• 締切済み
  • 暇なときにでも

Wordの常用漢字表対応について

H22年に29年ぶりに常用漢字表が改定されました。 数年のうちに仕事でこれを使わなければならなくなるのでアドバイスをお願いします。 といっても、新常用漢字表を確認した結果、 私の場合は「全て」「汎用」「貼り付ける」「椅子」など、 10字、1音訓を変換した際に、今まで波線アンダーラインで「常用漢字にない字」 という注意が出ていたものが、出なくなれば良いだけです。 (ただし、新常用漢字外の字に対して注意喚起できなくなるのは困ります。) 私一人だけなら、たかが10字のことですから覚えてしまえばよいのですが、 忙しい社員数十人に徹底させなければならないため、ソフト上でなんとか対処したいと思います。 最も手っ取り早いのはIMEが更新されることだと思いますが、いつ頃になるかわかるでしょうか? できれば新常用漢字の最終選考から漏れた字の幾つかもなんとかしたいので、 宜しくアドバイスをお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1093
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • -9L9-
  • ベストアンサー率44% (1087/2421)

特定のソフトウエアの今後の開発にかかわる質問ですから、一般人の知識で回答できる性質のものではないでしょう。このサイトではなく、マイクロソフトに直接問い合わせるか、マイクロソフトのフォーラムで質問されたほうがよろしいと思います。 なお、IMEとWordは別のソフトであり、IMEの仕事は漢字を変換するまでであって、文章校正はWordの機能であり、IMEの機能ではありません。したがってWordの機能の更新が必要になります。ソフトのバージョンアップが必要か、Updateで対応するのかなどはマイクロソフトの販売戦略の範疇なので、一般論で回答できることではないということです。 http://www.microsoft.com/ja-jp/communities/forums/default.aspx http://answers.microsoft.com/ja-jp/

参考URL:
http://support.microsoft.com/?ln=ja

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 常用漢字表にない文字について

    常用漢字表にない文字(外字というのでしょうか)ってかなりの数がありますよね。 たとえば常用漢字では一本の線だけど、その一本の線の真ん中が少し離れているなど、文字を相当大きくしてみないと判別できないものもありますよね。 そもそも、微妙な違いの漢字が何でそんなにたくさん存在するのでしょうか。 漢字の誤りが、そのまま使い続けられた結果、似たような字が多く存在するようになったのでしょうか。

  • 常用漢字表のデジタルデータ

    常用漢字表とその表内音訓の(インターネット内)デジタルデータを探しております。 URLを御存じの方がいらっしゃいましたら教えて頂けませんでしょうか?

  • 戦後の漢字表の変遷の詳細を教えてください

    昭和21年に当用漢字表が制定されてから、現在の常用漢字表に至るまで何度かの改定が為されていますよね。 実は、その改定内容の詳細を知りたいので、もし、分かるような書物かサイトがあれば教えて頂きたいのですが。 特に、当用漢字から常用漢字に変わった時に、追加・削除された文字や、学年間の配当文字の移動は、時代の流れが読めるような気がして、大変興味があります。 現在の常用漢字と学年別配当文字は分かるので、改定部分だけが分かれば良いのですが。 尚、人名漢字についての記述は無くても結構です。

  • 非常用漢字の字形について

    「喩」という字の右側と「輸」という字の右側は元々同じだったのが、後者のみ常用漢字であるため新字体が作られたのだと思っていたのですが、漢字辞典を見ていると「愈」という字が出てきました。この字は常用漢字でないにも拘らず、新しい形です。これは何故なのでしょうか。 もうひとつ。 私は、例えば「饉」という字を書くとき、よほど重要な書類でない限りはあえて普通の食篇を用いています。これは新旧の字体が併存するのはいわゆる大人の事情なのであって、そもそも歴史的に見ても区別する必要のないものを区別するのは無意味であり合理的でないと思うからなのですが、この主張は的を射ているでしょうか。またそのいかんに拘らず、現時点で正しくない字体を使うのはやはり避けるべきなのでしょうか。 よろしくご教示願います。

  • 当用(常用)漢字の字体

    先に「濱」の字について質問をして、良きご教示を頂きましたので、その延長線でさらにお尋ねをしたくなりました。 その際「賓」は元は「少」の右上の点がない字が正字だったのに、常用漢字では書きやすいように、1画多い現在の字体に決まったのではなかろうかという説でありました。 戦後のどさくさに決めたのが常用漢字かと思いますが、このように異字体を採用した例は他にもあるのでしょうか。

  • 日本漢字能力検定はあった方がよいと思いますか。

    日本漢字能力検定はあった方がよいと思いますか。  わたしはあった方がよいと思います。表外漢字の音訓や常用漢字の表外音訓は定義した方がよいと考えるからです。 追伸 今日は日本漢字能力検定の検定日です。

  • 「呪」などの漢字が、人名用常用漢字に復活した意味

     人の名前にはそぐわないとして、かつて人名用漢字候補から外された「呪」「怨」「尻」など34の漢字が、先日、改定常用漢字表で復活しました。  この復活に、何か意味があるのでしょうか?誰も得しないどころか、子供が縁起の悪い名前を付けられる被害者になりかねません。復活した理由を知っている人は、教えてください。よろしくお願いします。

  • 常用漢字について教えてください

    「鹿」「奈」「岡」「熊」「梨」などが追加されるそうです 常用漢字に含まれない字でも人名、地名には公文書でも当然使用してましたよね では上に上げた字は教科書では使われていないということでよろしいですか? では国語の教科書に「彼は鹿と熊を撃った」という文章を載せる場合どのように記述しているのですか? 社会の教科書で「県別梨の生産量」はどう表記するのですか?

  • 漢検準1級とった方いますか?

    テキストの後ろについてる『準一級用漢字音訓表』や『常用漢字の表内・表外音訓表』って使いましたか? また、どんな勉強法をしましたか? アドバイスとかお願いします!

  • ATOK15で常用漢字外の文字の変換

    ATOK12から15に変えたのですが、変換出来ない字が増えてしまいました。 下記は一例ですが、 引き摺る → 引きずる 引き攣る → 引きつる 箍(たが)→ 変換されず 躱す → 変換されず こんな感じです。 変換できない漢字が常用漢字外の文字なのが原因かと思いますが、変換できるようにはできないでしょうか? 何か方法ありましたら教えて下さると助かります。