• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

圧縮記帳について

圧縮記帳について (例)以下の仕訳を前提 実効税率(40%)、圧縮の処理は積立金方式 定率法・減価償却率 0.4(税務上の率を採用)  決算期3/31 4/1     現金    国庫補助金収入  100 4/1     建物    現金 1,000 4/1     法人税等調整額   繰延税金負債  40         繰越利益剰余金   圧縮積立金    60 3/31 減価償却費      減価償却累計額 400 圧縮積立金      繰越利益剰余金 ?? (1)  ??の金額はいくらになりますか? (2)  後、圧縮記帳した場合いかなる経理処理を用いても 税務上の資産の簿価は圧縮積立額まで減額されるので 建物の簿価は940になり、税務上の減価償却費は376 になりますか? (3)  また圧縮積立額の60は圧縮した期において申告書 において損金算入され、翌期以降会計上と税務上の資産の 簿価の差額分に伴う減価償却費分が超過額になり 損金不算入になり加算されるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1203
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

(1)  ??の金額はいくらになりますか? →圧縮積立金      繰越利益剰余金 24  →繰延税金負債    法人税等調整額 16 となります。 (2)  後、圧縮記帳した場合いかなる経理処理を用いても 税務上の資産の簿価は圧縮積立額まで減額されるので 建物の簿価は940になり、税務上の減価償却費は376 になりますか? →税務上の資産の簿価は940でなく、900です。圧縮積立額60ではなく、圧縮相当額100を控除します。(税務上は、剰余金の処分による積立額とこれに対応する税効果相当額の合計額を圧縮積立金として積み立てたものとして取り扱われます。ただし、明細書添付が条件)  従って、税務上の減価償却限度額は360となります。  一方、会計上の減価償却費は400ですから、  400-360=40←減価償却超過額  40×0.4=16←税効果分  40×0.6=24←積立金分  これが(1)の根拠です。 (3)  また圧縮積立額の60は圧縮した期において申告書 において損金算入され、翌期以降会計上と税務上の資産の 簿価の差額分に伴う減価償却費分が超過額になり 損金不算入になり加算されるのでしょうか? →圧縮した期の申告書において損金算入されるのは、圧縮相当額の100です。  翌期以降の取扱いの考え方はお書きの通りです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常にわかりやすい解説でとても参考になりました! 有難うございます!会社で税務担当になりわからないこと だらけですのでまた力になって頂く機会がありましたら 宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 圧縮記帳の税効果会計について

    会計期間は1年、決算日は3月31日であり、法定実効税率は40%とする。 (資料)X1年度(X1年4月1日からX2年3月31日まで) (1)X1年4月1日。国庫補助金1,000円の交付を現金で受け、自己資金2,000円とともに機械3,000円を取得し、代金は現金で支払った。なお、企業会計上、国庫補助金相当額について、積立金方式による圧縮記帳を行うことにした。また、法人税法上、国庫補助金相当額が損金算入となった。 (2)X2年3月31日決算。減価償却は耐用年数5年、残存価額10%の定額法による。また、圧縮積立金(税効果相当額控除後)を積み立てるとともに、減価償却費相当額を取り崩した。 (X1年4月1日)                    企業会計上                   法人税法上 現金1,000/国庫補助金収入1,000   現金1,000/国庫補助金収入1,000 機械3,000/現金3,000          機械3,000/現金3,000                            機械圧縮損1,000/機械1,000 法人税等調整額400/繰延税金負債400 (X2年3月31日) 企業会計上                   法人税法上 減価償却費540/累計額540       減価償却費360/累計額360    機械(企業会計上)               機械(法人税法上) 取得原価3,000/累計額540     取得原価3,000/圧縮損1,000            /簿価2,460               /累計額360                                    /簿価1,640 繰延税金負債72/法人税等調整額72 とあるのですが、ここで、繰延税金負債を(1,000-820)X40%=72と求めているのですが、なぜ1,000から820を引いて繰延税金負債を求めるのかわかりません。教えてください。

  • 圧縮記帳

    損金経理による方法で圧縮記帳をしています。 固定資産圧縮損は圧縮限度超過額がない場合 別表四などで調整する必要はないのですか? それとも圧縮損は損金算入で減算するのでしょうか? ご回答お待ちしております。

  • 圧縮記帳と建物の資産価値について

    通常、貸借対照表での建物簿価で、買換で圧縮記帳された建物の資産価値を考える場合、圧縮額には資産性が「有り」と考えるべきか「無し」と考えるべきかどちらが正しいのでしょうか 例えば、1000万円で取得、圧縮額300万円、貸借対照表の簿価700万円であれば一般的に資産価値は1000万円と見るのか700万円と見るのかどちらが正しいのでしょうか。(減価償却は正常にできているものとします) また、固定資産税の課税はどちらをベースになされるのでしょうか。

  • 新定率法の償却保障額と圧縮記帳

    新定率法における償却保証額の計算方法は 「取得価額×償却保証率」とありますが、該当資産について圧縮記帳を行っている場合の「取得価額」とは「原始取得価額」なのか「圧縮記帳による損金算入額控除後の取得価額」なのか、どちらになるのでしょうか?・・・ どなたかご教授ください。

  • 圧縮対象資産の償却計算(定率法の場合)

    圧縮記帳をした資産の定率法計算について質問いたします。 例 取得価額 1,000,000 圧縮額   100,000 旧定率法   0.250(8年) 1年目償却限度額 会計 250,000 税務 225,000 ※超過 25,000 ⇒圧縮取崩額 25,000 この状態であった場合、1年目の申告調整は 圧縮積立 100,000 認容 圧縮取崩  25,000 加算 圧縮積立金残高 75,000 となると思います。 その場合、翌期の考え方を教えてください。 税務の償却基礎となる金額は (1)期首簿価-圧縮による当初損金算入額⇒750,000-100,000=650,000 (2)期首簿価-期首圧縮残高⇒750,000-75,000=675,000 上記のうちどちらに対し、定率償却率を乗じて計算するのでしょうか?それともいずれも違うのでしょうか? よろしくお願いします。 

  • 税効果会計 圧縮記帳の積立金方式について教えてください

    初めまして。 表題の件で教えていただきたいです。 仮に 国庫補助金を1000円受け取り、2000円の建物を購入(残存価額10%、耐用年数10年)したとします。(法人税等は40%) そうするとまず 現金預金1000 / 国庫補助金収入1000 建物2000 / 現金預金2000 法人税等調整額400 / 繰延税金負債400 繰越利益剰余金600 / 圧縮積立金600 となると思うのですが、そもそもこの意味があまりわかりません。 積立金方式だと1000円を特別利益として扱うと思うのですが、そうすると400円の税金がかかるためそれを打ち消すため(将来に繰り延べるため)に繰延税金負債を400出してるのだと思うのですが、なぜ600円を圧縮積立金とするのでしょうか? ここの意味がわからないです。 また決算時では 減価償却費180 / 減価償却累計額180 繰延税金負債36 / 法人税島調整額36 圧縮積立金54 / 繰延利益剰余金54 とすると思うのですが、またここでもよくわかりません。 ここでの繰延税金負債は期中に立てた分を減らしてる? それはなんで? また圧縮積立金を取り崩してるけど、それもなぜそうしてるのかがわかりません。 ともう頭ごちゃごちゃです。 ずっと考えてて将来加算一時差異の意味もよくわからなくなってきてしまいました・・・ 質問もわけわからない内容になってると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

  • 圧縮記帳 積立金方式について

    積立金方式の際は、取得原価は据え置き。しかし、税法上は圧縮損は損金算入できるので、差異が発生するところまではわかりました。 が、しかし…… よくわからないのは、繰越利益剰余金の処分に、圧縮積立金があてられるということです。 この金額は圧縮額の税金支払い金額分を計上するみたいです。 この作業により何が変わるのでしょうか? もしかして、「あと、これだけ税金の支払いがありますよ」って感じのものですか? 結局積み立てたものが毎回利益になっていきますので、何を目的にしているのかわからないので止まってしまいました。 ぜひ、ご教示の程お願いします。

  • 収用時の特別控除5000万と圧縮記帳について

    鉄道の収用により工場が収用となります。 特別控除5000万と圧縮記帳のどちらが良いか、税金面や 工場を新築した際の減価償却費の計上による損益計算書の費用の増加で、 移転後数年間は赤字決算になりそうなこと、 現在は工場から100m程の距離に第2工場(収用対象外)があるのですが、 近距離への移転が難しい場合は、その第2工場を売却して 両方とも移転しないといけないこと等、 当社の場合、収用移転は補償金をいただくことはうれしいのですが、 必ずしも良い面ばかりとはいえないようです。 内容は下記になります。 H2年購入 土地:60,000 建物:10,000(残存簿価500)       建物付属設備(電気設備):3,000(残存簿価150) H19年補償金受取 土地代:46,000 建物再築移転料:65,000           工作物移転料:5,000 H19年購入 土地:80,000 建物新築:100,000(諸費用:5,000)        電気設備:4,000 *ちなみに、工場から100m程の所にある第2工場は H3年購入 土地:70,000(現在路線価格 20,000)       建物:30,000(残存簿価 3,000) この内容で、近距離に移転ができる場合、 1.特別控除の場合、18,300の40%に対して税金がかかりますか? 2.圧縮記帳の場合、建物だけ圧縮記帳することはできますか? 3.当社の場合、長期的にみると特別控除と圧縮記帳どちらが良いですか? また、第2工場を売却して移転する場合、路線価格で土地建物を売却 できた場合に固定資産売却損が多く発生し、かつ、移転後数年間の 赤字決算で最終損失を少しでも少なくする方法はありますか? (利益準備金や別途積立金が合計で400,000程ありますが・・・) 質問ばかりで恐縮ですが、宜しくお願いします。

  • 圧縮記帳の直接減額方式と圧縮積立金方式について

    収益が国庫補助金収入のみで費用がそれに関する減価償却費のみとした場合で、当期のみの損益を計算すると、直接減額方式を採用した場合と圧縮積立金方式を採用した場合の決算後の繰越利益剰余金の残高は一致しますか?あと、圧縮積立金方式を採用した場合で、繰越利益剰余金/圧縮積立金○○、圧縮積立金/越利益剰余金○○の仕訳の○○の部分が、税効果を適用した場合と適用しない場合で金額が違うのはなぜでしょうか?そもそも繰越利益剰余金/圧縮積立金○○、圧縮積立金/越利益剰余金○○の仕訳は何のためにするのでしょうか。課税の繰り延べは別表のほうで処理してますし…。自分では直接減額方式を採用した場合の会計上の繰越利益剰余金の金額に合わせるように調節しているのかなと思っています。よろしくお願いします。

  • 期をまたぐ圧縮記帳について

    H19.1に建物を111,820,464円で取得しました。 補助金をもらう予定でしたが4月決算時にはまだ補助金が確定 していなかったので通常通りの償却を行いH19.4簿価は 110,713,442円になりました。 H19.10に補助金4,472,818円が確定しましたが、 この際の圧縮記帳の方法について教えてください。 今期から補助金額を引いた取得価額として償却の計算をしたら いいのでしょうか? その場合、前期分の償却費が変ると思うのですが 修正しないといけないのでしょうか? 償却奉行というソフトを使用しているのですが、 期中の圧縮記帳に対応していないため どう仕訳をおこしていいのか悩んでいます。 よろしくお願いします。