解決済み

「つつしんで」は?

  • 困ってます
  • 質問No.855133
  • 閲覧数6382
  • ありがとう数15
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

いつもお世話になっています。
総務課勤務ということで、社員に慶弔があった場合の告知文を作成することがあるのですが、
「つつしんでお慶び申し上げます」の「つつしんで」
「つつしんでお悔やみ申し上げます」の「つつしんで」
は、どういう漢字をあてればよいのでしょう?
両方とも「謹んで」でよいのでしょうか?
それとも違うのでしょうか?
ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 37% (1123/2963)

慎む ⇒ 行動を控えめにする。度が過ぎないようにする。

謹む ⇒ かしこまった態度をとる。

です。慶弔はともに「謹む」ものです。
お礼コメント
noname#95628

ご回答ありがとうございます。
両方とも「謹んで」でよいのですね。
「かしこまった態度をとる」という意味合いならば、確かに同じですね。
参考になりました。
投稿日時 - 2004-05-11 16:34:21

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 19% (82/416)

「謹んでお慶び申し上げます」
「謹んでお悔やみ申し上げます」

「そのような言動は、慎みなさい」
お礼コメント
noname#95628

ご回答ありがとうございます。
両方とも「謹んで」でよいということですね。
投稿日時 - 2004-05-11 17:03:55
  • 回答No.1

「謹んでお慶び申し上げます」


「慎んでお悔やみ申し上げます」

--かな。
お礼コメント
noname#95628

ご回答ありがとうございました。
#2さんは、両方とも「謹んで」でよいというご意見なので、「謹んで」と「慎んで」で使い分ける理由などあれば、再回答いただけるとありがたいです。
投稿日時 - 2004-05-11 16:32:01
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 31% (1419/4511)

上記の場合には、"謹んで"で有っています。
また、"慎む"←こういう字もありますが、この場合は意味が違いますので、上記のような場合には使いません。
お礼コメント
noname#95628

ご回答ありがとうございます。
両方とも「謹んで」でよいのですか。
確かに「慎む」は意味が違うような気もします。
投稿日時 - 2004-05-11 16:33:20
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ