解決済み

水の不思議

  • 困ってます
  • 質問No.859597
  • 閲覧数108
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 56% (41/73)

高い樹木で、引力に逆らって水が根から上がっていくのはなぜですか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル5

ベストアンサー率 44% (4/9)

毛細管現象による吸引力だけでは、常温で1気圧の大気中では、約10mの高さまでしか水を吸い上げることはできません。
なぜなら、約10mの高さの水柱の頂点では、(大気圧-水柱の重さ)と(その温度の飽和水上気圧)とがつりあっていて、それ以上の高さに吸い上げて水柱をつくろとしても、その頂点では水が沸騰するので、それ以上の高さに水を吸い上げることができません。

ところが、セコイアのような巨木は、高さが100mほどにも成長します。下のURLを参照してください。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~hama-fuj/redwood.htm
このような10mを超える高さまで、植物が水を持ち上げるためには、おそらく、維管束(シダ植物と種子植物にそなわっている通道組織。根・茎・葉をつらぬいている束状の組織)を構成する細胞膜の生体膜が、選択透過性のような性質を備えていて、そのポンプ作用も寄与しているのではないかと思います。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 14% (298/2040)

毛細管現象によるものです。
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 33% (309/927)

#1さんがおっしゃるように、毛細管現象によるものです。
Googleで検索すれば簡単に見つかりますが…


http://village.infoweb.ne.jp/~fwih1399/ph2/ph3_015.htm

を参考にしてみてください。

あと、書き込み番号「858762」にも同じ質問がありますが?
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

#3さんが指摘されている、10m限界は、毛細管現象でなく、「蒸散」による吸引のことではないかと思います。
(毛細管現象は大気圧なしでも起こる)

どっちみち、毛細管現象だけで高いところまで水を運ぶのは無理で「浸透膜」による能動輸送が働いているはずです。

毛細管現象だけなら、枯れ木にも水分が上がっていくはずですから。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ