解決済み

弁護し選びに迷ってます。アドバイス下さい

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7562139
  • 閲覧数400
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 74% (56/75)

離婚調停を起こし不成立になりそうなので、、訴訟を起こすために市の無料弁護士の先生に
2人会いました。

私は実家に帰り(山口県)、旦那は、神奈川県です。
現在は神奈川に住んでいますので、弁護士の日当などを考え、
神奈川に居る間に、弁護士を探そうと思っています。

市の無料相談所で、一人は、横浜市の弁護士で、遠方でも
来なくても対応するといわれました。短い期間だったので
本当かどうなのかはわかりません。話しやすい感じの若い弁護士でした。
弁護士事務所の主な得意分野を見てみると、交通事故や、案件処理を経験に持つ
弁護士事務所のようです。離婚については、14項目のうち8項目目に記載してました。


もう一人の先生は、家からも近く、別居するまで1回ぐらいしかないですが、
時間も苦労することなく相談できそうですが、3~4回直接話しに来てもらいたいと
言われました。電話でも良いけど・・・といった若い弁護士です。
自分から言わないとなにを悩んでいるか伝わりにくいといった感じでした。
質問した内容には、的確には答えた貰いました。遠方だし3~4回は
神奈川にはきついかなと思ってます。でも、この事件には私が勝訴するだろうとは
言ってもらえました。事務所のHPはざっくりな感じで、どの事件にも対応しますのような
感じでした。

どちらかで決めたいのですが、まだ先生を探す方が良いでしょうか?

どちらも男性なので、女性の先生にも聞いてみたほうが良いでしょうか?
離婚専門の先生にお願いするというのは有効なのでしょうか?

先生選びに迷い始めたのでアドバイスお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 43% (1739/3974)

弁護士さん選びは、弁護士さんが掲げている看板(専門とする紛争案件。例えば、離婚専門とか。)で判断せず、あなたがご相談されて、あなたのことを聞いてくれて、あなたの考えを共有してくれる弁護士さんが良い様に思います。離婚専門と謳っている弁護士さんは、お金のある人には一生懸命だけど、お金の無い人には適当だ。と、聞いたことがあります。

例に取り上げられている最初の弁護士さんは、任せておけ。と、いうタイプですので、弁護士さんのお考え方を中心にした裁判が予想されます。あなたの考えは、余り考慮されないタイプではないでしょうか。

2番目にあげていらっしゃる弁護士さんは、あなたと相談しながら問題に対応していこう。と、いう姿勢が見受けられます。ホームページが丁寧であるとかザックリとかは弁護士さんの能力に関係ありません。きれいにしているのはあくまでもお客さん受けが良いようにしているだけです。能力とは別問題です。

弁護士さんは、原則どの様な事件でも対応します。しかし、現実は得意不得意はあります。どの様な事件を多く手がけてきたかが分かればその道に関しては詳しいはずです。必ず勝たせます。とか、勝ちますという弁護士さんは頼りがいのある様に思いがちですが、信頼度は如何なものでしょうか。

究極は、あなたが何でも話せること。そして、あなたの事件に興味を持ち分かりやすく説明してくれる人だと思います。いずれにしても、弁護士さんを頼んだから丸投げすると失敗します。あなたの方から、何々をどうして欲しいとかの希望を書面で提出しなければ、どの弁護士さんに依頼されても形式上の裁判に終わるでしょう。夫婦の内情を弁護士さんはご存じないのですから・・。

裁判結果に納得できなくても法律は「こうなっています。」と、言われたりすると泣くに泣けません。大阪市の橋下市長が書かれた本に、弁護士と政治家は嘘をつくのが商売。と、いう文書がありますが、真にそういう側面がありますので、弁護士選びは慎重になさった方が良いでしょう。
お礼コメント
yuri0001

お礼率 74% (56/75)

いつも返事ありがとうございます。

17日に最後の調停と決めています。

両両親は、親権だけの問題で訴訟を起こさなくても良いと話をまとめています。

後は、やんわりと旦那に親権は母親にあるほうが一番だと伝えて、

調停で旦那の意見を聞いたうえ、不成立なら訴訟を起こす準備を始めます。

もう1度市の弁護士に相談してみようと思ってます。

ぴったりな弁護士に会えると良いのですが。

報酬も含め聞いて見ます。
投稿日時 - 2012-07-06 01:17:49

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1

弁護士報酬は、今は自由にきめられます。着手金いくら、成功報酬いくら
ご主人が所得や資産が多くてたくさん慰謝料をもらえそうなら離婚専門のプロに
たいした金額でなければ普通の市民派(共産党系)弁護士がまじめでいいです。

うちは、再婚相手の先夫の養育費不払いの件で市民弁護士に相談して以来、相続だの
時効の阻止の公示送達だの、はては遺言書の作成までいろいろお世話になってます。
ひとり信頼できる弁護士がいると有難いです。みつけたら毎年お中元かかさずに
おくりましょう。
お礼コメント
yuri0001

お礼率 74% (56/75)

共産党系の弁護士さんが良いとか駄目だとか言う意見で

少しこんがらがってますが、もう少しぴったりな弁護士さんに会えるように

探してみます。お中元が出来るような弁護士さんに会えるのが、理想ですね。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-07-06 01:27:32

  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 25% (174/695)

私も弁護士を利用したことがありますが、私の利用した状況を以下にお知らせします。
やはり経験的に言うと、的確な答えを出してくれる弁護士がいいですね。最初の弁護士は16項目もあげてますが、逆に言えば、得意不得意も関係なく何でも食いつく~つまり、一応やるが、表面的にしか対応してくれない心配があります。しかも、来なくてもいいとかは、やはり本当にちゃんとやってくれるか心配ですよね。後者の方は、的確な答えもあり親身になって相談に乗ってくれそうですね。
なお、神奈川・横浜でしたら、最初は無料の個人弁護士もあるのでは無いでしょうか。或いは、30分5250円で、ある程度、経験豊富な年配(40代~50代)の弁護士に当たって、そこから決めるのもいいです。若い弁護士は経験が少ないから意外と押しが弱い、或いは相手のペースでやられてしまう懸念もありますが、中年は、それなりの場数を踏んでますからね。
 また、弁護士報酬も最初にしっかり聞いて確認しておいて方がいいです。最近、弁護士間の競争過多のため、けっこう弁護士報酬を多く取るところもありますからね。
 最後に、共産党の弁護士はダメですね。いかにも庶民の味方ですとの素振りをしながら、やっかいな事になると逃げてしまうのです。しかも、共産党の加入を働きかけられたら面倒ですからね。
 以下は、一般的な弁護士依頼に当たっての私の経験からまとめたものです。参考になれば幸いです。
◎無料相談
1 まず、市区(町)では、大体の自治体が無料相談日を設け、委託した弁護士が来て相談にのってくれるシステムがあります。概ね一人30分の時間です。けっこう相談者が多いため予約制が多いですので、まずは市区(町)役所の市民(相談)課などに電話して無料相談の有無について聞き、相談可能なら早速に予約した方がいいです。また、自治体によっては、同じ案件でも日を改めて、繰り返し相談できるようです。

2 次に、街の開業弁護士に個人的に相談しようとする場合、弁護士によっては、月2、3回の無料相談日(一人1時間位)を設けている親切な弁護士がいます。そのため、電話帳やネットなどで、県内や近隣にそうした弁護士がいるかどうか調べ、見つかれば有り難いです。早速に、電話で問い合わせして予約を入れ相談にのってもらいます(良心的で、問題はありません。)。ネットのgoogleで、例えば「弁護士  無料」と入力して検索すると、出てきます。
しかし、この無料相談弁護士は、東京とかの大都市にはいると思います(私は東京で利用しました。)が、地域差がありすべての県にいるとは限りませんので、いない場合はやむをえないです。
◎有料相談
3 周辺に無料相談の弁護士がいない場合は、次に一般的な有料の方法となりますが、短時間で安価で弁護士に相談にのってもらう制度があります。弁護士規定で、大体30分相談で5,250円というものです。ですから、1時間の場合は1万500円です。ここでのアドバイスで解決することも多く、この段階で解決の糸口がつかめれば費用負担も大きくなく有り難いものです。

4 でも、やはりもっと有利にと、どうしても本格的に弁護士に頼むこととなる場合は、どこの弁護士に頼むか、また、弁護士報酬はどうかという不安(心配)があります。
(1)まず、【弁護士の紹介・斡旋】ですが、上で述べた2又は3で相談した弁護士が適任と思えば、その弁護士に引き続きお願いしたらいいです。でも、他の弁護士にしたい場合は、各都道府県に、国が出資し設立した公的法人である「法テラスhttp://www.houterasu.or.jp/」という所があり電話相談や弁護士対応をしてくれます(但し、この法テラスは、民事法律扶助と言って低所得者を対象に法律相談しています。参考までに。)。
また、同じく各都道府県に日弁連設置の「弁護士会法律相談センター」(ネット検索可)が有り、ここでも電話(東京でしたら、03-5367-5290)で簡単な争訟内容を聞いた上(5分程度)、貴方のエリアに近い有料の弁護士を割り振ってくれますので、貴方の状況に応じ、いずれかに電話してみると良いと思います。

(2)次に、【有料の弁護士の報酬】の問題です。
この報酬額は個々の弁護士の自由裁量でまちまちでして、ここで注意しなければならないのは弁護士によって、着手金のほか、報酬として成果型と定額制のニ種類があるということです。 
○「成果型」とは、いわば報酬の出来高払いです。
まず着手金は、以前は、争訟金額の8%(しかし、最低は10万円)(例;100万円の損害賠償請求でしたら8万円。でも、最低は10万円なので10万円)支払い、結果報酬額としては、負担を免れることとなった(或いは利益を得ることとなった)金額の16%(例;貴方の負担が60万円軽減された(或いは逆に、賠償請求で60万円得ることができた)場合は、60万円×0.16=9万6千円の報酬支払い)という相場がありましたが、これは現在撤廃され、個々の弁護士が自由に設定できるので、着手金、報酬額(割合)が一律というわけにはいきません。
 報酬割合について16%のところもあるでしょうし、それ以上の割合(%)を求める弁護士もいると思います。
 ○一方の「定額制」とは最初から、訴訟結果如何にかかわらず最初に提示した固定の金額を報酬としてもらうシステムです。
そのため、貴方が敗訴や負担額(請求額)が思ったより多く(少なく)不満の場合も、最初に約束した金額を契約に従い支払うことになってしまいます。
どちらがいいかは、あなたの考えや、弁護士との話し合い次第です(私個人の体験からすれば、最初の「成果型」をお薦めし、「定額制)は適当とは思いません。)。

いずれにしろ、1,2,3,4の順で、弁護士への相談を進めていけば、最初から弁護士費用の負担に悩まなくてもいいと思います。
お礼コメント
yuri0001

お礼率 74% (56/75)

法テラスの相談に1度行った事があります。

とても的確に教えてもらいました。

本当なら訴訟を起こさなくても良い位の案件なんだけど、

旦那が頑固で話にならないので、親権について判決を

下さないと頭を打たない人のようで困っています。

今は、3の段階まで来ているので、次の調停で終わりにしようと思っているので、

市の弁護士と行ければ法テラスに行きたいと思ってます。

自分にぴったりな先生に出会えれば良いのですが><

丁寧なアドバイスありがとうございました。
投稿日時 - 2012-07-06 01:22:55
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
あなたが夫婦・家族について思うことをコメントしてみませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ