断線、外装漏れ電流、接地漏れ電流)

    1.保護接地線が断線すると外装漏れ電流が増加する原因分かりません。 2.電流極性を切り替えると漏れ電流の値が変化する原因がわかりません。 3.電源導線の1本の断線で接地漏れ電流が増加する原因がわかりません。 4.絶縁抵抗の測定の際に加える電圧は何Vですか? 5.保護接地回路の抵抗測定の際に大電流を流す理由について分かりますか? どれか1項目だけでも分かる方いましたら宜しく御願いします。

  • 鉄に電流を流すと信号が歪むようですが・・・

    信号波形の測定について調べ物をしています。 ちゃんと測定できている環境を構築できているか知ろうと いろいろとネットでリサーチしている所で、気になる情報を目にしました。 信号経路に『鉄』を使った部品(ターミナル、抵抗、コンデンサ)を使用した場合 電流量に比例して、信号が歪むらしいという情報を目にしました。 その理由は、なぜなのでしょうか? また、鉄以外にも歪む通電素材(純金属や合金等)があれば、御教えくださいますようお願い致します。

  • 電磁気学基礎について

    天井の裏に一本の長い導線を通したら、複雑に絡まってしまい天井から部屋のなかに垂れ下がってしまった。垂れ下がった部分の本数を数えてみたら8本あった。この導線の両端に電源を繋いで電流を流した。垂れ下がった導線群を一周する長さ1(m)の周回路を設定して周回上で1(cm)ごとに磁界の強さを測定したら、30ヵ所で1.8マイクロ(A/m)、70ヵ所で2.3マイクロ(A/m)であった。 (1)周回路で囲まれた導線を流れる電流の総和を求めてください。 (2)導線を流れる電流の向きを調べると正の向きに流れている導線が5本、負の向きに流れている導線が3本であった。導線の流れる電流の大きさを求めてください。 回答宜しくお願いします。

  • 電気化学初心者~ポテンショスタットの原理について教えて下さい。

    現在仕事の関係で電気化学を勉強しています。 そこで、タイトルにもありますようにポテンショスタットについて教えて頂きたいのです。 ポテンショスタットは三極式のものを用いております。ここで、いくつか疑問があります。 (1) 浸漬電位(平衡電位?)の状態が良く理解できません。 例えば中性NaCl通気溶液環境で、対極に白金、作用極に鉄などの試料を用いた場合を仮定します。どちらにも分極しないで浸漬していた場合、浸漬電位が観測されると思います。この状態では、作用極側で鉄のアノード反応、対極側で酸素のカソード反応が起こり電流が流れていると考えて良いのでしょうか? 教科書によると「その浸漬電位とその時電流で示される速度で腐食しているが、その試験片単独で電気的中性条件が満たされているから外部への電流収支はない」とありましたが、この意味も良く理解できません。 (2) 上記(1)の条件で浸漬した場合、白金と鉄の間では電池が形成されていると言うことでしょうか? (3) 仮に作用極にも白金を用いた場合は、浸漬電位はどうなるのでしょうか? (4) 浸漬電位と標準電位は同じ意味と考えて良いのでしょうか? (5) 参照電極に電流がながれないのはなぜでしょうか? 大変基本的な質問で申し訳有りませんが、ご教示宜しくお願い致します。

  • 部品測定

    3人の町工場を経営しています、マシニングでの部品加工ですが、最近精度が うるさく社内の検査を充実使用と考えています。 品物は手のひらサイズの部品が、主で材質はアルミ、鉄、ステンレスです、穴ピッチ、溝幅等で0.01が計れる計測器(マイクロ等使えない場所)で、一般的な計測器は、何でしょうか?3次元測定器は手が届かないのですが・・・候補としては、投影機、を考えているのですが、皆さんは何をお使いですか?

  • 電解コンデンサーのリップル電流について

    インバータ電源の整流ブリッジ直後につけてある電解コンデンサーについてですが、現在使用している電解コンデンサーは高リップル対応品で220μF/200V 105℃の物です。またリップル電流の定格は2364mArmsです。 実際に電流プローブを使用してリップル電流を測定しましたら、1500mArmsなので定格には十分に入っています。 ただ電流波形はピーク値8A、幅1mSのスパイク状です(間隔は約16ms)。ピーク値が大きくても、実行値が定格内に入っていれば問題ないかお教え下さい。 あと温度上昇ですが、電解コンデンサーのケースの温度は約Δ20℃上がります。20℃ほどの温度上昇は特に心配しなくても良い程度でしょうか?(使用する環境温度は40℃ほどです。) どなたかご経験のある方のご意見を頂ければ幸いです。

  • 家庭用電灯がつく仕組みは?

    「君は学校を出たのか?」と言われそうな質問で恐縮なのですが、家庭用電灯がつく仕組みはどうなっているのか、お教えください。 まず、私の理解のレベルについて申します。私は、乾電池で豆電球がつく仕組みなら分かります。電池のマイナス極から電流が導線を伝って電球に至り、電球が光ります。ただ、それならば、マイナス極と電球を導線でつなぐだけで電球が光りそうなものですが、実際には、電球からさらにプラス極に導線をつないでおかなければなりませんね。つまり、電気は「乾電池→電球→乾電池」と循環するようになっていなければ流れないのであって、これを「回路」というわけですね。 さて、問題は、家庭用の電灯です。家庭用電灯はコンセントにつないで使います。つまり、コンセントから電気が流れて、コードを伝って電球に達し、電球が光ります。それは分かるのですが、その後が分かりません。電流は、電球からまたコードを伝って、コンセントのもう一方の穴から電源に戻るのかと思いきや、もう一方の穴は実はアース用だそうです。それならば、電球からの電流の復路がないではないか、と思います。 家庭用電灯は交流ですから、豆電球のような直流とは電気の流れが違うのかとも思います。「交流」は「時間の経過とともに大きさと向きが周期的に変わる電流」ですね。すると、電源から来た電流は、電球に達した後、そのまま逆戻りし、元のコードを伝って電源に帰る、ということを高速で繰り返しているわけでしょうか。 そもそも、この場合、電源というのがどの地点かも分かりません。発電所から来た電気が、家庭用電灯の電球に達した後、再びはるばる発電所に戻るとは考えられませんから、たとえば、安全器(ブレーカー)と電灯の間を、電気が激しく行ったり来たりしているのでしょうか。 いろいろなウェブサイトを調べてみましたが、子ども向けの基礎的な記述か、高度で難解な記述しか見つからず、結局、よく分かりませんでした。 小生、まったくの文系人間であります。どうかあきれずに、お教えください。よろしくお願いします。

  • 誘導加熱

    誘導加熱 下記のようなベアリングヒーターですが、仮にベアリングではなく、?鉄パイプ?アルミパイプを置いた場合、加熱状況の違いを考えています。 http://www.fa-mart.co.jp/stjcorp/02. 鉄心に磁束が発生して、ベアリングの内径を磁束がいったりきたりし、ベアリングが1巻のコイルと同じ意味を持つことから、磁束を打ち消すようにベアリングを1周するような電流が発生し加熱されていると認識しています。 普通、鉄とアルミは透磁率が異なり、その影響で発生する電流値が異なると思いますが、ベアリングヒーターのように貫通穴に磁束がいったりきたりする場合では、透磁率は意味をなすものではないのでしょうか? 鉄パイプとアルミパイプの発熱量の違いはそれぞれの抵抗値だけに依存されるのでしょうか? 例えば、コイルの内部に丸鉄や丸アルミ材を置いた場合であると、透磁率による違いにより、それぞれの発熱量が異なるのは理解できるのですが。 恐れ入りますが、ご教授ください。よろしくお願いします!

  • トロイダルコイルのインダクタンスについて

    トロイダルコイルのインダクタンスについて教えていただけませんでしょうか。 トロイダルコイルの一回巻きとは、導線をコアに一周巻くことではなくコアの中に 貫通させる事と知り、ただ導線をコアの中を貫通させるだけで本当に電流に変化が起きるのか 興味を持ったので実験してみました。 しかし、コアを貫通させても何も変化が起きず、その原因が分からず悩んでおります。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂けませんでしょうか。 実験は、電源用トランスで100V→16Vの交流電圧原(60Hz)を作り、それに100Ωの 抵抗を繋ぎ、さらに別の電源トランスのコアの中に導線を通して、100Ωの抵抗 のみの場合と比べて電流値が変化するかを確認しました。 しかしながら、導線をコアに貫通させるか否かにかかわらず、電流は160mA(rms)で、変化は ありませんでした。 インダクタンスLを計算し、L=0.14程度と見積もっていたので、インピーダンスはコイルの分 (ωL = 2π×60Hz×0.14 = 53Ω)が加わった、Z = √(100^2+53^2) = 113Ωとなり、電流の実効値の 変化は十分判別できると考えていたのですが・・・ インダクタンスの計算は http://www.nyanya.sakura.ne.jp/es/ant/ant016.html (トロイダルコイルの自己・相互インダクタンス) を参考に、 内半径R1=3cm, 外半径R2=4cm, 高さh(幅?)=3cm, 透磁率μ=100, 巻き数N=1 (100V用電源トランス) で計算しています。 透磁率100は実際はわからないのですが、それくらいはあるだろうと推測して入れています。 もし透磁率の問題なのでしたら、鉄の棒を買ってきて試してみようと思います。