• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

犯罪報道の情報量

先日、「付審判制度」申し立て関係で地方検察庁に弁護士同伴で訪問した時のことです 刑事事件被疑者の移送中で、施設内に入る瞬間を通りすがりで見る機会がありました 移送担当の刑事が報道関係者のカメラから被疑者の顔などが晒されないように厳重にコートで隠していました  しかし、その事件の被疑者の写真が堂々と新聞社に掲載されています せっかく検察・警察も人権配慮しているのに報道する側が、ガンクビ(顔写真)を公開するのも問題行為です  よっぽど報道側の方が人権蹂躙と批判される余地はあるわけですが・・・・ 前説は自重して質問は二つ (1)上記のような報道各社のガンクビ公開報道は道徳的にも法的にも問題が指摘できますが、貴方は報道側・もしくは行政側の配慮についてどう思われますか? (2)事件報道で被疑者の職業が付加されます。事件と関係性がある職業もしくは公人であれば仕方ないにしても、被疑者報道に職業は必要でしょうか? 必要であるならば、必要である理由を添えて回答ください (3)認知症などの高齢者の制限行為能力者による刑事事件報道については実名報道には問題が指摘できます。現状、事件発生すれば、制限行為能力者の判断なしに実名報道されていますが、その適否は? 仮に可能・もしくは適切というならば、理由を よろちくびです  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数272
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

逮捕行為そのものは、犯人と決めるだけの証拠に基づいて執行されている(裁判全体での無罪になる確率はきわめて低い)と思われるが、有罪が確定していない段階であることを考慮すれば、 (1)上記のような報道各社のガンクビ公開報道は道徳的にも法的にも問題が指摘できますが、貴方は報道側・もしくは行政側の配慮についてどう思われますか?  ↓ 報道の実名報道、ガンクビ公開報道は問題があるし、行政側の行動は当然と言えます。 (2)事件報道で被疑者の職業が付加されます。事件と関係性がある職業もしくは公人であれば仕方ないにしても、被疑者報道に職業は必要でしょうか? 必要であるならば、必要である理由を添えて回答ください  ↓ 法の下の平等の原則から、職業によって区別するのは妥当性を欠くものと思います。 ただし、報道各社が自己の判断と責任で(警察が発表したからなどの責任転嫁をしないなら)報道すると言うことであれば、ケースバイケース可能と思われます。 (3)認知症などの高齢者の制限行為能力者による刑事事件報道については実名報道には問題が指摘できます。現状、事件発生すれば、制限行為能力者の判断なしに実名報道されていますが、その適否は?  ↓ 実名報道する必要性があるのか疑問に思います というところですね。 質問には関係ありませんが、殺人事件などの報道では、被害者の事を何も考慮しないで野次馬根性丸出しで報道する姿勢にはほとほとあきれるばかりです。これでは、遺族は身内が亡くなったことと、スキャンダルの暴露という二重苦に苛まれるのではないでしょうか。どうにかなりませんかね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました

質問者からの補足

>被害者の事を何も考慮しないで野次馬根性丸出しで報道する姿勢にはほとほとあきれるばかりです。これでは、遺族は身内が亡くなったことと、スキャンダルの暴露という二重苦に苛まれるのではないでしょうか。どうにかなりませんかね? 被害者人権を叫ぶ報道機関は多いわけですが、残虐な被害者画像などは遺族への配慮がかけている事例が多いように見受けます 将来、日本が思想的内乱状態になった時に、無残な被害者写真が晒されることで”怨恨の連鎖”が深まってしまうような悲しい報道は避けたいものです あと、出来れば、被害者の遺影は、遺族の同意の元での公開・可能なら遺族が希望する遺影で公開されるのが望ましいように思います

関連するQ&A

  •  刑事事件報道に関して

     刑事事件報道に関して 刑事事件報道で 検察に移送の際に、被疑者に毛布をかける現場映像がよくテレビで報道されます。 しかし、一方で警察側が毛布をかけて面が割れないように配慮しているにも関わらず、被疑者の正面写真がテロップに映し出されるケースが多くあります。 せめて、移送時に毛布で被疑者の顔を隠しているならば、正面写真を出すべきではないと思うのですが? 視聴者の『知る権利』として被疑者の段階で顔を知ることが妥当なのでしょうか? 推定無罪の原則論を考えれば、有罪が確定、もしくは起訴・処分確定まで、顔が出るような報道は裂けるべきだと思いますが、如何でしょうか?  

  • 逮捕時の実名報道

    テレビニュースや新聞報道では毎日のように被疑者逮捕を伝える報道があります。 被疑者が未成年の場合や心神喪失の可能性がある場合を除いて、実名報道がなされています。 日本の刑事訴訟法では、有罪判決確定前は無罪の推定が働きますから、本来であれば有罪が確定した後に初めて実名報道がなされるべきだと思うのですが、実際にはそうはなっていません。 しかも、逮捕された被疑者であっても不起訴処分になる者も多く、社会的に注目されている事件や著名人でもない限り、後に不起訴処分になっても、不起訴の事実が報道されることはまずありません(平成23年版犯罪白書によれば、不起訴率は63.8%です。もちろん、このなかには逮捕されていない者、報道されていない者がいることは承知の上ですが、実名報道された後に不起訴処分になっている者が相当数いることは、間違いないはずです)。 そもそも、報道を受け取る側(国民)が、無罪の推定を正しく理解いているのならばまだいいのですが、現実の社会はそうはなっておらず、まだまだ「逮捕=犯人」との認識が根強くあります。 そのような社会で、後に不起訴になったとしても、逮捕時に実名報道がなされれば、その後社会生活を送る上でさまざまな場面において不利益を被ることは容易に予測できます(特に最近ではインターネットの発達により、過去の逮捕歴を知られる蓋然性が各段に高くなっています)。 よくよく考えてみると、実名報道は捜査機関が行う報道発表に基づいて行われています。 捜査機関は、無罪の推定が働くなかで、何を根拠に実名や職業といった被疑者の情報を報道発表しているのでしょうか。 実社会における逮捕のイメージ、その後の社会生活での不利益が上述のとおりである以上、被疑者段階での実名による報道発表は、捜査機関による社会的制裁以外の何物でもないと思うのですが、なぜそれがまかり通っているのでしょうか。 なお、あらかじめ申し上げておきたいのですが、ここでの話の本旨は、「報道の自由」にはおいておりません。 あくまで被疑者段階における捜査機関が行う実名による報道発表の是非を問いたいと考えています。

  • 犯罪報道のあり方について

     新聞・テレビ等の犯罪報道について質問です。  容疑者は裁判で有罪が確定するまで無罪と推定されるはずなのに、なぜ逮捕された段階で名前や顔が報道されてしまうのでしょうか?  こうした報道は著しい人権侵害だ、と私は考えているのですが、あまりにも当たり前に行なわれているので、今では私の考えが間違っているのだろうかと思えてきました。  マスコミ各社はこうした報道に疑問を感じていないのでしょうか。改めていこうという動きはないのでしょうか。なぜ容疑者の段階で顔や名前を報道しなければならいのでしょう。その必要性はどこにあるのか? 性別と年齢程度のデータを提示すれば充分なのではないでしょうか。裁判で有罪が確定した段階で、改めて顔と名前を報道するべきだと思うのですが……。  こうした犯罪報道のあり方について皆さんはどうお考えになっていますか。自由にご意見を述べていただけたら幸いです。  それから、もう一点、疑問なのですが、成人が容疑者の場合であってもたまに実名が出ずに伏せられる場合がありますよね。  名前が出る場合と隠される場合の使い分けは、どのような基準によってなされているのでしょうか? 「こういう事件の場合は出す、こういう事件は出さない」といったマスコミ各社の内規みたいなものがあるんでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

(1)顔も含め、個人情報の公開はすべて反対です。 というのも、冤罪被害のほとんどが報道によるものだからです。 逮捕時点ではあくまでも「容疑者」であって、「疑わしい人間」でしかありません。 これを犯罪者のように扱い全国に報道することによって、 裁判前に有罪と同等の社会的評価を与えてしまっているのが現状です。 公益性を考えても「○○事件の犯人が逮捕された」という事実さえあれば十分ですし、 その時点で名前など出してしまうことはリスクに対してメリットが少なすぎるでしょう。 報道被害さえなければ無罪になってからの社会復帰はかなり容易になります。 (2)職業差別に繋がるという側面はありますが、 職業によって犯罪率が違うというデータとしての現実もありますので、 その業界に対しての牽制の意味でも公開する意味はあると思います。 (3)心身喪失が認められるほどの人間であれば実名公開されることでの信用被害は無いので 公開することにさほど問題は感じられません。 心身もう弱であれば減刑措置こそあっても犯罪者としての立場は変わらないですから、 やはり実名公開するべきでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました

質問者からの補足

特定される個人の職業は個人情報では? 個人情報法 第二条  この法律において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。 特殊な職業であれば、個人を特定しえるでしょう。資格を要する職業であれば、高いレベルで個人を特定できるはずです なお、行政のガイドラインでも職業は個人情報です >犯罪者としての立場は変わらない 犯罪者としての立場は、制限行為能力者では法定では違いますよね? そもそも、自然人として欠格事由が存在する以上は、その欠格内容に適した処理が行われるのが当然でしょう  そもそも、推定無罪原則の段階では、実名公開は必然性がないと思いますよ 職業は個人情報ですし、「職業によって犯罪率が違うというデータとしての現実」もその職業と犯罪率の因果性が明白ではない以上は、根拠なき偏見でしょう

  • 回答No.3

警察がプレス発表で顔などを教えなければ「知る権利」がある、と当局を非難。 教えたら、教えたで「人権問題」「推定無罪だ」と当局を非難。 リベラル人間って、我がまま極まりない >しかし、その事件の被疑者の写真が堂々と新聞社に掲載されています これも、今度は「人権蹂躙である」「推定無罪」を無視するのか!!と非難。 >(1)上記のような報道各社のガンクビ公開報道は道徳的にも法的にも問題が指摘できますが、貴方は報道側・もしくは行政側の配慮についてどう思われますか? 保守、行政側が控えていると、報道の自由、知る権利を大義名分として教えろ、と要求するサヨク派 保守、行政側がオープンにすると、「人権蹂躙」「推定無罪」に反する、と非難するサヨク派 >(2)事件報道で被疑者の職業が付加されます。事件と関係性がある職業もしくは公人であれば仕方ないにしても、被疑者報道に職業は必要でしょうか? これも(1)と同じ >(3)認知症などの高齢者の制限行為能力者による刑事事件報道については実名報道には問題が指摘できます。現状、事件発生すれば、制限行為能力者の判断なしに実名報道されていますが、その適否は? 仮に可能・もしくは適切というならば、理由を これも(1)同様。 概して、サヨク派は行政のやることなすことに難癖付けたがる屁理屈屋 詭弁を弄し、如何にも自分らは正当派であることを主張している、との自己保身に走りたがる勝手屋 どちらとも受け取れる内容で、如何にも自分は正義派を気取って質問のスレを立て、自己満足に浸る、優越感を味わう、問題提起を社会に発信して社会派を気取る。かといって正答のないどちらとも受取れる低い次元の問題を提起、自己満足に浸ってる。 ↑ 法的には問題ないが、道義的にはどうだろう、ってことばかり。 重箱の隅を突いてくだらない内容について、問題提起をする。 自分と同じ思想の輩から回答がくれば褒め称えられるが、違う思想の輩から回答が来れば激しい罵詈雑言を与えられるどうでもいいようなくだらない質問内容。 サヨク否、リベラル派って、自分勝手に都合良く論理を構成、内容的には我が儘ばかりを自己主張。 ホント、なんて面倒くさい人種なんだろう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

残念ながら、理由を・・・との質問に理由を提示できない回答のようで 日本語が不自由のようで・・残念です ご苦労様

  • 回答No.1
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21832)

”前説は自重して質問は二つ”     ↑ 三つの間違いではないですか? (1)上記のような報道各社のガンクビ公開報道は道徳的にも法的にも問題が  指摘できますが、貴方は報道側・もしくは行政側の配慮についてどう思われますか?     ↑ 道徳的にはともかく、刑事事件ですから、法的には問題が無いと思われます。 だからこそ、報道している訳でしょう。 ただ、犯人だと判った訳ではないのですから、自制して 欲しいですね。 少なくとも、マスコミ独自の取材により、犯人と確信する だけの根拠が必要だと思われます。 (2)事件報道で被疑者の職業が付加されます。事件と関係性がある職業もしくは  公人であれば仕方ないにしても、被疑者報道に職業は必要でしょうか?     ↑ その人の人となりを知るには、職業は最適です。 必要だと思います。 (3)認知症などの高齢者の制限行為能力者による刑事事件報道については 実名報道には問題が指摘できます。 現状、事件発生すれば、制限行為能力者の判断なしに実名報道されていますが、 その適否は?   ↑ これも法的問題は無いと思われます。 道徳的には、問題があります。 警察発表鵜呑みでなく、マスコミ独自の取材が 期待されるところです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました

質問者からの補足

>その人の人となりを知るには、職業は最適です。 具体的にどうやって知れるのでしょうか?左官屋さんの人となりを知っているのですか?団体職員の人となりを知っているのですか? 単なる妄想では?

関連するQ&A

  • 報道の仕方について

    ポルシェを所有している韓国籍の男が生活保護費を詐取していたとして逮捕されましたが、この事件の報道について田崎という評論家が「被疑者の国籍を報道することには反対。なぜなら偏見を助長し、特定の感情を誘発する恐れがあるから。その行為自体が問題なのであって、国籍は関係ない」という趣旨の発言をしていました。この意見に賛成の方にその理由をうかがいます。 1.被疑者がどこの国籍であっても、また犯罪の種類を問わず報道の必要はないと考えますか? 2.国籍は関係ないというなら、性別、年齢、職業等、被疑者の属性は一切関係なく「こういう事件がありました」という単純な事実のみを報道すればよいということですか? それぞれの質問にYESであってもNOであってもその理由もあわせてお答えください。

  • 実名報道に関して質問なんですが、よくニュースとかで実名で報道されていま

    実名報道に関して質問なんですが、よくニュースとかで実名で報道されていますが、その逮捕者の実名や住所等の個人情報はどうやって入手するのでしょうか? 又、逮捕された人(被疑者)が希望で被疑者の名前や住所などの情報等を秘匿することできるのでしょうか? 教えてください。 お願いします。

  • 刑事裁判の流れ

    刑事事件で検察の取り調べを受け、裁判となる場合に国選弁護人がつくのはどの時点で? 今ちょうど栃木の女児殺害事件の被疑者が取り調べを受けてますが、既に弁護士がついてます。 いつどのように選定されるのですか? 取り調べは、弁護士がついてから行われるものですか?

  • 福祉犯に実名報道について

    福祉犯の実名報道について教えてください。 児童買春や、青少年育成保護条例に違反した、被疑者の実名がよく報道されています。 教職者やお堅い団体の役員さんなどだと、必ず報道されるのでしょうが、まったく普通の方で、一罪だけの方も時折実名が公表されています。年間で考えると、被疑者は1500人以上なのかと思うのですが、どのような基準で選択しているのでしょう?警察から発表された、逮捕者リストから取捨していると聞きましたが、その基準を教えてください。 また、たとえば校長の息子だった場合、被疑者には社会的な地位はまったく一般の人だと思います。。亡くなった有名人の家族だったりした場合、社会的影響も被疑者は持っていないと思います。このような場合は、マスコミとしては発表する優先順位として上位になるのでしょうか? また、警察の発表でも、逮捕者のプロフィールに「~~小学校の校長の息子」等合わせて発表するのでしょうか?それともマスコミの方が調べて発表するのでしょうか?

  • 報道してくれそうなマスコミ

    検察が5年で時効が成立する刑事事件の案件を時効が 3年だと勘違いをして不起訴理由に「時効完成」と書いてきました。 検察の不祥事なので検察が謝ってこない場合 マスコミに報道してもらおうと考えています。 テレビ、新聞社、雑誌、どこのマスコミなら 報道してくれるか教えてください。

  • この行為は何かの法に触れますか?

    刑事事件で不起訴になった被疑者がいて 告訴人が不起訴処分通知書をコピーして 被疑者の勤める会社の人50人くらいに 郵送で送り不起訴の事実を告げると何かの法に触れますか?

  • 弁護人が接見内容を明かすことについて。

    近頃、凶悪刑事事件の弁護人がマスコミに対し被疑者や被告人との接見内容を明かすことが多いですが、これって合法なのでしょうか。

  • 軽微な刑事事件でも‥

    軽微な刑事事件でも、逮捕状が出て、警察が家に勝手に入ってくることってありますか? 被害届が出ていた場合…軽微な事件なら放置されてそのままのこともありますか? 例え被疑者が誰か分かっていても…

  • 小沢秘書らの逮捕に関してですが。

    小沢秘書らの逮捕に関してですが。 1、捜査機関、警察、特に検察は、被疑者の供述調書に関しては、守秘義務が課せられているのではないでしょうか?刑事訴訟法ではなかったでしょうか? 2、何故、マスメディアは、被疑者の「 」付の発言を、報道することができるのでしょうか? 3、検察がリークしているのか、マスメディア、報道機関が勝手に書いたり放映しているのでしょうか? 4、どちらなのでしょうか?この点に関して専門の方がおれば、御教示願えればありがたいのですが?

  • 少年犯罪の実名報道について(成人後)

    類似する質問はいくつかあったのですが、知りたい内容とは少し違うので、カテゴリーは迷いましたがこちらで質問させていただきます。 昨日、山口県光市母子殺人事件の最高裁法廷がありました。 事件発生は99年で当時18歳の少年(現在25歳)の犯行ですが、裁判が長引いた等で20歳を過ぎた場合でも実名報道(テレビ、新聞等)されないのは何故ですか? 私が考える理由は、 1.犯行時は未成年のため、成人になっても実名報道されない 2.検察、裁判所、弁護士等が実名報道しないよう要請している 3.報道側の自主規制 以上3点ですが、ほかに考えられる理由がありますか? 個人的には、20歳すぎても捜査中あるいは裁判中の場合には実名報道するべきだと思っています。よく加害者のプライバシー・人権などと言う人がいますが、加害者のプライバシーを尊重するのであれば、加害者・被害者を含め一切の実名報道をすべきではないと思います。 もうひとつ質問ですが、未成年者が指名手配された場合も実名報道されませんか?(もしかして、そもそも未成年者は指名手配なんてされない?) 長くなりましたが、回答と認識違い等あれば指摘願います。 よろしくお願いします。