• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

日本一安全な都道府県

アンケートなのですが、出来るだけ地理に詳しい方からお聞きするため、カテゴリーを選ばせていただきました。 僕が、安全だと思う県は、島根県かな~って思います。最近では、断層が危ないっぽいですが、原発には影響しないと予測されてましたし、津波も山で防げますし、台風も真上を通ることは余りないですし。 そこで、皆さんは、あえて言うなら何県が一番安全だと思われますか?県名を答えて理由も書いてくださると嬉しいです。 ご回答お待ちしております

noname#146551
noname#146551

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 地理学
  • 回答数1
  • 閲覧数466
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんばんは。 京都だと思います。 長い間「都」がありましたし、天皇陛下が住んでいたのですから。 京都の高齢者は言います。「京都は災害が来やしまへん」って。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど~。確かに京都って、何気に穏やかですよね(^_^)天皇陛下パワーが守護しているのでしょうかねp(^^)q ご回答ありがとうございました(^O^)/

関連するQ&A

  • 日本で一番安全な地域はドコ?

    日本って天災結構ありますよね(他の国にもあるでしょうが)。 地震・台風・火山の噴火・・・。 ちょっと思ったんですが、日本で一番天災に会いにくい地域ってドコでしょうか? 住めば都といいますし、絶対安全な地域はないでしょうが、まだマシだと思われる地域です。 例えば、海がない所の方が津波などの被害は心配しなくて良いでしょうし、川もない方が安心ですネ。 また山も死火山ならばいいですが、山もない平地の方が安心。 地震も活断層(?)がない地域に住みたいです。 全部を満たすのはまぁありえないと思いますが、日本で一番安全と思われる地域・県はドコでしょうか? 何県の何市とか具体的に回答して下さったほうが嬉しいです。 また、引越しを考えている訳ではなく興味です。 また人災などは考慮に入れません。 また、この地域は安全だろうと思うけど、住むにはどうかな?とかのコメントがあればさらに嬉しいです。 なので安全と思われて住むにも総合的に良いのはこの県の何市だ!とか。 宜しくお願いします^ー^

  • 原発に関する「活断層」議論について

    原発(原子力発電所)の建設や再稼働について、認可条件の一つに『「活断層」が直下に無いこと』があるようです。 このことに関し、素朴に疑問を感じます。 つまり「活断層」の真上にさえ原発が立地していないのであれば、本当に「地震」に対し安全なのかという点です。 そもそも、現在の「地震学」は「地震発生場所の予測」が出来る程、学問が進んでいるのでしょうか。 単に、『今「活断層」があれば、将来的に「地震が発生する確率が高い」』だけで、「活断層」が無い(発見されていない)所で、地震が発生しない保障は全く無いと思います。 それは確率が「多い・少ない」だけの意味しかなく、全く地震が発生しないと(学問的に)保障できない場所は、将来的に、いつかは地震があるものと考えておくのが、安全に対する考え方と思います。 しかるに、原発の建設や再稼働について、『「活断層」直下に立地していないこと』を条件としているのは、重要で必要条件ではありますが、十分条件では無いと思います。 学問的にしろ、地震が発生しない(または、被害が少ない)場所を特定できる方法が確立していないのであれば、『「活断層」が直下に無いなら、安全と見なす』のは「安全神話」に類するものであるような気がし、「活断層」が直下にあるかどうかで、時間と金を費やしているのは、重要な事項ではありますが、関係者の自己満足の意味合いが強いと思います。 時間と金を費やするなら、100%地震が無い場所を特定し保障すべきだと思います。それができないのであれば、地震は発生するもとして、原発の建設や再稼働を判断するのが安全に対する考え方ではないでしょうか。

  • 原発は地震に弱いとする意見や情報を教えて下さい。

    40年前の原発(福島第一)でさえマグネチュード9の地震に耐え 緊急停止して地震による致命的破損に至らなかった事は皆様、 ご承知のことと存じますが、 では?いったいこったいマグネチュードいくらで破損するんだい? 恐竜時代の終焉を告げさせた隕石による地震はマグネチュード12 だったようだがw 断層の真上に原発があるのは吾輩も心配ではあるが、 問題の本質は地震によることではなく、津波ではあるまいか? 相当痛い目に合いながらも最大規模の津波のデータは 取れているのだから防災改善は出来るだろ? 40年前の建築技術を遥かに凌ぐ今の耐震技術をも無視する、 原発は地震に弱いとする意見や情報を教えて下さい。

  • 原発事故は真の原因を追及しなければ安全は保てず

    5月1日~5月5日にかけて車で旅行がてら東日本大震災の状況を調べに行ってきました。 初日に宮城県遠刈田温泉に一泊したペンションのオーナーが合間に町の方でタクシーのアルバイトをしていて噂に聞いた話です。 (1)3月11日地震の後津波情報が出て、「福島原発の作業員は」皆逃げてしまって長い時間ほおっておいたから大事故に至ったと言っていましたけれど、本当はどうだったのでしょうか?どなたか詳しい人がいましたら教えて下さい。  私が思うには、東京電力の報道は、真実を隠してその場しのぎの言訳の様な気がしてたまりません。 (2)菅総理大臣も何を勘違いしたのか浜岡原発停止要望し、結果的に停止しましたが、燃料棒は冷却しないと、危険なのに浜岡に有るらしい、そこに大地震が有り大津波が有った時、作業員が逃げたり津波に流されたりして長時間無人状態になっても安全な対策をとっていません。 人は大津波が来ればほとんどの人は逃げます、先ず最初に大津波の際人が居なくなっても冷却できる方法を世界中の人に知恵を出してもらい最善の処置をとる事が必要であって、原発を停止しても燃料棒が其処に有る限り安全とは言えないと思いますが、思い違いでしょうか、教えて下さい。

  • 洋上原発は不可能ですか?

    原発の大敵は地震による活断層の揺れと津波です。(今日7月12日のNHKのニュース) そこでふと思いついたのが洋上原発です。 アメリカの原子力空母は10万トンで原子炉は20万KW程度だと思います。 100万トン程度の海に浮く構造物の建造費は10億円程度では? そこに200万KWの原子炉を積載すれば地震の揺れや津波に全く影響されない原発できます。 地上につくるより遥に安価で安全だと思います。何か問題はありますか? -追伸ー 地上に電力を送るのは海底ケーブルで技術的には何の問題もありません。

  • えっ、本当に原発を稼働するの?

    えっ、本当に原発を稼働するの? 何か原子力規制委員会とか言うのがあって、原子力発電が再稼働するみたいですが、本気なのでしょうか? どうやら、「福島と同程度の震災(地震や津波)があっても、安全安心」との事で、またもや「絶対に安全神話」を作り出そうとしているのは、ミエミエです。 福島で学んだ事は「絶対的な安全は無い」事だと思ったのですが、違うのでしょうか? 未だに福島の原発には手が付けられない状態で、果たして「地震でどの程度の損傷があり、津波でどの程度の損傷があったのか?」さえ、わからないままです。 さらに「(想定外でバタバタしていたので)対応としては完璧だった(他に手は無かった)」と言うていたらく、もし同様の事故があったとしても、また福島の二の舞になる事をすでに保証しているのです。 さらに「SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)は、大して当てにならない事が実証されたから、今度はみんな勝手に素人考えで予測してね」なんて、それで納得している人の気が知れません。 つまり問題は、原発は「絶対に安心安全神話」を作る事では無く、事故の際にどうやって適切な対処を迅速に行うかが一番の問題なのですが、残念ながらそんなのは、どうでもいいみたいです。 それで、原発再稼働ってありなの? ※まぁ、原発再稼働は、すでに決まっている事なのでしょうから、のんびりと締め切りを2週間後程度にしたいと思っています。

  • フランス国(本土)の県境と県名の定め方のルールは?

     フランス(本土)の県境と県名を表示した地図(三省堂発行、クラウン仏和辞典の表紙裏)を見るとフランスの県境は日本の県境の場合とはかなり違うルールで定められているように見えます。 具体的には、 1.フランスの国土全体が似たようなサイズの小石(各県の境界を示す)で敷き詰められている印象があります。県の数は日本の2倍くらいありそうです。日本の場合には県は主に川と山の稜線で区切られていると思いますが(北海道は別として)、その結果として、県境の形はさまざまです。フランスではどのようなルールで県境が定められているのかを、知りたい。 2.フランスの県名は地理的環境を示す語を含むものが多く、県名を見ただけで所在地がどこらあたりかの見当がつくものが多い。たとえば、スペインとの国境ピレネー山脈沿いの5つの県のうちの3つは、大西洋に面する県はピレネー・アトランティック(大西洋)県、山中のオート(山地)・ピレネー県、地中海に面する県はピレネー・オリエンタル(ピレネーの東部の意味)県である。また、地中海に面するマルセイユ市を含む県はブーシュ・デェ・ローヌ(ローヌ川の河口を意味する)県である。  日本の県名は明治維新のときの廃藩置県(1871年)によりつくられましたが、県名は地理的状況を示してはいません。これに比べてフランスの県名にはフランス国の各県の位置する地理的環境をできるだけ明晰に示そうとする中央集権的な強い国歌意志のようなものが感じられるといったらいいすぎでしょうか。これにはやはり、なにか特別の事情がありそうな気がします。どなたか、お教え下されば幸いです。  なお、私はフランスの地理、歴史には、ど素人です。フランスに行ったことはありません。フランス語の辞書は持っていますが、読み書き会話はできません。辞書は単語を調べるときにつかうだけですので、よろしくおねがいいたします。英語は読み書き会話は多少できます。

  • 志賀原発北側に活断層!?専門家が廃炉要求!?

    ⇒ 志賀原発は、直下のみならず北側9キロにも活断層がある? 調べると、活断層がどんどん見つかる。 今まで何も調べていなかったのか? ⇒ 玄海と川内以外の全ての原発や原発関連施設は、その直下かすぐ近くに活断層が走っている! 日本列島で原発の稼働は、そもそも全然無理なのでは? もし活断層が動けば、どんなに莫大な資金を投入して地震対策をしても、全く無意味! 原子炉建屋自体が、簡単に引っくり返されてしまうのだから。 もしそうなったら、福島原発事故どころではない、ものすごい量の放射性物質が飛散し、日本全土が破滅してしまう。 ⇒ 原発関連企業からの政治資金で成り立つ、原発推進派の自民党は、それでも稼働するのか? ・・・ 『「志賀原発北側に活断層」、専門家が調査結果』 2013.1.17 産経 「北陸電力志賀原発(石川県志賀町)の北約9キロにあり、活断層の疑いが指摘される「富来川南岸断層」をめぐり、新潟大の立石雅昭名誉教授(地質学)らが17日、「活断層と考える以外に説明しようがない」とする現地調査結果をまとめ、北陸電に原発を廃炉とするよう申し入れた。 立石氏は、13万~12万年前に波の影響で平らになり、その後隆起した段丘が原発と断層周辺に広がっていると指摘。富来川南岸で約40メートルの標高が、北岸では約20メートルと急激に変化しており、断層活動に伴い生じたと考えるのが合理的だとした。堆積物の調査で年代は特定できなかったという。 立石氏は日本科学者会議石川支部などの依頼で昨年6月から調査。「(北陸電は)活断層と認め、どれだけの地震を発生させ、原発の設計がそれに耐えられるのかチェックすべきだ」と話した。」 『志賀原発直下「明らかに活断層」 渡辺満久・東洋大教授』 2012年9月1日 朝日 「活断層かどうか――。現在、それを確かめる調査に大きな注目が集まっているのが、志賀町にある北陸電力志賀原子力発電所だ。二つの原子炉のうち、1号機の真下にS―1断層と呼ばれる断層があり、活断層であれば廃炉になる公算が大きい。東洋大学の渡辺満久教授(変動地形学)は地質展開図を見て、「明らかに活断層で、逆断層の構図だ」と断言した。 さらに、「活断層についてその断層が揺れるかどうかばかりを気にする人が多いが、ずれが生じるかどうかも大きな問題だ」と指摘する。 地震を起こす断層(主断層)だけでなく、主断層に引きずられて動く断層(副断層)も広い意味で活断層で、主断層だけにとらわれがちであることに注意を促す。原子炉のある格納容器に損傷がなくても、ずれにより原子炉につながっている配管が壊れ、制御できなくなるおそれが高まるからだ。 「このS―1断層がずれる大きな要因となるのが、富来川南岸断層だ」と警鐘を鳴らす。 富来川南岸断層は志賀原発の約9キロ北側に東西に延び、断層を挟んで南北で20メートルほどの地層のずれがある。渡辺教授らの研究グループは今年5月の学会で、原発の耐震安全性を考慮しなければならない13万~12万年前以降に動いた断層だと指摘し、「耐震設計上考慮すべきだ」とアピールした。 渡辺教授は「(活断層などの判断について)絶対と言えるもの以外は、無視してきたのが『原子力村』の特徴だと思う。原発においては疑わしいと思ったものについてはしっかりと対応していくべきだ」と話す。 1993年7月に1号機の営業運転を開始してから約20年。「この間、何も起こらなかったのは、単に幸運だったと思う」とも。「会社側の怒りも分からないわけではない。『国がいいといったのでは。審査も通したのに手のひらを返したように』と思っているのではないか」と推測する。 ■福島第一事故後に追加調査 1987年、1号機の設置許可を申請した際、北陸電力は「浸食作用で生じた」として活断層ではないと説明し、国も審査で活断層ではないと認めていた。 しかし、福島第一原発事故後の昨年4月、福島県南部で発生した地震で、国と電力会社が「動かない」と主張していた断層がほかの断層と一緒に動いて大きな揺れになり、疑いが生じた。 今年7月、経済産業省原子力安全・保安院の専門家会合で、原子炉直下に活断層がある可能性が指摘された。保安院からの指示を受け、北陸電力は8月10日、追加調査にとりかかった。北陸電力の堀祐一副社長(原子力本部長)は「問題ないとの評価に変わりはない」と強調している。 原子炉建屋下に調査用のトンネルを掘るなどし、調査は来年1月ごろまでかかる見通しだ。 また、渡辺教授が13万~12万年前以降に動いた断層と指摘している富来川南岸断層について、北陸電力は「北側と南側は地層が異なる」と反論しており、それを裏付けるために7月から調査を開始した。 原発問題住民運動石川県連絡センターなども、地質学専門の立石雅昭・新潟大名誉教授とともに手掘りによる独自のボーリング調査をし、解析を進めている。(広津興一) 」 ※志賀原発の直下の断層 「S―1」から「S―8」の断層8本のうち北西―南東に走るS―1が活断層

  • 台湾の方が日本より一般人の言論は安全?!

    台湾に詳しい方、在住経験のある方にお尋ねします。 一般人が権力者を暗殺すると大ニュースになりますが、 権力者が一般人に言論弾圧や口封 じをしたら絶対表には出ません。 東日本大震災や原発事故関連で、不審死の噂がネット上に流れていて、 その数のおびただしさにゾッとします。 共産シナや韓国も言論について言えばドス黒い国ですが、 先進国の中では英米と並んで、 日本は恐ろしい自国民暗殺大国だと考える人が、 残念ながら日本人の中にもかなり多いようです。 日本は台湾より遥かに治安が良い国で、 目立たず出しゃばる事なく生きるのであれば、 これ程に安全な国はないと思います。 しかし、非権力者が少しでも出しゃばった言論をすると、 日本はとても危険な国である可能性も否定できません。 下手をすると、外交関連を除いた内容に限れば、 発展途上国である台湾の方が、日本より、 むしろ自国民が安全な言論が出来るという事はないでしょうか? 住んでみて、どんな感触でしょうか?! ※旅行・レジャーのカテゴリーは適さない内容なので、 アンケートカテゴリーに投稿させていただきました。

  • 東電批判に論理性が無さすぎる件

    原子力賠償法による免責について。 よくある批判とそれに対する反論をまとめます。 他に論理的な東電批判の論点があれば教えてください。 1.【「異常に巨大」とは言えない(気がする)。定義が曖昧。】 →政府の原子力安全委員会は震災前まで 「関東大震災の約3倍以上」が異常に巨大な天変地変にあたると公表していた。 http://www.aec.go.jp/jicst/NC/senmon/old/songai/siryo/siryo03/siryo3-6.htm もちろん法律なので最終的には司法が判断すべきことだが、 現状では免責される可能性が高いとしか言いようがない。 なんせ「国が予測出来ていなかった規模」なのは間違いないのだから。 2.【女川原発は無事だった。だから福島第一原発の安全管理不足だ。】 →女川原発は三陸沖。 三陸は明治三陸沖津波で今回と同規模の津波を経験しデータにも残っていた。 だからそれに対応出来るだけの安全策がとられていた。 それに対して福島は三陸ではないため、過去の津波のデータはチリ津波が最大。 だからチリ津波までの対策しかされていなかった。 三陸沖での大地震は想定されていたが、 福島にまでここまでの大津波が来ることは予測出来なかったということ。 というか、どちらにしても国が安全だと認めて設置を許可している。 3.【ベント作業が遅かったせいで被害が拡大した。】 →ベント開放は安定を生む代わりに放射性物質を大量放出することになる。 例えるなら、「今100人を殺さないと500人死ぬかもしれない」というような状況。 「かもしれない」ことについて100人を殺すという決断をすぐに出来なかった人間は罪? 元凶が自然災害であることを考えても、 この選択が遅れたことを人災とする理論には無理がある。 4.【電源喪失は共産党ら反原発団体が指摘していた】 →野党が指摘した範囲=予測できた範囲 などという理論は無い。 野党は何でも好きなことを言えるが、正解かどうかを判断するのは与党政府。 そして民間企業はその与党が作った法律に従うのが正しい。 なお、東電の責任は一切無いと言っているわけではなく、 「国家としての責任も大きく、法律上の免責はやむを得ない」というのが論点です。