• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

中学3の理科(ばねの問題)

中学3の理科(ばねの問題) ばねを両側から1Nの力で引張ったときの説明です。 (実際は,ばねを横に寝せて100gの物体を、左右からぶら下げるという問題の説明の一部です。) 参考書による説明だとばねを両側から1Nの力で引張ると、『バネを引っ張る力は1Nであって,1+1=2Nではない。』また、『バネの弾性力も,1Nであって,1+1=2Nではない。』となっています。 力のつり合いによる静止は理解できても1Nが頭に入ってきません。 説明お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1968
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

私の説明が分かりやすいかはわかりませんが、参考までに。 まず、引っ張るとはなんでしょ? バネの弾性力を考えるときに、バネの重さや机との摩擦力は考えられていませんよね。 現実であるケースだと、重さのないバネはあり得ないし、重さのあるバネを摩擦のある机の上に置くわけですから、バネの片方を引っ張ってバネを動かそうとすると、摩擦力が働きます。 バネを人間(あなた)に置き換えてみると、重さもあれば、地面と足の裏で摩擦があります。 両腕を一直線に広げたところをイメージしてください。片方の手を引っ張られたらあたなは引っ張られたとわかりますね。 力が強ければあなたは倒れたり動いたりします。 そこで、あなたの重さがなかったり、地面との摩擦がない時にあなたの片手を引っ張られたとしたら、引っ張られた力は感じないと思いませんか? バネの弾性力だけの話をしているので、問題はこの状態なんです。 あなたの両腕を反対方向に引っ張られたとしたら、引っ張られたとわかりますね。 バネが弾性力を持つには両端に反対方向の力が加わる事が前提なんです。 だから、バネの片方を固定すれば固定した側にも引っ張る力が働くわけです。 どちらも固定されていなければ、両方に同じ力で引っ張るとバネが伸びます。 どちらも引っ張って、片方の力が強ければバネは移動します。 と言うところで、イメージ出来ると良いですね。 大体、前提となる条件についての説明がないから分かりづらいんですよね。 内容を簡単にするために、現実とはかけ離れた理想的な状態の話をしているんだなと、現実と何が違うのかを考えるとわかると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。 引っ張る『力の大きさ』が1Nだといってるだけで、左に1N、右に1N、で全体で1N+1N=2Nではないという理解でいいのかな。 力の合成は、同一直線状にあり左右大きさが同じで互いに反対方向なのでゼロ、つまり静止 左に1N、右に1N、力の合成=0Nと左に0N、右に0N、力の合成=0Nでは意味が違うということですよね。

関連するQ&A

  • 中学理科の問題です

    中学理科の問題です 均質な物体Aにばねと糸を付けて、定滑車を使ってモーターに結びつけた。糸がぴんと張った時から、モーターで80秒間糸を一定の速さで巻き取った。 モーターが物体Aにした仕事を求めよ。 添付したグラフはばねと伸びの関係です。 見にくかったらすいません。縦軸がばねの伸び、横軸が時間です。 60秒までは10秒ごとに2cm伸び、60秒から80秒までは12cmで一定です。 物体は別のグラフから0.9Nということはわかっています。 求めるのは仕事ですから、仕事(J)=力(N)×距離(m)ですよね? この場合距離は物体Aが動いた距離ですから、これは4cmでいいのでしょうか。 0.9×0.04=0.036J と計算したのですが、いまいち自信がありません。 手元には解答はあるのですが、解説がありません。 解答は0.036Jとなっています。 どなたか解説お願いします

  • ばねの弾性力の定義について

    物理で、ばねの弾性力は、フックの法則より、自然長からの伸びに比例すると教科書に書いてあるのですが、ばねの両端に物体がつながっているとき、その2つの物体にそれぞれ、kxの弾性力が働くのか?それとも、2つの物体におよぼす力の大きさの合計がkxなのかどちらでしょうか?それぞれにkxの力を及ぼすとすると、それはなぜなのでしょうか?そのあたりの詳しい説明が教科書にはないので教えてください。よろしくお願いします。

  • ばねの弾性力の定義について

    物理で、ばねの弾性力は、フックの法則より、自然長からの伸びに比例すると教科書に書いてあるのですが、ばねの両端に物体がつながっているとき、その2つの物体にそれぞれ、kxの弾性力が働くのか?それとも、2つの物体におよぼす力の大きさの合計がkxなのかどちらでしょうか?それぞれにkxの力を及ぼすとすると、それはなぜなのでしょうか?そのあたりの詳しい説明が教科書にはないので教えてください。よろしくお願いします

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

両側から引っ張る、という問題だから難しいんです。 ばねの片側は壁に固定されていて、反対側を1Nで引っ張ると考えてください。 壁側には、反作用力で-1Nが発生するのは分かりますよね。ばねには両側から引っ張るのと同じ力がかかります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

久しぶりに頭を使ってみたんで、『正しい解釈』かどうか分からないけど・・・。 「ばね」を「ばね」と考えず、端を結ばれて「1本」になっている、「2本の糸」と考えると、 物体Aが1Nの力で「1本の糸」を引っ張ると、「1本の糸」は1Nの力で引っ張られる。         ↓    1Nの力で引っ張られている「1本の糸」は1Nの力で物体Bを引っ張っている。         ↓ しかし物体Bは1Nの力で重力に引っ張られている。         ↓ 「釣り合い」がとれている。→→→→→→ これで全体が「1N」になる また、「端を結ばれて1本になった」2本の糸の「結び目」(つまり弾性力)が物体A、物体Bの両方からそれぞれ1Nで 引っ張られているのではなく、2本の糸は、「結ばれた時点」で「1本」になっているので、「結び目のない1本の糸」と 同じであり、上記と同じ考え方ができる。→→→→→「弾性力」も「1N」になる。 (もし、「結び目」が物体A、物体Bの両方それぞれ1N、合計2Nで引っ張られていたら、「結び目」は切れてしまい、 物体A、物体Bの両方とも落下する) これで正しいかどうか、理科の先生に聞いて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。 引っ張る『力の大きさ』が1Nだといってるだけで、左に1N、右に1N、で全体で1N+1N=2Nではないという理解でいいのかな。 力の合成は、同一直線状にあり左右大きさが同じで互いに反対方向なのでゼロ、つまり静止 左に1N、右に1N、力の合成=0Nと左に0N、右に0N、力の合成=0Nでは意味が違うということですよね。

関連するQ&A

  • 理科 ばねののびについて

    次のような問題があります。 ・100gの重りを吊るすと2cm伸びるばねがある。このばねを2つ用意し、直列に繋げて1000gの重りを吊るした時と、並列に並べて100gの重りを吊るした時、ばね全体の伸びはそれぞれ何cmか 解答を見ると、直列は40cm、並列は10cmとありました。 直列は理解できますが、並列の部分が理解できません。 2つのばねがそれぞれ10cmずつ伸びるのは理解できます(かかる重量がそれぞれ500gのため。) しかし、それでも全体で10cm伸びた、と表記するところに納得がいっていません。 「全体の伸び」という言葉の時、並列ばねの場合、個々の伸び(=吊り下げ地点からの重りの移動距離)で、距離を計算するのでしょうか? それとも、見ている参考書がおかしいのでしょうか? 中学生の理科の教科書では、どのように記述するのが正しいのでしょうか? どなたかご教授願います。

  • ばねについて

    高校生のものです。 質量mの二つの物体があり、このうちの片方物体1が速さvでばねを介して静止しているもう一つの物体2に衝突するときに、ついて物体2に働いている力と力が働く時間についての問題がありました。 解説には物体1から観測して、物体2がvで近づいてきてそこで単振動して半周期で跳ね返る・・・と書いてありましたが、なかなか柔軟な発想で誘導がなかったので思いつくことができませんでした。 もし仮に静止系から見たら場合なら、どういう風に求めればよいのでしょうか?

  • ばねの付いた物体との衝突について

    次の問題がわかりません。 どなたか解説をお願いします。 水平な台の上に質量Mの物体Bが置かれている。 この物体Bは、ばね定数kのばねで質量M'のおもりCにつながれている。 はじめ、このばねは自然長の状態にある。 質量mの物体Aが速度voで台を滑り、物体Bと完全非弾性衝突をして、 一緒になってばねを押し縮めた。 その後、ばねの反発によって逆向きに戻り始めた。 ばねが自然長の状態に戻ったとき、物体Aと物体Bは お互いに力を働かせあうことなく離れた。 おもりCは物体Aと物体Bの動きにともなって移動することはなかった。 物体Aおよび物体Bと台の表面では摩擦は生じない。 おもりCと台の静止摩擦係数をμとする。 物体Aが物体Bと離れるときの物体Aの速さを求めよ。 衝突直後の速さは出せたんですけど、その後が…。 よろしくお願いします。

  • 教えてください!(理科)

    <問題>グラフはばねに加えた力とばねののびとの関係を表したものである。100gの物体に働く重力を1Nとして問題に答えなさい。 (1)このばねに30gのおもりを吊るすと、ばねは何cm伸びるか。 (2)このばねを手で引いたところ、ばねののびが21cmになった。このtき、手がばねを引いた力の大きさは何Nか。 (1)、(2)の回答をよろしくお願いします。

  • 中学受験理科ばねの問題です。

    中学受験理科ばねの問題です。 次の問題の回答を読んでもどんな状態なのか想像できません。理解できません。教えてください。 なぜ〔2〕の問題でAとBの重さの比が置く位置の比になるのでしょうか?中学受験の理科ですのでモーメントなどを使わずに説明してください。〔3〕も同様です。 4種類の強さの違うA、B、C、Dのばねがあって、AとD、BとCはそれぞれ力を加えないときの長さが同じです。これらの一方をゆかに固定して、それらの上に板を置き、つねに板がゆかと平行になるように適当な位置に分銅をのせました。ただし、ばねの重さと板の重さは考えないものとします。ばねは板に対して垂直にちぢむものとします。図1のようにA,B,C,Dの4本のばねを等しい間隔に固定して実験をすると、板にのせた分銅の重さとBのばねがちぢんだ長さとの関係は、図2のようになりました。また、図3のようにA・Bだけで同様に実験すると、図4のような結果が得られました。次の問いに答えなさい。 〔1〕の問題文は画像にあります。 回答 A=3g B=4g C=2g D=5g 〔2〕図のようにAとBのばねを使った実験で、Aのばね2cmちぢめるには、AB間の何対何の比に分ける点に分銅をのせればよいですか。もっとも簡単な整数で答えなさい。Aは1cm伸ばすのに3g Bは1cm伸ばすのに4g必要。 回答 AとBの自然長の長さは10cm。これより、Aを2cmちぢめるときBは12cmちぢむ。したがって、Aに6g、Bに48gかかる位置に 分銅を置けばよい。よって8対1。 〔3〕図1のように、A,B、C,Dの4本のばねを使った実験で、Bのばねが20cmちぢんでいるとき、分銅は、AD間を何対何の比に分ける点にのっていますか。もっとも簡単な整数比で答えなさい。 回答 31対29

  • 力の釣り合いについて

    お願いです。助けてください。 力の釣り合いについての質問です。 机の上にばねはかりが一つおいてあります。 そして、その両側に500gのペットボトルが2本釣ってあり ばるはかりが何Nを示すか求めよ[1N=100g]。 という問題なのですが 答えは5Nなのですがなぜなのでしょうか? 詳しい求め方を教えてください。 ちなみに国立高専のH20の理科の問題です。

  • ばねの問題

    軽いつる巻きバネの一端を天井に固定し、他端に質量m[kg]の小球をつるしたところ、ばねがx0[m]伸びた位置で釣り合った。この位置から小球を下方へA [m]ひいてはなしたら、小球は釣り合いの位置を中心として振動した。重力加速度の大きさをg[m/s^2]とし、釣り合いの位置を重力による位置エネルギーの基準にとって次の問いに答えよ。 (1)このばねのばね定数は何N/mか。 (2)最下点における重力における位置エネルギーと弾性力エネルギーによる位置エネルギーの和は何Jか。 (3)小球の力学的エネルギー保存より、ばねがつりあいの位置を通過する瞬間の小球の速さを求めよ。 この問題は先生が考えた問題だそうです。 (1)は解けたのですが(2)、(3)を解くことができません。 (3)は何回やっても答えがv=√(g/x0A)になってしまい、解答に行き着くことができません。 お手数かけますがこの問題を解いてくれませんか。よろしくお願いします。

  • ばねに関する問題です

    ばね定数k、自然長lのばねの左端を固定し、右端に質量mの物体をつける。床に動摩擦係数μ'、静止摩擦係数μがあるときを考える。つりあいの位置(x=0)から長さlだけばねの伸びる方向に移動させて放したとする。(ただしlはμによる静止摩擦力よりも大きな力を発生させるだけの長さとする)重力加速度をgとして運動方程式を示せ。また、ばねが最も縮む時刻t(ばねをlだけ伸ばして放した時間をt=0)ならびに、そのときのxをそれぞれ求めよ。 運動方程式をたてるのに、物体の動く向きが変わったら摩擦力の向きも変わるわけですが、どう書けばいいのかわかりません。ご教授お願いします。

  • ばねでつながれた物体の粗い面上の等速円運動について

    ばねでつながれた物体の粗い面上の等速円運動について質問です。 添付した問題の(2)で、解答では最大摩擦力が円の中心に向いていて、遠心力による力の釣り合いの式が立てられていました。 ばねによって物体が円の中心に引っ張られていることを考えると、最大摩擦力が円の外側に向いても良さそうにみえますが、なぜ、円の中心に向いているのでしょうか? 遠心力がばねの弾性力より大きいからですか? その場合は、何故ですか? また、解答は遠心力で考えてましたが、向心力による運動方程式で考えてもいいでしょうか? また、その場合、物体がすべりはじめる段階では物体と円盤がともに同じ速度で運動していることが、向心力で考えてもいい根拠ですか? どの質問でもいいので回答して頂けると幸いです。 お願いします。

  • フックの法則、力の釣り合い

    「ともにばね定数kの2本の軽いばねA、Bを連結して一端を壁に固定し、他端に軽くて伸び縮みしない糸を付けて なめらかな滑車に通して質量mのおもりを吊り下げたところ、ばねとおもりは静止した。重力加速度の大きさをgとすると、 おもりを吊り下げる前に比べてばねA、B 全体の伸びはいくらか?」 (壁)ー●ー●ー○              l                    l            ■          (○=滑車、左の●がバネB、右の●がバネA、■=おもり) という問題があって  下図は(バネAとおもりについて)   (kxA)  ー●→○       l           l      ■       ↓(mg) 解答ではバネAの伸びをxAとすると,フックの法則より kxA=mg と釣り合いの式を立てていたのですが、バネのkxって復元力のことですよね? バネAはおもりで右に伸びているから自然長の戻ろうと復元力(kxA)が左に働くんじゃないでしょうか? でも図だと滑車の方に働いているのはなんでなのでしょうか? 後、力のつりあいは2つの力が一直線上にある時だから図の場合だとkxAとmgは一直線上じゃないのになんで 力の釣り合いの式が立っているのでしょうか? 下図は(バネBとバネAについて) (壁)ー●→←●ー 解答では バネBの伸びをxBとすると kxB=kxA と式が立てられていたのですが 釣り合いの式は、1物体が受けている力で式を立てるんですよね? でも図だとBの復元力とAの復元力の2物体で釣り合いの式を立てているのがわからないです。 後自分は力の釣り合いの式を立てるのが苦手で、力の釣り合いの式を立てるとき、 どれとどれが釣り合っているか見分けるコツみたいなのはあるのでしょうか? 長々とすみません