解決済み

as(for)+補語について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7338853
  • 閲覧数344
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 79% (19/24)

私はロイヤル英文法で文法を学んでいるですが、補語の項目でこのような事が書いてあります。

as,forの後に補語がくることがある。目的語を説明する慣用表現に見られるが、<as+補語>の形をとるものが特に注意を要する。
We regard the situation as serios.
We take air and water for granted.

ここで疑問に思ったのですが、これらの文のseriosとgrantedは補語で品詞は形容詞だと考えているんですが、前置詞の目的語に形容詞はこれるのでしょか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 63% (6646/10386)

実際こういう表現が可能で,
as や for の後に形容詞がくるのです。

品詞的には for ~は前置詞だし,as も「~として」という as +名詞と同じ意味です。

前置詞だけども,形容詞が続くということで,
逆にこのようなパターンを「補語」の一種だと説明するわけです。

前置詞の後には形容詞が可,と言ってしまえば楽なのですが,
実際にはこういうのは例外的です。

regard A as B
see A as B
think of A as B
define A as B
refer to A as B

take O for granted
give up for/as lost/dead

こういうパターンだけ,例外的なものとしてとらえてください。
as や for の後に形容詞がくることができる。

一種の SVOC 的な感覚で補語と扱われる。
(as ~まとめて補語なのか,~だけが補語なのか,
意見が分かれるところですが,考える意味はあまりありません)
お礼コメント
night1477

お礼率 79% (19/24)

例外的に前置詞の後ろに形容詞がくることがあるのですね。
なるほど、納得しました。
回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2012-03-02 23:51:30
感謝経済
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ