• 締切済み
  • すぐに回答を!

借地権と相続税

借地権にも相続税がかかるみたいですが、 借地人が死んで、相続された場合、 相続人が相続税を支払えず、 大家が借地権を買い取る金も意思もない場合、 (1)借地権はどうなるのでしょうか? (2)大家が、借地権を第三者に売ることに同意しなかった場合はどうなるのでしょうか? (3)借地権が売れても、相続税額に満たなかった場合には、相続人は、借地権を失った上で、相続税に足りなかった分を払うのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数206
  • ありがとう数11

みんなの回答

  • 回答No.4

#2です。 >大家さんが、この購入者に貸すのは嫌だ、という場合はどうなるのでしょうか? ●建物所有の借地権は借地借家法によって保護されています。 建物の売却に当たっては地主の許可は要りません。 競売による場合も貸すのは嫌だとは言えません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

大家さん(甲)と、現在の借地人(乙)、第三者(丙)とすると、 乙がいない状態で、丙は、甲に対する直接の借地契約を拒否されても、 乙がいれば、丙は、甲と借地契約をできることになってしまいます。 おかしくはありませんか。

関連するQ&A

  • 借地権の相続放棄について

    借地権の相続放棄について 最近母が他界したのですが、母は借地上の母名義の家屋に一人で住んでいました。 相続人は私一人ですので、私が借地権を相続することになるのですが、私はその借地には住む予定はなく、できれば借地権を第三者に譲渡したいと考えています。 そこで気になっていますのが、地主から第三者への譲渡の了解を得られない場合です。 もし了解が得られなければ、相続税で借地分がかなり加算されてしまうのが無駄になりますので、できれば借地権を相続せずに放棄したいと思うのですが、そんなことは可能なのでしょうか? もし借地権の相続放棄が可能だとしたら、どんな手続きが必要なのでしょうか? また、借地上の家屋はどうなるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 借地権の相続税について

    20年ほど前、父が亡くなったとき、母と二人の子供が相続し、現金預金類を各相続分に分けましたが、父名義の土地の借地権に関しては何も考えていませんでした。現金預金類の合計は非課税となる額でしたので相続税は払っていません。 その後、母と子供一人が住み、2年前母の死後、子供一人が住んでいます。 土地の借地権の相続はどうなるのでしょうか。子供二人がどのように分け、税金はどうなるのでしょうか。 20年ほど前の借地権の相続額を入れると、父が亡くなった時の全相続額は課税される額になるのではないかと思います。 表現不足のところがあると思いますが、よろしくお願いします。

  • 借地権について

    父親が亡くなり、父親が住んでいた建物を相続してくれと兄に言われて、悩んでいます。建物は父親名義ですが、土地は賃借していました。土地賃借にあたり、権利金や借地権は払っていません。また、賃借料は、賃借契約書はありませんが、大家さんと合意した金額を払っています。賃借料は、月5,000円でした。ちなみに、この土地の路線価評価額は、約1,000万円です。 1.そこで、相続財産を申告するにあたり、権利金を払っていなくても、借地権(借地権割合が60%の場合約600万円)を相続財産に加算し、課税対象になるのでしょうか。 2.建物は取り壊して、土地は大家さんに返そうと思いますが、権利金を払っていなくても、土地返却にあたり、いくらかもらうことは可能でしょうか。 3.もし、相続税を払うし、土地返却にいくらももらえないのは、相続損で不合理だと思いますがいかがでしょうか。 4.逆に、土地返却にあたり、権利金も払わず、安い賃料であったことから、大家さんから追加料金を払わせられることはありませんか。 5.土地返却にあたり、大家さんが了解すれば、更地にせず、古家があるままの返却も可能でしょうか。もし、その場合の留意点はありますか。

  • 回答No.3

借地権とは空中権と言われるように建物を売ることで付いてくるものです。大家は建物を売ることに反対できません。借地権だけの相続ならば、借地権以上の相続税は掛かりません。それ以外の相続もあるなら、お金の問題だけなので建物を売れば良いことになります。売るのが面倒ならば建物を物納すれば良いのです。国が競売で処分してくれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>売るのが面倒ならば建物を物納すれば良いのです。国が競売で処分してくれます。 現状、更地でも物納できませんから、建物の物納は無理でしょう。 老朽化して価値がなくなることも考えられます。

  • 回答No.2

(1)税金を払えないからといって、直接には借地権には及びません(借地権つき建物が対象となる)。 (2)大家、つまり借地権者が売るのは借地権だけじゃなくてその上に建つ家屋を売ることでないと、話しが通用しません。 建物(借地権付き)を売る、売らないは自由ですが、税金の滞納で競売になる可能性はあります。 (3)先にも言いましたが借地権そのものは地上権でない限り売買できません。一般的に借地権は賃借権という債権です。 いずれにせよ、売るというのは借地権付き建物ということになります。 これを売却して相続税額に満たない部分は自腹を切ることになりますが、それならそれで相続放棄をすればいいのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>(2)大家、つまり借地権者が売るのは借地権だけじゃなくてその上に建つ家屋を売ることでないと、話しが通用しません。 建物(借地権付き)を売る、売らないは自由ですが、税金の滞納で競売になる可能性はあります。 建物の所有者が代われば、実質的に借地人が変わることになってしまいます。 大家と借地人は信頼関係で成り立っていると思いますが、 大家さんが、この購入者に貸すのは嫌だ、 という場合はどうなるのでしょうか?

  • 回答No.1

(1) 税務署で差し押さえて公売となります。 (2) 非訴法と言う法律に従って裁判所が決めます。 (3) そのとおり支払いますが、基礎控除があるので、支払うか否かは価格で決まります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 借地権の相続について

    父親名義の借地権を、子2人で相続する場合についての質問です。 (法定相続人は2人です) 遺産として ・借地権(約40坪) ・借地上の住宅 築30年 がある場合、借地権についての相続はどのようになりますか? 借地権を地主さんに返しても買い取りはしてもらえないようだったこと。 子2人(A/Bとします)はそれぞれ、既に結婚し家族がいたこと。 そのため、A/Bの共同名義で借地権を引継がず、子Aに名義変更し、引継ぎました。 このとき、(B)がこの借地権については相当する金銭を要求してきた場合、評価額はどのように算定するのでしょうか? 相続税の対象として、路線価を元に評価額を算出する方法は知っています。 が、遺産分割の対象として、この借地権を見た場合・・・現金化できる可能性がなく、その他処々の事情で1人が相続する形になったにも関わらず、金銭を要求されたら支払わなければならないのでしょうか? 話し合いをした際に、きちんと書面を残さなかったので、ややこしい事になってしまいました。 自分のいたらなさを反省していますが、今大変困っておりますので、どなたかお知恵を貸してください。 よろしくお願い致します。

  • 借地権の相続税

    高齢の両親が亡くなり、わたしが借地権を相続することになりそうです。 わからないことが山ほどあります。 1)相続税はかかりますか? 2)相続の場合は名義変更が必要ですか?名義変更料がかかりますか?  (じいさんの代から住んでいるのですが、じいさんが亡くなったときは名義変更をして変更料を支払っていた領収書があります) 3)正直、わたしは別の場所にアパートでも借りたいと思ってるのですが、 借地権は今後どのようにすることができるのしょうか?どのようなケースがあるのでしょうか? 解約、譲渡、更新。どれもお金がたくさんかかるのでしょうか? 4)誰かにプロに相談したいと思うのですが、弁護士事務所に相談してもいいのでしょうか? 相談費用はふつうどのくらいかかりますか?

  • 借地権を譲渡するには・・・!

    地主の同意が要るかと思いますが、第三者の小生が、地主から底地を、家主から借地権(家屋)を譲り受ける場合には、どういう点に注意をすれば良いのでしょうか? 地主から底地を買い受ける話より先に、家屋(借地権)を買い取る話が纏まった場合、例え地主と底地買収の交渉中と雖も、やはり地主の同意が無ければ家屋(借地権)を買い取る事が出来ないのでしょうねえ? お尋ね致します。以上、宜しくお願い申し上げます。

  • 借地権の相続について…

    借地におよそ40年間住んでいた父がなくなり、地主が相続者(1人)の私に「契約の継続はしないので土地を明け渡してほしい」と要求されました。また、すぐに立ち退けないなら「1年後に立ち退く」の念書を作るように要求しています。父は亡くなるまでの数年間一人住まいでした。借地の契約書などはありませんでした。 (1)地主の要求をのむ必要があるのでしょうか? (2)新たに借地権設定(借地契約書の作成)などが必要なのでしょうか? (3)もし借地権を継続使用できるとして、建物を第三者に貸すことはできるのでしょうか? (4)もし借地権を継続使用できるとして、借地権(または、建物)を第三者に譲ることはできるのでしょうか?(可能な場合、地主はそれに反対することができるのでしょうか?) (5)継続使用できた場合に地主が借地料を高額に値上げするなどの対抗措置をとることはできるのでしょうか? よろしくお教え下さい。

  • 借地権の相続と建物の関係について教えてください

    近々2次相続が発生しそうなので、15年以上前の相続税申告書と遺産分割協議書を見て借地権の分割はこれで問題がなかったのかと考えています。内容は下記のとおりです。 (1)借地権の目的となっている被相続人所有の建物を相続人A(被相続人の子)が全て相続しています。 (2)当該借地権を相続人Aが5分の3、相続人B(被相続人の妻)が5分の2を各々相続しています。 初歩的な問題なのかもしれませんが、相続人Bは建物を所有(相続)していないのに借地権を相続することが可能なのでしょうか? また、その後、地主が死亡し、底地を相続人Aが全て買い取っています。現在の土地の権利関係はどうなっていると考えるのが妥当でしょうか。(底地の買取時に「借地権者の地位に変更がない旨の届出書」が税務署に提出されています。)

  • 借地権について

    かなり前から兄所有の土地に弟が建物を建てて弟の自宅と弟が役員を勤める会社(同族会社)の事務所の用に使用していました。弟はその土地の固定資産税を負担しており、兄に対して地代等は一切支払いしておらず、使用貸借となっていました。また会社は弟に事務所家賃を支払し、弟は不動産所得の確定申告を行っていました。今回、兄が亡くなりこの土地は更地として相続財産に取り込まれました。兄の相続人は子一人しかおりませんのでその方が全て相続することになるのですが、この土地を相続評価すると多額の評価額となり、また相続税も発生することになるのですが、その納税資金がありません。そこで、その同族会社が購入(所有)を考えたのですがあまりにも高額な為に、借地権を設定して少し価格を落としてはどうかとなりました。しかし、弟所有の建物がある中で借地権設定は可能なのでしょうか?ダメな場合どの様な方法を取ったほうが宜しいでしょうか?宜しくお願い致します。

  • 借地権を存続させるには

    相続税範囲内の借地権を親から相続する予定です、(6000万円ぐらい?)私は別のところに住んでおり今のところその土地に住む予定はありませんが、そのうちに息子が家を建てて住むかも知れません。(あくまでも推定です。) 借地権の問題はこのサイトでも気にかけてみているので、借地人の権利が強いとはいえそう甘いものではないと勉強させてもらっています。あくまでもそうなった場合の質問ですが、お怒りにならずに教えていただけますでしょうか あくまでも私サイドの言い分が通るという実に甘い考えでの質問です。 (1)そのまま借地権を行使してその土地を継続させる場合には借地料を払い続けていけば良いのでしょうか? 相続人(私)の住民票だけでも移しておいた方が良いのでしょうか (2)借地料が負担になり息子もそこに住まないとなり、その際都合のいいことに借地権割合で地主が土地を買い取ってくれたとしたらその際の税金はどうなるのでしょうか? 居住してない土地の売買に対しての税金はとても高いと聞いたことがあるので、何とかそこで節税する方法はありますか?(実に手前勝手な考えですみません)  

  • 借地権付建物の遺贈について

    母が所有している借地権付建物があり、母が亡くなり相続人が建物を相続する場合は、借地権も相続され相続人が借地権を取得すると聞いたのですが、遺言書を作成して相続権のない叔母に建物を遺贈する場合、売買と同じように地主の承諾がなければ叔母は借地権を取得することができないのでしょうか。 回答よろしくお願いします。

  • 借地権の登記について

    不動産のことは全く分かりませんのでアドバイスをよろしくお願いいたします。私の父親がその父(祖父)から借地権を相続しました。相続の協議書には相続人名義と借地権面積と時価(昭和60年代)が記載されていますが登記は未だされていません。今からでも借地権の設定登記は可能なのでしょうか?よろしくお願いいたします。

  • 相続税 発生しないときは申告不要?

    昨年、預貯金7000万・土地借地権3000万を7人で相続しました。相続人が7人なので1億2000万までは相続税がかからないということですが、相続税の申告そのものもしなくて構わないのでしょうか? 土地借地権売却に関しての譲渡所得税の申告は、今年2月に済ませてあります。 今更ですが、預貯金の相続分600万(私の分)は、所得として譲渡所得税の申告時に申告すべきものだったのでしょうか?