• 締切済み
  • すぐに回答を!

36協定の書き方について

派遣会社の36協定(時間外労働・休日労働に関する協定届)について教えてください。 派遣元として全国様々なところに派遣しているのですが (1)派遣先により様々な始業・就業時間がありますが、すべて記載しなければならないのでしょうか?  それとも8時間・8・5時間等の所定労働時間を記載すればよいのでしょうか? (2)労基署には持参しなければならないのでしょうか?それとも郵送でもOKなのでしょうか? 以上よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1681
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • kgrjy
  • ベストアンサー率54% (1358/2480)

派遣事業の36協定については、学説の1部に根強い批判がありますが、行政の運用は次の通りです。 1)派遣元が、派遣事業拠点(派遣元本社、支店、営業所)ごとに締結届け出となります。ですので、新規派遣先をふくめすべての記載しようがなく、標準の所定労働時間を記載することになります。要は、法定労働時間を超過した労働部分につき、使用者(派遣元)に免罰効果を与える、という協定です。所定労働時間が何時間かは、参考でしかありません。 2)返信封筒同封のうえ郵送可ですが、届け出受理が36協定の発効要件ですので、期間突入後の受理は、それまでに経過した期間には、効力はありません。日にちが迫っているなら、持参届け出た方がいいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 協定書と協定届の違いについて(36協定)

    36協定を労基署に提出する際、 いつもだと時間外労働・休日労働に関する協定届を提出しています。 (1年単位の変形労働については上記届に記載) しかし、今回1ヶ月単位の変形労働を導入する場合、上記届けに記載する欄がないので 別途1ヶ月単位の変形労働時間制に関する協定書を提出しようと思います。 この手続き方法で合っていますでしょうか? 協定書と協定届は何が違うのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 36協定の協定届の書き方について

    時間外労働・休日労働(36協定)に関する協定届 すなわち様式第9号(第17条関係)について質問です。 これに記載する「労働者数」ですが、労働者全員の人数を記載すればよいのでしょうか? それとも、管理監督職など時間外労働を行わない人たちを除いた人数を書くのでしょうか? ご存知の方がいれば教えてください。 ※「労働者数」の欄に[満18歳以上の者]という但し書きがあるのが気になりました・ 18歳未満の人は時間外労働ができないため、人数に加えないとなると逆に管理監督職の人たちも人数に加えないのではないかと思いました。

  • 36協定について

    監督署へ提出する36協定届ですが、時間外労働と休日労働を各々分けて42時間以上を年6回までと定めても問題ないでしょうか? 今まで時間外労働と休日労働の合計時間が42時間以上を年6回までとしておりました。

  • 残業代と36協定について

    隔週の会社で、月曜日から土曜日まで出勤のとき、1日8時間労働だと、土曜日の出勤の分は1週間40時間を超えているので、36協定が結ばれていたとしても、残業代を支払わなければいけないのですか? 下のような文章を見たので、そう思いました。 36協定を締結したからと言って、時間外労働手当(残業代)が免除されるわけではありません。 あくまで、労働時間を延長しても良いというものであり、時間外労働手当は支払われなければなりません。

  • 36協定の延長できる時間について

    36協定の「延長できる時間」について教えてください。 1年単位変形労働時間制を取り入れています。 極力限度時間ギリギリで協定を結ぼうと思っています。 「1ヶ月」…42時間 「1年」…320時間 と考えているのですが、 「1日」がよくわかりません。 1年単位変形労働時間制は1日10時間ということですが、 所定労働時間が8時間の場合は2時間までしか延長できないということなのでしょうか? ちなみに特別条項もつけるつもりです。 ご教示下さい。宜しくお願いいたします。

  • 36協定の休日労働

    36協定の延長することができる時間の1ヵ月の上限は45時間ですが、 この45時間には所定休日労働(法定休日出勤含む)も含めるのでしょうか。 労働させることができる休日には、 (1)法定休日に関してのみ記載。 (2)法定休日を含む所定休日に関して記載。 どちらになるのでしょうか? 所定休日8日(法定休日4日含む)である場合 (1)1ヶ月に4日 (2)1ヶ月に8日 のように記載してよいものでしょうか?

  • 所定労働時間と割増賃金の解釈

    パート・アルバイトで4.5時間労働をしている者です。 質問【1】 就業規則には(抜粋)、 第○条 労働時間・休憩時間 1.1ヶ月単位の変形労働時間制を採用し、週の所定労働時間は1週間を平均して40時間以内とする。 2.各日の始業・終業及び休憩時間は職種(職場)ごとに勤務時間を定める。 3.従業員の勤務時間は、各現場の勤務表による。 とあり(以降、省略しますけれど)、ここには、2.及び3.における勤務時間について、勤務時間表は設置していないものの、雇用契約書には、 就業時間:8:00~12:30 と記載されていますので、この契約を所定労働時間と解釈できますか? (一般的には法定労働時間内で8時間を指しますが?) 質問【2】 第○条 時間外・休日労働 1.業務の都合により、第○条の所定労働時間を超え、または所定休日に労働させることがある。 第○条 割増賃金 1.時間外労働割増賃金(所定労働時間を超えて労働させた場合)   1日の平均給与を1日の平均所定労働時間で除してこれに1.25を乗ずる。 とあります。 従って、12:30 以降2時間とした場合(法定8時間を超えていない)でも割増賃金の対象になりますか?

  • 1日あたり残業は何時間まで出来るか

    36協定(時間外労働・休日労働に関する協定届)の 1日あたりの延長する事が出来る時間には1日10時間と書かれています。 (1)所定が8時間の場合、それにプラス10時間まで残業をしてよいという事でしょうか? (2)この欄が10時間の場合、土曜に休日出勤するとするとその時間は10時間しか 休日出勤をしてはいけないという意味でしょうか?(12時間働いてはダメ?) (3)1日あたりに延長する事が出来る時間の上限はあるのでしょうか? よろしくお願いします。 

  • 限度基準と改正労働基準法

     限度基準と改正労働基準法について教えていただけますか。 「特別条項つき36協定」を結んでいる場合、労基法改正に伴い (特別条項つき時間外労働協定で時間外労働限度基準を超える時間外労働に対する割り増し賃金率も定める)となっていますが (1) 割り増し賃金率を定めるとは、労基署届ける協定書に記載しなけれ ばならないのか。 (2) 協定書には、法定労働時間を超える時間・回数等を記載しているの に、なぜ割り増し賃金率も記載しなければいけないのか。 (3) 割り増し賃金率を明確にしてなかった場合、どのような問題が想定 されるか。 以上3点です。基本的な労基法改正は理解できるのですが・・・・ 教えてください。

  • 時間外労働に関する協定届について教えて頂きたく書き込み致しました。

    時間外労働に関する協定届について教えて頂きたく書き込み致しました。 私の会社の36協定等を担当していた人がやめてしまい、4月からの協定届を作成していて変な個所を見つけたのですが、それが正しいのか教えて頂ければと思います。 私の会社は建設業で1年単位の変形労働時間制に関する協定と時間外労働に関する協定届をしています。 それによると、1日の所定労働時間は7時間30分で、対象期間中の総労働日数は278日で週40時間の制限はクリアしていると思われます。 しかし、時間外労働に関する協定届の延長することができる時間の1日の欄に10時間と記載されておりました。 過去の監督署に提出した書類にも10時間とありました。受理印がおされてあります。 このままの判断だと、残業を10時間させれる事になると思うのですが、これは間違いじゃないのでしょうか? ちなみに、1日を超える一定期間1ヶ月は42時間、1年は320時間とあります。 私は所定時間も含めて1日の労働時間が10時間だと解釈しておりましたが、他の方は所定労働時間の他に10時間時間外労働が出来るのだと言ってました。 どちらが正しいでしょうか? 長くなりましたが、どなたたか詳しい方おりましたら、教えてください。 宜しくお願い致します。