• ベストアンサー
  • 困ってます

RZN152ハイラックス エンジン始動不良

初めて質問致します。 整備工場へ入れたり検索したりしましたが、解決できないのでお知恵をお貸しください。 RZN152ハイラックスピックアップ(1RZ・FR・4AT)のエンジン始動不良で困っております。 整備工場では問題がないのですが、自宅や会社の駐車場で特に朝夕にセルは元気に回るのですがエンジンがかかりません。 3秒×10回以上セルを回すと掛かる事もあるのですが、一度かかってしまうと正常で、その後の再始動も可能です。 また、かからない時は燃料ポンプが動いていないようで、セルを何回か回すなかで、「キーン」という小さな音が聞こえればエンジンがかかります。 状況や対応をまとめますと、以下のようになります。 ・整備工場:アスファルト、海抜1m、屋外又は屋内 ⇒ 朝夜でも1発始動。 ・自宅駐車場:砂利、海抜60m、屋外 ⇒ 朝かからず。夜何回ものクランキングで始動。 ・会社駐車場:アスファルト、海抜60m、屋外 ⇒ 夜。夜何回ものクランキングで始動。 ・交換部品:バッテリー、プラグ、プラグコード、燃料フィルター、燃料ポンプ、ポンプリレー ・自宅と会社駐車場でエンジンがかからないor何回ものクランキングが必要。 ・寒い季節になってきて症状が多く出るようになった気がする。 ・1度かかってしまえば正常、パワーも出ており、その後(1時間程度後)の再始動も正常。 ・エラーコードは出ていない。 このような状況です。 皆さまのお力をお貸しいただきたく、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数3144
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

#3です。 様子が分かりました。 >エンジンがかからない時はポンプの音は聞こえません。 >その後以下のようなくり返しの末、エンジンがかかる時はあります。 >「ON(ポンプ音無し)→セル」何回かくり返し → ONに戻した時にポンプ音 → セル → エンジン始動 要は、ポンプが回っていないから燃料が供給されず、始動できないということですね。 このときは、初爆(ブルンという爆発音)ももちろん無いのですね。 もし初爆があれば、燃料が来ている証拠ですから故障探求の手順は全く異なってきます。 この現象は「キースイッチをONしたとき、(必ず回るはずの)ポンプが回らないときがある。回らないとき始動不能となる」ということになります。 故障箇所を特定することは、配線図とメモリー機能付きの計測器があれば容易ですが、整備工場にあるとは限りません。 また、根気と運も必要です。 ポンプリレー交換済みですから、最も怪しいのはメインリレー(電源リレー)です。 メインリレーが作動しないとポンプリレーは作動しませんから。 工賃、部品代ともそんなに高くつきませんから、あれこれ不具合箇所を探すより、メインリレーを交換されては如何ですか。 接点の接触不良の可能性大です。この場合、気まぐれで良くなったり悪くなったりします。 車種・年式によって配線や部品構成は異なりますが、たいていは添付URLのとおりです。 http://www.irsural.ru/caldina24x/x343/servinfo/x3430000135000j.html この図のEFIコンピュータリレーがメインリレーです。 整備工場で配線を確認してもらって下さい。 ただ、整備工場はこれらのリレーについては詳しいはずです。 リレー交換前にコネクタを引っ張るなどして配線の接触状態を確認してください。 なお、ポンプ制御ユニット(ポンプ消費電力の省力化やポンプ音低減化)を使用している車種もあります。その場合は別途考えます。 不具合箇所を特定するには、この図を基にして考えればよいのですが、緊急避難的には、強制的にポンプを作動させる方法もあります。 整備工場と相談してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再びのご回答ありがとうございます。 状況は整理して頂いた内容で合っており、かからない時の初爆はありません。 回路図のご提示もありがとうございます。 当方の車両も同様であるとすれば、ポンプリレー上流のメインリレーが怪しいですね。 接触状態を確認して、回路とコネクタの番号が確認できれば、寒い日に外部電源でリレーを駆動してみて、導通チェックをしてみたいと思います。 他の皆さまも様々な角度からのご意見をありがとうございます。 皆さまにベストアンサーを付けたい所なのですが、kouki-koureisya様をベストアンサーとさせて頂き、各所を確認・交換後、結果を再度ここに報告したいと思います。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • エンジン始動不良(6年式 HONDA トゥディ)

    6年式、AT,4WD,走行13000KMのトゥディに乗っていますが 今困っています。買い物帰り、エンジンを始動としましたが セルが回るだけでクスンとも言いませんでした(ガス欠状態) 何分かチャレンジしているとやっとエンジンがかかり問題なく走行 出来ました(アイドリング問題なし)。数日後信号待ちでエンジンが停止し、再始動困難になりました。 同じようにガス欠と同じ状態です。 自分で確認した情報としては 燃料ポンプは動いていて、セルモーターもOKです。クランキングしても 3本とも火花が出ていません。(プラグに燃料濡れなし) 原因がイグナイタ、燃料フィルタ、燃料ポンプリレー、エアフィルター なのか、各々可能性があると思いますが判断できません。 どなたか教えてください。

  • 燃料ポンプへのショックでエンジン始動

    こんにちは 私はEG系のシビックに乗っているのですが 暑い日やエンジン停止後ある程度たってから エンジンをかけた時などに たまにエンジンがかからない時があります そのような時はだいたい5分後くらいおいてから エンジンをかけなおすと正常にかかります しかしこの前ものすごく暑い日にとうとう 完全にかからなくなってしまいまして JAFを呼びました すると燃料ポンプへのショックでエンジンが始動しました その後修理工場に車を直しにいったのですが 普段は通常通りかかるので 「エンジンがかかるので燃料ポンプが原因とは言えないので直せません」 と言われました この場合、責任は問わないので燃料ポンプを交換してもらうのが賢明でしょうか? どなたかアドバイスいただけないでしょうか? よろしくお願いします

  • ワゴンRのエンジン始動ミスの対処法を教えてください。

    ワゴンRのエンジン始動ミスの対処法を教えてください。 ワゴンR MC21S RR ターボオートマです。エンジン始動時セルを回しますが、通常1秒もかからないうちに始動します。アイドリングも走行時もエンジンは調子良いです。 セルの回しかたがエンジンがかかったら戻すのではなく、1秒くらいまわしてエンジンの始動を確認せずに戻してしまう時があります。それでもほとんどエンジンは始動しますがまれにエンジンが始動していない時があります。その時エンジンがかからなくなります。アクセル半分踏んだりはなしたり、ベタ踏みしたりいろいろやってバッテリーがそろそろヤバいかなというころ偶然のように始動しました。 エンジン始動ミスをするとなぜ再始動がうまくいかなくなるのですか?原因はなんでしょうか? それと再始動に何かコツみたいな事があったら教えてください。お願いします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

エンジンキースイッチの接触不良。 走行距離が多かったら、清掃よりもスイッチ交換をお勧め。 国産車の弱点です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂きありがとうございます。 掛からない時であっても、ONにした時にメーターパネルの警告灯が点いたりやリレー音はしているのですが、別系統で燃料系の回路があるのでしょうか。 現在11万キロなのですが、時間が取れましたらキースイッチの導通も確認してみたいと思います。

  • 回答No.5
  • fjdksla
  • ベストアンサー率26% (1812/6770)

>ON(ポンプ音無し)→セル」何回かくり返し → ONに戻した時にポンプ音 → セル → エンジン始動 ってことは・・・ キーONでポンプ音がしたときはエンジンがかかるので、 キーONでポンプ音がしないとき。と言うのがヒントです。 #3の方が回答しているように、 キーONでポンプは動きます。 それが動かない原因を探せば完治するのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂きありがとうございます。 まさにそこが問題点なのですが、その原因が何か分からずに困っている状況なのです。 キーONでポンプは必ず動くはずなので、「原因不明のコンピュータ交換」に行きつくまでに何か無いかと思い、皆さまにお聞きした次第であります。 車両が古いので、コンピュータの半田割れやコンデンサ故障も無い話しでは無いような気もしますが…。

  • 回答No.4

エンジンはRZ(ガソリン)ですね? 通常は最初に水温センサーを疑うのですが いかがでしょうか? 朝夕はおかしいとなれば、また、夏の間は大丈夫だったとなれば 水温センサー濃厚です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂きありがとうございます。 どうやら温度が関係しているようですので、水温センサーも怪しいかもしれません。 現状かかった時にはアイドルアップしておりますので、かからない時の抵抗値をテスターで確認したいと思います。

  • 回答No.3

>また、かからない時は燃料ポンプが動いていないようで、セルを何回か回すなかで、「キーン」という小さな音が聞こえればエンジンがかかります。 これが一つのポイントですね。 これを確実にチェックしておかねばなりません。 燃料ポンプが作動する条件は次の三つです。 1. キースイッチON後の数秒間: 運転終了後、燃料圧力(燃圧)が下がっているので、エンジン始動前に燃圧を上げておく。 2.エンジンクランキング中: キースイッチをST位置にしているときで、エンジン回転信号がなくてもポンプを作動。 3.エンジン回転中(エンジン回転信号が出ているとき) まず上記1が重要。 通勤用であれば、エンジン休止時間はせいぜい10時間ほど。 この間に燃圧が極端に下がっていると、キースイッチON直後にセルを回すと、燃圧不足でかからなくなる。 キースイッチON後、数秒間ポンプが回っていることを確認し、ポンプが止まってからエンジンをかけること。 このときは、バッテリ電圧が高いのでポンプは勢いよく回る。 ところが、これをせずいきなりセルを回すと、クランキング中はバッテリ電圧が下がるので、ポンプの力も弱まる。 このような“かけ方”をしてうまくいけば、次は燃圧が低下する原因を突き止めねばならない。 一晩おいたくらいで燃圧が下がり切るのは異常。 整備工場は、このような“かけ方”をしたのではないでしょうか。 >1度かかってしまえば正常、パワーも出ており、その後(1時間程度後)の再始動も正常。 1,2時間程度では燃圧はそんなに低下していないと推定。 また、走行中の燃圧は十分出ているので、エンジン停止後の燃圧低下が問題。 キーONしてもポンプが作動しないことがたまにある場合は、別途考えねばならない。 次に上記2はちょっとやっかい。 これは、エンジンクランキング中であることをECUが検知して、燃料ポンプリレーを作動させるが、どこかの配線に不具合があると推定。 エンジンがかかってしまうと何の不具合もないところから、キーシリンダのST信号線(出力側)とECU端子(入力側)間の接触不良が原因と推定できるが、確認するのは根気と運の問題。 とりあえずは、上記1の結果を聞いてからのことになります。 なお、上記1,2ともエラーコードは出ません。 >3秒×10回以上セルを回すと掛かる事もあるのですが、一度かかってしまうと正常で、その後の再始動も可能です。 続けて何回もセルを回すときは、3,4秒休んでからセルを回してください。 セルもエンジンも惰性で回っているので、惰性回転中はセル(ピニオン)とエンジン側ギヤとのかみ合いがうまくいかず、ギヤを傷めることがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細な所までご回答頂きありがとうございます。 1についての返答を取り急ぎ返信いたします。 キーはONの位置で3秒程待ってからセルを回しています。 エンジンがかからない時はポンプの音は聞こえません。 その後以下のようなくり返しの末、エンジンがかかる時はあります。 「ON(ポンプ音無し)→セル」何回かくり返し → ONに戻した時にポンプ音 → セル → エンジン始動 なお、整備工場では、ONの時点でポンプ音がしており、ON位置の待ち有無にかかわらず掛かりました。 連続でセルを回す時のアドバイスもありがとうございます。 このような状況ですが、何か分かる事がありましたらよろしくお願い致します。

  • 回答No.2

LN165の標準ボディダブルキャブで2L-TEディーゼルターボに 約10年乗っていました。 走行は何万キロでしょうか? 冷間時の始動性が悪いようなので、一度 エアフローメーターも点検をしてもらっては? それ以外にも、水温センサーが正常でない可能性もあります。 O2センサーは、違うかもしれませんが念のためチェック。 >セルを何回か回すなかで、「キーン」という小さな音が聞こえればエンジンがかかります。 燃料ポンプ・リレー交換後もそうであれば、接触不良が 濃厚な気がしますが、整備工場の見解は? やはり主原因はこのあたりだと思いますが、エラーコードが 出てないので困りますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂きありがとうございます。 走行距離は11万キロです。 整備工場で色々点検はしてもらいましたが、該当の箇所について問題がなかったか確認を取ってみます。また、調べて出来そうなら自分でチェックもしてみます。 整備工場の見解は、部品交換や点検をして工場では正常に動いているが、ディスビとクランク角センサかもしれない。しかし、一度かかると正常なので原因を特定できないとの事です。 時間がとれましたら接点の清掃とコネクタの差し直しをやってみます。

  • 回答No.1
  • edo_edo
  • ベストアンサー率21% (237/1117)

キーを入れて、アクセサリーポジションにしてから、アクセルペダルを1回か2回踏んでから、足をペダルから離してから、セルを回していますか? 冷間時のエンジン始動方法が、マニュアルに載ってたはずですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答を頂きありがとうございます。 マニュアルの内容を確認して、症状が出やすい明日の朝に試してみようと思います。

関連するQ&A

  • UA-TC24 エンジン始動時の

    平成15年式UA -TC 24 車体番号TC24 -1585xx 症状 先日 バッテリー上がりをして以来 数日間 乗らずに居るとエンジン始動が鈍くなります。 また 鍵を回しても まったくセルが反応しないと言うか 「トゥルン……トゥルン……トゥルン」とバッテリーが上がった時の様なセルの動きになり バッテリー上がり?と しつこく セルを回し続けると 徐々にセルの回転する速度?が早くなり エンジンが掛かり その日は何の問題も無く再始動や停止出来るのですが 数日間エンジンを掛けないと セルの反応が悪くなります。 備考 バッテリー上がりした時に新品の充電済みに交換してあります。 この現象で考えられるのは スターターでしょうか?燃料ポンプでしょうか

  • エンジン始動

    ホンダ オデッセイ H8年式に乗っているのですが、エンジンのかかりが時々悪いのが気になっています。 クーラーを使ってしばらく走って駐車し15分後位に再始動しようとしたらいつもならキーを捻った瞬間に始動するのに、5秒以上セルを回さないと始動できないという状態です。 また、その際最初はアイドリングがとても弱々しいのですがすぐに安定して正常になります。 中古で購入の為、バッテリーの寿命だろうと思い新品に交換し解決したつもりだったのですが 今日また同じ症状が出たので相談させて頂いた次第です。 購入後自分でいじった点はアーシング・純正プラグ・純正交換タイプエアクリーナーフィルターくらいです。 購入時よりもメンテナンスにより調子はかなり良くなったのですが、この症状だけが気がかりです。 なにかアドバイス頂けたら幸いです。

  • バイクのエンジンが始動しない時があります

    こんにちわ、宜しくお願い致します。当方スズキGSX-400Sカタナに乗っていますが、以前より気になっていましたが充分に走った後でもコンビに等で少しエンジンを止めていただけでもエンジンのかかりが少し悪いような気がしていましたが、今日再始動時に全くかからなくなる事がありました。セルは普通に回るのですが、’ボンボンボン’という音がしなくかかりそうな気配が全く感じられませんでしたので、ヒューズを確認しようと思いシート内の工具を取り出したりしてから、もう一度セルを回すとすぐに始動しそのまま帰ってきましたが、その後もエンジンは快調に始動しました。 自分ではイグナイターが壊れそうになったいるのか、点火系のどこかで接触不良でも起こしている可能性を疑ってますが、電気系統のことがもう一つ苦手で整備や確認の仕方がよく解りません。 もち論、燃料コック、エンジンのキルスイッチ、チョーク等は確認していました。 カタナはエンジンの始動がよくないとよく聞きますが自分のバイクは冬場、月一位でもそれほどぐずらずに始動していましたので始動性は良いほうだと思っていますが、最近はアイドリングが少しだけフレてきている様な気がしていましたが何か関係があるのでしょうか?チョークも壊れやすいとのことですがむき出しになっていて作動が見えますが問題なく動いているように思います。  文章が下手で上手く伝えられず、再現性も少なく解りづらいと思い申し訳有りませんが、詳しい方や原因や対処法がお解かりの方アドバイスをお願い致します。 

  • エンジンの始動不調 (少々長文です)

    17万キロ走行のプログレの始動不調について、2月に質問させて頂ました・・続きです。 原因が特定できないままとりあえず一番怪しそうなセルモーターは、来週に交換の手配がつきました。 その後あまり症状が出ないと思っていた矢先の昨日、今日と立て続けに起きました。 1. 昨日は、帰宅後荷物を下ろし、移動ためにエンジンをかけようとしたところ始動せず、予備バッテリーでアシストしても始動せず。 (過去に試したことはすべてやったもだめ!) ※セル不調は 「エンジンが暖まった状態で起きやすいこともある」 との仄聞を思い出して、そのまま1時間以上放置後にキーを回したら一発で始動しました。 ※確かに今までの始動不良も、自宅でその日最初の始動で不調・・・となることは一回もなく、必らず走行後の、再始動で発生しています。 2. 今日は出先で用足し後始動せず・・・シフトレバーを、P~N、何度か変えながら試しましたが、相変わらずセルモーターの瞬間的な反応は感じられるものの、回しきれない感じだけでした。 予備バッテリーも積んでなかったため、一時は途方に暮れました。   最近何となく、ホイールギアの位置関係(ピストンの位置による付加加減?) と、セルモーターギアの位置関係と力関係(セルの力不足?)がどうも疑わしいような気がしていたので、ダメ元のつもりでシフトをNレンジに入れ、車の後ろに回り、少し前進させるつもりで手押しを行った後に、キーを回してみたら少し頼りない感じながら、どうにか一回で始動しました。 (ホッ!)   この動作が実際にエンジンの始動時負荷とどう関わるかは正直分かりませんが・・・ ここで、今回の質問ですが、 この、昨日~今日の所作で、エンジンが始動できたことをヒントにこの車の始動不調の原因を絞り込むことが出来ますでしょうか。 (ディラーの整備からは、セルを交換しても治る保証はない・・・と言われていますが、何もせず動かなくなるのを待つわけにもいかずセルの交換を依頼してありますが、出来ることならもっと原因を絞り込みたい。)

  • エンジンの始動が悪いです

    ライフH18年式Fターボに乗っています。 最近、寒いせいかエンジンの朝一番の始動が非常に悪いです。 何が原因でどのように調整したらよいのでしょうか。 それによって、整備工場にお願いしようと思っています。

  • エンジンの始動不良

    ホンダXR250のエンジンの始動について一点お聞きしたいと思います。 午後七時頃、XRで自宅を出まして、5,6キロ先にある店まで買い物に出かけました。 それで、買い物を済ませて15分ほどしてバイクに戻りまして、 エンジンをかけようとしたところ、 何度セルを回しても、かかりませんでした。 セルは勢い良く回っているので、バッテリーではないようです。 エンジンはまだ暖かかったので、チョークを絞る必要は無いと思うのですが、 ためしにチョークを絞って再びセルを回してもかかりませんでした。 困ってしまって、数分間放置して後、 再びセルを回したところ、今度はあっさりと始動しました。 五月に新車購入しまして、現在走行距離は4600キロほどです。 オイル交換もオイルフィルターの交換も規定どおり行っております。 パーツもブレーキレバーとバックミラーの交換、ナックルガードの取り付け、 チェーンやクラッチの遊びの調整、オイル差し等以外は特にいじっておりません。 エンジンの始動も、今までまったく順調で、ほぼすべて一発始動でした。 今回はじめて、こういう状態を経験しました。 気温もこの季節ですから、低いわけではありません。 原因としてはどんなことが考えられますでしょうか? またこういうケースになった場合、どういう対処をすべきでしょうか? かかりにくい場合に、コツがあるのでしょうか? ちなみに、その後ですが、自宅に到着後、約一時間後に再びエンジンを始動させてみたのですが、 一発始動しました。 ご教示のほど、よろしくお願いします。

  • 再始動性

    最近、エンジン停止後2時間位の再始動性が悪く困っています。 朝一や冷間時、停止後1時間後くらいまたは、3時間以上経過後は、問題無くすぐに始動します。また、かかりが悪いときにアクセルを少し踏みながらクランキングすると始動します。よって空燃比が濃い目になっている様な感じなのですが、やはりインジェクターの後だれでしょうか?車種は、H8年日産y33グロリア エンジンはVQ30DET 8万k走行です。 どんな事でもよいので知恵をお貸しください。

  • 180SXで突然エンジンが掛からなくなりました・・・。

     宜しくお願いします。キーをオンまで廻すとウィーンと言う燃料ポンプの作動音がしてエンジンが始動していましたが、現状でオンにしても作動音 ウィウィウィウィと音がしたままスタートへ回しても始動しません。エンジンルーム内からも同時にカチカチカチカチと音がします。スタートへまわしたときにはちゃんとクランキングもしています。燃料ポンプがおかしいのかと思いホースをはずしてみてみましたが燃料もきちんとでていました。どうか予想される原因を教えていただきたいので宜しくお願い致します。ベルト類はすべて取り替えたばかりです。

  • エンジンの始動性について

    私、2006年の5月にホンダXR250を新車購入して以来乗り続けておりまして、 現在走行距離は約11000キロほどになりました。 さて、ご教示頂きたい点ですが、 最近著しくエンジンの始動性が悪くなったことです。 もちろん新車時は始動性は至ってスムースでしたが、 去年の冬ぐらいから、始動性が悪くなってきたように感じたので、 そのときに販売店に見てもらったのですが、特に異常は見当たらないとのことで、 こんなものなのかとそのままにしておりましたが、 春夏になっても 新車時のようなすっきりとした始動性に戻ることはありませんでした。 この冬に至り、顕著に悪くなり、エンジンが冷えている状態ですと、 5回、6回セルを回してかかるかどうか という感じです。(一回につき5~7秒ぐらいセルを回しています) 悪いときは、このままバッテリーが上がってしまうのではないかと 心配になるほどです。 セルの回転には勢いはありますし、他のバッテリーにつないでやっても 同様なのでバッテリーの問題では無さそうです。 日頃の整備ですが、オイル、オイルフィルター交換は規定どうり 行っておりますし、スパークプラグは4,5000キロで交換しています。 また、試しにエアフィルターの交換も先日やってみましたが、 改善は見られません。 ちなみに、一度エンジンがかかってからはアイドリングは安定しています。 また走行してからも加速、吹けあがりにも問題はありません。 突然エンジンが止まってしまうということもありません。 原因としましては、どのようなことが考えられますでしょうか? そのための対処等も教えていただけますと大変助かります。 PS ちなみに燃費が新車購入時はリッター28キロ前後だったのが、 最近は25キロ台まで落ちています。 乗り方はマイルドなほうだと思いますし、 依然とは変わっていないと思います。 始動性の悪さと関係があるのかどうかはわかりませんが、 参考までに。

  • ワゴンRのエンジン始動不可 原因不明

    平成12年式のワゴンRに乗っています。(正確にはマツダのAZワゴン) 型式 GF-MD21S エンジン型式 K6A ノンターボ 走行 約11万キロ 去年の末ごろから何度かエンジンが始動できない状況になって困っています。 ・セルモーターは元気よく回る ・初爆はほとんど無し(たまにセルの音が変わるくらい) ・プラグはほぼ新品(交換後走行1000K未満) ・燃料ポンプからは作動音がする 今回の始動不可で3回目ですが、その全てに共通しているのが、 エンジンが冷えた状態からエンジンを始動し、少し移動しすぐエンジンを止める。 それから2時間ほど経過してから再びエンジンを始動させようとすると初爆はあるがすぐに止まる。 その後、始動ができなくなる。 始動不可になるときは必ずこの状況からです。 (少し移動とは隣の駐車スペースへの移動程度です) 一度目は、翌日にかかりました。 二度目は2日してもかからなかったのでディーラーへ連絡し引き取りに来てもらったらところ、 何もしないで始動してしまいました。 その後点検をお願いするも原因はわからず・・・ (マフラーの詰まりとかなんとか・・・) 三度目は現在もかかりません。 なお、一度エンジンが始動して水温が温まってからは、 何度エンジンをかけたり止めたりしても普通に始動します。 二度目に始動不可になった時にプラグを交換したのですが、 何度もセルを回したせいか多少かぶり気味でした。 (燃料系統はOK?) 以上のことから、どのような事が考えられるでしょうか? はっきり言ってこの車にはもうお金をかけたくは無いというのが本音です。 原因がわかれば部品の交換は自分でやって修理費用を節約しようと思っています。 買い替えも視野に入れていますが、車検を取ったばかりで何となく悔しいです。 以上、よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう