• 締切済み
  • 暇なときにでも

割増賃金計算について

割増賃金ですが、例えば、  ・時間外労働の割増率 1.25  ・月平均所定日数 22日  ・1日所定時間   8日  ・割増対象の賃金 200,000円  ・時間外労働時間 15時間 とした場合、一般的な計算式として、  割増対象賃金 ÷ (月平均所定日数 × 1日所定時間) × 割増率 × 時間外労働時間 となるかと思います。数値を当てはめると、      200,000 ÷ (22×8) × 1.25 × 15 = 21306.81817 切り上げしたとして、手当額は21307円となります。 この計算式の途中、例えば時間給単価の部分で四捨五入してから計算したとすると、  200,000 ÷ (22×8) = 1136.363636 四捨五入で1136  1136 × 1.25 × 15 = 21300.0000 21300円となります。  端数処理のタイミングと、端数処理の方法(支給する者の場合、四捨五入か切り上げ)で変わってくると思いますが、 端数処理のタイミングに決まりはあるのでしょうか? また、一般的にはどのようにすることが多いのでしょうか?  ※労働基準法上認められている端数処理方法(通達(昭和63年3月14日基発第150号)   において違法ではないとされているもの)   A.1時間あたりの賃金額及び割増賃金額に円未満の端数が生じた場合、    50銭未満の端数を切り捨て、50銭以上1円未満の端数を1円に切り上げる。   B.1か月間における割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合、Aと同様に処理する。  などがあるのは見つけましたが、これは「違法でない」=「やってもいい端数処理」ということで、ある意味特例扱いなのかな、と思いました。 また、四捨五入と切り上げを混在させる、ということも可能なのでしょうか? よろしくお願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3
  • seble
  • ベストアンサー率27% (4039/14674)

あ、いえ、悪意が無いのでしたらいいんです。 このサイトも結構意地悪な人がいますので、少し神経質になっているのかもしれません。 失礼をば。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • seble
  • ベストアンサー率27% (4039/14674)

へぇ、揚げ足を取ろうと。 1円未満の端数についての事だと思ったけどな。 2と3は既出だな。 1は俺の過去ログにはきちんと書いてあるぞ。 他にもやり方はいくらでもあるぞ。 計算が面倒だから100円未満は全て切り上げとか、 1.25もコンマ2桁になるから1.3にするとか、 そもそもの時給自体が割増済み賃金で、深夜だろうが残業だろうが額は変わらないとか、 全部合法だけどな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

seble様、ご回答ありがとうございました。 揚げ足を取ろうとしたわけではありません。 そう思われたのであれば、私の書き方が悪かったです、申し訳ありません。 私が最初に記載した 「違法でない」=「やってもいい端数処理」 の部分に対して、いただいたご回答が 「やっても良いと認められている以外はだめ」 とのことだったので、「違法ではない」と判断した実際の記述を前後あわせてそのまま記載したほうがなぜ質問したのかが伝わるかな、と思って記載したところでした。 また、今回知りたかったのが、おっしゃる通り「1円未満の端数処理」についてですので、実際の「違反ではありません」の記述の1は今回関係ないと思ったので、最初の質問文には記述しませんでした。 せっかくご回答いただいたseble様を不愉快にさせてしまい、申し訳ありません。 ご回答に感謝していたところでしたのに大変不愉快な様子の追加回答を見て、自分の表現力のなさを思い知らされました。 大変申し訳ありませんでした。

  • 回答No.1
  • seble
  • ベストアンサー率27% (4039/14674)

やっても良いと認められている以外はだめという事です。 四捨五入にしないなら切り上げしか認められません。原則、切り下げはその部分が賃金未払いとして違法と見なされます ただ、毎月の計算になりますので、その都度、時給単価が変化するのは不合理です。 Aのように四捨五入で単価を決定し、それに毎月の時間を掛けるのが一般的なように思います。 四捨五入と切り上げの混在なら問題ありません。増える分には何ら違法性はありません。もちろん、常に同じ計算方法である必要はありますが。 また、時間単価の計算も、月ではなく、年の総所定労働時間と年間の基準内賃金総額から算出する方が、なお合理的です。月平均所定日数であれば同じような事ですが、ぴったりになる事はあまりないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! ご回答いただいた「やっても良いと認められている以外はだめ」の部分ですが、 いろいろ調べていたところ、 ---------- 以下の方法は、常に労働者の不利となるものではなく、事務簡便を目的としたものと認められ、労働基準法第24条及び第37条違反とはなりません。 1.1ヶ月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、   30分未満の端数を切捨て、それ以上を1時間に切り上げること。 2.1時間当たりの賃金額及び割増賃金額に円未満の端数が生じた場合、   50銭未満の端数を切捨て、それ以上を1円に切り上げること。 3.1ヶ月における時間外労働、休日労働、深夜業の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合、   2と同様に処理すること。 ---------- という記載のされ方をしていたため、上記以外の一般的な計算式があるのかな、と思ったところでした。 でも、各々の処理で端数処理をしたほうがよさそうなのですね。 ありがとうございます! 四捨五入と切り上げが混在するのはOK、の情報も、ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 残業代計算時の端数処理について

    こんばんは。 残業代計算時の端数処理について質問です。 ネットで検索していたら、下記のような内容をみつけました。 【割増賃金計算における端数処理】 以下の方法は、常に労働者の不利となるものではなく、事務簡便を目的としたものと認められ、 労働基準法第24条及び第37条違反とはなりません。 (1)1ヶ月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切捨て、それ以上を1時間に切り上げること。 (2)1時間当たりの賃金額及び割増賃金額に円未満の端数が生じた場合、50銭未満の端数を切捨て、それ以上を1円に切り上げること。 (3)1ヶ月における時間外労働、休日労働、深夜業の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合、2と同様に処理すること。 これは端数処理を行う場合に、(1)(2)(3)の全てを行わなければならないのでしょうか? それとも、(1)~(3)の中で自社にあった項目のみ適用してしまってよろしいのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 時給者の賃金計算について

    時給者の賃金(基本給)を計算する際についての質問があります。 単純に時間給×出勤時間数で算出する場合に、 出勤時間によっては円未満の端数が発生する場合があると思いますが、 その端数処理(切捨て・切上げ・四捨五入・五捨六入等)には 労働基準法での決まりはあるのでしょうか? もしあるならその計算方法をお教えください。

  • 割増賃金の計算

    割増賃金の計算の基礎となる『通常の労働日の賃金』 についてですが、これまで 対象となる賃金の月額÷(年間所定労働時間÷12ヶ月) として計算していましたが、1年単位の変形労働時間制 の場合各月の所定労働時間で時間単価を計算しても良い のでしょうか?   対象となる賃金の月額÷その月の所定労働時間 繁忙期の時間単価が下がることになります。

  • 残業代の割増賃金について

    なぜ時間外労働には割増賃金を支払わなければならないのでしょうか。効率の悪い仕事をしているから所定時間内に終わらないという場合もあるのではないでしょうか。残業代を稼ぐためにダラダラと仕事をする人もいるでしょうし。むしろ割引賃金にすることで、効率よく働くインセンティブを与えることができるのではないでしょうか。

  • 雇用保険料額表について

    お世話になります。 雇用保険料額表の被保険者負担分については賃金額に料率を乗じ、円未満端数を四捨五入することにより作成したものと考えていいのでしょうか?保険料額表外の賃金額については円未満端数を切り捨てることにより保険料を算出しますので、端数処理が異なると認識してよいのでしょうか?又、会社負担分については料額表内、料額表外に関係なく円未満の端数は切り上げと考えていいのでしょうか? 以上について回答をお願いします。

  • 時間外労働の割増賃金は最低賃金を超えていればよい?

    お世話になります。 弊社の時間外労働の割増賃金は、就業規則における該当記述を確認してみたところ [基本給+諸手当(家族手当や交通費は除く)]×12 を所定労働時間で割った値に1.25をかける とあるのですが、仮に法定労働時間(所定労働時間はそれを超える事は無いので、計算上最大最長の所定労働時間)で上記式に代入して計算しても、実際に受け取っている額(時給換算しての額)は圧倒的に低い状況です。 ただ、最低賃金時間額850円×1.25=1062.5円は一応超えています。 この場合、特に問題は無いのでしょうか? もしこれがまかり通るのであれば、就業規則の記載が意味を成さない様な気がするのですが…

  • 割増賃金の計算の時間単価について

    割増賃金の計算の時間単価について 1ヶ月単位の変形労働時間制を採用している場合、勤務体制を毎月のシフト表で行います。そうしますと月によって所定労働時間数が異なってきます。 その時の1ヶ月の所定労働時間数は、1年間における1ヶ月平均所定労働時間数を使用するとあります。 そこで、質問ですが1ヶ月平均所定労働時間数は、その当該年が終了してないと分からないとと思いますが、その場合はどのようにして割増賃金の計算の時間単価を算出するのでしょうか。

  • 残業代の割増賃金

    36協定は結んでおらず、所定労働時間は9:00~17:00(休憩1h)の月~金です。 月~金曜は、22:00まで残業、土曜は10:00~19:00迄毎週働いた1カ月の残業割増賃金についてですが、(22.4.1前の為、月60時間を超えた50%増しは、取り入れないこととします) 法定労働時間は8時間ですから、この場合18:00~22:00の4時間に25%の割増賃金、 17:00~18:00は、割増無しの賃金で計算すると思います。 所定労働時間の土曜の10:00~19:00の計算はどうなるのでしょうか。 週の残業トータルは、金曜には週40時間を超えることになり、 36協定を結んでいませんから、金曜の17:00~18:00は25割増しに、 土曜の10:00~19:00は、休日の35%の割増しを請求することは出来ないでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 変形労働時間制の割増賃金計算について

    変形労働時間制を採用した場合とそうでない場合について教えて下さい 1日の所定労働時間が7時間で、時給1,000円、 月~金の勤務時間がそれぞれ7/7/7/9/10の場合、 以下の解釈で合っているでしょうか 変形労働時間制では週の合計が40時間なので割増賃金が発生しないので給与40,000円 そうでなく、1日単位で計算すると1日8時間超が3時間分あるので 25%割増賃金が発生し、給与は40,750円 どうぞ宜しくお願いします

  • 割増賃金の計算方法に関して

    例えば、週40時間、6日勤務、そのうち4日は7.5時間勤務で、のこり2日は5時間勤務だとします。 その2日は、事由にシフト組みで個人の予定にあわせて選べるとします。 この場合、割増賃金の計算で必要な「1日の所定労働時間」は、40時間÷6日=6.6666時間で6.6時間でしょうか。 それとも6.7時間でしょうか。 あと、実際計算をする場合、毎日の時間外は、6.6(6.7)時間を超えた部分から時間外とすればよいでしょうか。 曜日が固定していれば話は簡単なんですが、選べるというのがややこしいのです。