• 締切済み
  • すぐに回答を!

日本語の乱れについて

最近、テレビや雑誌などで日本語の乱れについての記事をよく見かけます所謂若者言葉、ら抜き言葉と言ったものです。何なんですかね?。正しい日本語?なにそれ。まるで今の日本語がおかしいみたいですが。明らかにおかしい日本語ならよいのですが。大抵そう言うことを言う馬鹿はダイヤモンドのような頭を持つ人です。要するに頑固な爺かおばはんです。 いつも思うのですが正しい日本語は誰が決めるのですか? 言葉遣いと云うものは今まで庶民の使い方により変化しました。 僕は言葉は皆が普通に話す物が正しいと思います。言葉は経年変化です。今の日本語は、乱れているのではなく、流れているんです。其れを受け入れずああだこうだと批判し、何十年も前の言葉が正しい等屁理屈を言って何が楽しいのでしょうか?そんなこといったら、言葉の乱れを主張する人々の言葉も、明治時代の人から見れば、変に思われるでしょう。でも、そんな事言い続けたところできりがない。結局、日本語の乱れ等頭の堅い人達が言葉の経年変化を受け入れずに作った屁理屈に過ぎません。何でもかんでも屁理屈を云ってしまえば、お終いなんですよ。もう話が進められません。いや、話になりません。 逆にこういう奴が居ると、日本語がそれこそ本当の意味で「乱れ」るといってもよいでしょう。 皆さんは、どう思われますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数724
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.9

最近? もう20~30年前から言われていますよ。そして同時にこのような意見も手垢のつきまくった、言い古された議論で、目新しくない。これまでの流れを知らないのかな? …と思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問するきっかけは、街中で「若者言葉使った」などという人が居て、マスコミだけではなく、一般人まで言い始めたからです。

関連するQ&A

  • 「日本語の乱れ」をどう思いますか?

    ここ数年若者の日本語の乱れが指摘されてますよね。 (いわゆるら抜き言葉、コンビニ敬語など) 皆さんはこれについてどう思いますか? 私自身は 「ちょっと変わったからっていいじゃない。言葉なんて当然時代の流れと共に変化するものなんだし。文句を言う大人だって万葉集をすらすら読めるわけじゃないでしょ?」 なーんて思っちゃいます。 私は接客のアルバイトをしているのですが 「お釣りのほう~円になります。」 と言うと 「お釣りのほう、という日本語はない!!」 と、ご年配の方にお説教されることもしばしば。 確かに違和感を感じる言い方かもしれませんが・・・意味が伝わらないわけでもないし、そこまで過剰に反応することかな?と思ってしまいます。 それともこう思う私はやはりまだ子供なのでしょうか? みなさんはどうですか?

  • 「日本語の乱れ」は、見方を変えると表現力が豊かになったと言えるか?

    「日本語の乱れ」は、見方を変えると表現力が豊かになったと言えるか? 「日本語の乱れ」が問題視される事は良くあります。 「とても良い」や「すばらしい快挙」と言う言葉はすでに誤った言葉が寧ろ正しい言葉と使われ、「生き様」「拘り」と言った誤った使い方は何故か黙認されている。 しかし、「全然良い」や「普通に美味しい」などのいわゆる「若者言葉」は、誤った言葉として問題視されます。 厳密に言えば、例に挙げたこれら全ての日本語は、誤りと言ってよいでしょう。 他にも数多くあるはずですし、私も知らず知らず誤った日本語を使っているでしょう。 しかし、一つの事実は「その誤った使い方でも相手に通じる」と言う事です。 「本来の使い方ではなくとも、意図が通じる」ならば、これは言葉の誤りを越え、「日本語がそれだけ表現力豊かになった」と言えないでしょうか?

  • 英語における言葉の乱れと流行語

    日本語だと「ら抜き言葉」や「若者言葉」など、言葉の乱れと言われるものがありますが、英語にもあるのでしょうか?どういったものがあるのでしょうか? また、日本語でいう「やばい」「きもい」「まじ」などという、流行になっている造語がありますが、英語ではどういった言葉が今流行っているのでしょうか?

  • 回答No.8

私はむしろ方言は徐々にすたれ。標準語に近い言葉に変わっていると思います。 20年ぐらい昔奈良に住んでいましたが、、云っていた。~いっとてやった。していた=しいてやった などと云う方弁が使われていました。、今では世代が変わり、外部から移住する人も多くなり、 通じなくなったという事でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

屁理屈を言うしか能がないまま大人になってそのままの人が多い。 そして責めやすいところは馬鹿にでも責めやすいから馬鹿はそれを責める。 言葉と政治は馬鹿でも批判できるんです。だから騒いでる大半は馬鹿なのです。馬鹿の好物が言葉と政治の批判。 脳ミソが楽してる奴らという事です。 言葉の乱れよりも嘘つくなが道徳心です。 嘘つきほど有害な物はありませんよ。 本題はマスコミや雑誌は馬鹿に受けるネタを提供する商売という法則と整合します。なんであれマスコミがネタにし始めたら馬鹿注目ですからそれは末期症状でお仕舞いだと察した方がいいです。政治に関心を持とうとかね。政治を健全化するのと政治に関心を持つのは別だろうに。つまりご指摘のように日本語はどうしょうもなく流動的であり手遅れに近くそれもまたマスコミのマッチポンプ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに。僕はマスコミは嫌いです。 貴方は河原美代子さんを知っていますか? 昔、マスゴミが一方的に騒音おばさんと称し悪者として、被害者夫婦がただの被害者として報道されていた 人です。 彼女は若い頃、相手が障害を持つ人とだということを隠され見合い結婚させられ.その後三人の子供が産まれたそうだが三人とも障害を持ち. 娘二人は亡くなり今ご主人は入院中だそうです。 そして障害を持つ息子さんと一緒に暮らしていました。 そのような家庭環境の中、今回被害者とされる「老夫婦」が隣に引越ししてくるわけで、ミヨコは原告夫婦が越してくるまでは明るい楽しいおばさんだったとされています。近所でも評判の。 しかし原告夫婦が引っ越してきて、庭にミヨコの家を照らすような明るい照明を設置。自宅に重病患者のいるミヨコは、せめて囲いをして、窓から光が入らないようにと原告夫婦に頼んだ。しかし原告夫婦はそれを無視した上に、わざと早朝 からの布団叩きを開始。おまけに ミヨコの家の茶碗を洗う音がうるさいとか 病気の息子さんの「うー」いう声を「キチガイがうるさい」と自治会の班長にいう など悪行三昧。家庭内の会話にも聞き耳を立てられ言い触らされる。 そこでミヨコも布団叩きで対抗する。原告夫婦は周辺の信者を20人も集めビデオを撮りつつクスクス笑う。ビデオでの監視は24時間やってたらしい。嫌がらせは、彼女が家族の介護のために自宅前に止めていた車にまで及ぶ。 ミヨコは昔からのご近所の方には、いつもお菓子を持ってうるさくして申し訳ないと謝っていた常識人で、日ごろから被害者夫婦以外の者には親しく接しており、近所の住民に笑顔で挨拶をする様子も見られた。マスコミのインタビューに応じた近隣住民も「普通の人だったと思います」などと答えて居ます。 マスゴミは 事件が起きればワアワアガヤガヤ騒ぎ立てる癖に、いざ其れが間違いだと分かっても何もしません。 結局、日本語の乱れという考え方はマスコミが作ったのかもしれません。

  • 回答No.6
noname#196137

>皆さんは、どう思われますか? いや、最近は随分と減ってきましたよ。 「日本語の乱れ」云々の話は。 少なくとも、NHKと文部省は「変化」と捉えてて、「乱れ」なんて言い方はしていないはず。 Cjmjmaさんの質問も、頑固頭の若者の反抗って感じ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

新聞や雑誌には、いまだにありますし、街中で「若者言葉」などと言っている人はいました。確かに、前よりは減りましたが。

  • 回答No.5

頑固な爺かおばはんも案外日本語を間違って使っていますよ。 文化庁が毎年「国語に関する世論調査」と言うのを公表しています。 なかなか面白いですよ。 http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/yoronchousa/ ご指摘の通り言葉は生き物で、時代とともに変わってきます。 IT用語やコンプライアンスに関わる用語などは以前無かったものなので カタカナ言葉を中心に新たに日本語に加わる単語も多いです。 文化庁が日本語の乱れを決定しているとは思わないですが、 世論調査にあるよう、年代や性別を問わず多くの人が「誤用」している物から 晴れて正しい日本語として市民権を得ていくのでは? 以前は全然+否定文でないと怒られたものですが、最近は寛容という印象を持ちます。 ただ飲食店で良く聞く「ご注文の方は以上で宜しかったでしょうか」 「一万円からお預かりします」は今もまだ市民権は得ていないのでは? 私はとても変だと思いますし、そう指摘する人も結構見ます。 私や周囲がダイヤモンド頭なのでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • ucok
  • ベストアンサー率37% (4288/11420)

私も日本語は必ずしも乱れているのではなく流れているのだと思います。つい数日前にも「こないだ」とか「1つづつ」が辞書に載っていると知って驚きました。 そうやって、どんどん辞書が更新されればわかりやすくなると思います。例えば、「ら」抜きなどは、「ら」が抜けたところで意味は必ず通じるし、失礼にもあたらないし、強いて言えば、一部の人にとって聞き苦しいだけなので、もうそれならそうと、「ら」抜きも日本語ってことにしちゃえば、みんな、すっきりすると思います。 ただ、日本語って、ものすごい速さで変化していくので、久しぶりに違う世代の人と話したりすると、通じにくかったりするんですよね。やはり存命の世代間で通じる程度には、統一感があったほうがいいとは思います。 それから、誤った敬語は問題だとは思っています。例えば、いつぞやも店員に「商品についてのご説明だったんですが」と言われたので、「え? どれがですか? 私、ご説明を聞き逃しちゃいました」と本気で言ったら、これからする説明のことでした。急いでいたので、ちょっと時間の無駄でした。あるいは、「私は帰りますが、先輩は、まだここにおりますか?」とか言われると、あんたはナニサマか、何のための敬語だと思ってしまいます。 とにかく、言葉はコミュニケーションツールですから、意味も気持ちもすんなりと伝わるなら、いいですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • Cupper-2
  • ベストアンサー率29% (1342/4565)

多くの人はそんなことを気にしないので、   別にどうでも良い 的な意見なんですけど…。 古い言葉で申し訳ありませんが、「だらしない」は正しい日本語じゃないんですね。 正しくは「ふしだら」と言う事です。 「ふしだら」は「しだら ではない」「しだらない」と言う意味です。 …はい。その通り。「しだら」を「だらし」と読み替えて使ったんですね。 当時はきっと言葉が乱れたとかなんとか言って「言葉狩り」をしようとした人もいた のでしょうけど(いたのかどうかは定かではありませんがw)結局現在に至っています。 そんなわけで気にするほどのことでは無いと思います。 今流行っていてもいずれ使われなくなることもありますからねえ。 (いわゆる死語ってやつ)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

 質問者様の意見も一理あると思います。テレビや新聞雑誌などで「乱れ」を論じてる人はたいてい専門家でないような気がします。図書館などでそういった関係の本を読むと、著者や国語学者や元アナウンサーだったり納得できる人で、おおむね若者が使う新しい日本語について肯定的な意見だったりするものが多いです。  「見られる」と「見れる」の二つがあることによって受動の意味か可能の意味かが判別しやすくなったともいえる、という事実を淡々と報告する人もいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 正しい日本語の本について

    私は、日本語が本当に心から好きなのものです。 しかし、ここ数年、日本語の乱れというものが、 注目され、自分も大変危惧しているところです。。。 ら抜き言葉が一時話題になりましたが、 結局のところ、言葉は進化するものだから、 ら抜き言葉は間違いではないというところに 落ち着いたようですが。。。 また、最近、御社ということばも話し言葉として、 当たり前に使うようですが、 正しくは、書き言葉なので、用法としては、 間違っていると聞いたことがあります。 別の言葉の誤用として、「敷居が高い」というのも 自分は高級な店で自分には入りにくいと思っていたのですが、 これも違うみたいです。。。 上記ようなことを踏まえ、 『本来の正しい日本語はこうですよ!』 みたいな本で、わかりやすく、読みやすいようなものがあれば、 ぜひ、教えて頂きたいと思います。 よろしくお願いします。

  • 最近の日本語はおかしい!

    今日本人が使ってる日本語がおかしいってのは有名ですよね。 「ら抜き言葉」特に「若者言葉」ですね☆ もっといろんな問題点とか知ってましたら教えて下さい☆。 それと、若者言葉ってどんなのがあるか知っていられたら教えて下さい☆よろしくおねがいします☆ URLとか貼っていただけるとうれしいです

  • 「モーニング娘。」「藤岡弘、」について

     以前に、「言葉の乱れ(誤用)か、時代の変化か」という質問をした者です。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2867312.html  言葉は時代とともに変化していくものだ、という話になりましたが、 「モーニング娘。」 「藤岡弘、」 のように、句読点を名詞の一部としてしまうような使い方も、使う人が多くなれば正しい日本語として認められるようになってしまうのでしょうか? 私には日本語の乱れとしか思えませんが。ご意見お願いします。

  • 日本語の乱れ(or変化)はマスメディアの功罪?

    「ら」抜き言葉や、地方方言の一般化など、日本語の話し言葉や書き言葉の変化は、この十数年で加速しているように思うのは私だけでしょうか。 私は30代後半ですが、幼少の頃から「ら抜き言葉」は使っていました。しかし、それは方言なので正式な国語とは区別して考えていたと思います。 しかし、最近はそのような言葉が全国的に見受けられます。特に北海道方言の全国への浸透は、目に余ります。 「言葉は変化するものだから仕方が無い」という意見は良く聞きますが、現在の状況は異常だと思います。 実は、ごく少人数の人間によって、現代の国語は急速に変化しているのでは無いかと思うのですが、皆さんはどう思われますか?

  • ら抜き言葉に関して

    私は日本人、妻が外国人で日本語を勉強中です。 可能形についてアンケートを取りたいのですが、 食べる→食べられる。 止める→止められる。 等の可能形の言葉は、現代の口語では「食べれる」「止めれる」等と言いますね。 私(43歳)はら抜き言葉は「言葉が乱れた最近の若者が使う間違った言葉」といわれて育った世代なので、自分で使っているかは意識してないのでよくわからないのですが、少なくとも初学者の妻に教えるときは「食べられる」「止められる」の形で教えています。 ところが昨日発見したのですが、日本語学校の教科書でら抜き言葉の事情を説明しつつも現代の口口語ではよく使われるという事でら抜き言葉の語形変化一覧表が載っていました。 言葉は時代と共に変わっていきますが、今現在の認識で皆さん、 ら抜き言葉を正しい日本語として定着したものと認めてますか?認めてませんか? 日本語文法の初学者に教えるべき?間違った日本語と教えるべき? 正しい答を出そうとはしてません。 あくまで感覚的なアンケートです。 年代も教えていただけると嬉しいです。

  • 日本語の変化は、加速している?減速している?

    「ら抜き言葉」など日本語の乱れが指摘されていますが、言葉は変化するものという意見もあります。 ここでふと疑問に思ったのですが、江戸時代以前と現在を比べてみると、はたして現在は、言葉の変化の速さが加速しているのでしょうか。 私は、一般への教育が浸透していなかった昔のほうが変化の速度が早かったと思うのですがいかがでしょうか。 それとも、現在は昔に比べて言葉の変化が速く、近い将来口語と文語の乖離が進み、再び、文言一致の対策をとる必要があるのでしょうか。

  • 正しい日本語の定義

    文法とはそもそも、「正しい日本語の規則」をあらわしているのでなく、実際に通常使われている言語がどういう構造になっているかをあらわしているだけだと聞いたことがあります。 つまり、ある言葉・言い方が文法的に合っているか、を考えるのは本末転倒だというのです。 実際、文科省もNHKも、別に「正しい日本語」を決める権限を持っているわけではないので、「正しい日本語」というもの自体、ある意味存在しないとも言えるわけです。 ただそうすると、「正しい日本語」というものは文法とは関係無く、要は「日本語を母語とする一般通常人に、ある程度普遍的に通じるもの」であれば全て「正しい日本語」と言えることになってしまいます。 「言葉は時代で変化していくもの」とはよく言われることですが、これを突き詰めると、一般に「現代の日本語の乱れ」と言う考え方自体が丸っきりナンセンスなものになります。 そしてさらには、国語のテストにおいて、正解といわれるものも、かなりファジーになってしまいそうです。 そこで質問なのですが、例えば言語学・国語学・国文学等と言われる学会の中や、その他の分野において「正しい日本語」というものが、存在するとされているのでしょうか。 「正しい日本語」とはどのようなものとされているのでしょうか。 そのような「公的な」ものではないが「私見」をお持ちだという方のご意見も伺いたいと存じます。

  • 理解できない最近の言葉

    先程テレビを見ていて話題になったのですが、最近KYという言葉が流行っているそうです。 KY=(K)空気(Y)読めない、という意味らしいです・・・。 妹(現在某国立大学生です)に聞いたら、皆頻繁に使っているとか。 私が学生のときもそういった隠語みたいなのはありましたが、こういう理解し難いものはなかったように思います。 KYを知ったときは、意味がわからない卑怯な言葉だなと感じました。 こういう言葉ってよく使われているのでしょうか?皆さんはどう思われますか? できれば、実際に使われている若い方がどう思われているのか、知りたいです。 また、他にこういった短縮語みたいなのはあるのでしょうか? 少し興味があるので、他の言葉をご存知でしたら、教えてください。 私は20代前半ですが、こういった言葉にはかなり抵抗を感じます。 あまり好きになれないので、仮に友人が使ってても自分は絶対に使わないです。 最近は日本語の乱れ(ら抜き言葉など)が指摘されいてます。言葉は時代の流れと共に変化するものと考えていましたが、 KYなどの言葉を知ったときは、確かに日本語の乱れはあるかもしれないな~と思いました(^^;

  • 若者言葉

    近年、若者言葉が広まっていることは、私も耳にしていました。 過去を顧みると、昔から若者言葉と言う概念自体は存在したようです。 時代によって人は言葉を作り出し、作り変えを繰り返して進化(或いは退化でしょうか)してきました。人間が人間である限り、或いはこの繰り返しは続くのかもしれません。 ただ、近年の若者言葉には少し危機感すら覚えられてなりません。 若者言葉に代表される「きもい」や「うざい」は、もはや全国的に遍く使用されている言葉です。もしかすると、小さな子供はこれを本来の言葉だと解釈し、誤って認識してしまうかもしれません。 出し始ると際限がありませんが、さすがに日本語が乱れすぎだと思います。 私自身、正しい日本語が使えているのかと言われれば、使えていると自信を持って断言することはできません。この文章中にも、誤った日本語があるのかもしれません。 ただ、日本語は日本にしかない文化です。日本人の日本人たる所以です。 私は、日本語を美しいものだと思っていますし、誇りを持っています。 独り善がりな考えなのかもしれませんが・・・。 皆さんは若者言葉について、どう思いますか?

  • 「経時変化」って造語?

    ワープロで「経時変化」と入力しようとすると漢字変換できませんでした。 「経年変化」は変換できるのですが、「経時」という言葉自体が造語 なのでしょうか? 辞書で調べてみても載っていないようです。 知っている方がいましたら、教えてください。