• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

裁判について

父親が、外に女を作り家を出て行きました。 父は有利に離婚をするため、2年間様々な事をしていきました。 例えば自殺企図3回。パフォーマンス(本人が認めた)で怪我さえないものです。 私はそれを信じてしまい、丸1年ほとんど眠れませんでした。 家を出た後に、私が2年間の気づかれで寝込んでしまい、働けなくなってしまいました。 その事を知った父は、私の生活費・医療費を保証すると言ってくれたので、公正証書を作りました。 その後、母とも離婚を条件に慰謝料を支払うという公正証書を作るから手伝ってほしいと言われ、私は父のために、母と何度も交渉をしました。 父は母と公正証書を作る事が決まると、私に「自己破産するからお前の生活費はそれまでだ」 と言いました。しかし、結局、母との公正証書を作ることができず(保証人の事で揉めた)、 父とは連絡が取れなくなり、突然生活費の振り込みがなくなりました。 父としては公正証書を作って離婚届を出した後、自己破産をし、慰謝料や私の生活費などを踏み倒すつもりだったようです。そのため自分の財産の整理を着々と進めていました。 私は弁護士に相談し、公正証書に執行付与をつけ、父の給料の差し押さえをしました。 その後、父とは裁判になり、私は第一審で負けてしまいました。 私は、公正証書があるのだから大丈夫だ。という弁護士の言葉を信じていましたが、 理由は「脅して無理やり公正証書を作らせた。また、医療費と言われても、証人尋問に出向けるのだから大した事だとは思えない」というものでした。 しかし、私が父を脅したという証拠は、父が提出した偽造メール(文書でまとめたもので、受信メールのみ)と父の証言のだけでした。 私は裁判所で何度も「そのメールは私が書いたものではない」と主張しましたが、裁判官は私の話を聞かず「君は、話し過ぎる。時間は限られているのだから、聞かれた事には「はい」か「いいえ」だけでいい」と言われ、全然話を聞いてもらえず、結局父の主張が全面的に認められたものでした。 私は納得がいかず、高裁に上告しました。 この時、新たに証拠を提出しても良いと言われ、公正証書だけではだめだと思い、携帯メール(送受信ともに)を写真で証拠として提出しました。しかし裁判官はその証拠を棄却。 理由は時期に遅れた証拠だから認められないというものでした。 しかし、私の証拠を見れば、父のメール内容を書いた文書が嘘だということが分かりますし、父の方は、メールを文書ではなくデータで提出しろという要請には「そんなメールはない。提出したものしか娘とはやり取りしていない」と主張し、そのうえでまた別のメールを文書で提出していました。 それでも、認められないと言われ、最後には「和解しなければ判決は変えない。公正証書を無効にされたくなければ、和解しろ」という趣旨の事を裁判所から言われました。 私は全く納得いきません。法律的な事を聞くと裁判所以外のどなたからも(公証役場、弁護士、このサイトの人々)「公正証書がそんなに簡単に無効になる事はない」とおっしゃいます。公証役場の方からは「弁護士にきちんと相談した方がいいですよ、裁判所がそんなこと言うわけにから」と笑われました。 私はどうしたらいいでしょうか。 法律的には何の問題も無いのに何故こんな判決をいいわたされるのでしょうか? 私の主張を完全に証明する証拠はありません。電話や会話をすべて録音しているわけではありませんから。しかし、父はすべてに「脅されたから仕方なくやった」と主張しています。偽造メールも提出し、兄をお金で釣って(兄が1万で雇われたと言っていた)陳述書を書かせたりしました。 兄には父がお金くれるので、そういう証言やお前の見方ををする気はないと言われました。 私はどうにもならないのでしょうか? 何か助言がありましたらよろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>私はどうにもならないのでしょうか? はい。どうにもなりません。 日本は伝統的に「親は偉い。子は逆らうな」と言う風潮があります。 法律でも、親や祖父祖母を「直系尊属」と表現し、子や孫を「直系卑属」と表現します。 ここにも「親は尊するもの、子は卑なもの」と言う思想が顕れています。 裁判所、裁判官も一緒で「親が言う事が正しい。親は子に嘘を言わない」と言う前提で審議します。 昔から「親と喧嘩しても勝てない」って言います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何となく納得できる気がします。 どうもありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

質問者は、多分成人している、 成人している人に、なぜ生活費を出す必要性がないと思います。 妻には生活費を出さす必要性がある。  裁判官は、成人している子供には不要と考えたと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

親子での公正証書は意味を無さにということですか。 要するに裁判所や裁判官には、法的な約束なんか意味がないっていう意味の事をおっしゃっているのでしょうか。 公正証書以前の話ってわけですね。 回答ありがとうございました

関連するQ&A

  • 離婚裁判

    相手方から離婚裁判をおこされました。 ですが、すでに公正証書を作成し、「夫婦関係は破綻している」と記載されています。 これまでに、調停をしても相手方が「無理やり公正証書を作成されたから無効だ」と主張していて、調停は不調に終わり、その後公正証書に書かれている内容で、自宅の仮登記をする裁判を私から起こし、勝訴しまして現在自宅は主人の名義でありますが、私の名前で仮登記はできました。 今回、主人から離婚裁判の原告ですが、また「自宅は固有財産である。公正証書は無効であるから、自宅は原告の物である」というような内容が書かれていました。 質問なのですが、公正証書に破綻と書かれているので、離婚裁判は破綻しているかどうかの証拠調べから始まり、何年もの歳月がかかるものでしょうか? 公正証書で、養育費や財産分与など記載したのですが、再度離婚裁判で、内容が有効かどうかの証拠を提出して審議するのでしょうか? もう5年前に公正証書を作成したのですが、出産、育児中に介護が重なり、精神的にまいってしまって、離婚届けをもらわず、ズルズル2年ほど経ち、いざ離婚しようとすると、主人が離婚に同意せず、公正証書自体が無効で、破綻もしていないといいだしました。 仮登記の裁判では、破綻しているという判決文が書かれていました。 また、離婚に向けて振り出しに戻るのかと不安になり、質問しました。 それから、弁護士はついてもらっていますが、先生のアドバイスに従ってきましたが、もう調停から3年たち、疲れてしまいました。良いアドバイスを宜しくお願いします。

  • 公証人の犯罪/土地の詐取に遭いました。

    伯母が、土地の詐取に遭いました。  相手は不動産業者ですが、25年前に売買証書と領収証、公正証書を偽造してありました。現在その不動産業者本人は死亡し、遺産相続した夫人が、上記証書の法的有効性をたてに先般、土地明渡しの裁判を起こしてきました。その時点でこちらは初めて25年も以前に詐取されていた事実を知りました。  売買証書と領収証、公正証書はいずれも同一人の筆跡なので、誰でも一見して偽造とわかるものです。売買証書と領収証は件の不動産業者の筆跡。公正証書は法務局の公証人の筆跡です。   公正証書には、当事者同意の自署と捺印欄がありますが、この筆跡もすべて本文を書いた公証人の筆跡です。しかも捺印は、○に「印」と書かれたゴム印が押されているだけの杜撰さで、誰の目にも偽造は明らか(市販の三文判でも使っていれば、もう少しうまくダマせただろうにと思うほど稚拙)です。  しかし原告側弁護士は、これら証書の有効性を主張して裁判を起こしてきました。 逆に有印私文書偽造の罪に問われる筈の彼らが、なぜ堂々と偽造文書を有効としているのか、非常に疑問を感じています。そして、詐取された伯母側の弁護士も、偽造文書であっても、裁判で勝てる見込みは薄い、と言っているのです。なぜ偽造文書が有効なのか、その根拠を私が弁護士から直接聞く事はできませんので、歯がゆい思いで一杯です。  特に公証人の公正証書偽造が裁かれずに堂々とまかり通るということには、法務省の公証人システムに対しても大きな疑問と怒りを感じます。民法での不動産取引に悪意の取得があった場合も10年で時効になる、という記述を見ましたが、偽造証書が25年前に作られたという点で、「時効成立」が彼らの犯罪に利用されているのでしょうか。 ちなみに売買証書と領収書を偽造した不動産業者、公正証書を偽造した法務局公証人ともに現在は故人となっています。

  • 公正証書の作成

    父の相続の際に一緒に、今後の母の面倒やかかる金額について兄弟で公正証書を作成して公証役場に提出したいと考えています。 公正証書は自分で作成して公証役場に直接提出することは可能ですか? 公正証書提出の際には実印と印鑑証明が必要ですか? やはり司法書士に依頼した方が良いのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 貸し金について裁判中。相手は返したと主張。

    主人の友人に500万円貸し金をしていて、現在裁判中です。 証拠書類は、個人名の借用書。 1・実際一円の返済も無いが、被告は原告(私)に返済したのではなく、友人(この友人は裁判が始まる前から失踪中)に返して、その友人から私の主人に返済されていると主張。全くの虚偽だが、返した事を主張中。 2・私の方の弁護士が、ちょっといい加減。2回目に1回目の私の主張した(書いた)内容と逆の事を記述したものを(私に提出書類を確認させずに)裁判所に提出し、被告側が1回目の内容と違う事を指摘してきて、私に不利な条件を作ってしまった。提出文書を事前に確認させてくれない。弁護士自身も、1回目と2回目の内容が異なっているのに気付かず、提出した。 3・被告側には、まとまったお金がある(行政からある多額の金銭を、銀行振込で受け取っている事実があり、それを隠している)にもかかわらず、記述では、余裕の無い生活をしている事を主張している。 どのようになっていくのか知りたいのです。 原告の些細なミスでも不利になるのでしょうか? 相手が払わない、又、払えないと主張した場合はどうなっていくのでしょうか?

  • 公正証書必要ですか?

    遺産相続で、裁判所を使わないで、自分たちで、合意した場合、(示談という形です) 私の弁護士さんは、合意書だけで、効力は十分にあるといってますが 兄が公正証書を作りたいといっているらしく、弁護士さんが公正証書作成するといいます。 これは、兄にとりましては、確実な安心材料となり、私には特別必要性がないみたいです。 いま、よくよく考えてみると、公正証書作成に私は、協力しないといけないのですか? 費用は、誰が払うのでしょうか?結果として、報酬金に含まれるのかなと思いました。 お金が振り込まれるまでは、弁護士さんとしても兄のいう事を聞いたほうがいいという作戦ですか? 弁護士さんは私についている弁護士さんです。 思い切って、今日聞いてみようと思いますが、どんな感じの聞き方をしたらいいですか? なぜ、兄がお得になることに私が協力しないといけないのですか と、ずばり聞いても角立ちませんか?

  • 公正証書の後見人の権利を裁判官は変更できますか?

    親の介護の事で弟と仲違して、父は私(姉)、母は弟が面倒看るという暗黙の了解が出来つつあります。 母は家の現金のほとんどを自分の名義で貯金しており、書類上は父の現金は母の三分の一くらいです。 これ以上私に金銭的負担をかけないために(母と弟にお金を持ち出されないために)、父が私を後見人に指名し、後見人報酬を3万円/月払うと公正証書にして届け出ました。 ここへきて後見監督人の弁護士から「現金が残り少ないので、後見人報酬を払うのは問題だ。」と裁判所からクレームがついたと言われました。 父親名義の預貯金がなくなれば私が面倒みます。後見人報酬を払うとしたのは、弟に1銭も残したくない、という父の意向からです。 後見人になってからわかったのですが、普通なら本人の預貯金から出すと思われるお金も、裁判所が残高を減らさないために許可を出しません。後見人報酬の3万円から出していますが、それでも足りず私個人のお金から出している状態です。 公正証書に後見人報酬が明記されていますが、後見監督人へ指示を出す裁判所が公正証書の内容を変更することが出来るのでしょうか? この場合は、私への後見人報酬を払わないと言う事です。

  • 裁判の証人になる人の陳述書を、公証人役場で作る

    裁判の証人になる人(今後は敵方になる可能性も十分にある人)の陳述書を、今のうちに、つまり裁判を始める前に、予め、公証人役場で公正証書として作っておくことは、できるでしょうか?

  • 裁判官を訴えることは可能でしょうか?

    平成16年8月にトラブルがあり、12月より裁判、17年12月に終わる。今年になり、相手の嫌がらせ(投書、電話)裁判での嘘を隠す行為で、2月に小額訴訟で提訴 訴えた理由は、1,私が原因で結婚が出来なくなった。2、私が原因で体調を崩した等です。 1は、平成16年8月のトラブルから約10ヶ月後、裁判で言って来ました。裁判では認められていません。弁護士も因果関係無いと言っています。 2は、前訴で私が控訴したところ、控訴が理由で体調を崩した。脳のMRI、血液検査、眼球の検査などを行い私が原因だと言い掛かりを吐けて来ています。 本題ですが、1,2の理由で小額訴訟で争っていましたが、裁判官の判決は明らかに相手よりの判決で、公平に行われたものではありません。 1は、相手の主張(結婚できなくなった時期など)が違います。また完全別居の為に引越したと主張していますが、これは住民票上だけのことです。 一度転出し4日後に元に戻し、現在も同棲を続けています。転出先は全くの他人の住所(住んでいる人も住民票を移されているは知らない)これは6月に刑事告発しました。 2は、輸血は行ってはいけない等、以前から体調が悪い事を示す証拠があります。 裁判官は、相手の証言のみ認め、私の証言は何も認めようともしません。私は文書嘱託申立書(病院、市役所等)を裁判所に提出していますが、全て却下 被告本人の審問請求も却下(弁護士を付けている)されています。 相手の主張は、結婚できなくなった時期が違う。(これは前訴から本件での相手側の提出した証拠で違う事が明らかです) 完全別居の為に引越しと主張しているが、4日後には元に戻り同棲を続けている。(証拠、住民票は提出している) 私は、裁判官の相手側の主張に嘘があるのに、その主張を認める判決は公平ではなく許せません。 この様な場合は、裁判所に対してどのような対応をすればよいのでしょうか、宜しくお願いします。

  • 母の三回忌に呼びたくない兄姉にも案内は出すべきか

    母の三回忌を行う予定ですが、遺産相続の裁判中ですので兄姉と顔を合わせたくありません。 出来れば私たち夫婦と子供3人、孫4人の計9人だけで行いたいと思っているので案内状も出したくありません。それでも案内状は出すのが常識でしょうか? 遺産相続の状況は次の通りです。 公正証書遺言が有り、内容は「全財産を私に相続させる」となっており、兄姉に説明し、コピーを渡しました。兄姉は、長男に遺産が何も無いのはおかしい、離れた場所にある家屋敷(以下、「財産A」という)は長男に相続させろと言い張りました。遺言書には付記として財産Aを10年以内に売る時は兄弟4人に次の通り平等に分けなさいと書いてあるので、その通りにしたいと主張し、その分け方を協議するなら応じると言ったところ、姉が母から「死んだら開けなさい」言われて預かったと言って「覚え書」と書かれた書類を取り出し、これは遺言書であり日付も公正証書遺言より新しいから財産Aは私が相続すると主張しました。その文面を見て、姉の友達から姉が母から財産Aを貰ったと言っていると聴いていた事、財産Aの住所を母は知らなかった事、その当時、日付を母は理解していなかった事を述べたら、その後は又、長男に財産Aは長男に相続させろと主張しました。その日は用事が有るからと言って話し合いは平行線のまま帰ってしまいました。 その後、公正証書遺言で相続手続を行い、全て私の名義に変更しました。 公正証書遺言の説明から半月後に兄から電話で姉は財産Aをよこせ、兄は遺留分減殺請求をするとの連絡がありました。 それから5ヶ月後「覚え書」の検認。それから2週間後弁護士事務所で遺産分割協議(遺言書の説明の時とほぼ同じ主張でした)。それから4ヶ月後家庭裁判所で調停(既に名義変更されているので家庭裁判所の案件では無いと言われた)(姉の弁護士はこんな事も知らないのかとあきれた)。それから2ヶ月後(母の死亡から丁度1年)地方裁判所から所有権移転登記請求の呼出状が届く。 兄は姉の証人として出廷し自分の自慢話と私を誹謗するような事ばかり言って、それが母の「覚え書」を書いた理由だと言いたい様です。 来月提出する準備書面が最後になるそうです。 この様な状態ですので、裁判結果がどうなろうと兄姉と縁を切りたいと思っています。

  • 家庭裁判所に弁護士は同伴できますか?

    こんにちは、いつもお世話になっています。 早速質問ですみません 今、自分の家は母子家庭です。 母が失業してしまい今は収入が少ない状態です。 公正証書には「失業した場合養育費の増額」のことを書いて あるので増額できると思うのですが 手紙でその事を伝えたところ増額を認めてくれませんでした。 相手側が「だったら弁護士をつける」と言ってきましたが こちらには弁護士さんを雇える余裕がないため悩んでいます。 養育費の増額などは家庭裁判所に調停を起こしてから 裁判所の職員さんと相談しながら妥当な額を決めるそうですが そのときに相手側の弁護士さんも同伴することができるのですか? ちなみに相手は再婚していて子供はいません。 職業は公務員です。 まとまりがない文書ですみません。 今回は弁護士が同伴できるか知りたくて質問しました (こっちでは弁護士さんを雇えないので・・) よろしくお願いします。