• 締切済み
  • 困ってます

sure ofと that節

ある人とのdiscussionで結局どちらが正しいかわからないことがあります。 例えば、I am sure of his success.と I am sure that he will succeed.です。この使い分けができません。他にも、positive ofやconfident ofなどもそうです。どう違うのでしょうか?以下は私の考えですが、正しいでしょうか? I am confident of his success.は、どちらかというと主観的な響きがあり、「私はこう思う」と主張するカジュアルな表現。 I am confident that he will succeed.はthat節を使うことによって、客観的な響きを伴う。彼が成功する可能性は誰の目にも高いと、暗に主張している。やや硬い、ビジネスライクな表現。 どなたか正しいところを教えて頂けませんか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数146
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • Oubli
  • ベストアンサー率31% (744/2382)

I am sure of his success. だと、「彼が成功したことは間違いない」なのか、「彼が成功することは間違いない」なのか決まらないですね。「彼の成功は間違いない」と日本語でいうのと同じだと思います。文脈上明らかであればいいですが、そうでなければthat節を使って時制を明らかにしないとちょっと変な感じでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • sure/確信しているのは誰?

    辞書の例文には、下記のように書かれています。 http://ejje.weblio.jp/content/sure He's sure of his success. 彼は成功の自信がある   →確信しているのは、「彼」 He's sure (that) he will succeed. 彼は自分が成功すると確信している   →確信しているのは、「彼」 He's sure to succeed. 彼はきっと成功する   →確信しているのは、「私(話し手)」 At that hotel he is sure of a good dinner. あのホテルで彼は必ずすばらしい食事にありつける.   →確信しているのは、「私(話し手)」 以上をもとに、法則性を見出すと、下記のようになると考えていいのですか? <主語> is sure that ・・・・・・ 「<主語>は・・・・・・になると確信している」 <主語> is sure to do ・・・・・・ 「私は、<主語>が・・・・・・すると確信している」 <主語> is sure of →「私が確信している」のか、「<主語>が確信している」のか文脈による という理解でよいのですか?

  • sureの用法

    (1)He's sure of success. (2)He's sure of his success この2つの文章に違いはあるのでしょうか? 微妙なニュアンスまで教えていただければと思います。 よろしくお願いします。

  • 英語の問題が分かりません。教えてください。

    次の各文の( )に適語を入れなさい。というものです。 (1)He described her ( ) a bright woman. (2)His opinion is similar ( ) yours. (3)I am confident ( ) his success. の3問です。回答よろしくお願いします。

  • 形容詞に続くthat節について

    I'm sure that he will succeed in business. こういう文は何で形容詞(ここではsure)の次にダイレクトにthat節が繋がるのですか?これはSVCの第2文型でいいのですか?

  • 添削お願いしいます

    He was confident and strong will that change their future in their own power. He had a power of expression to show clearly his audience that is he imaged a future vision 「彼は自分達の力で国の未来を変えるという決意と自信にあふれている。将来のビジョンをイメージとして明確に聴衆に見せる表現力がある。」 こちらの英文を添削お願いします。

  • 形容詞の後のthat節はいったい何者?

     I'm sure that he will succeed.のような形容詞の 後ろに来るthatはいったいどう解釈したらいいですか? 普通接続詞のthatは名詞節を導くと思うのですが、これは 別に主語にも目的語にも補語にもなってないと思うのですが・・・ それともこの場合は例外と考えるのが妥当ですか??  教えてください!!

  • I am confident that if...

    I am confident that if a teacher were to ask his pupils to make regular reports on himself he would discover that many unexpected details were blocking his effectiveness.Habits of dress, mannerisms of speech, intonations of voice - things easily corrected, but obstacles of importance when they are not - would be revealed to him. when they are notは、何を修飾してるのでしょうか。辞書を見たら形容詞説として名詞を修飾できると書いてあったのですが、obstaclesを修飾していると考えるのでしょうか。

  • Take control of your word

    "Take control of your words and be confident"の和訳をお願いします。 英語の表現方法を訂正された上で上記を言われました。

  • that節の書き換え、なぜこうなりますか。

    よろしくお願いします。 今、名詞節を勉強しています。 その中で、that節を前置詞句で書き換えが載っているのですがどうしてそうなるのか、理解できないところがあります。 よろしくお願いします。 1, He was reminded that he was in a foreign country. =He was reminded of being in a foreign country. このofの後がbeingになっているのは、ofという前置詞の後は名詞、または名詞相当語句がくるため、という理由であっていますか。 2, I am sure that you will get well soon. =I am sure of your getting well soon. この説明に、「主節と従属節の主語が異なる→所有格。時制が同じ」とあります。でも、この時制が同じとはどういうことですが、確信しているのは、今、良くなるのは、未来だと思うのですが。。。 3, He complains that the room is dirty. =He complains of the room being dirty. これは、2同様、主節と従属節の主語が異なる→目的格。時制が同じ」とあります。 これがよくわからないのですが、2では、従属節の意味上の主語が所有格になっているのに、どうして3では、目的格になっているのですか?それとも意味をとりまちがえていますか? 4, He informed me that she had arrived. =He informed me of her havingarrived. このherは所有格ですか?それとも、目的格ですか?2と3のどっちのパターンでしょうか。 お手数ですが、よろしくお願い致します。

  • quiteの語法

    quite の語法 宜しく御願いします。 問題 I've put on ______ a lot of weight that i can't wear this. 1, quite 2, so 3, such 4, as 答えは、suchでした。 そこで、質問なのですが、なぜquiteが誤答なのでしょうか。 quite a lot of weight という表現もあるので、a lot of を修飾することもできると思います。 また、 quite confident that 《be ~》〔that以下〕ということにかなり自信を持っている quite sure that 《be ~》〔that以下〕と確信している の表現があることから、後にthat節もとると思います。 辞書もみてみましたが、ダメな理由を探すのは難しく、よくわかりませんでした。 お手数ですが、どなたか教えて頂けると幸甚です。 宜しくお願いいたします。

専門家に質問してみよう