• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

酢酸ナトリウムの解離定数

酢酸ナトリウム水溶液のpHを求める際に http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1017288800 このページに書かれてあるように ナトリウムは全解離しているものとして計算を行います。 酢酸イオンとプロトンは平衡反応に対して、 酢酸イオンとナトリウムイオンは平衡反応ではないのはなぜなのでしょうか? 例えば、300 mM KCl水溶液に酢酸ナトリウムを溶解したものであっても ナトリウムイオンは全解離なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1332
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1620/3278)

> そこの詳細な理由を知りたいのです。 それだけを書いた教科書というのも,まず考えられない (読者がいるとも思えない) し, そこだけを説明するというのは無理もいいところで,やはり基礎化学の基本をきちんとすべてやらないとだめでしょうね. まず,無機化学.これは原子構造や配位化学の基礎までは必須です.そして溶液構造論も. 同時に物理化学も.熱力学と統計力学はマストですが,原子構造の理解や配位化学の理解のためにも,量子力学も必須です. まあ,こういう観点では無機化学と物理化学という区分にはほとんど意味がないですが. 有機化学や生化学は,この問題の本質を考察する上ではさほど役に立ちません.物理化学でも,反応速度論のあたりはとりあえずは横に置いていいでしょう.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1620/3278)

酢酸が解離イオンと分子の両方で溶けていられるのは、そういう性質の分子だからです。 Na+との違いがなぜ生じるのかといえば、それはかなり根源的な話になり、簡単に説明するのはむりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そういう性質の分子だと言われればそれまでなのですが そこの詳細な理由を知りたいのです。 解説が書かれてある書籍があれば教えていただけないでしょうか?

  • 回答No.1
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1620/3278)

Na+ は全解離です.そうでないときは溶けきらない時です. それが Na+ というものの性質だからです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 でも酢酸はプロトンが解離しなくても溶液中に溶解するわけですよね? Na+とは何が違うのでしょうか?

関連するQ&A

  • 解離定数について。

    酢酸を水酸化ナトリウムで滴定し、データから酸解離定数を求める実験をしました。すると、水酸化ナトリウムの滴下量が増えるに従い、酸解離定数が小さくなっていき、班によっては負の値が出てしまうところもありました。なぜでしょうか?資料の値は1.75*10^-5なのですが、等量点まではそれの2倍ぐらいの値、それ以降は、10^-12まで下がりました。ナトリウムイオンの存在が原因と考えているのですが、それがどう影響するのか悩んでます。イオン強度が変わるからですか?

  • 解離定数pKa?

    0.1モル/Lの酢酸水溶液25mLに、0.1モル/LのNaOH水溶液20mLを滴下したときのpHを求めよ。ただし、酢酸の酸解離定数pKa=4.8(一定)である。 という問題がわからなくて困っています。 回答では         〔H+〕〔CH3COOH-〕      Ka= ―――――――――           〔CH3COOH〕 を式変形して、〔H+〕= の形にして、両辺-logをとればpHが出る。 となっているのですが、肝心の酢酸と酢酸イオンの濃度の求め方も、NaOHがどこで計算されたのかもわかりません。 解き方か、それに類似した問題について知ってる方がいましたら御回答下さい、よろしくお願いします。

  • pHを知りたい。解離定数?

    最近、次亜塩酸ナトリウム(0.04%)と酢酸(1%)を混合させた場合のpHがいくつになるのか質問しました。回答いただいたものですが、化学に無知な私にとって以下の計算をすることすらできません。 是非、お教え下さい。 次亜塩素酸ナトリウムと酢酸のモル濃度は、結構薄いので密度を1とすると、それぞれ0.00537mol/L、0.167mol/Lとなるので、酢酸が過剰です。 したがって混合液中には、HClO、CH3COOH、CH3COONaが存在することになります。 各溶質の解離状況は HClO ⇔ H+ + ClO- CH3COOH ⇔ H+ + CH3COO- CH3COONa → Na+ + CH3COO- (⇔は平衡) HClO、CH3COOHの解離定数をそれぞれK1、K2とすると K1=[H+][ClO-]/[HClO] K2=[H+][CH3COO-]/[CH3COOH] K1、K2は定数で、[CH3COO-]はCH3COONaがほぼ完全に解離することからCH3COONaの濃度とほぼ同じ、[HClO]、[CH3COOH]も反応式と元の濃度から求められるので、[H+](つまりpHも)計算できます。

  • pHの計算

    学校の宿題なんですけど。。 (1) 酢酸ナトリウムは水に溶解すると完全に電離して、ナトリウムと(A)を生じる。Aはさらに水と反応して(B)と水酸化イオンを生じる。 (2) いま、0,2mol/lの酢酸ナトリウム溶液を作り、その水溶液のpHを測定したところ、9,0であった。この水溶液のBの濃度は(C)mol/lである。 Aは酢酸イオン、Bは酢酸 まではわかったんですけど、Cの求め方がちょっとわかんないんです。どなたかよろしくお願いします。

  • 酸解離定数の問題がわかりません。

     (1)0.10Mの一塩其酸HAの水溶液がある。この水溶液の水素イオン濃度は    いくらか。但し、HAの解離定数Kaは1.00×10^-5Mとする。  (2)0.40Mの酢酸の水溶液10mlに300mlの蒸留水を加えた。この酢酸の水溶液    のpHはいくらか。但し、酢酸の酸解離定数を1.8×10^-5Mとする。  (3)0.10Mの酢酸溶液が10mlある。この溶液に水酸化ナトリウムを加えたところ    pHが4.00となった。この溶液中の酢酸イオン濃度を求めよ。但し、加えた    水酸化ナトリウム水溶液の体積を無視できるものとする。酢酸の酸解離定数    を1.8×10^-5Мとする。    月曜日までに提出の化学の問題なのですがわからなくて困っています。    どうか教えてください(汗)    

  • 酢酸+酢酸ナトリウム+水 大学入試範囲

    大学入試範囲です 「問題 酢酸の電離定数を2.0×10^-5mol/L 水のイオン積を1.0×10^-14(mol/L)^2とする。 酢酸と酢酸ナトリウムの水溶液の水素イオン濃度を求めよ。 ただし酢酸のモル濃度は0.10mol/L 酢酸ナトリウムのモル濃度は0.10mol/Lとする。」 この問題の回答では起こる反応は 酢酸ナトリウムの電離、酢酸の電離(可逆反応)、水の電離(可逆反応) だけとして解いていたのですが 酢酸ナトリウム由来の酢酸イオンは水素イオンと反応しませんか?(加水分解)

  • 緩衝溶液の考え方

    緩衝溶液を考えるとき、 酢酸の電離平衡式・・・(1) 酢酸イオンの加水分解の反応式・・・(2) 酢酸ナトリウムの電離式・・・(3) とおき、 酢酸水溶液に酢酸ナトリウムを加えた際、(3)により、(1)で平衡が左に移動する。そしてそれによって(2)も左に平衡が移動し、結果的に溶液内の酢酸分子はもともとの酢酸溶液ので、酢酸イオンは酢酸ナトリウムによるものとなりますが、 この言う順序で話を進めれば、納得はいってますが、 逆に酢酸ナトリウムを加えた際に、(3)により、先に(2)を考えてしまうと、(2)は平衡が右に移動したことになり、そうすると、(1)も平衡が右に移動したことになって、先の議論と全く違う方向へとおかしな(おそらく愚かな)話にいって混乱してしまいました。回答よろしくお願いします。 それと加えて酢酸の(電離平衡定数)>(酢酸イオンの加水分解の平衡定数)となりますが、これはここの反応では何か役立つでしょうか。 上記の二件回答お願いしますm

  • 酸解離定数と反応速度の関係

    アニリン塩酸塩と酢酸ナトリウムを反応させるとアニリン、酢酸、塩化ナトリウムが生成します。 アニリン塩酸塩のPkaが4.66で酢酸のPkaが4.76です。 この反応は平衡で左に偏っているのですが、これはPkaに依存して起こる結果なのですか?もしそうなら、なぜ、酸が強い方に平衡が偏るのかを教えていただきたいです。

  • 無水酢酸ナトリウムの構造

    無水酢酸ナトリウムの化学式を教えてください。 無水酢酸のどこにナトリウムがついているのでしょうか? 無水酢酸はわかります。 無水酢酸ナトリウムとグルコースの反応式も教えてほしいのです。 有機化学の教科書を一生懸命見ているのですが どうしてもわかりません。 どちらかだけでもお願いします。 もし、この本に載っているよ、とご存知でしたらそちらを教えていただければ 自分で調べることもしますので、お知恵をお貸しください。

  • 酢酸の解離熱について

    酢酸の電離平衡で、温度依存性から解離熱を実験で求めたのですがΔHが正となりました。三点の値から最小自乗法で求めたのですが、三点が直線になっていないため、本当にΔHが正で、この酢酸の電離平衡が吸熱反応なのか判断しかねます。 文献やネットで探してもヒットせず、困っています。どなたか、酢酸の解離熱の理論値をご存知の方いらっしゃいませんか?ぜひ、ご教授お願いします。