• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

稽留流産・・・手術か自然流産か

  • 質問No.7577728
  • 閲覧数9187
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 88% (75/85)

こんにちは。

現在9週目頃で稽留流産と確定しました。
胎嚢、卵黄嚢を確認し、胎芽、心拍は確認できないままの流産でした。
胎嚢の大きさは3センチほどです。

病院では、手術をすると内膜が薄くなってしまう可能性もあるため、自然流産を待つほうがよいと
いわれました。ただ、手術を望むようであれば手術もするということでした。

色々ネットで調べてみますと、稽留流産の方ではほとんどが手術をされているようですし、反対に
なるべく早いうちにきれいにしたほうがいいいというようなことも書かれています。

もう30代後半とかなり高年齢ですし、次の妊娠もなるべく早く望んでいます。

よりリスクが少ないのはどちらの方法なのでしょうか?
また稽留流産された方はどちらを選ばれましたか?その後妊娠はすぐできましたか?

どうぞお教えいただきますようお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 55% (5/9)

こんにちは。とても残念でしたね。お気持ち察します。

私も今年の初めにけいりゅう流産と診断され、手術を受けました。
赤ちゃんが育っていないのが発覚したのは12週位でしたが、実際成長が止まっていたのは6~7週辺り、海外在住で日本のように頻繁に検診等がないため発覚が遅れました。
ドクターからは、手術、薬を使う方法、そして自然に出るのを待つのとすべてのメリットデメリットを説明してもらいました。

私もそうでしたが、流産となってから自然に出てくるまで、どれくらいの時間がかかるか分からないということ、自然に待った場合、(薬を使った場合も)ものすごい痛みと大量出血に見舞われる可能性が高いこと、そして、もし全てが綺麗に出なければ、結局手術をしなければいけないということで、私は手術を選びました。

私の場合、回復も順調で、Deer様もおっしゃっているように、私の体もとても敏感になり、
排卵痛や排卵出血も見られるようになって、妊娠しやすい体になったように感じていました。
そして手術から6ヵ月後の今、妊娠6週です。
手術後2回の生理を見送って、3周期目での妊娠です。

質問者様も今は心身ともにつらい時期かと思いますが、
このつらい体験から回復して、かわいい赤ちゃんが早くやってきてくれるといいですね。
お礼コメント
komakikodo

お礼率 88% (75/85)

ありがとうございます。

主人と話し合って、手術をする方向で進めることになりました。

心配はありますが、次回のために早いうちに体を整えたいと思います。
温かい言葉ありがとうございました。
投稿日時:2012/07/09 07:13

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 73% (3801/5160)

こんばんは。

一昔前では、掻爬手術をしたものですが、
欧米ではその場合も自然流産を待つようにと指示されているのが主流ですので
こちらでもそのような感じになってきたのではないですかね。

早い目に掻爬手術するという点では、死亡した胎児は体にはもはや遺物扱いとなります。
そのため抗体ができてしまうというのではという点から早く掻爬手術をした方が良いということだと思います。
絨毛が増えるのもある状態も良くはないという観点からでしょう。
リスクとメリットとはその辺だけになると思います。

41歳で繋留流産(10週1日)した時は、すぐに掻爬手術になりました。
結果はそれまでの体調に大きな変化がありました。
生理周期はビタ28周期に、生理痛が皆無になり、生理量が多すぎるということもなくなり、
排卵痛や排卵時が判るほど敏感になったこと、
まるで妊娠してください!というような体調になりましたよ。
掻爬手術後、半年後以降には9回ほど妊娠しています。
歳が歳なので流産ばかりでしたがね^^;。
掻爬手術から約5年後には出産もしていますよ。
お礼コメント
komakikodo

お礼率 88% (75/85)

ありがとうございます。

海外では手術をしないのが主流なのですね。
周りの友人でも稽留流産した人が数人いるのですが、ほとんどが手術をしているため、自然流産を待っていていいのかなと心配になっていました。

主人とも話し合って、手術をする方向で進めたいと思っています。

ありがとうございました。
投稿日時:2012/07/09 07:09
  • 回答No.1

ベストアンサー率 43% (3347/7720)

他カテゴリのカテゴリマスター
>よりリスクが少ないのはどちらの方法なのでしょうか?

医者ではないので判断は出来ませんし、
専門的な診断にかかわるような回答は禁止事項とされています。
主治医の方針に納得がいかないのでしたら、
専門科のセカンドオピニオンを求めたほうがいいかもしれません。

どこへ求めたらいいか心当たりが無いのでしたら、
加入している医療保険や生命保険会社に電話相談サービスのようなものがあると思います。
そちらで尋ねてみてください。

私の場合は29歳で12週でしたが、
胎盤剥離によって突然大量出血のおそれがあるとのことで手術をいたしました。
生理周期が回復したらすぐに妊娠しても良いと言われ、その後34歳で自然妊娠して出産しました。
でも個人差があると思います。
出来るだけ納得のいく治療を受けて今後に備えてくださいね。
お体をいたわってお過ごしくださいますように。
お礼コメント
komakikodo

お礼率 88% (75/85)

ありがとうございます。

別の産婦人科へいきセカンドオピニオンを求めましたが、そちらでは手術をした方がリスクが少ないという考えでした。

主人とも話し合い手術をするという方向で進めたいと思います。


アドバイスありがとうございました。
投稿日時:2012/07/09 07:06
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ