• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

圧縮記帳

圧縮記帳というのは、法人税法特有のものなのでしょうか? 所得税法にはないのでしょうか?

  • a1b
  • お礼率74% (985/1325)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数3275
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんばんは。 所得税についても課税繰延の要請はありますから,所得税法では,法人税法のように圧縮記帳という用語は用いていませんが,国庫補助金等を総収入金額に算入しないとしつつ(所得税法42条1項),それによって取得した資産の減価償却費の計算およびそれを譲渡した場合の課税所得等の計算については,その取得価額から補助金の額を控除した金額をもって取得したものとみなす規定を定めています(同条5項)。これにより,国庫補助金等は,結果的に法人税法と同じ取扱いを受けることになります。 (国庫補助金等の総収入金額不算入) 第四十二条  居住者が、各年において固定資産(山林を含む。以下この条及び次条において同じ。)の取得又は改良に充てるための国又は地方公共団体の補助金又は給付金その他政令で定めるこれらに準ずるもの(以下この条及び次条において「国庫補助金等」という。)の交付を受け、その年においてその国庫補助金等をもつてその交付の目的に適合した固定資産の取得又は改良をした場合には、その国庫補助金等の返還を要しないことがその年十二月三十一日(その者が当該取得又は改良をした後その年の中途において死亡し又は出国をした場合には、その死亡又は出国の時)までに確定した場合に限り、その国庫補助金等のうちその固定資産の取得又は改良に充てた部分の金額に相当する金額は、その者の各種所得の金額の計算上、総収入金額に算入しない。 [以下略]

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 よく分かりました。

関連するQ&A

  • 圧縮記帳の処理について

    法人税法にお詳しい方がおられましたらよろしくお願いします。 複数の資産を取得し、これら全体に補助金をもらいました。 法人税法上、圧縮記帳をする場合、この補助金をどの資産の取得に係るものか按分する場合、特に指定がない場合、当方で任意に按分していいのでしょうか。 たとえば、300円の土地、耐用年数30年の500円の機械、耐用年数15年の200円の機械で合計1000円の取得価額のところに、補助金700円を一括で受け入れたとき、土地に対して、300円、耐用年数30年の機械に400円を充当するというようなことは税法上、可能でしょうか? もし根拠条文等がありましたら、ご教示願います。 よろしくお願いします。

  • 圧縮記帳について

    圧縮記帳とは、どういうことなのでしょうか?

  • 圧縮記帳について

    圧縮記帳の利益処分方式で処理した場合 圧縮積立金を積み立てたり取り崩したりして 圧縮記帳の効果と同等になりますが 具体的にどのような流れで処理してるのか アドバイスお願いします。 税効果会計が入ってくる場合もお願いします。

  • 減損会計と圧縮記帳について

    圧縮記帳(利益処分案)を過年度に実施し、当年度に減損が認識された資産についての取扱について困っています。 端的に言うと、圧縮記帳済みの減損対象資産に係る圧縮記帳積立金を取り崩すことが妥当かどうかです。 会計上、積立金は減損によって実現するため取り崩すことが妥当とは考えていますが、税法上では会計の利益処分案に基づいて取り崩すことが可能なのでしょうか?

  • 圧縮記帳

    圧縮記帳の経理処理の一つに、利益処分方式がありますが、これについて教えてください。

  • 圧縮記帳とは?

    決算書内で、たまに見かける『圧縮記帳』とはどういうものですか? またそれはどのように決算に反映されますか?簡単な数字で例示していただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 圧縮記帳と税額控除の併用は可能でしょうか。

    こんにちは ものづくり補助金にて、機械装置を購入します。 申請の流れ的に、先に機械を購入してそれで領収書を送って、補助金をいただくことになっております。 設備の導入のタイミング的に機械取得が当期、補助金受取が来期になります。 この補助金については、「国庫補助金の圧縮記帳(法人税法第42条)」を利用する予定ですが、この機械装置は、「中小企業投資促進税制(租税特別措置法第42条の6)」の要件に該当し、当社は資本金額が2000万円なので、税額控除ができるかと思います。 この場合、税額控除と圧縮記帳を両方利用することについて、何か制限はありますでしょうか?(特別償却を選択すると圧縮額が減ることは調べれましたが、税額控除の場合はどうなるのでしょうか。) お詳しい方お教えいただければ幸いです。

  • 圧縮記帳

    損金経理による方法で圧縮記帳をしています。 固定資産圧縮損は圧縮限度超過額がない場合 別表四などで調整する必要はないのですか? それとも圧縮損は損金算入で減算するのでしょうか? ご回答お待ちしております。

  • 圧縮記帳の方法

     固定資産の圧縮記帳を行うとき、直接減額方式と積立金方式がありますが経理方法の選択は法人の任意ですか?それとも資本金額等によって決まっているのですか大企業の場合は積立金方式をとらなければならないと聞いたんですが・・

  • 圧縮記帳と税額控除について

    (1) 圧縮記帳について、過去の質問を見てほぼ理解できましたが、回答で「即時の課税を避けるため、一定の方法で課税の繰延をすることができる法人税法上の制度です」とありました。  そこで質問なんですが、もともと赤字の会社ならやる意味はないのでしょうか? (2) IT投資促進税制のページを覗いてましたら、税額控除と特別償却の有利不利が書いてありまして、黒字なら(税額がでるなら?)税額控除が有利で、でないなら基本的に特別償却を選択することになる、とありました。  そこで質問なんですが、税額控除を受けても、その資産の償却は普通通りにやれるのでしょうか? つまり、税額控除を受けたがために、例えば取得価額が減額されてトータルの償却額が減るというようなことは生じないのでしょうか?初歩的な質問ですみませんが....。