• ベストアンサー
  • 困ってます

NHK連続テレビ小説『瞳』について

NHK連続テレビ小説『瞳』についてのアンケートです。 【1】 NHK連続テレビ小説『瞳』といえば、 皆さんは何が思い浮かびますか? 【2】 『瞳』の放送期間は、2008年3月31日~9月27日であり、 ドラマの時代設定は、2007年2月~2008年9月末頃でした。 現実とドラマの中の時代がほぼ重なっていて、 リアルタイムな臨場感を味わえるのが、 私にとって『瞳』の一つの魅力でありました。 正確に言うと、現実の時の流れに迫るように ドラマの中の時が流れていき、 2008年9月27日放送の最終回だけは、 ドラマの中の時が現実の時を追い抜いて、 2008年9月28日以降の物語となっていました。 (製作側にそういう意図があったかどうかは不明ですが、) これはなかなか面白い演出だと思いました。 このようにドラマの時代設定が 現実の時の流れと重なっているドラマについて、 皆さんはどう思いますか? やはりそうでないドラマと比べて、 より臨場感を感じますか? 【3】 北海道の方、あるいは、北海道出身の方へ質問します。 このドラマの舞台は東京都ですが、ヒロインである瞳は、 二十歳で札幌から上京してきた設定となっています。 ドラマの中で瞳が話している札幌弁(北海道弁)について、 どのような感想をお持ちになりましたか? 以上です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数108
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • easuf
  • ベストアンサー率34% (367/1063)

(1)主役の女の子。9頭身とは聞いたことがありましたが、名前を見たことがある程度で顔が一致しなかったので、このドラマで初めて見ました。顔ちっちゃいな…と思いました。あと、話の主題が分からない印象がありました。結局何をやりたいの?という…。まあこれは今のドラマもその前のドラマもそうですけれど。 (2)私は20代ですが、特に魅力は感じません。臨場感もありません。あまりドラマを見ない人間だからということもあるとは思いますが、ふーん、くらいの印象です。逆に「あんまりリアルじゃないな…」と思います。いろいろな年代に見てもらえるように設定したんだろうなと思いますけれど、でも白々しさというのか…無理やり作っている感じを受けざるをえませんでした。むしろ別にリアルタイムぽく作る必要もなかったんじゃないのかなぁ…という気すらします。主題がはっきりしないのでそうするしかなかったのかもしれませんが、もっと主題を絞って、ドラマ中では2ヶ月しか進んでいない、とかでもよかったと思います。 (3)北海道の言葉が分からないのでパスです。ただドラマの方言って、どこかやりすぎ感やぎこちなさがありますよね…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 >あと、話の主題が分からない印象がありました。結局何をやりたいの?という…。まあこれは今のドラマもその前のドラマもそうですけれど。 「ダンス」「東京都の里親制度」「もんじゃ焼き」「住吉神社の例大祭」 この4つが主題だったようですね。 私ももう少し脚本を工夫して欲しかったと思いました。 >ただドラマの方言って、どこかやりすぎ感やぎこちなさがありますよね…。 同感です。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#94979
noname#94979

ご無沙汰してます。 試験お疲れ様でした!私も進まないと! 【1】 ・月島や川辺の景色 ・里親制度 ・瞳とじいちゃんたち家族みんなそれぞれの心情 ・父に、あるところを『瞳』みたいといわれたこと 【2】 臨場感を感じました。 【3】 私は北海道にはゆかりはありませんが、「・・っしょ」といういいまわしは、私のまわりでも普通に使っている方はいるので、特に瞳ちゃんの話し方に不自然と思ったことがありませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 >ご無沙汰してます。 >試験お疲れ様でした!私も進まないと! えっと、お話したことがありましたっけ? ひょっとしてID変更しました? 「外濠の桜」の話をした方でしょうか? >・父に、あるところを『瞳』みたいといわれたこと どんなところがですか?気になります。w

  • 回答No.1

1、里親制度について・・・漠然としか知らなかったことが少しは理解できた。 珍しくヒロインの恋人が出てこなかった・・・(瞳と同年代の男性が出てこなかったでしょう?) 2、今までも何度か同じような時代設定のドラマはありました。 若い人にとって、ほぼ時代が重なるのは魅力でしょうが、私(50代)より年配の方々にとって最近20年くらいですとほぼリアルタイムに生きているので・・・ で、終わりが少し未来なのは前回の「だんだん」もそうでした。 3、関西なので回答は控えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 >1、里親制度について・・・漠然としか知らなかったことが少しは理解できた。 東京都の取り組みは先進的なものが多いですね。 >珍しくヒロインの恋人が出てこなかった・・・(瞳と同年代の男性が出てこなかったでしょう?) 瞳はKENさんに恋をしていたようですが、 恋人にまではなっていませんでしたね。 KENさんはニューヨークへ行ってしまったようでしたし。 >終わりが少し未来なのは前回の「だんだん」もそうでした。 『だんだん』は初回と最終回だけ見ましたが、 2000年8月から物語が始まって、 2011年2月で終わっていましたね。 一方、『瞳』の最終回の場合は、 放送日の2008年9月27日のわずか数日先までしか 未来に進んでいませんでした。

関連するQ&A

  • 4年前にNHK連続テレビ小説『瞳』を見ていた方へ

    (放送期間2008年3月31日~2008年9月27日) 【1】 あなたの印象に残っているシーンを教えてください! 【2】 『瞳』は、2007年2月27日~2008年9月28日(とその後数日間)が、 ドラマ中で設定された時代背景でした。 現実の時(放送期間)とほぼ時代が同じでリアルタイムした。 朝ドラにしては珍しい時代設定です。 2012年になった今頃、瞳は何をしていると思いますか?

  • NHK連続テレビ小説の方言演出について

    NHK連続テレビ小説の方言演出は必要だと思いますか? すごく不自然だし、不快に感じます。 あなたはどう感じますか? ※以下、全て当方の記憶なので、間違っていたらすみません。 2013年前期のドラマも方言演出が多数ありましたが、 2008年度前期の「瞳」の北海道弁が印象的です。 http://www.nhk.or.jp/drama/html_news_hitomi.html 第1回目(08/03/31放送)の冒頭から、 「やっぱダンサーは日焼けっしょ」 「したっけ、勝手にしたらいいべさ」 と炸裂していました。 08/07/24放送の 「あんた、もっと仕事けっぱれ」 「けっぱってっしょー」 のやり取りには、さすがに呆れました。 「すずらん化粧品」東京支社の社員さん達が、 東京・月島のもんじゃ屋さんで話していた言葉です。 他には、 「だけど自分の子供っしょー」 なども違和感いっぱいです。 札幌のハタチの女性がこんな話し方をしているのは、 見たことがありません。 最近、瞳ちゃんみたいに、札幌から上京して、 東京でヒップホップをしてプロを目指している 「現実」世界の女性に出会いましたが、 話し言葉は全く普通でした。

  • NHK朝ドラ『瞳』は今ごろ何をしているでしょうか?

    NHK連続テレビ小説『瞳』は、佃・月島・築地が舞台で、 東京都の養育家庭制度、佃・住吉神社の祭り、 ダンス、月島もんじゃなど、 現実に存在するものやイベント、社会問題と、 密接にリンクさせたドラマでした。 (実際の祭りにロケが乗り込んでいたようです。) http://www.nhk.or.jp/drama/hitomi/200804.html 連続テレビ小説にしては珍しく、 背景となる時代背景 (2007年2月27日ごろ~2008年9月28日とその数日後)が、 放送期間 (2008年3月31日~2008年9月27日)とほぼ同じで、 リアルタイムなドラマでした。 もちろんドラマ自体はフィクションで、 『瞳』とその家族も架空のものです。 現実の佃・月島には存在しない、 月島五丁目、月島東小学校、月島南中学校などの、 ドラマの中だけの固有名詞が出てきました。 ※現実の月島は四丁目までしかない。 もんじゃストリート界隈の実際の公立校学区は、 月島第一小学校と佃中学校。 『瞳』を見ていた方へ質問です。 あれから四年が過ぎた今、 25歳になった瞳は何をしていると思いますか?

  • NHK朝ドラの「方言演出」についてどう思いますか?

    NHK連続テレビ小説の中では、 様々な方言が登場します。 しかし、コトバ(日本後)のプロであるNHKが作成している割には、 不自然でヒドイ方言が多い気がします。 ※もっとも、コトバのプロとは言え、 報道・アナウンス部門とドラマ制作部門は、 同じ組織内にあっても全く部署が別である。 朝ドラの方言は、最も不要な演出だと言う人もいます。 皆様はどう思いますか? ※2008年前期の『瞳』の方言演出は悪評が多かった。 (主演:栄倉奈々) 札幌出身の二十歳の女性が、 東京・月島に上京してくる物語だが、 ヒロイン瞳の北海道弁がムチャクチャで驚いた。 (「やっぱダンスっしょ」って・・・。w) 出演者の中には、芝井美香や安田顕などの、 北海道出身者(本物の道産子)もいたのだが・・・。 (芝井美香は「北海道ことば指導」も担当。)

  • 未来ドラマの舞台が放送後壊滅~差し替えすべき?

    現実よりも先の年月を描くフィクションドラマで、 舞台だけは実在するドラマがあったとします。 そのドラマの放映直後に、実在する舞台が災害で壊滅してしまい、 現実の世界とドラマの世界でつじつまが合わなくなった場合、 あなたは物語の「差し替え」を望みますか? 【例】 NHK連続テレビ小説『瞳』を例に挙げて説明します。 (製作者様。勝手に例として使ってしまってすみません。) (『瞳』の放映期間) 2008年3月31日~2008年9月27日 (『瞳』の時代背景) 2007年2月27日~2008年9月28日(とその数日後の朝) このドラマは東京都中央区の月島・佃界隈が舞台でした。 ヒロインの居住地は「月島5丁目」という架空の住所ですが、 月島という地名は実在します(実際には月島は4丁目まで)。 また、ドラマに登場した佃にある住吉神社の例大祭は、 実在するイベントであり(2008年8月1日~4日)、 ドラマの撮影も実際の祭りに一部参加する形で行われたようです。 『瞳』は、物語の時代背景と、 ドラマの放映時期がほぼ同時代であり、 いわゆる「リアルタイム形式」で進行する連続テレビ小説でした。 ドラマの中の日時が、現実の日時を後追いする形で放映されました。 しかし、9月27日の最終回だけは、 ドラマの中の設定日時が9月28日となっており、 ドラマの中の時が現実の時を「追い抜いた」形となりました。 もちろんこの最終回も、月島にある一本木家の家が舞台でした。 さて、ここで疑問が生じます。 このドラマの最終回だけは、現実の時よりも先の時代が舞台でしたが、 最終回の放映が終わった2008年9月27日の夕方に、 仮に大津波が起きて、月島が壊滅してしまったらどうでしょう? 翌9月28日には月島の街は存在しないことになります。 (月島の皆様、不謹慎な話で申し訳ございません。) つまり、物語自体はフィクションでありながらも、 現実の祭りの現場を撮影に使うなど、 半分は現実に合わせているドラマであったにも関わらず、 ドラマの中の世界が現実の世界と合わなくなってしまいます。 皆さんはこのような場合、たとえ事後的にであっても、 最終回の話だけを差し替えて放送し直して欲しいと思いますか? 意見をお待ちしています。

  • NHK朝ドラ「瞳」 ‐ 物語開始時の年月設定は?

    NHK連続テレビ小説「瞳」に関して質問です。 昨日放送された回では、 物語は既に2007年9月まで話が進んでいます。 では、第一回の物語開始時の年月設定は、 何年何月になっていたのでしょうか? また、瞳が札幌から上京したのは、 何年何月という設定になのでしょうか? 情報をお待ちしています。

  • 「瞳」は今ごろ何をしているでしょうか?

    NHK連続テレビ小説「瞳」(2008年前期) が好きだった方、見ていた方へ。 http://www.nhk.or.jp/drama/hitomi/200804.html 瞳ちゃんは、今ごろ何をしているでしょうか?! ダンスで成功しているでしょうか? ヒロイン・一本木瞳は、 1987年2月14日生まれなので(劇中の卒業証書より)、 既に27歳になっています。 ⇒対して、瞳ちゃんを演じた榮倉奈々は、 1988年2月12日生まれ。ほぼ一歳違い。w 一本木家の最後の里子・由利亜が、 高校を卒業する年に今年は当たり、 勝太郎さんの家を巣だったはずです。 月島五丁目(※)の皆様は何をしているでしょうか?! ウメさんはまだ存命か、石田親子はどうなったか、 色々想像してしまいます。 当方いま眠れなくてウォークマンで 「瞳」のワンセグ放送録画を見ています。 懐かしくてどうにもならなくなりました。 夢いっぱいのハタチの瞳ちゃんを見ると、 元気が出てきます。 自分の二十歳時代を思い出してしまいました。 ※現実の月島は「月島四丁目」まで。 ・・・今日は月島にもんじゃ食べに行こうかな!

  • 現実に存在したらいいな、と思うドラマのヒロインは?

    「現実に存在したらいいのになーー!!」 とあなたが思うドラマのヒロインは誰でしょうか? ※オイラはやっぱり「瞳ちゃん」に限る!! http://www.nhk.or.jp/drama/hitomi/200804.html ヒロインの一本木瞳は、札幌出身のハタチで、 突然のように東京・月島に上京したという設定。 築地でバイトをして、ダンサーを目指しながら、 東京都の里親として活躍するというあらすじ。 ドラマの中で派手に炸裂する ハチャメチャな北海道弁が、(≧▽≦)(≧▽≦) もう・・・何とも言えなかった。www こんな若い女性が本当に月島を歩いていたらなぁ。

  • 不安で苦しくて辛い時に安心をくれる曲集

    不安に襲われたり、眠れないときに、 安心をくれる曲を教えてください。 選曲の理由とエピソードも 添えていただけると助かります。 iPhoneかXperiaでダウンロード購入して聴ける曲だと、 なお嬉しいです。(両方持っています。) 今、一番私が癒されているのは、 NHK連続テレビ小説『瞳』 (2008年度前期)の サウンドトラック集です。 舞台である東京・月島の雰囲気は 実際にはあんな感じじゃないし、 札幌から上京した瞳の北海道弁は ハチャメチャで面喰らいました。 だけど、ドラマの暖かい里親家庭が羨ましく、 感情移入して見てしまいました。 月島五丁目の長屋の皆さんの生活が、 まるで自分の周りの出来事のように感じます。 (現実の月島は四丁目まで。) 今年2014年の春、 里子の友梨亜が高校を卒業し、 月島の一本木家を巣立つはずです。 (もちろんドラマ上の架空人物です。) 瞳ちゃんは今頃何をしているのでしょうか? (瞳ちゃんより一歳下の、瞳を演じた女優さんからは、 今や瞳ちゃんの雰囲気はあまり感じられません。) ※現実の東京都の養育家庭では 虐待死亡事件も起きた。(泣) 『瞳』の曲を聴くと、気持ちが安らぎ、 リラックスして体の緊張も解け、 安心して眠れます。 あなたにもそんな曲集はありますか?!

  • 札幌の若い娘の語尾が汚ならしいのは・・・

    札幌の人の日常言葉には、方言や訛りが少なく、 現在の文部科学省・NHKがいう「共通語」、 いわゆる「標準語」にとても近いです。 「共通語」は東京の言葉を基準に作られ(江戸弁とは少し違う)、 メディアの発達により浸透しました。 東京に関西出身者や外国人が多数いる事を考えると、 むしろ札幌の【若年層】の言葉は 全国で最も標準的に近いと言えます。 ところが・・・一つだけ気になる点があります。 【若い娘の語尾】です。 「そうですよねぇぇえ~~ーーっ!」と、 ここだけ北海道弁のアクセントが残る人がいます。 なぜなのかは不明ですが、 【中年オジサン】と【若い娘】に顕著です。 皆さんは汚ならしいと思いますか? テレビドラマの北海道弁は、わざとらしくて、 『瞳』(札幌から東京・月島に20歳で上京の設定)とか見ても、 「なんじゃこりゃ?」って思いますが、 上記の語尾をうまく真似ているドラマは見たことがありません。

専門家に質問してみよう