• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

コモディティはおかしいと思いませんか?

コモディティという小麦たら石油たら大豆たらいろいろな農産物から鉄、鉄鉱石、亜鉛、金、銀、銅、マグネシウム、パラジウム、アルミニウムといった鉱工業生成物などがあり、所狭しと商品化して並べていますが、わけがわからなくないですか? いくら山から削って金やダイヤモンドを掘り出したとしても、精製するのに、一苦労だと思われるのです。 適正な価格で、取り引きできているものでしょうか? そりゃ、パソコンでみんなでやるわけなので、同時に監視しているようなものでしょうが、全員騙されてるということはないでしょうか? というのは、ほかにもドイツの国債とか国債でも20年とかそんなものまであり、プットだとかベットなんてものまでありとあらゆる商品があり、混乱しないのでしょうか? 世界はそんなにパソコンのみで、実際にはみたこともない鉱物資源を相手に取り引きをレバレッジをかけてまでしてやっているわけです。 ほとんどの人は、理解しきれぬうちにただのゲームのようにしてしまっていて、そこには、掘削作業者などがいることに気がつかないのでしょうか? 気にする必要があるかないか?といえば、どちらですか? マサイ族が採った銀がそこに含まれているかもしれません。 はっきり、銀でもどこでとれた銀なのか、だれも知らないうちに取り引きをしていないでしょうか? とうもろこしにしても、だれかが収穫するから麦わら帽子をかぶりながら採っているので成り立っているのではないでしょうか? 木材なんていう商品もあったでしょうか。 大変興味深いのですが、流木とかはどうするのでしょう? 漁獲高などは、商品先物に利用されないのでしょうか? ぶりですとか、さけ、さんま、にしん。 魚も日本の得意分野ですが、なぜコメだけにたより、魚は商品先物コモディティに入れてこないのでしょうか? たことかいかとか、クラゲ捕獲指数なんてあってもよいのではないでしょうか? とすれば、カナダとか特有な地域を生かすならば、白熊とかトナカイもコモディティに加えてあげたらどうでしょうか? オーストラリアならエリマキトカゲ指数とか、カンガルー指数。 たしか、ポップコーンなんてのもあったかと。 コーラとかも。 収穫といえば、お茶もありますね。 このコモディティは、どこからどこまで、そして、さくらんぼ指数や桜の木指数もあってよいのではないか? おかしいと思うのは、商品の足りなさ。 ティッシュ生産指数とか、うちわ生産指数。 なんでも登録さえ通ればできるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数157
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#225664

グローバルな時代ではすっかり経済に組み込まれちゃってますので、しょうがないですねえ。世界の一応公正な市場で値が決まれば、鉱石採掘で貧乏国が潤います。先物で現物を買うことで、商売生産のリスクはなくなるし、いまや米国の農家とて先物オプションは欠かせません。 もしや、以前に市場に参加されていたのですか? 素人には厳しいとこですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ドットコモディティ

関連するQ&A

  • コモディティファンドについて

    コモディティを考えています。投資の初心者に入ると思います。 運用資産の5%程度(30万)くらいを投資したいと思います。 知識がないのでファンドを購入したいのですが、お勧めのファンドないでしょうか? もしあれば商品名と具体的にどうやって購入するかをおしてほしいです。(ネット証券でかえるものなのでしょうか?) 現在以下商品を検討していますが、ネットで買えますか? ダイワ・コモディティインデックス・ファンド 野村コモディティ投信(DJ-AIG商品指数) それと、金についても考えておりまして、 定期積金で現物を買うか、ゴールドファンドを買おうか迷っています。 以上アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 金融用語について教えてください。

    ・国債先物OP ・国債先物LIFFE上場日本国債先物 ・債券貸借 ・債券募集・即発 ・日経業種別株価指数先物 ・日経業種別株価指数OP ・利金F ・金貯蓄 ・株券貸借

  • 商品先物に使えそうなものは、他にないか?

    商品先物、コモディティで、 ふつうは、米とか小麦とか落花生といったものが、選ばれますが、他にも候補はないでしょうか? たとえば、 象牙、虎の皮、ヤシの実、お茶、カブトムシ、きのこ、まつたけ、キャビア、マグネシウム、さんま、さけ、サメの牙、ツバメの巣。 オレンジジュースなんて銘柄もあったくらいなので、ほかにもたくさんの商品先物に使われてもよいのではないか? と思うものがあるとのことでしたので、コモディティに使える商品は幅広くできないものでしょうか? 特に魚などは、漁獲高の高い日本からすれば、得意分野となるのではないでしょうか?

  • 海外先物オプションをトレードできる国内証券会社

    海外の日本語対応の証券会社を利用する以外、海外の株価指数、商品先物のオプションをトレードする方法はないのでしょうか?? なお、私は個人投資家で、手数料の安いオンライントレードを希望しています。 ネットで色々と調べましたが、カブドットコムやドットコモディティなどが比較的海外の株価指数や商品先物を扱ってましたが、オプション取引までは扱っていないようでした。 ご存じの方がいらしたら、教えてください。 また国内にはないということでしたら、日本語に対応した海外のおススメ証券会社を教えて頂けたら幸いです。

  • 先物取引について

    先物取引について質問があります。金や小麦などは先物がありますが、石炭やキャベツなど、先物がない商品もあります。生産者と需要者にとっては、先物取引があると助かると思うのですが、先物がないのはなぜでしょうか。先物市場ができるためには、商品にどのような特性が必要なのか、詳しい方がいらっしゃれば教えていただければと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

  • 石油、金などの商品に無期限で投資したい。

    石油、金などの商品に無期限で投資したいと思うのですがどのような商品が考えられるでしょうか。 注意点として以下の点を考えています。 (1)分散投資の一環なので多額のお金を投資することは 出来ない。 (2)eワラントや先物だと期限がある。 今現在私が検討している物として商品ファンドやコモディティーなどの投資信託がありますがこれだと幅広く分散させた形で投資する事になりますよね。 何かよいアドバイスがございましたらよろしくお願い致します。

  • 国債・株式の先物取引について

     先物取引は、ある商品を将来の予め定められた受渡日(期限日)に現時点で定めた約定価格で売買することを契約する取引ですが、国債の先物取引は、「標準物」と呼ばれる利率と償還間期限を一定とする架空の債券を対象として取引されます。  一般的な話として、先物取引をヘッジ手段として用いるのは何となく理解できるのですが、国債の場合に、その対象が「架空の債券」というのが、経済的にどのような意味があるのか理解できません。(架空であれば、将来の予め定められた受渡日(期限日)に現時点で定めた約定価格で実際に売買することはできないのではないかと思うのですが?)  同様に、株式の先物は指数で取引を行いますが、将来の予め定められた受渡日(期限日)に現時点で定めた約定価格で「指数を構成する全銘柄」を実際に売買することはできないのではないかと思うのですが?  何か大きな勘違いをしているのでしょうか?うまく説明できる方、どうか教えて下さい。                       以上  

  • 金の地金を売却したいのですが。。。

    昔購入した金の地金(500g)を売却したいのですが、どこかお薦めの買い取り先はないでしょうか?ネットで色々調べたところ、「第一商品」という会社の買い取り額が比較的高かったのですが、この会社、以前、先物取り引きで詐欺まがいのことをやり、業務停止になったことがあるようです。過去のことなのかもしれませんが、信頼して取引できるものでしょうか?どなたか、ここで金の売買を行ったことのある方いらっしゃいましたら、ご意見お聞かせ頂けないでしょうか?

  • 金先物などCFD取引はどこの証券会社が良いでしょう

    株を今年3月からしようと思って半年くらい取引せずにずっと相場を眺めていましたが 株の銘柄は色々あって迷うので 金先物取引とかDAX指数取引の方に興味が出てきました。 GMOクリックに口座を開いてデモをやってみたのですが、注文方法について質問があります。 クリック証券のCFD取り引きはクリックのみで発注できませんよね? パソコンが一台しかないのいちいち注文画面を開いて入力してとやっていると大変なので 株取り引きみたいにワンクリックですばやく注文したり決済する方法のある証券会社ってないもので しょうか?   どうか詳しいかた教えて下さい。

  • 投資信託かETFの積み立て

    投資信託かETFを毎月積み立てて購入したいと考えています。対象は、新興国の株式インデックス連動か、コモディティ価格連動のものがよいかなと思っています。 【よいと思っている理由】 ・人口増加で需要が生まれるので、それを生産する新興国の株式が上がると予測する(新興国株式連動)。 ・昨今の金融混乱で新興国の株式は大きく下落しているので、比較的買いやすい価格となっている可能性がある(新興国株式連動)。 ・人口増加および中国などの中進国で国民の所得水準が上昇し、資源や食料の需要が増える、実需分の価格ベースがあるのでコモディティ価格はゼロにはならない、実需増大により実需ベースのコモディティ価格が上昇すると予測する(コモディティ連動) 【懸念している点】 ・現在の新興国が発展すると、人件費が増えるため、もっと人件費の安い新興国に製造拠点が移動する可能性があり、その場合現在の新興国の株式インデックスに影響があるかもしれない(新興国株式連動) ・中長期に渡って株式価格の調整が進む(まだ下落する)可能性がある(新興国株式指数) ・投機資金による上下変動が大きい(コモディティ連動) ・技術革新(代替エネルギーの開発や普及、農作物の収量増加など)や資源の再利用・再使用・省エネで実需が減り、実需ベースの価格が下落する可能性がある(コモディティ連動) ・保有コストが掛かる(新興国株式連動・コモディティ連動の投信・ETFとも) 【希望したい点】 ・保有コストが気になるので、保有コストの低い商品を選びたい。おおむね投信よりETFの方がコストが低いようなので、ETFがいいかなと思っています。 ・新興国株式連動については、BRICsに限定せず、これらの市場に魅力がなくなれば、次の新興国に投資先を弾力的に変えるような投信を選びたい。コモディティ連動は、エネルギー・食料・鉱物資源があまり偏りのない商品を選びたい。 具体的なお勧めの商品名、買い方(今下げているので、積み立てせずに一気に買った方がいいなど)、そもそもこれらの投信・ETFは買わないほうがいいという意見も歓迎です。よろしくお願いします。