• ベストアンサー
  • 困ってます

高額な不動産売却の節税方法について

これから10000万円で購入した不動産の売却を考えておりますが、特に急いではいないため、もっと高く売り出して、なるべく多くの利益が出るようにして売りたいです。 しかし、周りから聞くと仲介手数料(販売代金の4%)や不動産譲渡税(利益・課税対象額の40%)があるため、仮に12000万で売れても、利益となる2000万円のうち、半分強しか残りません。 合法なやり方で上手く節税出来る方法はございますでしょうか? ちなみにこの物件は私が経営する会社名義で法人として購入しましたので、法人が出来る特有の節税方法もあれば宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数294
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

法人の不動産譲渡に関して、現在分離課税ではありません。総合課税です。他の事業と損益を通算しての決算時の事業所得に対する課税です。 また、法人で所有している場合資産計上する仮定で、取得費や諸々の諸税、購入手数料など「仕入れ」に計上して簿価は1億ではなくもっと高いはずです。 詳細は依頼している税理士さんなどへ聞いてください。尚、不動産業でない法人の不動産売買に関しては、税務署のチェックは厳しいですから、余計なことは考えないことです。 例えば不動産で2000万の譲渡益が出ても、事業のほうで2000万赤字なら利益は0って事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 【不動産売買の凄い節税方法を思い付いてしまいました

    【不動産売買の凄い節税方法を思い付いてしまいました】中古住宅を個人から個人(共に事業者を除く)が購入したときは消費税の課税対象外となります。 不動産会社から買うと消費税10%が掛かります。 個人が不動産仲介業者を通すと仲介業者の仲介手数料は一律3%+8万円と法律で決まっているそうです。 ということは、昔は直接不動産の保有物件を買った方が安く変えたので、直物を買えと言われてきましたが、いまは消費税が10%になったので逆に不動産仲介業者を通して仲介手数料を払った方が安く買えるのでは? 間違ってますか?

  • 不動産売却による節税対策を教えて下さい。

    現在、ほぼ休眠状態の有限会社があります。 この会社は不動産を所有し、現在、その不動産の売却を考えています。 仮に、不動産の簿価が1,000万円とし、売却額が5,000万円とすると固定資産売却益が出ます。 この売却益の節税対策を売却前、売却後を通し、お教え頂けないでしょうか? ◎現在の会社の状態 役員1人:この役員が出資分100%を所有。この役員は役員歴15年ほど。15年間、給与等はもらっていません。 借入金:上記、役員からのもののみ。 ◎私案:素人の考えです。 (1)この役員に給与を払い(未払給与に計上)、退職金を払い(未払い退職金に計上)、その後、不動産を売却し、結果、トータルで利益が少なくし、法人税を少なく済ます。 (2)この役員に給与を払い(未払給与に計上)、退職金を払い(未払い退職金に計上)、その後、会社を解散。解散後、不動産を売却する。結果、法人税ではなく、所得税で対策する。 以上は素人が考える私案ですが、更に、良い案を教えて頂ければ幸いです。 宜しくお願い致します。

  • 借地権のある不動産売却時の税金について

    不動産売却時の税金のことでうかがいます。 このたび不動産を売却します。 土地は自分が所有で、建物は自分で経営している会社の名義です。 (会社といっても家族でやっている程度です) 売却金額の利益に対して、当然、税金がかかってきますが、会社所有の建物については売却額が帳簿価格より安いので利益が出ません。逆に自分の所有する土地は5000万円ほどの利益が出ます。 この5000万円に対しての税金なのですが、私は利益の20%が税金だと思っていましたので1000万円程度と考えていたのですが、借地権があるため利益の70%は会社のほうで計上されると聞きました。 となると3500万円の利益がいきなり会社に上がります。そして、その状態のままだと法人税が50%ほど課税されると、おおよそ1750万円の税金が会社にはかかります。あとは自分のほうに1500万円の20%で300万円です。 大幅に税金が増えるので驚いています。 私も人に聞いただけの知識なのですが、このような考えでいいのでしょうか? あと、当然ですが節税も考えたいと思います。簡単にいい案があるとも思えませんが、複数の税理士に詳しく相談すべきでしょうか。 私が考えた素人なりの節税としては、 ○社員(家族)の給与を大幅に増やし利益を減らす。(ほかの税金が増えますが・・・) ○経費を使って利益を減らす。たとえばパソコンや電化製品など会社に必要なものを、この際新しく購入する。または、社員旅行を実施するなど。 ○会社名義で不動産を購入する。(これは節税にならないでしょうか?) 詳しい方いましたらご教授願います。

  • 不動産売却

    法人(有限会社)が所有する不動産(土地、建物等ともに5年以上所有)を売却する場合、どの様な仕組みで売り手側に課税されるのでしょうか? ちなみに売却額が8億円、不動産所得費用が5億5千万円、譲渡費用が1000万円、不動産所得に関わる借入金残高が4億円とした場合にわかりやすく教えて下さい。 若しくは参考URLを教えて下さい。

  • 不動産売却を検討しています

    不動産売却を検討していますが、購入時には諸経費がかかりますよね? 売却するのにかかるものは、 (1)仲介業者に払う仲介手数料 (2)売買契約書に貼る印紙代 で、移転登記等の費用は買主が負担 で間違いないでしょうか?

  • 不動産売却時の節税方法を教えてください

    どなたかお教えください。 去年、相続した店舗兼住宅の土地・建物を売却しようとしています。 土地面積-1339m2(地目:宅地) 建物-179.94m2(木造瓦屋根2階建、築21年) 質問事項 1.仲介不動産を通さず直取引をする予定なのですが、 建物に対する販売額の算出方法を教えてください。 2.上記の物件にて以前はお店をしていましたが現在はしていません。 有限会社の登記住所になっています。 売買の際、店舗兼住宅として使用していたため事業用としての売買になりますか? 3.所有しているほかの宅地にあらたな店舗兼住居を建てようと思っています。 これは、特定事業用資産の買い換えの特例が適用されますか? 上記物件(土地・建物)を売却すると3000万円以上になり、 譲渡益が発生します。昨年、相続したばかりなので税金面が心配です。 どなたかお詳しい方、お手数ですが上記の質問および おすすめの節税方法がありましたらご教授いただきたく。 よろしくお願いいたします。

  • 不動産の売却損による節税

    人に聞いた話です。これって合法でしょうか。誰か知っている 人がいたら教えて下さい。 Aという会社があります。6年前に社屋を1億で建てました。 現在は帳面上の価値が8000万になっています。これを 関連会社Bに5000万で売却する。売却後はBに家賃を払って 従来同様使い続けます。そうすると決算時に評価損を3000万 計上できるので かなりの法人税を節税できるという話です。 この話は土地ではなく、あくまでも建物の話です。 ちなみにうちの会計事務所に聞いたらかなりネガティブな 回答でした。しかし不動産鑑定士に聞いたところ 国家資格を もった不動産鑑定士の評価額で売却するのであれば何の問題 もない、税務署の追求にもその鑑定書を見せ、これが売却額の 根拠です といえばそれで通るという話でした。 Aという会社とBという会社は大株主が同じ人であるいわゆる 関連会社です。 どなたか知っていれば教えて下さい。以上どうぞよろしく お願いします。

  • 相続時精算課税制度で不動産売却益を節税できますか?

    20年前に不動産を購入しました。更地のままにして有ります。 売却して子供の住居資金にしたいと思っています。売却すると2000万円程度と思います。 売却すると税金が20%かかるので、相続時精算課税制度で子供に土地を生前贈与してから、子供が売却すれば売却益が出ないので無税になると考えました。 この場合は、相続時精算課税制度で無税に出来るのか、経験者や詳しい方のアドバイスを下さい。

  • 不動産売却益の計算方法

    不動産売却したときの手元に残るキャッシュの計算方法は以下のとおりでよろしいでしょうか? 売却価格ー収支累計+節税効果の額ー残債ー売却関連費用ー売却課税額=売却益

  • 不動産売却時の取得費と譲渡費用

    昨年、賃貸アパート(30年前に取得)を売却し300万ほどの譲渡益が発生しました。お手数おかけしますが以下の点をお教えください。 1アパートの売却は非居住用不動産と考えてよろしいのでしょうか。建物の場合は取得費から減価償却しなくてはならないようですが建売で購入したもので建物自体の価格がわからないのですが。 2、30年前ですので取得費にあたるその当時の購入のための仲介手数料、登録免許税がわかるものがありません。ただし購入金額は契約書にかいてありました。仲介手数料、登録免許税は取得費と認めらないのでしょうか。 3、アパートの部屋(各家賃2.5万)を長年、親戚と知人が借りており、立退き料は譲渡費用となることから立ち退き料の領収書は大家さんの言い値でいいとのこと。いくらぐらいであれば問題がないのでしょうか。