• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

NHK朝ドラの「方言演出」についてどう思いますか?

NHK連続テレビ小説の中では、 様々な方言が登場します。 しかし、コトバ(日本後)のプロであるNHKが作成している割には、 不自然でヒドイ方言が多い気がします。 ※もっとも、コトバのプロとは言え、 報道・アナウンス部門とドラマ制作部門は、 同じ組織内にあっても全く部署が別である。 朝ドラの方言は、最も不要な演出だと言う人もいます。 皆様はどう思いますか? ※2008年前期の『瞳』の方言演出は悪評が多かった。 (主演:栄倉奈々) 札幌出身の二十歳の女性が、 東京・月島に上京してくる物語だが、 ヒロイン瞳の北海道弁がムチャクチャで驚いた。 (「やっぱダンスっしょ」って・・・。w) 出演者の中には、芝井美香や安田顕などの、 北海道出身者(本物の道産子)もいたのだが・・・。 (芝井美香は「北海道ことば指導」も担当。)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1594
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

民放のドラマに比べたらNHKの「方言演出」(?) はよく出来ているほう だと思います。言葉の時代考証もよくできているほうかと思います。 あれは、正しい言語学的方言のアクセントを、所々、わざわざ耳障り良く (聞き取りやすく)、修正を加えているそうです。 「こてこて」の方言だと聞き取り辛かったり、方言によっては汚く耳障り になることを考慮しているためです。 なので、所謂、「言葉においての演出」であるというだけなので、或いは、 ネイティブの方や、学習したことがある方にしてみれば、違和感や不満は 否めないとは思いますが、かといって標準語で四角四面にやられても、 ドラマによっては興ざめかもしれません。 演出としてはあってもいいものなのでは?と思います。 『瞳』は観てませんでしたが、今回の『カーネーション』などは、言葉の 演出がなかったら、主人公が「時代」を生きた迫力や逞しさが軽減する気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

ドラマで俳優が使う「方言」はその地元の人が聞けば、大抵の場合「不自然」で「わざとらしく」聞こえるものだと思います。私は九州の出身ですが、私の郷里が舞台となったドラマ(NHKの朝のドラマを含む)の方言も多くがそうでした。 ただし、それはある程度仕方のないことだと考えます。というのは方言は同じ都道府県内(甚だしい場合は同じ市町村内)でも話されている地域や、話す人の職業・年齢・性別による細かな違いがあり、もちろん時代によっても変化しているからです。まず実際に使われている方言を再現すること自体が簡単ではありません。さらに、実際に使われる方言を忠実に再現した場合、ほかの地方の視聴者に十分理解できるかという問題もあります。(字幕をつけなければならなくなるかもしれません) また同じ表現でも地方によって意味が異なる場合があります。例えば「言わした」という表現が、同じ県内でもある地方では共通語の「言われた」に相当する敬語的な表現であるのに、別の地方では共通語の「言いやがった」に近いぞんざいな表現であるようなニュアンスの違いは枚挙に暇がありません。(私の親族は前者の地方から後者の地方に転校した際、「○○先生が言わした」と別の教師に言って叱られたそうです)仮に前者の地方を舞台にしたドラマで、生徒が教師に「先生が言わした」と言ったとしますと、同じ県の後者の地方の視聴者は不自然に感じるでしょうけれど、決して間違いではありません。また方言は発音も共通語とは異なるため、他の地方の出身の俳優に地元の人とまったく同じ発音を求めるのは無理があります。 とはいうものの、それではドラマの方言は不必要であるかといえば、そのようなことはないと考えます。というのは、21世紀の今でも全国各地ではさまざまな方言が使われているからで、日本語の豊かな表現の一つである方言の懐の深さを生かさない手はないと思います。私は転勤族で北海道から関西まで各地に住みましたが、それぞれどの地方にも忘れがたい言葉がありました。例えば北海道で寒さを表す「凍れる」(しばれる)という言葉は氷点下10度以下の厳しい寒さを表すにはぴったりの表現だと感じましたし、落ち着いた華やかさや上品な明るさを表す「はんなり」という京言葉(もともとは古語だと思いますが)の美しさも印象に残りました。ドラマで使われる方言は、地元からみれば多少不自然でも、そこはある程度受け入れる必要があると考えますがいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#177763
noname#177763

本来の方言だと、視聴者が理解出来ないからでしょう。 視聴者に理解出来るように少し分かりやすくしているのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

NHKの朝ドラは昔はよう見てましたが、今は全く見てません。俺が見てた頃は、必ず戦争が絡んでいたんですが、今は違う様ですね。俺の実家が「てっぱん」「ゲゲゲの女房」にはまってまして、今は何でしたっけ?「カーネーション」でしたっけ。見てるみたいですけどね。 方言指導・演出ってなかなか難しいと思います。北海道でも広くて、地方地方で「~っしょ」って言う地域もありますし。実際、俺も北海道で「~っしょ?」とか「~だべさ」とか「~こさ」って言いますし。でも言わない地域もありますし。函館だと、イントネーションからして違いますからね。聞いたらすぐ分かりますよ、あぁ、この人、函館かその近辺出身の人だなと。俺もどちらかと言えば「浜言葉」が強いんで、漁師?って聞かれる事もあります。 「アザラシ」も俺の住む地域では「アザラシ」。でも知床の方へ行くと「トッカリ」と名前が変わるんですね。最初「トッカリ」って聞いた時、?と思いました。それに俺、未だに「電車」って言えないですもん。ついつい「汽車」って言っちゃうんです。 同じ北海道でも違うもんですね。それは内地(と言う事からして北海道者)でも同じだと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • miku-chi
  • ベストアンサー率31% (2691/8473)

『瞳』本当にひどかったですよね! 北海道のどこ?!・・・って札幌? 東区でもそんなの言わないわ!!! ↑と思った空知人です。 その土地を知らない人向けの演出でしょうね。 地元にとってはやめて欲しい演出だと思いますが、知らない土地のものなら過剰でデタラメでもその雰囲気を感じるため必要だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

全国放送のドラマなので,完全に標準語で統一したら,味気ない。 完全な方言を使えば、半数以上の視聴者が何を言っているのかわからない。 そういった放送を望んでいるのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • kyo-mogu
  • ベストアンサー率22% (3398/15359)

 微妙でしょう。そのままだと伝わらないとかもあり、合っているような間違っているような方言になると思いますし、方言もまた小さいエリアで異なる場合もありますので、おおざっぱな方言という感じで良いのでは。  関西弁とか言われるのと同じですが、京都、大阪、兵庫と違うし。大阪でも違うからね。  北海道も広すぎるのと、東京に出てきたりして他の言葉と混ざっている可能性も出てきますから。  アクセント、普段使わない発音とかも違和感を作る要因かな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • NHK連続テレビ小説の方言演出について

    NHK連続テレビ小説の方言演出は必要だと思いますか? すごく不自然だし、不快に感じます。 あなたはどう感じますか? ※以下、全て当方の記憶なので、間違っていたらすみません。 2013年前期のドラマも方言演出が多数ありましたが、 2008年度前期の「瞳」の北海道弁が印象的です。 http://www.nhk.or.jp/drama/html_news_hitomi.html 第1回目(08/03/31放送)の冒頭から、 「やっぱダンサーは日焼けっしょ」 「したっけ、勝手にしたらいいべさ」 と炸裂していました。 08/07/24放送の 「あんた、もっと仕事けっぱれ」 「けっぱってっしょー」 のやり取りには、さすがに呆れました。 「すずらん化粧品」東京支社の社員さん達が、 東京・月島のもんじゃ屋さんで話していた言葉です。 他には、 「だけど自分の子供っしょー」 なども違和感いっぱいです。 札幌のハタチの女性がこんな話し方をしているのは、 見たことがありません。 最近、瞳ちゃんみたいに、札幌から上京して、 東京でヒップホップをしてプロを目指している 「現実」世界の女性に出会いましたが、 話し言葉は全く普通でした。

  • 方言って恥ずかしいですか?

    現在東京に住んでいますが北海道出身です。北海道弁はあまりなまりがないので、何言ってるかわからないってことはないと思いますが、単語などがところどころ北海道弁になります。正直どれが北海道弁なのか分かりませんが、私の姉は標準語じゃないと恥ずかしいと思っているので、北海道弁がでてくると、いちいち「それ北海道弁だよ、恥ずかしいからやめたら」と言って鼻で笑ってきます。姉の気にしすぎだと思っていますが、標準語じゃないと恥ずかしいのですか?

  • 面接での方言

    わたしは北海道出身の者です。 今度就職の面接があるのですが、 その際緊張して方言が出てしまうかもしれません(*_*) わたしがすんでいるのは東京弁の地域なので、 方言があることで不利になってしまわないかと不安です。 大丈夫でしょうか?(._.)

  • NHK連続テレビ小説『瞳』について

    NHK連続テレビ小説『瞳』についてのアンケートです。 【1】 NHK連続テレビ小説『瞳』といえば、 皆さんは何が思い浮かびますか? 【2】 『瞳』の放送期間は、2008年3月31日~9月27日であり、 ドラマの時代設定は、2007年2月~2008年9月末頃でした。 現実とドラマの中の時代がほぼ重なっていて、 リアルタイムな臨場感を味わえるのが、 私にとって『瞳』の一つの魅力でありました。 正確に言うと、現実の時の流れに迫るように ドラマの中の時が流れていき、 2008年9月27日放送の最終回だけは、 ドラマの中の時が現実の時を追い抜いて、 2008年9月28日以降の物語となっていました。 (製作側にそういう意図があったかどうかは不明ですが、) これはなかなか面白い演出だと思いました。 このようにドラマの時代設定が 現実の時の流れと重なっているドラマについて、 皆さんはどう思いますか? やはりそうでないドラマと比べて、 より臨場感を感じますか? 【3】 北海道の方、あるいは、北海道出身の方へ質問します。 このドラマの舞台は東京都ですが、ヒロインである瞳は、 二十歳で札幌から上京してきた設定となっています。 ドラマの中で瞳が話している札幌弁(北海道弁)について、 どのような感想をお持ちになりましたか? 以上です。

  • 「札幌 東京 月島」の組み合わせから連想するもの

    私は、NHK連続テレビ小説『瞳』です。 http://www.nhk.or.jp/drama/hitomi/200804.html 榮倉奈々さん演じる「札幌出身、東京・月島在住」の瞳ちゃん、 ダンスも特徴的でしたが、ハチャメチャな北海道弁も、 なかなか味があって個人的には好きでした。 ちなみに、「札幌 東京 月島」で検索すると、 以下の記事がトップに出てきます。 東京五輪+札幌五輪+月島万国博覧会=昭和15年 http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20140225/1055486/ 1940(昭和15)年、 東京はアジア初の夏季オリンピック、 札幌はアジア初の東京オリンピック、 月島(東京都中央区)はアジア初の万博、 として、開催予定場所だったそうです。 すべて戦争で中止になりました。 しかしながら、その後に再度開催都市となった、 1964年の東京五輪が「アジア初の夏季五輪」、 1972年の札幌五輪が「アジア初の冬季五輪」 であることには、 何ら変わりはありませんでした。 月島での万博開催だけが人知れず夢物語となっています。 (だけど、東京五輪2020の選手村は月島地区の晴海です。) 『瞳』の脚本は、1940年の消えた月島万博も、 2020年の選手村も、全く想定のない世界のようで。

  • 方言だと思いますが・・・

    10年位前ですが、北海道出身の先輩女性から「すすぺ・・」とか言われて、意味も分からないままずっと気になっていました。 話の前後から私の性格や態度に関することのようで、決して誉め言葉ではないと思います。 ネットや方言辞典で調べたのですが、一向に分かりません。 当時、本人に意味を聞いたのですが教えてはくれませんでした。 どなたかご存知の方、正しい意味を教えて下さい。 お願いします。

  • 「がっつり」って、、、

    北海道出身者です。 今、テレビ等で、全国規模で「がっつり~~」という 言葉を使っていますが あれは、もともと北海道弁 (それもごく一部かと思われるけど) だと思うんです。 ちょっと前までは、思わず 「がっつり、腹たったさ!」などと 言おうものなら、「なにそれ~」って よく笑われたものですが、、、 誰が、最初に使い出したのかな。 誰が、頻繁に使っているんでしょうか

  • 現実に存在したらいいな、と思うドラマのヒロインは?

    「現実に存在したらいいのになーー!!」 とあなたが思うドラマのヒロインは誰でしょうか? ※オイラはやっぱり「瞳ちゃん」に限る!! http://www.nhk.or.jp/drama/hitomi/200804.html ヒロインの一本木瞳は、札幌出身のハタチで、 突然のように東京・月島に上京したという設定。 築地でバイトをして、ダンサーを目指しながら、 東京都の里親として活躍するというあらすじ。 ドラマの中で派手に炸裂する ハチャメチャな北海道弁が、(≧▽≦)(≧▽≦) もう・・・何とも言えなかった。www こんな若い女性が本当に月島を歩いていたらなぁ。

  • 札幌の若い娘の語尾が汚ならしいのは・・・

    札幌の人の日常言葉には、方言や訛りが少なく、 現在の文部科学省・NHKがいう「共通語」、 いわゆる「標準語」にとても近いです。 「共通語」は東京の言葉を基準に作られ(江戸弁とは少し違う)、 メディアの発達により浸透しました。 東京に関西出身者や外国人が多数いる事を考えると、 むしろ札幌の【若年層】の言葉は 全国で最も標準的に近いと言えます。 ところが・・・一つだけ気になる点があります。 【若い娘の語尾】です。 「そうですよねぇぇえ~~ーーっ!」と、 ここだけ北海道弁のアクセントが残る人がいます。 なぜなのかは不明ですが、 【中年オジサン】と【若い娘】に顕著です。 皆さんは汚ならしいと思いますか? テレビドラマの北海道弁は、わざとらしくて、 『瞳』(札幌から東京・月島に20歳で上京の設定)とか見ても、 「なんじゃこりゃ?」って思いますが、 上記の語尾をうまく真似ているドラマは見たことがありません。

  • 不安で苦しくて辛い時に安心をくれる曲集

    不安に襲われたり、眠れないときに、 安心をくれる曲を教えてください。 選曲の理由とエピソードも 添えていただけると助かります。 iPhoneかXperiaでダウンロード購入して聴ける曲だと、 なお嬉しいです。(両方持っています。) 今、一番私が癒されているのは、 NHK連続テレビ小説『瞳』 (2008年度前期)の サウンドトラック集です。 舞台である東京・月島の雰囲気は 実際にはあんな感じじゃないし、 札幌から上京した瞳の北海道弁は ハチャメチャで面喰らいました。 だけど、ドラマの暖かい里親家庭が羨ましく、 感情移入して見てしまいました。 月島五丁目の長屋の皆さんの生活が、 まるで自分の周りの出来事のように感じます。 (現実の月島は四丁目まで。) 今年2014年の春、 里子の友梨亜が高校を卒業し、 月島の一本木家を巣立つはずです。 (もちろんドラマ上の架空人物です。) 瞳ちゃんは今頃何をしているのでしょうか? (瞳ちゃんより一歳下の、瞳を演じた女優さんからは、 今や瞳ちゃんの雰囲気はあまり感じられません。) ※現実の東京都の養育家庭では 虐待死亡事件も起きた。(泣) 『瞳』の曲を聴くと、気持ちが安らぎ、 リラックスして体の緊張も解け、 安心して眠れます。 あなたにもそんな曲集はありますか?!