• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

あなたはこの質問論理的に答えられますか??

≪知的能力管理の重要性≫  脱工業化時代において,企業の成功は物的資産よりも,知的能力や組織 能力によるところが大きい。人間の知的能力を管理したりそれを有益な製 品やサービスに変えたりする能力は,急速な勢いでこの時代における非常 に重要な経営能力となりつつある。その結果,知的財産,創造性,革新性, 学習する組織に対する興味がわきたっているが,プロフェッショナル(知 的・技術的専門家)たちがもつ知的能力を管理することに対する注目は驚 くほど少ない。  プロフェッショナルの知的能力は新しい経済において大半の価値を作り 出しているので,この見落としはとりわけ驚くべきことである。その利益 は,ソフトウェア,医療,金融サービス,通信,コンサルティングなどの 巨大なサ「ビス産業において,じかに見て取ることができる。しかしそれ だけではなく,製造業においても,研究開発,工程設計,製品設計,物流 管理,マーケテイング,システム管理といった業務を通して,プロフェッ ショナルは価値の優位性を生み出しているのである。彼らがもつ知的能力 の重要性が高まっているにもかかわらず,「プロフェッショナルの知的能 力とは何か」「どのようにすればそれを開発することができるのか」とい った基本的な質問でさえ,それに対する系統だった答えをもっている経営 者はほとんどいない。  真のプロフェッショナルは大量の知識,それも常に最新のものに更新さ れていなくてはならない専門分野の知識を自在に使いこなしている。組織 における彼らの知的能力は4つのレベルで機能しており,ここでは,後になるほど重要度が増していくように,それらを順に示していく。  認知的知識(know-What)は,プロフェッショナルたちが広範な訓練や 資格を通して達成する専門分野の基礎的な習得である。この知識は不可欠 なものであるが・通常,商業的な成功のためには,決して十分なものでは  ない。  高度な技術(know一how)は・「本で学んだもの」を効果的な実践へと 変換する0ある専門分野におけるルールを複雑な現実世界の問題に応用す る能力は・価値を創造するプロフェッショナルの最も広く行きわたってい る技術レベルである。  システムの理解力(know-Why)は,専門分野の基礎となる複雑な因果 関係に関する深い知識である0この力によって,プロフェッショナルたち は自分たちの業務遂行の枠を超えて・より大きくより複雑な問題を解決し, 並はずれた価値を創造するための行動をとることができるのである。この 能力を身につけたプロフェッショナルは,微妙な相互作用や意図せず生じ てしまう結果を予想することができる。システム理解力の究極の現れは, 高度に鍛えられた直観力である0たとえば,どのプロジェクトに資金を出 し,実際にそれをいつ行うべきなのかを直観的にわかっている熟練した調 査部長の洞察力などがそれである。  自発的な創造性(care-Why)は,成功への意志,動機,適応力から構 成される0高度に動機づけられた創造的な集団は,しばしばより大きな物 的資源や財源をもつ集団をしのぐものである0自発的な創造性がなければ, 知的能力をもつリーダーもその知識における優位を失ってしまいかねない。一 彼らは変化する外部環境や・とりわけそれまでに彼らが培った技術を時代 遅れのものにしてしまうような革新に対して,積極的に適応していくこと ができないかもしれない0したがって,この最も高いレベルゐ知的能力が, 今やきわめて重要なものとなっているのである0構成員たちの中にこの自 発的な創造性を育てている組織は,今日の急激な変化に直面しても継続し て繁栄す・ることができ・進歩の次の波が押し寄せる中でも競争していくた めに,自分たちの認知的知識・高度な技術,そしてシステムの理解力を更 新していくことができるのだ。 知的能力がプロフェッショナルの頭脳の中に備わっているのは明らかで ある0最初の3つのレベルの能力は組織のシステム,データベース,または運用技術の中にも存在しうるが,4つ目のものは,しばしばその組織の 文化の中に見出される0認知的知識から自発的な創造性へと知的能力あ段 階を上げていくにつれ・知的能力の価値は著しく増加する0しかし実印 に,たいていの企業が,(高度な技術よりも)基本的な技術の開発のため の訓練に注意を集中させ・システム技術や創造的な技術の開発には,ほと んど,あるいはまったく力を入れていない0 典型的なプロフェッショナルの活動の大半は完壁さを目指したものであ り,創造性を目指したものではない0顧客はまず何よりも,確かな筋から 届けられ,手に入れられるうちで最も高度な技術をともなったプロフェッ ショナルの知識を望んでいる。時には創造性が求められることもあるが, 会計部署,病院,ソフトウェアの会社,金融サービスを提僕する会社など によって行われる大部分の仕事においては,複雑ではあるが比較的似たよ ぅな問題に対して,高度に開発された技術を繰り返し利用することが要求 される。人々が,外科医・会計士,パイロット整備士,原子力発電所の 技師などに大いに創造的であってほしいなどと望むことはめったにない0 経営者たちが,創造性を要求される一部の緊急事態やその他の特殊な状況 に対して,抱えているプロフェッショナルたちを馴当てる準備をしなけ ればならないのはたしかだが・しかし彼らは,一貫性のある高品質の知的 生産活動の碇僕に大部分の注意を注ぐべきなのである。 問題 しばしばその組織の 文化の中に見出されるとはどういうことか。説明せよ。 解説お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数143
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • hakobulu
  • ベストアンサー率46% (1655/3578)

この場合の文化は「精神的風土」といったような意味に考えて良いと思います。 顧客が望むのは,最も高度な技術をともなったプロフェッショナルの知識であり、創造性を目指したものではない。 それに応えるため、企業はどうしても完璧性だけを特に重視しようとしがちである。 しかし、そういった言ってみれば目先の利益とは一線を画し、遠い将来を見据えようとする精神的な風土を持つ組織の中に、『自発的な創造性(care-Why)』というものが育まれていることがわかる。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 日本人の発明で

    今、小論を書いてるんですが、主題が「日本人が『創造性に欠ける』と非難されることに対して、『日本人は創造的である』という立場から小論を書け」というものなんですが、一つくらい、日本人が作り出したものなどを例に挙げたりしないと、文章自体の説得力に欠けてしまうので、何か日本人が考え出したものを教えてください。(科学や技術の分野でお願いします)

  • 創造性を伸ばす訓練ってありますか?

    創造性を伸ばす訓練ってありますか? または、どうすれば、創造力豊かになれるでしょうか? 私、もう46歳になります。 才能が無いと自覚していますが、どうしてもクリェイティブなお仕事に付きたいと願っています。 只、横文字職業に憧れているだけかもしれないけど、好きなもの、感動するものが、そういうもので、同じ様な感動的なものを作れるようになりたいと思うからです。 もう、随分前読んだ記事なんですが、ベネトンでは、クリェイティブ奨学生の年齢制限がかなり低く、確か20歳位だったと思います。それは、何故かと言うとその年齢でなければ、創造力の開発が遅いという理念でした。 もう、この年で、そういうなるには、やはり遅いのでしょうか? もう、この年で、そういう訓練を積む事は遅いのでしょうか? また、そういう訓練、創造力を伸ばすというか、創造的能力を開発する訓練ってあるのでしょうか? やはり、好きな人、適正のある人は、そんな事で悩まず、既にやっているという事ですよね。 そんな事を考えているようでは、元も子も内無いのでしょうか?

  • 得意分野について

    得意分野について質問があります。 面接で「あなたの得意分野は何ですか。」と聞かれた時、明確な受け答えができませんでした。 自分の得意分野を考えてみると ・1人で仕事を進める事が多く自分を管理能力。 ・参考書を購入して独学で技術の習得。 この2点が浮かびました。 これが得意分野として成り立つのかがわからず… ・自己管理能力 ・知的好奇心 申し訳ありませんがアドバイスいただけませんでしょうか。 何卒、宜しくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

読みづらい文章ですね。 この文章の中だけで回答するとしたら >>認知的知識から自発的な創造性へと知的能力あ段階を上げていくにつれ・ 知的能力の価値は著しく増加する0しかし実印に,たいていの企業が,(高度な技術よりも) 基本的な技術の開発のための訓練に注意を集中させ・システム技術や創造的な技術の開発には, ほとんど,あるいはまったく力を入れていない0<< 以後も同じ内容で、言葉を換えて繰り返されているので, 回答は 「企業は、現時点で持っているノウハウの完成度を上げる事にだけ注意を払い,新しいノウハウの構築には無関心だ」 って所じゃないかな? この設問の文章を50文字以内で要約せよ。って方が楽しそうだけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

(care-How)は組織の文化に埋まっていることが多い。 それをどのように掘り起こし、効率的に伝承させるかが組織における知的能力の管理におけるキーポイントとなる、ということじゃないかな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • このような質問をして良いのか分かりませんが…

    9月17日に安全保障関連法制の在り方を検討する有識者会議の中で、安倍さんは、憲法解釈の見直しに意欲を示してる、という記事を読みました。 自国と世界の安全のために自衛隊の活動を少しづつ拡大していく方針だと理解したのですが。 それにあたって、軍事分野の技術革新も進んでいくと思われます。 そこで、気になっている点があるのですが…。 日本の情報管理体制は十分なのでしょうか? 今日のニュースでも「無人飛行機(偵察機)」など、これから開発されていく旨、流れていました。 機密情報が外に漏れるような事があれば、いくら技術が優っていても、世界の平和どころか…… そこを確立しないことには軍事の技術開発など、してはいけないと思うのですが。 日本の情報管理能力、管理体制はどの程度なのでしょうか? 実際の軍を保持・維持できるレベルであるのか? 情報通の方がいらしたら教えていただければと思います。 よろしくお願いします。

  • 貴方はこの質問論理的に答えられますか

    「汝自身を知れ!」はソクラテスの有名な難題である0しかし・鮒柑分自身を本当に知る ことができるのだろうか。 ◎ほとんどの人々は・「自己認乱を,自分たちが意識している自己についての知識と銅する。 人々は自己認識を・大部分は自分から隠されている実際の心理学上の事実によってではな<,自 分の社会環境にいる平均的な人がその人自身について知っていることによって見積もる。この点 において心は身体と似た働きをしているが・その身体についても同様に,平均的な人はほとんど 何も知らない0つまり・我々は身体の中で・身体と共に生きてはいるが,身体の様々な器官の構 造については概して無知である0我々は・解剖学を教わる必要があるのとちょうど同じように, 心の中身についてもよく知らなければならない。 0それゆえ・普通「自己認乱と呼ばれるものは・心の中で起きていることのごく限られた認 識であり・それは社会的要因によって決定されるとは言わないまでも・依存している。したがって, 何であれ特殊な受け入れがたい行動のこととなると・我々は「自分の」家族,「自分の」親風「自 分の」友人はそれに関わっていないという先入観を持つ傾向がある0同様に我々は自分の長所や 信条についての錯覚に基づく思い込みを招いており・これらは単に我々のより真実の本性を覆い隠す手助けをしているにすぎない。○無意識の世界では・意識上の批判や制御の影響を受けないため,我々は無防備であケよい 影響だけでなく悪い影響も含む鮎ゆる種類の影響を受けやすい0他の危険と同様に,何が自分 を攻撃しているのかを知っているときに限り・我々は精神的な悪影響の危険から身を守ることが できる。 ◎自己認識は個々の事実を知るようになるということなので・理論はほとんど役に立たない。 なぜなら・理論が普遍的な妥当性を主張すればするほど・個々の事実を正当に扱うことができな くなるからである0どんな実験的理論であれデータに基づいているので,それは必ず統計的であ ることを意味する。つまりその理論は・天秤の両端にあるすべての例外を排除する1つの理想的 な平均を公式化する。それらの例外は・同じように事実に基づいているが,お互いを相殺し合う ので最終的な結果のどこにも現れない。例えば・もしも私が敷き詰めた小石の中のそれぞれの石 の重さを測定して・145グラムという平均重量を得たとしても,これは個々の小石の性質につい てはほとんど何も私に語らない。同様に・人間心理においても・大量のデータは個人については 可も我々に語ってくれないのである 教えてほしいところ 1この点 において心は身体と似た働きをしているがとあるんですが、どういう点で同じ働きをしているんですか?? 2お互いを相殺し合う ので最終的な結果のどこにも現れない、何故 お互いが相殺しあうんでしょうか??

  • 貴方はこの質問論理的に答えられますか??

    ≪気候変化と農業生産高≫ (1) 今後数十年間にわたる気候変化の最も深く て直接的な影響の中には,農業系や食品の体系への影響があるだろう。ある 有名な研究では,農作物モデルを使って2030年までの農業生産高にお ける変 化が計算されている。その結果から,気候変化によって農業生産高が低下し, それゆえ,食糧の安定供給が低下する見込みであるとわかっているながら,このような農業生産高の減少の影響を確定することは,その他の変 化のせいで,複雑化するであろう0後者には,次のものが含まれている。つ まり,石油価格の上昇,穀物市場の国際化そしてバイオ燃料の需要増加と, インドや中国における1人あたりの消費量の増大とによる,主要食糧の供給 に対する需要の構造的変化である0これらの変化は,多くの食糧事情の不安 定な地域において,主食の供給費用をすでに40%かそれ以上押し上げている。 適応計画を実行する軌こなって,これらの影響を無視するのは難しいであろ う。 (2)気候変化の農民への影響は,科学技術の利用によらて,地域ごとに様々 であるだろう0科学技術の高度化のほうが,気候の恵みや農地の豊かさより もはるかに・農場の生産性を決定するのである。それゆえ,食糧不足は単に 「気候決定論」の産物であるだけではなく,地域レベルでの,そして世界規 模での経済政策,政治政策,農業政策の改善によっても取り組むことができ る0現在食糧事情の不安定な地域においては,農業は一般的に手作業で,た とえば鍬や植え付け棒を使って行われている0こうした農園と,石油を原料 とする肥料や殺虫剤,生命工学による品種改良,および機械化を利用してい る農園との違いは,極めて大きい0気候変化は,すでに温暖化している気候 のせいで熱帯地方の生態系に他と異なる効果を及ぼすばかりではない。熱帯 地方の貧しい農民は,始められる農法の選択肢が生産性の高い地域よりも科 学技術面で少ないために,気候の変化にもそれほど村処できないであろう。 このような不利な条件は,アメリカやヨーロッパにおける農業助成金のよう な・農業発展の阻害要因を生み出すマクロ経済政策によって,一層悪化しう る。 (3)今日,何百万という飢えた人々は自分が生産するものを常食としている。 もし,人口が増加しているのに,気候変化によって生産が減少することにな れば,一層飢えがひどくなりそうである0しかしながら,危機の時期に貧民 に食糧を与える計画を通じて,また,劇的に収穫高を増やすことのできる肥 料や品種改良といった農業投入資本への投資によって,世界の飢えを減じる ことが依然可能であるかもしれか、0環境監視や予測システムが改善される ことで,もっと効果的に,かつ早期に警戒することが可能になり,これは政府が, 府が,多くの人がそれに頼ってどうにか生活している、わずかな農業生産高 の余剰分を維持しようと行動を起こすのに役立つかもしれない。 教えてほしいところ 1アメリカやヨーロッパにおける農業助成金のよう な・農業発展の阻害要因を生み出すマクロ経済とあるんですが、農業助成金が農業発展を妨げるっておかしくないでしょうか? 2わずかな農業生産高 の余剰分を維持しようと行動を起こすとはどういうことですか??

  • 貴方はこの質問論理的に答えられますか?

    飛行横は、鉄道の駅の対応物として空港をもつことになった。空港は飛行横の通過する空間と地表の接点として生じてきた。 しかし都市のさなかに入ってきた駅とちがって、空港は都市と結び付けられながら、たいてい都市からはるかに離れたところに ある。空港の建築はもはや都市建築ではなかった。空港にいると、われわれは砂漠のなかに立ったように、なにもない索漠たる 荒野のなかにいるのである。その名の示している都市を見ることはほとんどない。どちらの方角に都市があるのかきさえ分からな い。異様に孤立した場所なのである。だが現代という時代に顔をあたえている建築があるとすると、それは都市にある劇場でも、 美術館でも、官庁建築でもなく、空港ではなかろうか。そのことは空港があたらしい経験の場であり、同時に都市にあたらしい 変化をもたらすケイキであることを意味する。 空港での経験とはなにか。それは主として主体と他者の関係である。 しかしその前に空港建築について多少触れておいた方がいい。世界の大都市の空港の多くは、都市からさらに速くに移転して 改善が進み、金属とガラスを主たる素材とした、かなり巨大なハイテク建築として横たわっている。そのデザインがどうあろう と、結局は、出入国のチェック、飛行横への搭乗と降機、飛行機自体の離着陸、その整備などを中心とした、徹底的に合理化されたプログラムの現実化という機能では同じである。それだけの機能は満たさねばならないが、それ以上はなにも必要がない。 多くは空問のデザイン、レストラン、免税店などを多数用意して、なんとか居心地をよくしようとしているが、建築物のなかで もっとも機械に近い印象は免れない。われわれは、たとえば荷物が、コンピューターによってどう自動的に仕分けられていくか など、舞台裏を覗くことはないが、それでいてやはり機械のように機能する仕組みのなかを、きわめて厳密に決められた方針に したがって、自動的に行動させられていることには気がついでしまうのである。 空港での経験は、孤独の軽みとも、自由とも、完全に拘束された状態ともいえる。いくつかの経験が重なっているのだ。われ われの出会うのは見知らぬ人びとばかりである。 トランジットの長い待ち時間、たまたま隣に腰掛けた他の国の人びととそ のとき限りではあるが会話を交わす。しかも彼または彼女の旅が彼らの人生のどんな瞬間なのか、どんな目的でどこへ行くのか については詮索もしないし、まったく無関心でいられるのである。彼らは彼らなのである。完全な他者性。こうしてたまたま道 ですれ違う以上の他者、言葉も違う人びとと、双方の知っている言葉で交差してみるのである。多分、二度と会うことはなかろ う。われわれは、自分の慣れ親しんでいる世界とは異質な世界との接触を繰り返し経験する。彼らのことを私は知らない ー だが知らないとはどういうことか。 われわれは二つの経験をしている。ひとつは他者と主体についての経験である。他者はわれわれの日に透明な存在なのか、あ るいは反対にまったく不透明な存在なのかと絶え間なく自分に問いかけながら、こうした他者との接触を反復しているのである。 それは主体の経験にはねかえってくる。というのはわれわれ自身の方も、そのとさ自分がなにものであるかを主張しないばかりか、 自分の職業も、社会で占めている役割も諸関係もまったく無意味になる。ほとんど裸になっているのである。孤独かつ自由にな るとは、だれからも見られないことではなく、社会性をはぎとった裸の人間になってしまうことかもしれない。 第二の大きな経験として、われわれは異様な権力空間を経験しているのである。ここは一体どんな場所なのか。われわれはパ スポートを見せて国外に出ている。もちろんわれわれはパスポートを検査され、普通、国内にいるときには感じない国籍をあら ためて実感している。 パスポート・コントロールを通ったあとの人間の経験は、これまで味わったことのない政治空間の経 験なのである。空港は、どこにも属していないように見えて、その実、こうした自由を無化する権力の空間なのである。そこは どこでもないのに、イゼンとして権力の管理下にあるのを感じないではいられない。国家から解放されてまったくの自由であ るようでいながら、われわれはこのときほど、われわれをカンシする権力の働きのなかに拘束されていることはない。われわ れになにができるのか。ただ持つだけであり、一定の場所以外には踏み込むこともできない。いかなる自由も奪われ、権力に閉 じ込められている存在なのである。だが一体、だれの権力なのか。それは完全に国家に属しているとはいえず、だれのものでもない権力であり、いわばゼロの権力といっていいようなものなのである。たしかにそこにはまだ僅かながら ネーション・ス テートが残っている。 またネ&#65293;ションは、こうしたゼロとのどんな関係のなかにあるのであろうか。言い換えるなら空港とは、ゼロに限りなく近い空間である。われわれは主体と他者にかんしても、権力にかんしても、ゼロを掠めるように経験しているのである。われわれはこの主体と権力の関係を追求する必要に迫られるのである。一方でかつて ミッシェル・フーコーが論じてみせたように、主体を産出した権力をようやく理解すると同時に、権力の生み出すフーコー 的な主体化の論理をこぼれる主体の可能性をほんやりと感じているのである。フーコーの権力翰が近代社会の形成にかかわると すれば、 いま見ている主体は、近代社会をはみだしている。それがどんな社会かを言うことはできないが、主体がゼロである ことを感じることは、なんらかの兆候であった。飛行機の旅で唯一実感するのは、時差による異常によってほじめて知る身体で ある。われわれは身体を、今や、巨大な地球規模の空間と時間の間際で味わう経験との関係でコウサツしなければならなくなっ たのである。 空港とはこうしてゼロを経験する、これまでは現実にはなかった空間である。ところがこのゼロは、生産力とまでは言わない ものの、ある種の生産力、変容の能力をもっているのである。 飛行機による旅の簡略化によって、多くの人びとの旅が変質していった。都市は直接的でないにしても、きわめて容易に他の 都市と接続するようになっていったのである。こうした世界の都市をあたらしい関係に編成しなおす力の根底にあるものを問い 詰めれば、空港で感じ取っているゼロと同じものではなかろうか。そこになんらかの実体的な力の源泉を想定しても見つからな い。つまりこれまで 普遍空間と呼んできた理念とは、こうした意味でのゼロに近いのではないのか。そしてそのゼロの生み だす余剰に、われわれは身体や主体のありようを見いだそうとしているのではないのか。 あらゆる空港が都市と異様に速いことも、これと関係がある。それは今のところ、都市と航路の接点であり、都市への交通機関を整備する必要があり、直接に都市の構造に割って入らないまでも、都市の付属施放と考えられている。しかし日常の生活か ら離れたエアポートつまりゼロの空間を介してしか、都市がもはや他の都市との関係をもちえなくなったことは、都市が現在の 姿のままでも連合してあたらしい集合をつくることになっていく可能性を示している。したがってこれまでなら、都市と都市のあいだの田舎、農村、地方都市、さらに無人地帯としてあったものも、こうした連合のなかにホウガンされることになる。こ れは都市的なものから想定される都市というより、すでに ポスト・アーバン社会という集合体であって、その意味では都市 はもはや都市ではありえない時代が近づいている。 飛行機の旅では、ある都市から都市への移動において、「領土」の経験が失われてしまった。鉄道がいやでも国境を通過し、 したがって版図を知覚するのにたいして、飛行機の旅にはそれがない。確定した領土こそ国民団家の基盤であり、現在のわれわ れが惰性的にもっている都市の概念の底に、まだネーション・ステートが潜在していることを考えると、空港を経由する旅は、 布かち、いわば政治的、歴史的基盤を取り除く経験ではないか。想像的意識のなかでは、国家よりも上にいくつかの都市が 集合した状態を世界として知覚しはじめる感受性が育ちつつあるのは、こうしたエアポートの経験のせいではないのか。 いまや都市はその自立性以上に、世界化の力に動かされているが、その力が端的に表現できているのはエアポートのゼロの空 にほかならないのである。 この文章をよんだのですが、非常に読みにくく何を言っているのかまったく理解できません。できれば、ようやくと筆者のいいたいことを教えてほしいです。 問題 それは主体の経験に跳ね返ってくるとあるが、その具体的な説明として最も適切なものを選べ。 1空港における未知なる他者がどのような同一性を有しているかを探る反復的な接触は、一過性のゆえに互いの無関心に収束し、主体は自己の同一性の拘泥する必要から解放されるということ。 2空間で出会う人間の同一性は意味を持たないものであり、またその同一性は関心の対象でないため、そのような他者との接触は主体を社会的な役割から離脱した存在に還元してしまうということ。 問題 時差による以上によってはじめる身体とあるが、このことの言い換えになっている表現を本文から十字以内で抜出しで答えよ。 問題 現代という時代に顔を与えているという、筆者の空港についての考え方とは対照的な空港の意味つけが述べられた部分を七字で抜出しで答えよ。 かなりハイレベルな文章です。どなたか問題の解説お願いします

  • 新入社員です、退職しようと思っています

    今年四月に入社しました、半年で早くも辞めたいと思っています。 一日中立ち仕事で辛いということも少しはあるのですが、主な理由は入社直後に受けた適性検査です。 空間的能力・創造性に富み、情報処理や管理、創作等に向いているとのことでした。今まで自分の特技とか将来やりたいこと等はまったく考え付かなかったのですが、この検査でヒントを得て、もっと自分の能力や長所を活かせる仕事に就きたいと思い、現在、専門学校等に通って、CADとかCGについてとか学びたいと思っています。 これってこのご時世やっぱり無謀でしょうか? また、辞めるにしてもその手順とかそういったものはさっぱりわかりません。どうしたらいいでしょう。どう言い出せばいいんでしょうか? 新人の分際で辞めてしまうというのはやはり会社に対しても失礼ですよね。こんな私にアドバイス頂ければ幸いです。 ちなみに高卒です。

  • 論理的って

    よく議論なんかで論理的じゃないとか、矛盾してるだとか 殺し文句のように使われてます 知的な人の嗜みでもあるかのように「論理的」であることに執拗になってます 議論にしろ、知的な人にしろ、学問にしろ、なぜ論理的であることにこだわるのですか? また、論理的であるとして、それがどのような価値を持つのでしょうか? 回答よろしくお願いします

  • 論理的

     論理的に話したり、文章を書いたりしたいのですが、やり方というか、論理的の意味と、話し方、文章を書いたりする方法がわかりません。  そこで、マニュアルみたいに、こうすれば論理的な文章や会話が作れるといった、決まったやり方というか方法を教えていただけませんか? 宜しくお願いをします。

  • 論理的????

    一見論理や言葉面みればもっともらしいが実態は的外れなことを何と表現したら よいのでしょうか?? 世の中論理論理、論理的に正しいとうまくいくというが、論理の力があるであろう現代文が得意な子 供はおなじ論理の力が左右する数学も得意となるのはまさに「論理的に正しい」はずだが、真ではな い。これは何に陥っていて何が欠けているから間違ったのか?

  • まともな集団(企業)が、極端に少ないのは何故か?

    世の中には、花王やSONY、HONDAとか、優秀とされる企業は確かにあると思います。でもその数は、企業の圧倒的な数に比べ、ごくわずかです。 ほとんどの企業は、成長力(創造力)が貧弱で、現在の利益を守ることしかできない機械的・官僚的な組織構造を作り上げ、新しい創造性を発揮することを自ら困難にしています。 ミンツバーグの「組織のライフサイクル・モデル」をみても、「組織が長く続くこと」が組織の創造力を損ない、官僚的にする作用をもっているように思います。 では、なぜそうなっていくのか? どういう集団心理?集団力学?的なものが働いているのかがわかりません。 勝手な仮説としては、 組織の構成員を、 ・他人志向(人より上や先に行きたい) ・自分志向(個々の価値観の実現や表現) ・帰属派(多数志向、所属集団の規範へ帰属) の3つに分けると、 企業で出世するのは、他人志向が多いと言う調査を見たことがありますので・・  ↓ 「出世型の他人志向が企業を支配し、自分達のパワー保持のために閉鎖的な組織構造を生み出し、自分志向から出てくる新たな価値の創造をつぶしていく・・」 ということを想像をしています。 ネットで検索しましたが、うまく探せません。 組織や集団の心理構造の成長と衰退、その要因について、参考になる学説や書籍があれば教えてください。

  • バーコードを使った勤怠管理システム

    バーコードを使った勤怠管理システムの開発を検討中です。 バーコードリーダを用いて実現したいことは以下の通りです。 ・バーコードを読み取ることによって、出勤時間、退勤時間をシステムに反映する。 ・読み取り時に正常に読み取れたか確認するためにPC画面上に「出勤しました。」というような表示をさせる。 これらのことを実現したいのですが、実現するにあたり、開発の難易度はどの程度のものでしょうか。 バーコードリーダを取り扱っている会社でないとわからないような専門的な開発技術が必要でしょうか。 それともあまり、専門的な知識がなくても開発できるでしょうか。 比較的簡単にできるようであれば、具体的にどのようにすれば実現可能でしょうか。 以下のURLにあるようなシステムがイメージに近いです。 http://www.byebye-timecard.net/system_struct_pop01.html どうか皆様のお知恵を拝借させてください。宜しくお願い致します。