• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「日本語の乱れ」は、見方を変えると表現力が豊かになったと言えるか?

「日本語の乱れ」は、見方を変えると表現力が豊かになったと言えるか? 「日本語の乱れ」が問題視される事は良くあります。 「とても良い」や「すばらしい快挙」と言う言葉はすでに誤った言葉が寧ろ正しい言葉と使われ、「生き様」「拘り」と言った誤った使い方は何故か黙認されている。 しかし、「全然良い」や「普通に美味しい」などのいわゆる「若者言葉」は、誤った言葉として問題視されます。 厳密に言えば、例に挙げたこれら全ての日本語は、誤りと言ってよいでしょう。 他にも数多くあるはずですし、私も知らず知らず誤った日本語を使っているでしょう。 しかし、一つの事実は「その誤った使い方でも相手に通じる」と言う事です。 「本来の使い方ではなくとも、意図が通じる」ならば、これは言葉の誤りを越え、「日本語がそれだけ表現力豊かになった」と言えないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数12
  • 閲覧数742
  • ありがとう数33

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.12
noname#123390

言語は時代を経るにつれて様々な新しい語彙(外国語なども含み)を付け加えて単語そのものの数を増やし、また言いまわしやら文法体系がより複雑になり、細やかになってより幅広く、深く微妙な言語的表現が可能になってきました。世のひとたちはこういった現象を「表現力が豊かになった」といっているようです。 仰る「日本語の乱れ」はこれとは異なった現象のように思われます。ただ、言語表現の変化が従来の言い方と平行に使用され、変わったというより新たな語彙として加わり、これまでになかった表現が可能になることがあります。こういった現象は「日本語に何らかのプラスアルファーを付け加えることになるかもしれません。確かにこれは「豊かになった」という例でしょう。 >「本来の使い方ではなくとも、意図が通じる」ならば、これは言葉の誤りを越え、「日本語がそれだけ表現力豊かになった」と言えないでしょうか? 仰る「言葉の誤り」が本来の「正しい言葉」に完全に置き換わるのではなく、また、その「誤った言葉やいいまわし」が本来の言葉にはなかった意味を表現できるツールになったのならば、貴方の主張は正しいと思います。こういった例は少なくないと思いますが、本来のことばや表現が失われていく傾向にその現象が暴力的な力を振るっている現状を思えば、私はあまり歓迎できないことだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>本来のことばや表現が失われていく傾向にその現象が暴力的な力を振るっている現状を思えば、 >私はあまり歓迎できないことだと思います。 確かに歓迎は出来ません。 「豊かになった」と私が思いたいのは「豊かになった」って思うと、日本語の乱れに嫌な思いを抱く必要がなくなるからです。 豊かになる事は良い事でしょうから。

関連するQ&A

  • 英語の表現力

    表現力豊かな言語って日本語でしょうか? たとえば 「とても好き」を現代では「めっちゃ好き」などと言っていますね。 「~っていうか」「~ってな感じ」こういった流行語や若者言葉が使われていますね。 英語ではこういった微妙な表現の違いってあるのでしょうか? 英文にすると何処がどう違うのでしょうか?

  • 日本語の乱れについて

    最近、テレビや雑誌などで日本語の乱れについての記事をよく見かけます所謂若者言葉、ら抜き言葉と言ったものです。何なんですかね?。正しい日本語?なにそれ。まるで今の日本語がおかしいみたいですが。明らかにおかしい日本語ならよいのですが。大抵そう言うことを言う馬鹿はダイヤモンドのような頭を持つ人です。要するに頑固な爺かおばはんです。 いつも思うのですが正しい日本語は誰が決めるのですか? 言葉遣いと云うものは今まで庶民の使い方により変化しました。 僕は言葉は皆が普通に話す物が正しいと思います。言葉は経年変化です。今の日本語は、乱れているのではなく、流れているんです。其れを受け入れずああだこうだと批判し、何十年も前の言葉が正しい等屁理屈を言って何が楽しいのでしょうか?そんなこといったら、言葉の乱れを主張する人々の言葉も、明治時代の人から見れば、変に思われるでしょう。でも、そんな事言い続けたところできりがない。結局、日本語の乱れ等頭の堅い人達が言葉の経年変化を受け入れずに作った屁理屈に過ぎません。何でもかんでも屁理屈を云ってしまえば、お終いなんですよ。もう話が進められません。いや、話になりません。 逆にこういう奴が居ると、日本語がそれこそ本当の意味で「乱れ」るといってもよいでしょう。 皆さんは、どう思われますか?

  • 「日本語の乱れ」をどう思いますか?

    ここ数年若者の日本語の乱れが指摘されてますよね。 (いわゆるら抜き言葉、コンビニ敬語など) 皆さんはこれについてどう思いますか? 私自身は 「ちょっと変わったからっていいじゃない。言葉なんて当然時代の流れと共に変化するものなんだし。文句を言う大人だって万葉集をすらすら読めるわけじゃないでしょ?」 なーんて思っちゃいます。 私は接客のアルバイトをしているのですが 「お釣りのほう~円になります。」 と言うと 「お釣りのほう、という日本語はない!!」 と、ご年配の方にお説教されることもしばしば。 確かに違和感を感じる言い方かもしれませんが・・・意味が伝わらないわけでもないし、そこまで過剰に反応することかな?と思ってしまいます。 それともこう思う私はやはりまだ子供なのでしょうか? みなさんはどうですか?

その他の回答 (11)

  • 回答No.11

>「日本語の乱れ」は、見方を変えると表現力が豊かになったと言えるか? どちらとも言えない。 このドラマヤバい、この映画ヤバい、こいつヤバい、このケーキヤバい、この遊びヤバい。 ポジティブな評価が何でも「ヤバい」になったら表現力が豊かになったとは言えない。これは表現力が貧困になっている。50年後に「いいもの=ヤバい」しか表現する言葉が無くなったら表現力の貧困化だろう。 ら抜き言葉のように、可能と受け身を区別するような動きは表現が豊かになったといえるかもしれない。 >「本来の使い方ではなくとも、意図が通じる」ならば、 >これは言葉の誤りを越え、「日本語がそれだけ表現力豊かになった」 これは違う。 それだと日本人がカタコトで話す間違った英語は表現力豊かな英語になる。なぜなら本来の使い方でなくとも、意図が通じているから。 本来の使い方でなくても意図が通じることが表現力の豊かさとするなら、ネイティブが推測で意味を汲み取れるギリギリの水準のカタコトこそ表現力豊かという矛盾を呼ぶ。 「私に お金 困る 遠い 家が 帰る 無い お金」 これだと本来の文法からすれば間違った日本語だが、「家が遠くてお金が無くて困っている」という意図は通じている。 でも、日本語がこう変化しても表現が豊かになったとは言わない。 限られた情報から真意を汲み取れる新に表現力が豊かな人がいるから本来の意味から離れたカタコトでも通じているだけ。カタコトの人たちだけでは通じない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>どちらとも言えない。 それは紛れもない真実ですね。 >ギリギリの水準のカタコトこそ表現力豊かという矛盾を呼ぶ。・・・「私に お金 困る 遠い 家が 帰る 無い お金」・・・日本語がこう変化しても表現が豊かになったとは言わない。 議論のすり替え。 そのカタコト言葉で意図が通じる人は想像力が豊かな人。外国人のカタコト言葉やジャスチャーで推測して導き出せる人です。 若者言葉で話したら、年寄りに意図が通じないのは、年寄りが想像力が貧相だからではなく、若者言葉の知識(新語の知識)がないだけ。 根本的に「意図が通じる」の意味が違う。 カタコト言葉は想像力が貧相な人は「は?なに言ってるの。ちゃんと喋れ」と思うが、若者言葉は知識さえあれば想像力が無い人でも意図が通じる。それが私の言っている「本来の使い方ではなくとも、意図が通じる」と言う意味です。

  • 回答No.10

時代とともに言葉は変化するものだと思います。 豊かになったかどうかは関係ないでしょう。 明治の文豪の名作を今の若い人は読んでもちんぷんかんぷんでしょう。 もう、明治の文学って古典ですから。 今批判の多い「コンビニ敬語」も数年後にはスタンダードになってるかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

表現が豊かになったと言うより「変化」したと言う解釈の方がしっくり来る人が多いらしいです。 私としてはその変化こそ「豊かになった」と思っているのですが、それに関しての説明が不十分だったようです。

  • 回答No.9

 専門家の教えをまつのであれば、国語のカテにどうぞ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

自分で専門家と思い込んでいる「大先生」にはご遠慮願いたいので、国語カテゴリーにはこう言う質問はしません。

  • 回答No.8

表現が豊かになったと言う言い方もあり得るかもしれませんが... その一方で死語もいっぱいあるわけでほんとに豊かになったかどうかは誰にも分からないように思います. 言語という物も,その時代を反映するという物では無いかと思います.というのも,そもそも古語という物があることからも分かるように,言語そのものが生き物のように変化しているという側面があるからです. 私としては,言語は生きているので死語や新しい言葉が生まれているものと思っています.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>豊かになったかどうかは誰にも分からないように思います. 全くその通りですね。 私は何も客観的根拠もなく「日本語が乱れている」という人と同類かもしれません。 でも良いのです。だって人間だもの。

  • 回答No.7
  • cyototu
  • ベストアンサー率28% (393/1368)

これは単に、水は低きに流れるの一例ではないですか。人間は刹那的な享楽では決して幸せにはなれないのに、人間の持っている最も程度の低い動物的な側面を刺激して、手っ取り早く売り上げを伸ばそうと言う商売人やマスコミの売らんかなの宣伝に汚染された結果、そんな享楽だけを求めるような若者達を作り出してしまった結果が、何でもありの、文化的に下品な退化を齎しているのだと思います。別な言い方をすると、崇高とか品という概念が欠落してしまった結果だと思います。 芸人がやっては行けないことに、下ねた、けれん、楽屋落ち、と言うのがあるそうです。何故なら、これらは芸がなくても人を笑わせることができるので芸でもなんでもなく、プロとしての誇りを持てないからだそうです。今の芸人を見ていると、パンツ一丁で出て来たり、チンパンジーのように手を叩いて仲間内だけで喜んだりで、そんなプロ根性はどこに行ってしまったのでしょうね。ま、若者言葉の堕落は、パンツ一丁で出て来て威張っているようなものですね。質問者さんも、パンツ一丁で出てくるようになったことを、まさか表現力が豊かになったとは言わないと思いますが、どうでしょうか。悪い物は悪いとはっきり言う勇気が欲しいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>パンツ一丁で出てくるようになったことを、まさか表現力が豊かになったとは言わないと思いますが 「小島よしお」や「はっぱ隊」の事でしょうか? なんか、かつての「ツービート」や「神助,竜介」も、似たような事を言われていましたね。 裸も喧嘩漫才も表現の一つだと思います。そして一時期でもその表現を民衆は受け入れました。 しかし、全ての表現が受け入れられるとも限りませんし、定着するとも限りません。 ただ表現と認めるかどうかは、自分が決めるものです。 あなたが小島よしおもツービートも「あんなもん芸じゃない。表現じゃない」と思えばそれは正しいのかもしれません。

  • 回答No.6
  • ueda21
  • ベストアンサー率15% (82/542)

専門家ではないので 個人的感覚では、時代の反映だと思います。 表現力が豊かになるというほどではない思います。 気になったのは全然の使い方です。 NHKの「気になる言葉」と言う番組でやっていたんですが 全然大丈夫(全然+肯定文) http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2003/10/1017.html 実は「全然+肯定形」は、明治・大正の小説にも見ることができるのですよ。例えば、森鴎外の「灰燼」の中にも、“~うるさいと云ふと、全然同じ事である~”とあるのです。 http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2003/12/1225.html 全然大丈夫 パートII http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2003/10/1024.html その後、調べていくと、明治28年に創刊された雑誌「太陽」の中にもあったのです。明治34年から大正14年の間で、“全然休息しろ” “全然誤解なり”、など肯定にも使われていたのです。「全然」とは“全く然り”と書き、「すっかり・ことごとく」「すべてにわたって」という意味で、実は元々は肯定にも否定にも使うことのできる言葉です。しかし、その後なぜか否定表現との結びつきが強く考えられるようになりました。学校教育でも、否定形で教えられているため、違和感を覚える人が多いのでしょう。実は、「全然」と同じような歴史を持ったことばがあります。今では「とてもきれいだ」「とてもおいしい」という表現は当たり前のように使われていますが、この「とても」も一時期“否定形”を伴ってのみ使われると信じられていたのです。言葉の使い方もその時代によって、色々変化をしているようです。 以上引用ですが常識が覆るほと考えさせられるものです。 明治以降義務教育が広がり文法も多くの人が接する様になったかもしれません。 それ以前の武家や公家と平民の言葉は違っていたかも知れないですし何が正しいものか判らない気がしてきました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>明治28年に創刊された雑誌「太陽」の中にもあったのです。・・・実は元々は肯定にも否定にも使うことのできる言葉です。 これは貴重な知識有難うございます。 言葉狩りされた時の、反撃用の武器に使えそうです。 >「とても」も一時期“否定形”を伴ってのみ使われると信じられていたのです。 そうなのです。今は肯定の方も両方使うのが「正しく」なりましたが。 どうでも良い話ですが、漢字の書き順も文部省が勝手に決めただけで、本来はその通りの順序で書かれていたか分からないらしいですね。

  • 回答No.5
  • ueda21
  • ベストアンサー率15% (82/542)

専門家ではないので 個人的感覚では、時代の反映だと思います。 表現力が豊かになるというほどではない思います。 気になったのは全然の使い方です。 NHKの「気になる言葉」と言う番組でやっていたんですが 全然大丈夫(全然+肯定文) http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2003/10/1017.html 実は「全然+肯定形」は、明治・大正の小説にも見ることができるのですよ。例えば、森鴎外の「灰燼」の中にも、“~うるさいと云ふと、全然同じ事である~”とあるのです。 http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2003/12/1225.html 全然大丈夫 パートII http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2003/10/1024.html その後、調べていくと、明治28年に創刊された雑誌「太陽」の中にもあったのです。明治34年から大正14年の間で、“全然休息しろ” “全然誤解なり”、など肯定にも使われていたのです。「全然」とは“全く然り”と書き、「すっかり・ことごとく」「すべてにわたって」という意味で、実は元々は肯定にも否定にも使うことのできる言葉です。しかし、その後なぜか否定表現との結びつきが強く考えられるようになりました。学校教育でも、否定形で教えられているため、違和感を覚える人が多いのでしょう。実は、「全然」と同じような歴史を持ったことばがあります。今では「とてもきれいだ」「とてもおいしい」という表現は当たり前のように使われていますが、この「とても」も一時期“否定形”を伴ってのみ使われると信じられていたのです。言葉の使い方もその時代によって、色々変化をしているようです。 以上引用ですが常識が覆るほと考えさせられるものです。 明治以降義務教育が広がり文法も多くの人が接する様になったかもしれません。 それ以前の武家や公家と平民の言葉は違っていたかも知れないですし何が正しいものか判らない気がしてきました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。

  • 回答No.4
  • dai-ym
  • ベストアンサー率22% (848/3824)

それぞれの言葉それぞれに理由があるから、全部を一括りにするのは難しいですね。 「普通に美味しい」などは日本の生活水準が上がり、美味しいものが当たり前にあるからそういう表現になったところも有ります。 美味しいものを「ヤバい」と表現するのも、やはり豊になった為においしいものを頻繁に食べようと思えば頻繁に食べられてしまう為に、こんなおいしいものだと際限なく食べてしまいそうだ。という考えから「ヤバい」と使い出したのが始まりです。 このように豊になった為に感覚が違って、表現が豊になったというよりは表現が変わったために、昔の表現から見たら乱れているように思えているものもあります。 他にも隠語をテレビなどが使いすぎている問題もあります。 過剰なサービスから、表現も過剰にした方が良いという考えから乱れている言葉もあります。 それぞれ変化していくことが仕方ない言葉、隠語が表に出てきて問題ある言葉、知識レベルが落ちていて困る言葉、新しい表現として生み出されて言葉、さまざまあるので、すべてを「日本語の乱れ」とみるのが間違いだと思っていますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>すべてを「日本語の乱れ」とみるのが間違いだと思っていますね。 全くその通りだと思います。 それに、乱れているのかどうかを判断するのは、意外と難しいかもしれませんね。

  • 回答No.3
noname#113693

>表現力が豊かになったと言えるか 言えません。 洗練されてきているか? いいえ。 ダメニーチャンやチンコロネーチャンたちが、文法無視の日本語を使うものですから、日本語がどんどん汚くなっています。 それはいつの時代でも起こっています。 平安⇒鎌倉⇒室町⇒戦国⇒桃山⇒江戸⇒明治大正⇒戦後⇒今 時代とともにどんどんお粗末になっていきました。今が一番お粗末です。 ヘンな用法が増えました・・・これは表現力が増えたのではありません。 平安時代の美しい言葉について、ダメニーチャンやチンコロネーチャンは古語辞典で調べても理解できませんでした。 ◎美しい表現の仕方がどこかへ行ってしまいました。 ◎汚い表現方法が増えました。垢のようなものです。こんなものが身について豊かと言えるのか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大先生ですね。回答有難うございました。

  • 回答No.2
  • einn
  • ベストアンサー率37% (671/1802)

表現力が豊かになった、とは違うでしょうね。 だって、それに換えうる言葉なんていくらでもあるわけですから。 表現方法が多岐に広がった、というならまだ理解はできます。 若者言葉を誤った日本語である、という昨今の風潮も私は好きではありません。 なぜならば、若者言葉かそうでないかは、誰かが何かの判断基準と照らし合わせての結果にすぎないから。 その判断基準は一般的に「現代」で広く使われている日本語なのでしょうが、 これが100年前、300年前の日本語と比べてどうかといわれれば、大分かわっているでしょうし。 私が言いたいのは、たかだか自分の一生や数世代前の言葉と比べただけで、 「最近の若いものの日本語はおかしい」などというのは馬鹿げているという事です。 もっと前の世代から見れば、おかしいのは我々ですよと。 言葉や文化などは、時代の流れとともに変わってきたものです。 ゆるやかな変化をしてきた言葉や文化が、外国とのかかわりを持ったあたりから、 都度急に変化するようになったのでしょうね。 なので、もしこのまま若者言葉が定着しても、それは自然の流れのことでしょう。 沢山あるなかで定着しない言葉だってありますもの。MK5とかもう聞かないでしょう? その時、その世代で必要な言葉がある、それでいいと思いますね。 社会にでて揉まれれば、それ相応の言葉遣いは自然と身につくものですし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>私が言いたいのは、たかだか自分の一生や数世代前の言葉と比べただけで、 >「最近の若いものの日本語はおかしい」などというのは馬鹿げているという事です。 内心私もそう思っていますが、きっと大先生だからそう言う人のプライドを傷つけないように気をつけたいと思います。

関連するQ&A

  • 「若者言葉」の「若者」って何歳ぐらいの人でしょうか

    日本語を勉強中の中国人です。ある日本語について調べたのですが、「若者言葉」と書かれていました。 お聞きしたいのですが、その「若者言葉」の「若者」というのは何歳ぐらいの人のことを言っているのでしょうか。 また、質問文に不自然な日本語の表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 若者言葉について

    今、学校の授業で「日本語」について学んでいます。 最近、「若者言葉」といわれる「短縮言葉」が増えてきているように思います。 そこで質問なのですが、 ・あなたの思いつく若者言葉は? ・若者言葉はどう思いますか? ・日本語は美しいと思いますか? 以上の3点に答えていただけると嬉しいです

  • 若者言葉に関するアンケートです

    若者言葉についてのアンケートを行っています。 できれば20代~40代の人に回答していただきたいです。 以下の言葉について、日常的に使うものの番号を選んでください 1、超 2、うざい 3、私的には 4、なんか~ 5、全然(肯定的な意味で) 6、やばい 7、っていうか~ 8、~じゃないですか 9、普通に~ 10、~みたいな 上記のような言葉をどのように思いますか? 五段階でお答えください (1そう思う~5そう思わない) ・好ましいものではない ・日本語の乱れだと思う ・日本語を豊かにする表現だと思う ・使用を控えるべきだと思う 以下の質問は記述でお願いします。 ・上記のような言葉はだれに対して使いますか? ・どのような場面で使いますか? ・どうしてこのような言葉を使うのですか? ご協力お願いします

  • 今の若者言葉現象についてですが。

    今の若者言葉現象についてですが。 みなさんはどう考えますか。 論文を書いていますが、みなさんのご意見をお聞きしたいんです。 1.ただの日本語の乱れだ。(消極的な影響) 2.日本語を豊富にする。(積極的な影響) 3.考えたことがない。 お願いします。

  • 若者言葉と日本語について

    さいきんでは新しい若者言葉も増えてきています。。 若者言葉には以下のような機能があるようです 1、娯楽機能 2、会話促進機能 しかし個人的には使い方によって人を傷つけるような気がします。。そして日本語の使い方もだんだん悪い方向に行っている気がします。 以上の2点皆さんから見てどう思いますか御意見お願いします。

  • 若者言葉が日本語における影響について

    若者言葉が日本語における影響について この前の質問をちょっとへんこうしたいと思いますが。 若者言葉が日本語における影響について皆さんはどう考えますか。 1.消極的な影響が多い。 2.積極的な影響が多い。 3.同じだと思う。 4.考えたことがない。 そして、若者言葉を使う理由は何だと思いますか。 もう一度よろしくお願いします!!

  • 若者言葉について

    現在国語の時間に日本語は乱れているかということをやっています。 その中で、若者言葉(チョー、ウザイ、など)について触れ、それをまとめることになりました。 そこで、アンケートをお願いします。 あなたは若者言葉で聞き苦しいと思うものはありますか?

  • ネットで使われる言葉に関するアンケート

    若者言葉に関するアンケートです 若者言葉についてのアンケートを行っています。 できれば20代~40代の人に回答していただきたいです。 まず、あなたについての質問です 年齢 性別 一日のテレビ視聴時間 一日のネット利用時間 以下の言葉について聞いたことがあるもの、意味が分かるもの、使用するものの番号をお答えください 1、リア充 2、wtkt 3、ググる 4、希ガス 5、w 6、~なう 7、orz 8、DQN 9、ROM 10、オワコン 11、情弱 12、~厨 聞いたことがあるもの 意味がわかるもの 使用するもの 上記のような言葉をどのように思いますか? 五段階でお答えください (1そう思う~5そう思わない) ・好ましいものではない ・日本語の乱れだと思う ・日本語を豊かにする表現だと思う ・使用を控えるべきだと思う 以下の質問は記述でお願いします。 ・上記のような言葉をどのように知りましたか? ・上記のような言葉はだれに対して使いますか? ・どのような場面で使いますか? ・どうしてこのような言葉を使うのですか? ご協力お願いします

  • 最近の日本語はおかしい!

    今日本人が使ってる日本語がおかしいってのは有名ですよね。 「ら抜き言葉」特に「若者言葉」ですね☆ もっといろんな問題点とか知ってましたら教えて下さい☆。 それと、若者言葉ってどんなのがあるか知っていられたら教えて下さい☆よろしくおねがいします☆ URLとか貼っていただけるとうれしいです

  • 若者言葉の出現はいつ?

    私は今、「日本語の変化、若者言葉」をテーマに課題レポートを作成しています。図書館へ行き、何十冊もの関連書物を読みましたが、若者言葉の明確な出現時期について記されている本はありませんでした。 また、ウィキペディアで"若者言葉"を見ると、古くは「枕草子」からある、と記されています。 ということは若者言葉は一斉に出始めた、というものではなく、徐々に数が増えてきて、今現在、それが顕著に現れているということなのでしょうか? こんな本に載っていた、あるいは、こうではないだろうか?という意見がありましたらご回答お願いします。