• ベストアンサー
  • 困ってます

「~ものそ」の仮名遣いは?万葉歌を現代仮名遣いに

  • 質問No.6969140
  • 閲覧数171
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 40% (2/5)

夏の野の 繁みに咲ける 姫百合の 知らえぬ恋は 苦しきものそ
 大伴坂上郎女(万葉集 8‐1500)

「~ものそ」の「そ」は、現代仮名遣いでも「そ」で良いのでしょうか?
上記の万葉集の和歌で、現代仮名遣いと表記が違う場合は、現代仮名遣いに書き換えて下さい。
よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 25% (2858/11130)

これは『ものぞ』です。下記を参照して下さい。
お礼コメント
coto_cat_x

お礼率 40% (2/5)

Willyt さま
ご回答ありがとうございました。

万葉集入門のサイトも教えて下さりありがとうございました。
投稿日時:2011/08/27 19:14
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ