• ベストアンサー
  • 困ってます

株の譲渡益について

株の譲渡益は源泉分離にした場合、私に所得があったというのは、即、市町村や税務署に知られてしまうところになるのでしょうか? 生命保険の解約などは、「一時所得になるけれども、言わなければわからないから」と生保レディには言われたのですが、この場合とは違うのでしょうか。 パート勤務で扶養控除を受けるために、時間調整をするのですが、なかなか仕事時間は削れないし、譲渡益は軽く1ヶ月分のパート分くらいはすでに届いてしまっているし・・・どうしたらよいでしょう?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数221
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#24736
noname#24736

株の譲渡益を源泉分離課税にした場合は、課税関係はそこで終了していますから、税務署にも・市町村にも通知はいきません。 ご心配有りません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

 そもそも、生命保険の解約で解約金から支払い保険料を除いた金額が50万円(免税点)以上になる売却益が発生することはほとんど考えられません。また源泉分離だと知られても、税金はかかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • xaxa
  • ベストアンサー率14% (6/42)

こんにちは 株を源泉分離課税で売却した場合、売却代金×1.05%の金額を所得税等として、証券会社が株の売却代金から差し引いて納税してくれますので、申告は不要になります。 証券会社が一括で処理するので税務署にも分かりません。 >「一時所得になるけれども、言わなければわからないから」と生保レディには言われた それよりもこれの方が問題ですね。生命保険の解約時に一定額以上の差益があった場合は、生保会社は調書を所轄の税務署に提出しなければなりません。 生保レディの裁量でどうのこうのできる話ではありませんのでご注意ください。

参考URL:
http://www.taxanser.nta.go.jp/1469.HTM

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 株譲渡益について

    一般口座で昨年譲渡益が出ました。その一部は平成13年以前に購入したので、特例を受ると22万になりうけないと40万になります。パート収入60万ありました。夫の扶養家族です。確定申告はしなければならないのですか。譲渡益からは生命保険などの控除はあるのですか。夫の年末調整で扶養控除38万と出しました。

  • 株譲渡益の住民税

    株譲渡益の住民税について教えてください。 株を特定口座の源泉徴収なしで運用しております。 給与所得の他に株の譲渡益が数万円あります。 所得税は給与所得以外の所得の合算が20万円以下なら 申告不要ですが、住民税は申告必要であることを 以下のページで知りました。 http://www.city.tama.tokyo.jp/life/zeikin/kojin.htm#013 これは株の譲渡益の場合も同様でしょうか? 以下の1~4のいづれかの手続きが必要かと予想しておりますが、どれが必要なのか分からなくて悩んでいます。 なお、給与所得以外の所得は株の譲渡益のみです。 1.税務署に行って、住民税のみの確定申告をしなければいけない。 2.何もしなくても、6月頃に納付書が送られてくるので、それで振込めばよい。 3.何もしなくても、勝手に給料からひかれる。 4.その他 教えてください、よろしくお願いします。

  • 株譲渡益は確定申告でどうなるのか

    年金収入では103万円以下なので所得税は課税されませんが、株譲渡益を足すと103万円を超過した場合は所得税はどうなるのでしょうか? (分離課税申告の時) 例えば年金 80万円、株譲渡益 50万円 の場合、超えた27万円には所得税が掛かるのでしょうか? また源泉徴収された利子税(約10万円)の扱いはどうなるのでしょうか? 節税の知恵として103万円以下にすべきでしょうか。

  • 株譲渡益での所得税課税による住民税への影響「

    昨年度の確定申告なのですが、株譲渡益があり、そのことで質問です。 私は昨年度、所得が167万円で、控除合計が202万で、これだけでは所得税も住民税もかかりません。が、株譲渡益(約52万円)あります。で、計算だと、合計して、約1万8千円の税金がかかります。税務署の資料では、株譲渡益は分離課税とのことなので、この税金は、所得に掛かるもので、今年度の住民税に影響しないのでしょうか? ちなみに、確定申告用紙の課税される所得金額26のところは0円にはなっていますが。所得金額が住民税に影響するので心配です。誰か教えて下さい。

  • 株の譲渡損を確定申告してカバーしたいのですが。

    年金生活者です。 昨年は、株の大暴落を受けて、株の譲渡損が30万円ほどあります。 この「損」と配当で源泉徴収された所得税ならびに、年金の源泉税を確定申告(分離課税)して、還付してもらおうかと考えています。(配当は、総額12万円ぐらいです) しかしながら、このことにより、国民健康保険の保険料が増加したり、住民税が増加したり、といったことはないでしょうか? 確定申告などしなければ良かったというようなことにはならないでしょうか?

  • 株式譲渡益の確定申告について

    現在、私は夫の扶養に入っていて、私名義の特定口座源泉徴収無しで、株式譲渡益があります。 2006年の確定申告に向けて、保有株の損益の整理をしようと思っています。 また、パートを始めたばかりで、本年2005年末までの年間収入合計で5万円程の予定で、その他の収入はありません。 確定申告をする上で、夫の扶養から外れない範囲で株式譲渡益を確定しようと思っています。 (パート収入-給与所得控除65万)+(1年超保有株の譲渡損益の合計-特別控除100万)+(短期保有株譲渡損益の合計) が基礎控除額の38万を超えなければ、扶養から外れる事も無く、所得税も、株式の譲渡益課税も発生しない と理解しているのですが、合ってるでしょうか。 来年からは、譲渡益を分離する為に特定口座源泉徴収有りにするつもりです。

  • 株の売却益と保険の満期の税金は合算されますか?

    今年、株の譲渡益と保険の満期のお金がありました。  株の譲渡益は20万以下で口座は源泉徴収なしです。  保険の満期は支払いよりお金が増えており、60万円ほど  増えています。  私は年収2000万もありませんし、普通のサラリーマンで  とくにその他の収入もありません。  株の譲渡益20万以下は申告不要と見ました。  保険の満期のお金は一時所得扱いですから50万円を引いた  2分の1、つまり60万円ー50万円 ×2分の1=5万円が  税金対象かと思います。  株の譲渡益と保険の上記の5万円をたしますと、申告不要の  20万円は超えてきてしまいます。そうなりますと  申告が必要になるのでしょうか?  感想からすると、株の譲渡益と保険の一時所得は合算されず  単純に株についてのみで考え、  20万円譲渡益がなければ申告不要と思えるのですが  どうでしょうか?

  • 事業所得、株譲渡益に関しての分離課税の兼ね合いについて

    分離課税課税について 分離課税とは一般の所得とは切り離し別で考え徴収されるものと認識しています。 が、シュミレートした結果、そうではなさそうなのです。 また、主婦が株で50万(扶養ボーダーの38万を超える)だと扶養から外れてしまう(特定口座源泉無し)、 といったことをネット上でみて「?」と思い質問させていただきました。 私の場合は事業所得があり青色申告の届出を出し、青色決算書、所得税の申告書Bにて本年度の確定申告を来年に行います。 また、株式の譲渡益がありこちらも第三表の分離課税で申告します。 とはいえ私の場合、株は優待目的で買っており、譲渡益は本年3万ぐらいです。 (特定口座で源泉なし) ※特定口座で源泉ありでは、いくら株で儲けようが扶養から外れないということは知っています。 上記、私とは関係ないとはいえ、税務上どのような動きをしているのか細部まで気になるようになってしまいました。 以下に例を挙げ、実際に https://www.keisan.nta.go.jp/h18/syotoku/ta_menuX.htm(分離課税の申告書(申告書Bと申告書第三表) ) にていくつかシュミレートしてみました。 例A-1)青色申告控除後の所得金額が30万(申告書Bの9)とし、株の譲渡益が3万がある場合 結果: ・事業所得については無税(所得税、住民税ともに)・・・「青色申告控除後の所得金額が30万」< 基礎控除38万 だから。という私の認識 ・株の譲渡益3万に対して所得税が掛かる(30000×0.07=2100円)、と思いきや所得税(申告書Bの27)は0円になっています。 所得税が2100円(申告書Bの27)にならない理由は、 問1:上記より「青色申告控除後の所得金額が30万」+「株の譲渡益が3万」< 基礎控除38万 だから0円なのでしょうか?分離といっておきながら合算して計算しているように見えます。 例A-2)青色申告控除後の所得金額が30万(申告書Bの9)とし、株の譲渡益が10万がある場合 結果: 事業所得については無税(所得税、住民税ともに)・・・「青色申告控除後の所得金額が30万」< 基礎控除38万 だから。という私の認識 株の譲渡益10万に対して所得税が掛かる(100000×0.07=7000円)、と思いきや所得税は1400円(申告書Bの27)になっています。 所得税が7000円(申告書Bの27)にならない理由は、 問2:上記より「青色申告控除後の所得金額が30万」+「株の譲渡益が10万」)ー 基礎控除38万=2万 20000×0.07=1400円 だからなのでしょうか? 問3:主婦が株で50万(扶養ボーダーの38万を超える)だと扶養から外れてしまうのは、 所得金額(申告書Bの9)が0円にもかかわらず、やはり第三表で50万の所得があるから という認識で宜しいのでしょうか? 第一表の所得金額の合計(9)に記載されている金額がたとえ38万を下回っていたとしても、 別表で所得があると裏側で第一表の所得金額の合計(9)額と合算し計算しているようなのですが、とても分かりずらく・・・。 もし裏方で合算して計算しているとなると、所得金額の合計(9)だけみては扶養ボーダー、住民税、所得税の非課税ボーダーなどが判断できないんですね。 例A-1、例A-2のシュミレートより分かったことですが、 ◆所得税について 問4:申告書Bの所得金額の合計(9)のところには株で儲けた益は所得として加算されないものの 申告書第三表の株式等の譲渡所得等にある金額と裏で合算させ所得税を出す、といった認識で間違いないのでしょうか? (「青色申告控除後の所得金額(申告書Bの9)」+「株の譲渡益」ー 基礎控除38万)×0.07 ◆住民税について 問5:自治体によって異なるかと思いますが、非課税のボーダー35万円とした場合、 所得税と同様に 計算式:(「青色申告控除後の所得金額(申告書Bの9)」+「株の譲渡益」ー 基礎控除35万)×税率 なのでしょうか。 それとも 計算式:(「青色申告控除後の所得金額(申告書Bの9)」ー 基礎控除35万)×税率 どちらになるのでしょうか? 問1~問5までご回答いただけると幸いです。 宜しくお願いいたします。

  • 株譲渡益の分離課税第3表について

    私は給与所得と不動産所得がありますので毎年確定申告をしております。 昨年、株の売買を行い若干の利益が生じました。その中で年末ぎりぎりに譲渡したものがあり、約定日と受渡日の年度がまたがります。 この決済を今年度分にすると昨年度の譲渡利益合計が20万円を超え、昨年度分とすると14万円程度の利益になり課税されないと聞きました。 そこで、後者(昨年度の決済)を選択して分離課税用第三表の提出を省きたいのですが出来るでしょうか。

  • 株の譲渡損失と確定申告について

    証券会社に特定口座(源泉徴収あり)を持っています。 年金くらしですが不動産所得が少しありますので、毎年確定申告はしていますが株の配当については申告していません。(毎年180万ぐらいあります)。申告すれば控除はあるかもしれませんが、 それより配当を申告すると全体の所得額が上がって、結果的に国保税や住民税が上がり不利になるような気がして配当は申告していません。(細かい計算はしたことありませんが) しかし、去年、株の譲渡損失が200万位発生してしまいました(ただ配当は180万くらいありまた) 譲渡損失の申告ができるようですので今後のために配当は申告せずに譲渡損失のみ申告してみようと思うのですが、心配な事は (1)このような申告は出来るのでしょうか。 (2)または出来たとしてもたとえ配当の申告をしなくても自動的に配当が所得に加算されて総所得が上がってしまうということはありませんか?(配当は申告しなくても税務署は当然把握していると思いますので) 稚拙な質問かもしれませんが、詳しい方ご教示ください。