• 締切済み
  • 暇なときにでも

All it does is..?構文について

文法がわかりません!! 最近英語の歌を聞きながら英語の勉強をしています。 "When our friends talk about you all it does is just tear me down"-Bruno Mars'When I was your man'より 意訳すると、「友達が君のことを話すのは、とても辛い」みたいな意味になると思うのですが、どうしても"all it does is ..."のところがひっかかります。 これはALL+S+V+be動詞+目的語の構文なのでしょうか?であれば、tear downが動詞?なので to tear me downで不定詞にしなくてもいいのでしょうか? もしくはdoesは強調で使われているのでしょうか?? それともネイティブっぽい省略や使いまわしがあるのでしょうか?? tear downが「取り壊す」という意味なのも初めて知ったので、使い方もよくわかっていないのですが。。 動詞が二つ並んでくると一気に意味がわからなくなってしまいます。。 どなたかこの構文と正確な意味をわかりやすく教えてください!!よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数744
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.2

All you have to do is ... What I can do for you is ... この後にくるのは文法的には「~すること」 だから,to 原形か,動名詞 ing ということになります。 でも,ing は用いられず,to 原形か,単なる原形です。 こういう補語となる「~すること」は中~高2レベルくらいまでなら, 不定詞も動名詞も同じと習いますが,「未来に向かってすること」なら不定詞, 普段からしていることなら動名詞と区別されます。 だから,My hobby is ~ing がふさわしく,My dream is to ~がふさわしいです。 そして,最初の2つの例は ing より to ~がふさわしくなります。 そして,この to がないときも多いです。 まあ,単純には to の省略でもいいですし,特にアメリカなら略されるとも説明されます。 文法的に完全に説明することは難しいのですが, この構造の場合,前に do という原形があることが多く, この do と is をはさんで原形が関連している, 単純に 名詞的な主語=名詞的な補語 と結ぶのでなく,こういう原形と原形が対応している。 単純には all it does is (to) tear ~とお考えください。 友だちがあなたのことを話すとき, そのことがもたらすのは,私の胸をはり裂かせることだけだ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱりTOは省略されていたのですね。有難うございました。

  • 回答No.1

これはとてもよく使われる言葉なのですが、 この場合は、「いつも泣けてくる」と訳すのが一番いいかと思います。 all it does is は「ずっと」とか「いつも」とかという意味になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ネイティブでないと、なかなかこの表現は自然にでてこないですね。。 もう覚えてしまうしかないですねw ありがとうございました。

関連するQ&A

  • Is it me、or does theの意味は?

    Is it me、or does the~とたまに見かけるのですが、どういう訳になるのでしょうか? 本文とme(私自身)とはかけ離れているため気になりました。

  • That's all there is to it

    はじめての質問で少し緊張しています。 お力添え頂けたら大変に助かります。 (That's) all there is to it. このセンテンス、「それで全部」「そんだけ」のような 意味の成句らしいのですが、文法構造が分からず、 すっきりしません・・・ 文法的にはどのような解釈(主語や動詞の関係性、何が何に掛かって・・・など)になるでしょうか?

  • It is to me or ~ の意味は?

    英語のアニメを観ていて <<春に、陽の当る家の軒先で友人同士でまったりしているシーン>> A: ‘Ah, is it to me or it's gotten super warm out lately.’ B: ‘Yeah, it has.’ という会話がありました。 「is it to me or」 の部分の意味がよくわかりません。ご教授ください。 アニメの内容から意訳するとこんな感じになるのかなとは思うのですが…… A「あ~(そう感じるのは)私だけかも知れないけど、最近外超暖かくなってきてるよね?」 B「そーだね」 また、似た表現で「Is it just me, or…」というものを見つけました。 http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa487096.html 同じ意味なのでしょうか? よろしくお願いします。

  • It wasn't all romantic.

    すぐ下で質問になっている "It wasn't all romantic." 私はこう回答するつもりでした。 S is all ~. しょっちゅう質問になっていますが, 多くの人がこの all を後の形容詞などにかかっている(副詞) としか感じられないようです。 そういう可能性もありますが,~にくる部分には制約があります。 おもに一時的な状態を表す語で,前置詞句であることが多く, 形容詞ならなんでもというわけにはいきません。 alone とか excited ならいいと思います。 もう一つの可能性は主語と同格。 We all went there. 一般動詞なら主語の直後。 all of us としてもいい。 be 動詞の場合も all of us としてもいいのですが, そうでない場合, We are all well. のように,be 動詞の後にきます。 be 動詞が一般動詞より弱く発音されることによるリズム的な問題です。 だから,be に強勢がおかれれば, We all ARE well. でもいいです。 今回も, 「それがすべて,ロマンティックではなかった。」 it はその時の状況をまとめて表します。 ばくぜんと単数 it なのであり,all が使えます。 もちろん,all the country「その国すべて」のように,all 単数 も普通に使えるわけですが。 普通,all といえば部分否定で,「全否定」と感じるのは日本語からの錯覚, と誤って考えている人が多いですが,英語でも日本語と同様, all でも全否定の場合があります。 今回も微妙で,まさしく日本語で 「(それ)すべてがバラ色ではなかった」 というとおり,「すべてそうでない」という全否定, 「すべてというわけでない」という部分否定,どちらにも取れます。 とにかく,この all は主語 it と同格を表す代名詞。 再帰代名詞の強意用法と同じ。 副詞的なように見えて,主語があって初めて存在できるもの。 すぐに締め切りになりましたが,いかが思われますか。

  • Itを用いた構文

    高校英語文法の参考書の表示です。 ・Itを用いた構文(1) ←仮主語(形式主語)   It is difficult to understand his book. ・Itを用いた構文(2) ←仮主語ではなく、「予備のIt]   It seems that he knows the hact.  他にappears,happen,chance,followがある。 とありました。   「仮主語のIt」と「予備のIt」はどのように違うのでしょうか教えてください。よろしくお願いします。

  • It is~for人 to~

    よくあるit is構文ですが、 It is easy for me to study English. for me を最後に持って来たら文法的には間違いなのでしょうか。 It is easy to study English for me. 何も考えずに、一つの形としてIt is~for 人 to~ で覚えてきましたが、 for人を「形容詞とto」の間に入れる「べき」なのか、入れた方が「ベター」 なのかどちらなのでしょうか。 形容詞とtoの間に入れた方が意味としては伝わりやすいと思うのですが、 実際にテストなどでfor meを一番最後に持って来たら、×になるのでしょうか。 教えていただけますとうれしいです。 よろしくお願いします!

  • Doesとis。も一つ電話にて

    〇What does VCR mean? この文を見つけたのですが、これは What is VCR?とできますよね? (VCRはビデオカセットレコーダ) 根本的な基礎が理解できてない自分ですが、 What is this(〇〇)?のthisの部分を名詞などに変えて 〇〇は何?ってききますよね? ただ、meanでVCRってどういう意味? って聞くときはdoesなんですか? HeやSheなどの時はDoesで疑問文作りますが、 物になると考えてしまいます。 ................................................. 〇電話で、出た時に”Hey it's me” これは、”俺だっ”という感じですか? ”俺だけど””私だけど”という感じですか? 映画みてて、何かうっとうしい感じの電話のでかた してたので、気になりました。 Heyを取ってしまえばいいのかな? 基礎ですがよくわかっていません。 よろしくお願いします。

  • It sure is の語順について

    It sure is(does) という決まり文句があります。 sureは副詞にもなるし、形容詞にもなる単語です 一般に副詞の位置はbe動詞の後ろ、一般動詞の前に来ますので、doesの場合は副詞と考えれば説明つきますが、be動詞に対しても同じ位置にあるのは、語順がおかしいように思います。形容詞ならなおさらこの位置に来るのは不自然です。 なぜこのような語順になっているのでしょうか? 倒置の1種なのでしょうか?

  • all it takes to send us

    添付記事の下から4パラグラフの文章に関しての文法解釈に付いてです。 http://www.chron.com/opinion/outlook/article/Krugman-5691790.php http://okwave.jp/qa/q8727744.html All it would take is a few bad shocks and/or policy missteps to send us down the same path. ↓ 【・・・・申し上げたように、 all (that) it would take to send ... is a few bad shocks and/or policy missteps take の後に必要なものがくる。 関係代名詞の目的格を補えるので見かけは take の目的語が欠けた形。 all you need is ~を考えればわかること。 そして、その「必要なことすべて」が a few bad shocks and/or policy missteps ・・・・・】 質問文を下記のように置き換えて意味を説明されたようです。構文解釈はできますが、意味をなさない文ではないかと悩んでいます。 All it takes to send us down the same path is a few bad shocks and/or policy missteps. ■特に、下記4点について解説の上で意味をなすのか知りたいです。 (1)itが何を指すのかについて (2)allの用法 (他の英単語に置き換えてください) (3)take 意味(他の分かり安い英単語に置き換てください。) (4) 主語が”All”で主部が”All it takes to send us down the same path”と理解をしています。間違いであれば指摘をしてください。 「置き換えた文章は正しい文章なんですか?」 が質問となりますので間違いの無いようにお願いします。 尚、お礼は火曜日の午後以降となりますので悪しからず。

  • What is it about A and B? の構文

    下記の会話はNHKで放送された文法講座のスキット内会話です。 A: Would you mind if I asked you something? ちょっと聞いてもいいかな? B: No. Go ahead. いいわよ。どうぞ。 A: What is it about this cat and shrines? この猫と神社の関係はなに? B: I really wouldn’t know. But this isn’t a shrine. 本当にわからないの。でもこれは神社ではないのよ。 A: Really? What is it then? 本当に? じゃあ何なの? B: It’s a Buddhist temple. これは仏教の寺院よ。 上記の中のWhat is it about this cat and shrines? この猫と神社の関係はなに?について質問します。 What is it は「何なの」という意味で、itは漠然とした状況を表すitではないかと推測しています。 直訳を試みてみると、「この猫と神社についてなに?」となり意味をなしていません。 (意訳と思われる訳の中で、aboutが「関係」と訳されているのも理解できません。) 直訳付きでこの構文解説をお願いできませんか。