• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

現代仮名遣いについて

  • 質問No.6979937
  • 閲覧数1687
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 91% (42/46)

明日からテストの高校生です。
古典(古文・漢文)のテストがあるんですが、
夏休み明けテストという事で、指定された参考書が範囲なのですが、
その参考書は古語を歴史的仮名遣いで読んでいるのですが、
テストでは現代仮名遣いで問われます。
自分でも考えたのですが、やはりあってるかどうか心配なので、
みなさん力を貸していただけませんか?
よろしくおねがいします。

語句(歴史的仮名遣い)
優に(いうに)
逍遥(せうえう)
近江(あふみ)
鬼神(おにかみ)
何れも(いづれも)
焉くんぞ(いづくんぞ)
候ひ(さうらひ)
生年(しやうねん)

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 24% (462/1914)

鬼神は「おにがみ」または「きしん」でしょう。また、明治時代の歌(抜刀隊)に「きじんに恥じぬ勇あるも」という歌詞があります。
「候ひ」のヨミには「さぶらひ」もあります(源氏物語の冒頭)。
生年は「生まれた年」のことです。書くときは「しゃうねん」と「ゃ」を小さく書いてください。
お礼コメント
-hinya-

お礼率 91% (42/46)

「ゃ」を気をつけて書きました。
本当に助かりました。
ありがとうございます。
投稿日時:2011/09/03 20:44

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 21% (932/4337)

こんにちは

電子辞書の全訳古語辞典で調べてみました。

鬼神(きしん)
いづくんぞ(いずくんぞ)
とでました。

生年は(しょうねん)
「生まれてから経過した年数」が現代版ですが
古語では出ませんでした。
あるとしたら(しやうねん)で間違ってないと思います。
お礼コメント
-hinya-

お礼率 91% (42/46)

やっぱり「きしん」なんですね。
参考になりました。
回答ありがとうございました。
投稿日時:2011/09/03 20:43
  • 回答No.1
古語辞典で調べましょう。
お礼コメント
-hinya-

お礼率 91% (42/46)

次は自力でがんばりますね。
回答ありがとうございました。
投稿日時:2011/09/03 20:42
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ