解決済み

土地を相続した場合の弥生会計の科目残高について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7337726
  • 閲覧数580
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 71% (82/114)

23年中に不動産収入のある土地を相続しました。(相続税の申告は済んでいます)
24年度から弥生会計を導入して管理を始めるのですが
科目残高の入力におきまして「有形固定資産」の「土地」に金額を入力する必要があります。
この金額は相続した土地(不動産収入のある分)の相続税評価額を入力すればよいのでしょうか?

また貸借対照表において23年期末にない資産が24年期首に計上されていることに不自然はありませんか?

ちなみにもともと個人事業をしており青色申告をしておりました。
23年度確定申告では決算書を事業・不動産と二枚作成しましたが
不動産の部分で貸借対照表が作成されておりませんでしたので65万円の控除が受けられませんでした。

アドバイスよろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 71% (1366/1910)

土地は帳簿に載せる必要はありません。土地は減価償却がなく所得計算に関係がないので、帳簿になくても支障ないからです。

つまり土地の価格そのものは弥生会計に入力する必要がないのです。これは弥生会計に限ったことではありません。

なお、不動産部分の貸借対照表ですが、国税庁HPの確定申告書作成コーナーでもそうですが、貸借対照表は事業所得分に1つにまとめて作成することができます。この1つだけの貸借対照表で65万円の控除が受けられます。ご参考まで。
お礼コメント
krtekkrtek

お礼率 71% (82/114)

知りたいことを明確に答えていただきとても助かりました。早速入力作業を進めたいと思います。ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-03-05 21:18:22
感謝経済
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ