-PR-
解決済み

アトピー性皮膚炎の治療について

  • 困ってます
  • 質問No.79430
  • 閲覧数270
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 33% (3/9)

妻及び2人の子供がアトピー性皮膚炎にて悩んでいます。
妻は顔に症状がでています。
子供(長男7歳)は手の部分に症状が出ています、そして喘息の症状も出ています。
(長女2歳)は顔の頬の部分に症状が出ています。
お風呂上りなど体が非常にかゆいようです。
長男は保育園の年長までは喘息の症状はなく体に湿疹等で悩んでいましたが現在は手の甲部分の湿疹で他の部分は痒いようですが長女のようなことはないようです。
ただ喘息の症状は昼間及び特に明方ひどいようです。
私も、10年くらい前から花粉症になりました。
家族全員がアレルギー症状があるようです。
長男は現在近所の病院に通院していますが(月2程度喘息の発作止め用薬をもらう程度)、親としてなんとかアトピー及び喘息の症状を軽くしてやりたい、出来れば完治させたいと思っていますが良いアドバイス等有りましたら教えて下さい。
通報する
  • 回答数7
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
レベル8

ベストアンサー率 23% (8/34)

家族そろってだと次の4つの要因を考えることができます。
1)環境汚染:家のなかのホコリ、カビ、微生物、喫煙、毒性のガスを発する建材、農薬、大気汚染、水汚染。
この要因に対する抵抗力は人によって違いますが、丈夫な人でも、大量の有毒物質にさらされ続ければ、最後にはアレルギー様の反応が出ます。いずれにしても、空気と水の浄化装置を使用する、無農薬有機栽培の食品を食べる、など取り除くことのできる汚染要因を取り除くのが賢明です。
環境汚染物質に対する抵抗力を強化する、DefendOl という製品を試してご覧になるのもいいと思います。

2)心身のストレス:環境汚染もストレスの原因になりますが、そのほか、環境や人間関係に大きな変化があった、最近引っ越した、不幸があった、病気や怪我をしたなど。
ストレスは内分泌系のバランスを崩し、体の抵抗力を弱めます。従って、ストレスの原因を取り除き、ストレスが溜まらない生活習慣を確立するのも健康維持に欠かせないことです。言うはやすく行うは難しですが。。。家族そろってリラックスして楽しめる時間を作ると良いかも知れません。

3)栄養の偏り:食べるものに気を付けていても、貧弱な土壌で化学肥料を使って栽培され、加工されて、長期保存される今日の食物の栄養価は低下する一方です。必須アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルは1つでも不足しているものがあると、それを必要とする生化学反応に支障をきたし、神経や筋肉、内臓の働き、組織の形成、ホルモンや酵素の合成その他、体のすべての機能に影響しますから、しばらく総合栄養剤で栄養の補給をしてみると良いかもしれません。

さらに気管支の内側を被う粘膜や皮膚などの結合組織では、コラーゲンなどサルファ(イオウ)を必要とする物質が重要な役割をしますので、アレルギーや喘息には、MSMという有機サルファの栄養補助剤を使用すると効果がある場合があります。

4)遺伝的体質:これは補正できませんが、アレルギーは出たり出なかったりしますから、遺伝的体質だけに責任を持たせることは、見当違いでしょう。
お礼コメント
ekopi-

お礼率 33% (3/9)

参考になるご意見を頂きありがとうございます。
投稿日時 - 2001-05-24 22:18:01
-PR-
-PR-

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

特にアトピーでは、ステロイド使用が非常に怖い事のように言われていますが、これは大間違いです。適切なステロイド使用は非常に効果が大きく副作用もほとんどありません。

よく、「全くステロイドを使わない安全な治療」なんてうたってる広告がありますが、そういう病院にかかってどんどん悪化する例が後を絶ちません。

また、喘息でもほとんど副作用のない(使用料が非常に少ないから)吸入ステロイドなどが開発されており、すでに使われています。

ですから、変にステロイド剤に恐怖心を持たないで適切に使って頂ける病院にかかられることをお勧めします。
  • 回答No.2
レベル5

ベストアンサー率 50% (2/4)

アトピー皮膚炎ではお困りですね、アトピーとは過敏症と判断してください、皮膚が弱く外界からの刺激で痒くなりますがお風呂から出た時は身体が温まり皮膚が過敏になり痒くなりますので常に身体の表面を保湿し乾燥を防いでください、薬剤として皮膚への刺激がなく無香料の物を選んでください、処方剤や売薬でも色々ありますが個人差がありますのでお験しください、喘息の場合アレルゲン(抗原)を医師に特定してもらいig値を確認しハウスダクト等の除去を気長に治療してください、アトピーは色々な情報が多く迷う事が多いですが免疫を高める事が一番です、顔に出た時は洗剤は使用せず水で洗い無添加保湿剤クリームを少量使用する程度大丈夫です、酷い時は効力の一番弱いステロイドを必ず医師に使用方法を確認し塗布量を少ない形で使用すれば良いと思います
お礼コメント
ekopi-

お礼率 33% (3/9)

ステロイドは出来れば使用したくないのですが、あまり症状が酷い場合は必要かもしれませんね。
ご意見ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-05-24 22:21:44
  • 回答No.3

直接的な回答ではありませんが、TOPページで「アトピー」と入れて検索すると沢山Hitしますので参考にして下さい。

「ステロイド剤」の使用に関しては、「万能薬」でしょうがやはり副作用が強いですので慎重にされた方が良いと思います。
それ以外の方法で、経験者の皆さんの回答を参考にされることをお勧めします。

ご参考まで。 

お大事に。
  • 回答No.4
レベル6

ベストアンサー率 38% (5/13)

家族全員が、何らかのアレルギー症状が見られるのであれば、それは多分、食生活に問題があると思います。冷凍食品、コンビニ弁当、レトルト食品、即席ラーメンやファストフード、食材では、肉類、甘いもの、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品等々を多く取っていませんか?
いちど、食生活を見直されては。。。 粗食をおすすめします。
根本の原因をたたない限り、薬で治療しても、また再発すると思います。

喘息についてですが、わたしも子供の頃、小児喘息だったので、その苦しさがよくわかります。喘息になると、なった人にしかわかりませんが、首をしめて殺された方が楽だと思うくらい苦しいのです。これの克服法ですが、私の場合、水泳や運動である程度、症状が楽になりました。いきなり激しい運動をするといけませんが、徐々にやっていけば問題ないと思います。
水泳がやっぱり一番かも。。喘息治療には呼吸法が、大事なので。。

すこしでも参考になれば幸いです。
下の、URLも参考に。。
  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 14% (40/283)

こんいちわ。m(_ _)m。アトピー及び喘息とは・・うちの下の子もそうです。
手の甲、曲がる部分、耳切れ・・典型てきなアトピーです。喘息は最近いわれました。素人ですが、アレルギー体質だと喘息も少々関係があるようです。そして、アトピーは遺伝性な部分が大半ですよね。どちらかがアレルギー体質だと確率てきにはアレルギーは付き物かもしれません。よく、空気のきれいなところに移り住んだという人もいますよね。環境が改善の一番だとも聞きます。でも、なかなか、それができないのも現実。きちんと、皆さんがどのアレルギーに一番反応するのか追求して、その原因を除去する方法が一番だと思います。うちはまだ、軽度なんでそこまでで無かったのは運がよかったのでしょう。すごくアトピーとかは大変ですが、みんなで一緒になって乗り越えれば苦痛と思わなくなると思います。がんばってください。
  • 回答No.7
レベル8

ベストアンサー率 23% (8/34)

ANo.#6 への追加として、私の体験をお話しします。

環境汚染に関連して
大人になってから花粉症のようなアレルギーに2度(2箇所で)掛かりました。1度目は、古いカーペットが引いてあったアパートから引っ越したら再発しなくなりました。2度目は、古くなっていた集中冷暖房システムを通気官も含めてすべて新しくしたら再発しなくなりました。

ストレスに関連して
大学受験準備と引越しが重なったときに、お風呂に入ると脚のすねが無性に痒くなり、血が出るほど掻いても、掻き足りないという症状が出たことがあります。医者に相談したところ、心配するような病気が背景にあるとは思われないので、様子を見るようにといわれました。これは受験シーズンの終わりとともに消えました。

お役に立てば幸いです。
お礼コメント
ekopi-

お礼率 33% (3/9)

経験者としてのアドバイスありがとうございました。
投稿日時 - 2001-05-24 22:14:54
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
美容・健康に関する悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ