• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

弥生会計の「資産管理」について

H22年度より弥生会計を導入した者です。 (昨年は白色申告で、会計ソフトも使ってませんでした) 前期に購入した不動産(土地・建物)を「資産管理」の欄へ登録をしたのですが貸借対照表の「1月1日 (期首)」に反映されません。 そればかりか、当期購入(資産管理へ登録済み)分も金額が不足してます。 何か設定や入力不足があるのでしょうか。 ちなみに「減価償却費の計算」の用紙は内容が全て合っております。 弥生会計11にて主に簡単取引で入力しております。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1024
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

”資産管理”はあくまでも資産管理の台帳であって、「これに登録すること=仕訳、初期勘定科目残高設定」ではありません。 仕訳とは連動していない、ただの固定資産一覧表と思ってください。 期中に購入したら購入の、売却したら売却の”仕訳”をする必要がありますし、弥生会計を途中から導入する場合は初期設定として各勘定科目の期首残高を手入力する必要があります。 減価償却費に関しても同様で、登録しておいて、「仕訳書き出し」*をすることで初めて減価償却費の仕訳が生成されます。 登録しておくだけではダメで、「仕訳書き出し」をしないと仕訳されません。(登録情報から額の計算はしてくれる) *今、手元に弥生がないので正式名称が分かりませんが、資産管理画面のメニューに減価償却費計上の仕訳を書き出すコマンドがあるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! 前年度以前分については資産の登録だけではダメだったんですね。 ずっとココで壁にあたっていたので助かりました! ちなみに、前年度以前に購入した資産については「 導入>科目残高入力 」で入り、その科目残高入力の画面にて手入力で金額を打ち込めばイイようになっていました。 本当に助かりました、ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 弥生会計の減価償却

    弥生会計で、固定資産を<固定資産管理>で登録せずに直接、期末に今期分の減価償却費を入力したいのですが、どのようにすれば良いかでしょうか? ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

  • 弥生会計07の棚卸資産について

    経理も弥生会計07も初めての初心者です 去年1年、本やサイトを参考に記帳して申告の為に 決算書を出力しましたが貸借対照表の棚卸資産が正常に 出力されません、どこが悪いのかご指摘いただければ幸いです 期首棚卸資産(164,483円)期末棚卸資産(126,373円)を振替伝票より入力 [借方勘定科目]   [借方金額] [貸方勘定科目] [貸方金額] 期首商品棚卸高   164,483   商品         164,483   商品         126,373  期末商品棚卸高  126,373 損益計算書では正常にプリントされていますが貸借対照表では 期首が0で期末が-38,110とプリントされてしまいます どこが間違っているのでしょうか?

  • 弥生会計07について

    弥生会計07プロフェッショナルを使用しています。貸借対照表、損益計算書は作成できますか?

  • 弥生会計での固定資産管理

    個人で飲食業を営んでおります。店の売上げの他に家賃収入があり、本年度の青色申告書を弥生会計で作成しております。減価償却費の計算を行う場合、一般用の資産と不動産用の資産を登録しようと思うのですが、エクステンションから固定資産管理を開いて固定資産登録を行うと、全て一般用の決算書に記載されてしまいます。不動産用の決算書に減価償却費の計算を行うためにはどのように設定すればよいのでしょうか。どなたか、教えてください。お願いします。

  • 弥生会計の固定資産管理について

    個人事業主です。開業時に課税事業者を選択し、弥生会計の固定資産管理で所得金額は税抜金額を入力していました。その後課税事業者の不適用の申請をし、現在税込で入力しているのですが、減価償却費の仕訳書出しは、固定資産管理よりそのまま税抜金額でしている事に気付きました。免税事業者になった時点で、税込金額に訂正しないといけなかったのでしょうか?また、今年度からでもいいのであれば、修正はどのように入力すればいいのでしょうか。

  • 弥生会計08 期中導入方法 

    昨年開院しました個人病院の会計を任されております。 初めて会計ソフトを導入する事となり、弥生会計08プロフェッショナルをいれましました。 付属の冊子の期中導入方法を読み、入力してみましたが、よくわからないのです。 残高が合わないのです。 入力するものが違うのでしょうか? まず、科目残高入力するにあたり、 1、前期繰越残高として入力するものは、何を参照して入力するのですか?   私は前期12月の貸借対照表を参照しまして残高を入力しました。   そうすると、弥生会計では事業主貸、事業主借の箇所が入力出来ない状態になっていました。   なぜなのでしょう? 2、貸借対照表の資本金の額を入力する箇所が弥生会計にありません。   この資本金額はどのようにするのですか? 3、科目残高入力の画面の左下に自動計算でてくる元入金とは何なのでしょう?    お恥ずかしながらこの段階から前に進めないのです。 弥生会計について、期中導入について、お詳しい方、 お力をお貸し下さい。

  • 弥生会計の仕訳について教えてください

    弥生会計を使用して会計処理をしているのですが、仕訳事務が分かりません。 今年度、車両を売却しました。 売却額406,885円で普通銀行に振込されました (固定資産情報として、車両取得価格2,382,719円、期首帳簿価額95,308円期中減少資産額77,438円、当期償却額17,870円、期末0円、償却累計額2,305,281円です) 下のように、仕訳アドバイザーで書いてみたのですが・・・? 仕訳 減価償却費  77,438円 減価償却累計額 77,438円 普通銀行  406,885円 車両運搬具   406,885円 減価償却累計額2,305,281円 ????? ????? 固定資産売却益 329,447円? 当方素人ですが、マニュアルを見ながら事務処理をしています どなたか、弥生会計の仕訳の登録の仕方を教えてくださいませ。

  • 土地を相続した場合の弥生会計の科目残高について

    23年中に不動産収入のある土地を相続しました。(相続税の申告は済んでいます) 24年度から弥生会計を導入して管理を始めるのですが 科目残高の入力におきまして「有形固定資産」の「土地」に金額を入力する必要があります。 この金額は相続した土地(不動産収入のある分)の相続税評価額を入力すればよいのでしょうか? また貸借対照表において23年期末にない資産が24年期首に計上されていることに不自然はありませんか? ちなみにもともと個人事業をしており青色申告をしておりました。 23年度確定申告では決算書を事業・不動産と二枚作成しましたが 不動産の部分で貸借対照表が作成されておりませんでしたので65万円の控除が受けられませんでした。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 弥生会計10 旧定額法 固定資産管理について

    旧定額法が適用されている固定資産が残存可能限度額95%に達した場合、1円まで償却する機能が弥生会計10にありません。弥生会計10なので平成19年度税制改正に対応しているはずですが、あえて1円まで償却する機能を作らなかった理由はなぜでしょうか。弥生会計利用者の方で旧定額法の95%後の均等償却をどのように対応しているか体験談があれば教えてください。 あとそんな機能はサポートしていない自力入力してやれという場合、 法人で償却限度額95%後の5年均等償却において、均等償却で算出された償却額以上の金額を任意に当期償却額に入力設定した場合、 任意に当期償却した金額すべて税法上の償却額として認められるでしょうか。それとも法人は会計上はいくら償却額を設定してもOKだけど税法上の償却限度額(均等償却算出償却額)を超えたので、超過分は当期償却超過額を計上しなければならないのか、どちらが正しい処理方法でしょうか。 法律の条文の裏づけがあるとうれしいです。 例)任意に当期償却した金額すべて税法上の償却額 当期の均等償却の算出償却額=15000円 当期償却額(任意で入力した金額)=30000円計上 例)当期償却超過額を計上しないとダメ 当期の均等償却の算出償却額=15000円 当期償却額(任意で入力した金額)=30000円計上 当期償却超過額=15000円計上

  • 弥生会計で貸借対照表に開業費がありません

    弥生会計6プロフェッショナルを使ってます。 今年初めての青色申告で決算報告書を印刷してるのですが、貸借対照表に開業費が科目ででてきません。 どうやらその他の資産に含まれているようです。 先日の確定申告の相談に行ったときに税理士の先生から弥生なら開業費として表示できるはずと言われましたがどうやったらいいのかわかりません。 どなたか教えてください。