• ベストアンサー

半径を求める

底面の半径が6cm、高さが8cm、母線が10cmの円錐があり、円錐の底面と母線に接した球がある。 問い この球の半径を求めなさい。 求め方を教えて下さい。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
noname#227653
noname#227653
回答No.2

こういう問題の時はまず真横から見た図をかきましょう。そうすると平面図形の問題になります。この場合は辺の長さが10cmと12cmで高さが8cmの二等辺三角形の中に円が内接している図形になりますね。添付した図では内接した円は書けませんでしたが、円の中心がO、円と三角形ABCの接点がD、E、Fです。ですからOD、OE、OFは三つとも円の半径になります。この長さを求めればいいんですね。 まずこの二等辺三角形の面積を求めましょう。これは簡単。12cm×8cm÷2で48平方cmですね。 これを三つに分けましょう。三角形OAB、三角形OBC、三角形OCAです。これらの三角形をよく見て下さい。底辺が10cm、12cm、10cmで、高さは同じ円の半径ですね。とすると、これらの三つの三角形の面積を出す式は、10cm×半径÷2、12cm×半径÷2、10cm×半径÷2です。「×半径÷2」は共通ですから、これらの三つの三角形の面積の和は(10cm+12cm+10cm)×半径÷2、つまり32cm×半径÷2です。これが48平方cmなのですから、32×半径÷2=48を逆算すると半径は3cmと出ますね。 因みに相似は無関係です。 いかがでしょうか。わかりにくかったら補足をつけて下さいね。

barbie1118
質問者

お礼

とてもわかりやすい説明有難うございました。 面積で考えると簡単ですね。思いつきませんでした。本当に助かりました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (2)

  • yyssaa
  • ベストアンサー率50% (747/1465)
回答No.3

>底辺が12cm、等辺が10cmの二等辺三角形(高さは8cm)に内接する円の 半径が答えです。 円の中心と三角形の各頂点を結んで出来る三つの三角形の面積の合計 イコール二等辺三角形の面積として計算します。 求める半径をr(cm)とすると、 三つの三角形の面積の合計は(1/2)*10*r*2+(1/2)*12*r=16r(cm^2) 二等辺三角形の面積は(1/2)*12*8=48(cm^2) よって16r=48を解いてr=3(cm)・・・答

barbie1118
質問者

お礼

面積で求めるのですね。スッキリしました。 有難うございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • ImprezaSTi
  • ベストアンサー率26% (534/1995)
回答No.1

先にグチが出るが、申し訳ないと誤っておきます。 問題を、掲示板で丸投げかいな!! 貴方はどこまで分かっているのか? こんなもん、数学から20年以上離れていても分かる様な問題やん。  というのは、おいておいて、貴方のためにも、解き方のみ。 1.先ずは、正確に図を書いてくださいな。球と書いてあるが、平面図でOK。その中に接点を円の中心を結ぶ線(半径)を書く。そうすると、図形の中に大小3つの三角形ができる。この三角形は、全て相似。 2.ここで頭を少し使うのは、相似のみ。3つの三角形の辺の関係と相似を使えば、後は辺の長さは求まる。その中で使うのは、円の折線と接点から円の中心に引いた線の成す角は、直角であること。ひょっとすると、直角三角形のため、2乗。平行根は使うかも知れない。が、あとは、小学生でも出来る。 まあ、ヒントを元にして、解いて下さいナ。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 円錐の底面の半径 ヒントをお願い

    やり方があってるか 教えてください 高さ 6 cm の円錐 その表面積が 36πcm^2とする。 円錐の底面の半径を ⅹ 、母線の長さをXとすると 底面の面積     +  扇の面積 ⅹ^2π     + ⅹXπ =36πcm^2 X=√(6^2+ⅹ^2)だから ⅹ^2+ⅹ・(√(6^2+ⅹ^2)=36  ⇒ⅹ^2+ⅹ・(√(6^2+ⅹ^2)-6^2=0 この ⅹ(何でもxとしてしまって申し訳ありません)と解くといいんじゃないかと思うのですが ここから分らなくて なにか ヒントを下さい。お願いします。

  • 円錐の数学の問題の解答・解放を教えてください。

    底面の半径が3cm、母線の長さが5cmの円錐の中に半径の等しい2つの球P,Qがある。2つの球P,Qは互いに接し、円錐の底面と側面に接しているとき、以下の問いに答えよ。ただし、2つの球の中心と、円錐の頂点と、円錐の底面の中心は同一平面上にあるものとする。 1)球Pの半径を求めよ。 2)円錐の体積は、球Pの体積の何倍か? 3)球Pと円錐の側面が接する点をAとする。点Aを通り、円錐の底面に平行な平面で球Pを切断する時、球Pの切断面の面積を求めよ。 4)設問の円錐の中に、球Pと半径が異なる球Rを次のように入れる。3つの球は互いに接し、球Rは円錐の側面に接している。3つの球の中心と円錐の頂点が同一平面上にある時、球Rの半径を求めよ。

  • 円錐の表面積(今すぐ!)

    大きな円錐(母線10cm底面の半径6cm高さ8cm)を平行に切ってできた小さい円錐(母線不明底面の半径3cm高さ4cm)を引いた表面積を教えてください!

  • 側面に接する曲線の長さ

    円錐に球がぴったりとはまっているとき、球が円錐の側面に接する部分(曲線)の長さはどうやって求めるのですか?正確な数字は忘れましたが、「球の半径、円錐の高さ・母線・底面の半径」などは既に出ていた気がします。

  • 半径10cmの球に、底面の半径6cmの直円錐が内接している。

    半径10cmの球に、底面の半径6cmの直円錐が内接している。 この球から円錐を取り除いた体積を求めなさい。 ただし、円周率は3として計算し、答えは小数点以下を切り捨てて求めなさい。 この問題のとき方を教えてください。お願いします。

  • 扇型の半径の求め方

    扇形の半径が8cm,中心角が150°、円錐の底面の半径がrの円錐がある。 このとき円錐の底面rの長さを求めよ。  この問題求め方の式も一緒に教えてください。

  • 図IのAのコップは底面の半径が3cm、高さが10cmの円柱の形。Bのコ

    図IのAのコップは底面の半径が3cm、高さが10cmの円柱の形。Bのコップは底面の半径が4cm、高さが20cmの円錐を、高さが半分になるように分けた立体のうち 、底面を含む方の立体の形をしており、2つに分けた面の円の半径は2cmである。また、Cのコップは容器の部分が、底面の半径が3cm、高さが8√2cm、母線が12cmの円錐の形をしており、円錐の頂点には、容器を支えるための長さ3cmの支柱と底面の半径が3cmの円形の代が、円錐底面と平行になるようについている このとき、次の問いに答えなさい ただし、円周率はπとしガラスの厚みやゆがみは考えないものとする (1)Aのコップの側面積を求めなさい (2)Cのコップの容器部分の円錐について、側面の展開図の中心角の大きさを求めなさい (3)3つのコップの中で、体積が最も大きいのはどれか。そのコップの体積も求めなさい (4)誤ってCのコップを倒してしまった。倒れたコップは、図IIのように、滑ることなく平面上を転がり、底面の代の円がちょうど1回転したところで止まった。このとき、Cのコップの容器の部分が平面上を転がって出来る立体の体積を求めなさい

  • 体積について

    図のように.母線の長さが10cm.底面の半径が6cmの円錐がある. この円錐の体積を求めてください 解き方の説明もあればうれしいです

  • 中心角135度 底面の半径6cmの円錐の母線の長さおしえてください;

    中心角135度 底面の半径6cmの円錐の母線の長さおしえてください; 自分は、6×2×π=12πで弧の長さを求めて、中心角は360分の135=8分の3なので 12π÷8分の3×2分の1=16πcmになったのですがこの答えでこの問題の表面積をだすと おかしくなるので誰か教えてください。

  • 円すいの展開図おうぎ形における最短距離について

    何度考えても 回答と一緒の答えがだせません。 すみませんが、解き方を教えてください。 底面の半径2cm、母線ABの長さ6cmの円すいにおいて、点Pは母線ABの中点、2点B、Cは底面の直径の両端とする。このとき、次の問いに答えなさい。 (問)側面にそって、2点P、Cを結ぶ最も短い長さを求めよ。 (答)3√7cm (解説)円すいの展開図は、中心角120°、半径6cmのおうぎ形である。 線分PC=√(3+3)^2+(3√3)^2=√63=3√7 線分PCの位置関係と解説の式の数字はどこからだしたものかというのがわかりません。 どうか よろしくお願いします。

構造式についての疑問
このQ&Aのポイント
  • 構造式についての疑問
  • 構造式の実線、太線、波線の意味
  • 同じ化合物の構造式の違い
回答を見る